転職活動 税理士。 吉澤直幸税理士事務所の求人概要

税理士試験後の転職活動について 転職のタイミングは税理士試験に合わせる必要は必ずしもない

転職活動 税理士

30代 ここでは主に 30代・税務 未経験者の税理士法人への転職事情についてお話をします。 なお、この記事で言う「 未経験者」とは、今までに一度も 会計事務所又は 税理士事務所で「 正社員」として働いたことがない人のことを指しています。 20代では未経験であっても ポテンシャル採用 (成長を期待しての採用)が積極的に行われますが、30歳を超えてくると税理士法人からは「 税務の実務経験」が求められるようになってきます。 さらに30代中盤以降になると 3~5年以上の実務経験がないと書類選考すら通りにくくなってきます。 では未経験者の30代は税理士法人への転職が不可能なのか?と言うと、そうでもありません。 30代未経験でも税理士法人への転職は可能です。 なぜなら、30代後半の私や私の友人も税理士法人から内定をもらえているからです。 とは言え、税理士業界の転職では 業界独特のものがあります。 例えば、転職エージェントによって紹介案件の数や質に違いがあったり、採用で重視されるものが税理士業界独特のものであったりなど様々です。 このタイプの税理士法人の特徴は、ほとんどが「 過酷な労働条件の割に低賃金」というものです。 基本的に、税務未経験であれば年収が 300万円を超えることはほとんどないでしょう。 (首都圏では超えることもあります。 ) 1~2年の税務業務の経験があり、税理士試験の科目合格が2~3科目あると、年収が400万円前後になるというイメージで良いと思います。 個人事務所の場合はさらに収入は下がる傾向にあり、パートやアルバイトとしての雇用も多いため年収が200万円を切るところも多いです。 このような税理士法人では 金融機関出身者が重宝される傾向にあり、税務未経験であっても年収が 600万前後という求人もチラホラ見られます。 ただし、特別な職歴がなければ 300~400万円前後が相場です。 経営・財務コンサルタントといった意味合いの強い職種ですが、税務も深く大きく関わりがあるため、中堅クラスの税理士法人では、FASに積極的に着手しているところがあります。 相続や事業承継をメインとする税理士法人は、税理士法人によってやや異なりますが、比較的給与水準が高く 300万円~450万円くらいの年収相場のところが多いです。 税理士法人の採用動向 税理士法人は、恒常的に人手不足であるため、一年中、求人募集がありますが、求人募集の動向には規則性があり、次の3つの求人ピークがあります。 (特に4月以降) この時期は、3月の超繁忙期を超え一段落した時期のため、長期的な育成を視野に人材募集がかかる時期になります。 30代未経験であってもこの時期は、比較的転職がしやすい時期であるとキャリアアドバイザーからも聞いています。 理由は、税理士試験が終わり、受験生が転職活動を開始する時期であり、また、繁忙期である年末・年度末まで時間があるため、人材を育てることができるためです。 この時期は求人は多いですが、20代中盤~20代後半の若い人も積極的に転職活動をしているため、3月~5月に比べると30代未経験の転職のハードルがやや高くなります。 ただし、求人が非常に多いため、転職活動をするには向いている時期ではあります。 ただし、この時期の求人は繁忙期に向けた「 即戦力」を求める傾向があるため、税務未経験者の場合はやや不利になります。 とは言え、試験合格科目が法人税を含め4科目以上であれば積極的に転職を考えても良い時期です。 上記の通り、税理士業界は3つの求人ピークがありますので、それまでに自分がどんな業界に行きたいのか?どの業界なら自分のキャリアを生かすことができるのか?を考え、転職活動を進めると良いと思います。 また、一口に30代と言っても、30代前半の方と30代中盤の方と30代後半の方では それぞれに転職の難易度は異なります。 例えば、 30代前半であれば、未経験者であっても次の「 転職で有利に働くもの」のうち1つでもあれば、あまり転職活動に困ることはないでしょうし、人によってはBIG4への転職も可能になってきます。 ところが、 30代の中盤になってくると、未経験者であれば普通の税理士法人への書類選考も通りにくくなってきます。 さらに 30代後半になると、未経験者の場合は正社員の募集自体が極端に減り、時期によっては紹介案件が無いということもあり得ます。 したがって、自分が「30代の前半なのか?中盤なのか?後半なのか?」によって取るべき戦略も違ってきます。 とは言え、自分がどんな年齢であっても「転職に当たって有利に働くもの」をしっかりと理解し、将来の転職活動に向け、 戦略的に人生設計をすることで道は必ず開かれるとお伝えしておきます。 居住地域 他で意外と触れられていない内容ですが、税理士法人への転職活動では「 居住地域」が 極めて重要です。 例えば、大手税理士法人の募集の多くが「 東京採用」ですし、中堅の税理士法人も東京や横浜、大阪、名古屋、福岡などの 中核都市にその多くがあります。 もちろん、各都道府県の主要都市にも税理士法人はありますが、都心部と比べて相対的に数は少なく、また、 年齢による不利な影響も出やすいでしょう。 人口が少ない市町村に至っては、大多数が個人の税理士事務所で、そのほとんどが パートやアルバイトとしての募集です。 したがって、税理士法人への正社員としての転職を考えているようであれば、 都心部に住んでいる方が 断然有利になります。 税理士試験の科目合格 一部の税理士法人では、資産税 (相続税など)をメインに事業展開をしているところはありますが、全体で言えば 少数派です。 求人募集を見てもほとんどの税理士法人が、 法人税の申告業務を 主たる収入源としていることが分かると思います。 理由は、あなたが独立をして、 顧客を持っていってしまう可能性があるからです。 一方で、都心部の中堅以上の税理士法人では5科目合格は「 有利」に働くことが多いでしょう。 なぜなら、中堅以上の税理士法人では比較的規模の大きな企業が顧客であることが多いため、1人に出し抜かれる可能性は低く、また、5科目合格者の方が、税理士に早くなることができ、 営業としての戦力になると考えてられているからです。 なお、法人税法以外の科目は、資産税をメインにしているところで「 相続税法」が有利に働きますが、その他の科目は特別評価されることはないでしょう。 日商簿記 工業立国の日本では、まだまだ 工場のある企業が多いため、日商簿記で学習をする 原価計算ができる人が重宝される傾向にあります。 税理士試験では「原価計算」が学習の範囲から外れるため、原価計算ができない人がそれなりにいます。 そのため、 日商簿記2級以上に合格している場合は、転職活動で有利に働くことがあります。 他の資格 30代前半であれば、大手税理士法人の転職を目指す場合に「 USCPA」はプラスに働きます。 なぜなら、大手税理士法人の顧客のほとんどが海外に子会社や支店を有し、グローバルな事業活動を行っているため、IFRS(国際会計基準)の知識を持つ人やUSCPAライセンスを持つ人が優遇されるためです。 もし、USCPAを所持し、その上で、 1年以上の税務業務の経験であったり、 メガバンクや 大手企業の経理部門での職務経験がある場合には、 BIG4などを目指す場合にはかなり有効です。 また、税務の実務経験が 3年以上ある場合には、30代後半の方でもUSCPAの効果が出てきます。 そのため、税理士法人で働いており、税理士の受験に苦難しているようであれば、税理士よりもずっと取得しやすいUSCPAを目指すのも1つの手です。 なお、USCPA以外にも、税理士法人によっては FP技能士や 社労士、 不動産鑑定士などの資格もプラスの評価になります。 (ちなみに、私は不動産鑑定士であることが評価されました。 ) 5. 英語力 英語力が活きるのは「 大手税理士法人」か「 国際税務のある税理士法人」に限られます。 したがって、その他の税理士法人では ほとんど意味がないと思っていただいて結構です。 なお、英語力が評価される基準としては、TOEICで 900点以上 (最低でも850点以上)が目安となります。 TOEICなどのスコアが無くても、 英語を使った実務経験が1年以上あればプラスの評価を受けることができます。 社会人経験 税理士法人では中途採用者が多いため、教育システムが整っていません。 そのため、社会人経験がある場合には評価されます。 中堅以上の税理士法人では、コンサルティング業務などの付随業務も多くあるため 金融機関で働いていた経験や 営業職で働いていた経験が評価される傾向にあります。 経理の実務経験 規模の大きな会社での経理部での実務経験は、実質的に「 税務経験者」と同等の職務経験になります。 求人でも求める経験として「大手企業の経理部での実務経験」と明記されているほどです。 税務の実務経験 税理士法人への転職活動で最も強いのが、この 税務の実務経験です。 ある程度の規模の企業の決算報告に携わった経験が 3年以上あれば、30代前半であればどこでも転職の可能性があります。 30代中盤であっても、税務の実務経験+法人税法の合格であれば、BIG4を除けば、たいていのところには転職が可能です。 突出した英語力があればBIG4も狙えるでしょう。 30代後半になっても 5年以上の実務経験と マネージャー経験があれば、規模の大きな税理士法人へ転職をし、大幅なキャリアアップ(年収UP)が可能です。 また、意外と知られていませんが「 パート」や「 アルバイト」での 税務補助の実務経験もかなり有効です。 その期間が 半年でもあれば、驚くほど転職活動がスムーズに進みます。 もし30後半の方で特別な経験が無いようであれば、とにかくパートでもアルバイトでも良いので 半年以上の実務経験を積むことをお勧めします。 人柄・性格 結局のところ面接で最後に重要になるのは、 人柄や性格です。 「清潔感」や「誠実さ」、「明るい雰囲気」、「笑顔」といった項目が重要です。 このあたりは一般の企業に応募する場合と比べても何ら変わりはありませんので、市販の面接本を1~2冊読んでおくと良いでしょう。 その他 その他のスキルや経験などに「学歴」や「ITスキル」があります。 まず、学歴は30代ではほとんどの税理士法人では 関係がありません。 BIG4を狙う場合に限り学歴が多少影響する程度です。 (学歴よりも職歴の方が断然重要です。 ) ITスキルについては、パソコン(特にエクセル)を使えれば問題ありません。 プログラミングスキルなどは全く評価されないでしょう。 もし、 英語力であったり、 大手企業での社会人経験があったりすれば、 法人税法を含めた科目合格者の場合にはBIG4も狙えるでしょう。 もし 将来的に独立をして稼ぎたいと考えているようであれば、「 資産税(相続や事業承継)」に特化した税理士法人を狙うべきでしょう。 また、 事業会社への転職も考えているようであれば、「 中堅または大手の税理士法人」がお勧めです。 大手・中堅の税理士法人でリーダークラスで働いていると、ヘッドハンティングされる機会も増えてきます。 30代中盤以降の場合 30代中盤以降の方で、実務経験があり、転職を希望しているということは、 年収UPまたは QOLの改善を目的としているのだと思いますので、規模の大きな税理士法人のマネージャー職か事業会社へのキャリアアップをお勧めします。 例えば、30代前半であれば、簿財のみの合格であっても税理士法人へ転職をし、実務経験を積むのこともありだと思いますが、30代中盤以降であれば、最低でも 法人税法を含めて3科目以上を保有してから転職をすることをお勧めします。 なぜなら、税理士法人は 労働条件が悪いところが大半だからです。 未経験者の場合は、給与も低く、福利厚生もあってないようなところが多いので、法人税法などの重たい科目を残して転職をすると、「 資格も取れない上、辞めることができない」という最悪な状況になることすら普通にありえます。 したがって、30代前半であれば 2科目以上、30代中盤以降であれば 法人税法を含めた 3科目以上、が 転職を考える最低の合格科目数と言えます。 (そもそも30代中盤以降で、未経験者の場合は「法人税法」の合格がないと転職ではかなり厳しいです。 ) 1. 30代前半の場合 30代前半であれば、基本的に大手の税理士法人以外であれば、どこでも転職の可能性はあります。 もし、将来的なBIG4又は事業会社へのキャリアアップなどを考えているようであれば、 中堅以上の税理士法人への転職をお勧めします。 30代中盤・後半の場合 30代の中盤以降で、税務が未経験の場合、 応募ができる求人案件が極端に少なくなります。 転職エージェントによっては「紹介できる案件が無い」と言われることも普通にありえます。 したがって、30代中盤以降・未経験者の方の基本戦略は次の3択になります。 資産税特化型の税理士法人への転職• 中堅クラスの税理士法人への転職• (実際に求人も多いです。 ) 理由は法人税の申告業務を取り扱う税理士法人と比べて、資産税に特化した事務所は あまり人気が無いためです。 そのため、少々年齢が上でも やる気や 人柄を見てくれる傾向にあります。 また、法人税の申告業務の市場は「 レッドオーシャン」です。 つまり、利益率が低く、儲かりにくい市場です。 そのため、 安く、パワフルな人材が重宝される傾向にあります。 したがって、もし、相続や事業承継に興味があるようであれば、積極的に狙うべきは資産税特化型の税理士法人になります。 したがって、法人税申告業務をしたいというような人の場合は中堅クラスの税理士法人を狙いましょう。 ちなみに、この戦略の戦略の主旨はたった1つ。 それは、 税務の実務経験を積むことです。 前述の通り、税務の実務経験が 1年でも(半年でも)あれば、次の転職が有利になるからです。 さいごに 私は税務未経験でしたが、30代後半で税理士業界へ飛び込みました。 実際の転職活動は、苦戦を予想していましたが、転職エージェントに登録をしてから数週間で終わりました。 早く転職活動を終えられた要因の列挙すると次のようなことが大きかったと思います。 税理士業界の分析をしっかりとしたこと• 今までの経験 (不動産鑑定士としての経験)が業務 (資産税)に活かすことができること• 時期が良かったこと• 経験値の高いキャリアアドバイザーがついてくれたこと これから税理士業界へ未経験で転職を考えている方は、1の「税理士業界の分析」をしっかりとし、自分のキャリア(強み)を、自分が志す事務所でどう発揮する(活かす)ことができるのかを、じっくりと考えることをお勧めします。 しっかりとした社会人キャリアがあれば、年収相場が200~300万円と言われる税理士法人への転職も、良い意味で期待を裏切ることができる可能性があります。 1つ不採用になると焦ると思いますが、30代(特に後半は)の転職は人生最後の転職になる可能性がありますので、自分が納得のいくまで転職活動をして欲しいと思います。 30代 カテゴリー, タグ カテゴリー• 22 タグ.

次の

税理士試験後の転職活動について 転職のタイミングは税理士試験に合わせる必要は必ずしもない

転職活動 税理士

30代になり、将来を考えてこれから税理士を目指したいと考えている。 会計関連の実務は未経験でも税理士事務所に正社員で採用してもらうことは可能?• 営業マンとしての実績など、別の業界でつちかった実務経験は評価してもらえる? 30代から未経験の業界に挑戦するのは勇気がいりますよね。 「20代の人と未経験枠の採用で競争して勝つのは難しいかも…」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。 しかし、結論からいうとあまり心配はありません。 この業界で仕事をした経験がまったくなくても、30代から税理士を目指して税理士事務所で働き始める人はたくさんいます。 この記事では、 30代未経験から税理士事務所への転職を目指す方向けに、転職活動の進め方や注意点を解説します。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 大学を卒業してまったく別の業界に新卒入社• 数年間働いてみたけど、企業や業界に将来性を感じないので、専門職への転職を目指し始める• 税理士を目指して勉強スタート• でも「無職で勉強専念」は選択肢として難しいので、働きながら合格を目指す• 税理士事務所に転職して税理士実務を学びつつ、科目合格を重ねていく• 5年〜10年以内に税理士試験に合格し、独立開業や転職を目指す いったん無職になって税理士試験の勉強に専念するという人もいますが、その場合は実務経験を積み始めるのがもう少し遅くなることもありますね。 一般的な転職活動では「 34歳までが限界」といわれることもありますが、 税理士業界についてはこれはまったくあてはまらないと思っておいて良いでしょう。 30代未経験の人であっても税理士事務所に正社員として採用されるケースは普通にありますよ。 ただし、ブラック事務所に間違って応募しないように要注意• 繁忙期は毎日日付が変わるまで残業。 残業代はなし。 手取り 月収 はたったの16万円。 生活費と資格スクール受講費ですべて消えていく…。 激務すぎて勉強との両立なんて不可能。 事務所内に合格者なんて1人もいない。 人格破綻のパワハラ所長に毎日責められ、うつ状態の新人が続出する職場。 先輩は「どうせ新人はすぐ辞めていくし」と仕事を教えてくれない…。 結局、うつ病になる寸前のところまでいってしまい、この事務所は辞めて別の事務所に転職しました。 2社目の税理士事務所では残業が非常に少なく、勉強との両立を応援するスタンスの所長税理士だったので、 税理士試験の合格者も毎年ちらほら出るという恵まれた環境でした。 こうした経験から私が実感したことは、 同じ税理士事務所でも、雇用環境は事務所によってまったく違うということです。 特に、 働きながら税理士試験合格を目指す方は、絶対にブラック事務所に入らないようにしてください。 ブラック事務所の激務に耐えながら税理士試験に挑戦するのはあまりにも無謀です。 ブラック事務所は少数派にはなっているが、まだ存在しているのも事実• どうせ数年後には独立するつもり。 だから、職員時代の年収なんてあんまり関係ない。 お給料をもらいながら実務を勉強させてもらえるならそれだけで十分• 自分は年齢的にも若い方ではないし、この業界は未経験…。 採用してもらえるだけでも感謝すべきかも…。 (私自身もこういう考え方で転職活動していたので、ブラック事務所にまんまと入社してしまいました) 多くの人が将来は税理士として独立することを目指していると思いますが、 独立開業するためにも資金が必要ですから、お給料は高いに越したことはありません。 また、税理士試験の勉強を同時進行で進めていくなら、 繁忙期にも残業が少ない事務所や、終業後の資格スクール通いをこころよくOKしてくれる事務所環境の方が、 早期合格につながるに決まっています。 つまり、30代未経験から税理士としてのキャリアをスタートする人であっても、務める事務所の雇用環境にはしっかりとこだわって転職活動を進めていかなくてはいけないのです。 ブラック事務所を避けるなら、転職エージェント経由で求人応募するのがおすすめ ではどうしたらいいのか?ですが、 結論から言うとのががおすすめです。 (転職エージェントにお金を払っているのは採用を行う企業側ですから、私たち求職者は 無料で使えます) エージェントが紹介してくれる求人なら、 ブラック事務所はあらかじめ排除されていますので、安心して応募することができますよ。 転職エージェントというのは転職活動の支援を専門でやっている会社です。 もし、エージェントに紹介された求人がブラック事務所だった…なんてことになると、 そのエージェント会社の信用は失墜してしまいます。 なので、エージェント会社は企業側の求人掲載にあたってはきびしい条件を設定しているのです。 (つまり、ブラック事務所は求人を掲載することすらできません).

次の

税理士に求められる営業活動 セミナー・SNS・広告…

転職活動 税理士

会計事務所の転職活動の流れをまとめました。 会計事務所の転職活動は下記のような流れで行われるのが一般的です。 スケジュールの確認• 履歴書、職務経歴書の作成• 求人情報探し• 引継ぎ・退職手続き• 入社 1:スケジュールの確認 転職活動の際にはまずはスケジュールを立てましょう。 会計事務所業界で採用活動が活発になるのは主に下記の3シーズンです。 8月~9月 8月初旬の税理士試験後は会計事務所業界の就職・転職シーズンです。 採用活動が最も活発になるのがこの時期であり、新卒・未経験者採用を行う会計事務所が増えるのもこの時期ですので、未経験者が最も就職しやすい時期でもあります。 12月~1月 12月の税理士試験後も就職・転職に適した時期です。 確定申告が始まる2月中旬より前に入社できる人材は好まれます。 税理士試験に合格した人が活動する時期でもありますので、経験者や科目合格者を対象にした求人が多くなる時期でもあります。 3月下旬~4月中旬 確定申告後、3月決算企業の申告前の谷間を縫って採用が活発になる時期です。 確定申告が終了して退職する人材の補充や、3月決算企業の税務申告に向けての戦力補強の採用が多くなりますので、経験者や科目合格者を対象にした求人が多くなる時期でもあります。 2:履歴書、職務経歴書の作成 就職・転職活動をすることが決まったら、履歴書と職務経歴書を作りましょう。 社会人経験がない人の場合は、職務経歴書の代わりに、志望動機書や自己PR書を作成するのがよいでしょう。 また、履歴書はExcelやPDFなどデータで作成するのが一般的ですが、会計事務所によっては手書きのものを求めるところもありますので、手書きの履歴書が必要な場合もあります。 3:求人情報探し 応募書類の準備が済んだら、次は求人情報を探しましょう。 求人情報を見つける方法には「求人サイト」「専門学校」「友人の紹介」「ハローワーク」など様々な方法があります。 詳しくは下記のページにまとめてありますのでご参考ください。 書類選考が通過すれば面接が行われます。 面接回数に関しては応募する会計事務所によって異なりますが、小規模な会計事務所であれば所長との1回の面接で選考が終了します。 中堅や大手の会計事務所は管理職や人事、所長(代表社員)と2回~3回の面接が行われる傾向があります。 5:内定 無事に内定を獲得したら内定を受諾するかどうかの返事をしなければなりません。 一般的な企業では返事までの期間は2週間程度ですが、小規模な会計事務所の場合や夏の税理士試験後の採用シーズンの場合は数日しか猶予がないケースもあります。 複数の会計事務所を受験する場合には、内定後には返事の期限があるということにも注意して活動を行いましょう。 6:退職手続き・引継ぎ 内定を受諾し、入社が決まったら現職での退職手続きや引継ぎとなります。 現職には退職届を出して引き継ぎを交渉していくことになりますが、いきなり退職届を出すと現職も驚く場合もありますので、まずは口頭で伝え、その後、退職届けを出すのがスムーズでしょう。 一般的に、内定から入社までは2ヶ月以内が基本ですので、それ以上は入社が伸びないように調整することがポイントです。 また、現職に対しても失礼のないようにしっかりと引継ぎを行うことも忘れてはいけません。 7:入社 退職が完了するといよいよ入社です。 入社に際しては、入社の1週間前には入社日に必要な準備物を確認しておきましょう。 また、当日は始業の10分前を目安に出社しましょう。 当日は所長は職員の方にしっかりと挨拶をするのを忘れずに。 新しいキャリアのスタートです!.

次の