かたつむり 語源 由来。 かたつむり

カタツムリの赤ちゃんの飼い方や育て方!エサになる食べ物や注意点!

かたつむり 語源 由来

Photo By ストーリー概略 マグマ大使とは、地球の創造主アースが、地球侵略を狙う「宇宙の帝王」ゴアとの戦いのために生んだ「ロケット人間」である。 マグマ大使は、アースがマモル少年に与えた特殊な笛によって呼び出される。 マモル少年たち正義の味方と、地球征服を企む宇宙の帝王ゴア、ゴアの差し向けた敵との戦いを描く。 …と、いくらストーリーを読んでもその「マグマ大使」という名前に関わるような事項は見当たりません。 名前の由来は全く別のところにありました。 実は公募で決められた名前がこれだったのです。 理由がすごく単純で、募集記事の挿絵のバックに火山が噴火している絵が描かれていたから。 それをみた読者二名が同じ名前「マグマ大使」を応募してきたそうで、そこから決定したと言います。 なんとも…とほほながら、後世にまで伝わるこのネーミング。 どうリアクションしたものでしょう。 さて話を戻してハワイ島。 見たことの無いもの、中々見れないものの大好きな私は、この異常事態に不謹慎なことを考えてしまう。 今行けば…安いし…噴火も見れるのでは… とりあえず旅行会社にリサーチをかけてみることにする。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

おつむてんてん 意味・語源・由来

かたつむり 語源 由来

かたつむりを漢字の書き方や意味、由来は? 梅雨自分に紫陽花の葉にちょこんとのる可愛い姿を見かける事も多い、かたつむりですが、 漢字では『蝸牛』と表記します。 因みに、かたつむりの漢字は、 中国語の表記をそのまま和名のかたつむりに当てて使用したもので、そのまま音読みをして『かぎゅう』と呼ばれる事もあるんです。 尚、漢字の『蝸牛』の意味ですが、一文字目の『蝸』は、かたつむりが うず巻き型の殻を持っている事に由来していると言われています。 先ず『蝸』の右側の部分『咼』は、元々、肉をえぐり取った占い用の骨を表す漢字で、『えぐる、あな』といった意味があるんです。 ところで、渦 うず という漢字は、水にできる渦巻きの中心には穴があり、その周りに水が渦巻いていることからできた漢字で『咼』も渦を意味しています。 そんな訳で、かたつむりが渦巻き型の殻を持っていることから 『咼』のある虫という事で『蝸』の漢字が使われるようになりました。 尚、厳密にいうと、かたつむりは陸にすむ貝の仲間ですが、生息場所や食べ物等、虫との共通点も多く、昔の中国で虫として扱われていても不思議はないですね。 また、二文字目の『牛』は、かたつむりの頭についている 二本の触角が丁度、牛の角のように見えるため、この漢字があてられたというのが一般的な考え方となっています。 スポンサードリンク かたつむりの語源とは? さて、かたつむりの漢字である『蝸牛』は中国語の表記を借りてきたものですが、かたつむりの 日本語の語源についても併せてご紹介しておきましょう。 かたつむりの『かた』の語源には、いくつか説がありますが、その一つに 傘が語源となっているというものがあります。 因みにこれは、昔の傘が、らせん状に縫って作られていたためなのだそうで、 かたつむりの渦巻き型の殻から傘が連想された事に由来しているものなのだそうです。 またその他にも、かたつむりの『かた』は殻が固いので固いの『かた』という説や『潟』という漢字が由来という説も存在していて、実のところ、どれが本当なのかは分かっていません。 尚、『潟』については、潮の満ち引きで現れたり消えたりする干潟を表す漢字で、かたつむりが殻から出たり、殻に隠れたりする様子に例えたのが由来と言われています。 また、『つむり』は古語の『つぶり』という言葉が語源で、 巻貝を表す言葉『海螺 つび 』が由来との事です。 という事で、漢字のかたつむり『蝸牛』同様、 日本語のかたつむりの語源も、そのユニークな渦巻き状の殻が名前の由来となっているようですね。 スポンサードリンク かたつむりの別名でんでん虫の語源や他の呼び方は? さて、小さい頃、誰もが口ずさんだ経験のある歌詞にもある通り、かたつむりは でんでん虫とも呼ばれていますよね。 かたつむりの別称では、でんでんむしがメジャーですが、他にもマイマイやツブリ、ナメクジなどと呼ばれる事もあり、地域によって様々な方言が存在しているんです。 因みに、でんでんむしは、有名な唱歌にもあるように 『殻から出ろ出ろ』と子供達が、かたつむりをはやし立て遊んだことによる『出む出む』が語源という説があります。 また、マイマイについても『出ろ出ろ』と同じく『舞え舞え』が由来になっていると言われていて、この事からも昔から、子供達が大好きな生物だった事がうかがえますよね。 でんでんむし 近畿地方 マイマイ 中部地方・中国地方など かたつむり 関東・四国 つぶり 東北・九州 ナメクジ 東北北部・九州西部 さて、上の表は、かたつむりの呼び方の地域による違いを大まかに表したものですが、ひとつ面白い法則がある事にお気づきにならないでしょうか。 因みに、ヒントは、近畿地方のでんでんむしが最も新しく、東北北部や九州西部のナメクジが最も歴史の古い言葉という事です。 先ず、上の表で、かたつむりの呼び方が同じ地域を見てみると、 京都を中心にほぼ同心円状にある地域だという事にお気づきになるのではないでしょうか。 これは、昔、文化の中心だった 京都で新しい言葉が生まれ、それが全国に伝わっていったのが原因だと言われています。 分かりやすくいうと、京都に距離的に近い地域ほど、トレンドがいち早く届くため、新しく生まれた言葉が方言として定着していきます。 逆に、京都から距離が遠くなるほど、新しい言葉が伝わるのに時間がかかるため、古い言葉がそのまま方言として現在まで残っているという事なんです。 インターネットはおろか、テレビやラジオさえなかった時代、情報の到達時間の違いが、今日、様々なかたつむりの呼び方が存在する要因になっているという訳ですね。 因みに、この傾向はかたつむりに限らず、他の言葉にもみられる共通点で 『方言周圏論』という興味深い国語学の説として知られています。 かたつむりに関連するアイテムとしては、ここ数年、カタツムリのコスメが優れた効果で話題になっていて要チェックですよ。 上記のジャミンギョンのかたつむり化粧水とクリームのセットは、海外セレブ御用達で有名な話題のかたつむり成分配合スキンケアなんです。 アルゼンチンで自然繁殖したかたつむりの粘膜から 球状タンパク質を抽出精製したカタツムリコスメは、しっとりさっぱり潤う基礎化粧品で、肌美人大国の韓国でも大人気のエイジングケアコスメとなっています。 楽天で一番売れているかたつむりクリームと同シリーズの化粧水がセットになった人気のコスメは、美白とエイジングを同時にケアできる大変おすすめの優秀コスメですよ。 かたつむりの人気グッズ2 渦巻き型の殻を背中にのせた姿が何とも愛らしいかたつむりは独特の魅力がありますが、そのユーモラスな外観はキュートなコスチュームにもぴったりなんです。 上記のJuviaのカタツムリのベビーコスチュームは、とても可愛らしいかたつむりのコスプレで赤ちゃんの微笑ましい写真を取る際にもぴったりな人気アイテムなんです。 寝相アートが楽しめるベビーウェアは、写真撮影用にデザインされたニットコスチュームで、眠っている赤ちゃんの最高に可愛らしいショットが撮れると大変人気のグッズですよ。 触角とまんまるおめめがついたキャップ、そして背中には渦巻きの殻がしっかり乗ったカタツムリのコスチュームは、 赤ちゃんへのプレゼントにも喜ばれるおすすめアイテムとなっています。 かたつむりの人気グッズ3 庭先や道端でよく見かける身近な存在のかたつむりは、様々なアイテムにモチーフとして使われていてバラエティ豊かなカタツムリグッズが見つかりおすすめなんです。 上記のお香立ては、小さなかたつむりのスティック用香差しにシルバーの受け皿が付いたアイテムで、お部屋のインテリアにも最適ですよ。 ハスの葉をモチーフにしたシルバーの受け皿は、葉脈や虫食いの穴も施された精密なデザインで、ティーカップ等を載せソーサーとしてもお使いになる事ができるんです。 和モダンのおしゃれなテイストのお香立てと受け皿のセットは、ご自分用やちょっとしたギフトにも最適の癒しのかたつむりグッズとなっています。 かたつむりの漢字や由来は意外と深い!.

次の

かたつむりの語源

かたつむり 語源 由来

カタツムリ 蝸牛 の語源 先ほどはカタツムリの漢字の由来について解説しましたが、そもそもなぜ『カタツムリ』という呼び名になったのかを解説いたします。 『カタツムリ』は『カタ』と『ツムリ』に分けることができます。 『カタ』の語源 『カタ』の語源については諸説ありますがどれが正解かわかっていませんので、それぞれを紹介します。 昔の傘が螺旋状に縫って作られていたため、その形状とカタツムリの渦巻模様が似ていることが語源となっている説• カタツムリの殻が固いからことが語源となっている説• カタツムリが殻から現れたり、消えたりする様子が、潮の満ち引きで現れたり、消えたるする干潟を連想することが語源となっている説 『ツムリ』の語源 『ツムリ』は古語の『ツブリ』という言葉が語源で、 巻貝を表す言葉である『海螺 ツビ 』が語源とされています。 漢字の『蝸牛』同様、日本語のカタツムリの語源も、特徴的な渦巻き状の殻が名前の由来となっていることがわかります。 カタツムリの呼び方はたくさんある これまでカタツムリの漢字の由来と、呼び方の語源について紹介してきましたが、カタツムリにはたくさんの別名があります。 童謡でも有名な『でんでん虫』をはじめ、『マイマイ』、『ツブリ』、『ナメクジ』などと呼ばれることもあります。 でんでんむし 近畿地方 マイマイ 中部地方・中国地方など カタツムリ 関東地方・四国地方 ツブリ 東北地方・九州地方 ナメクジ 東北北部・九州西武地方 正解! そして逆に、京都から距離が遠くなるほど、新しい言葉が伝わるのに時間がかかるため、昔からある古い言葉がそのまま方言として現在まで残っているという事なんです。 インターネットはおろか、ラジオやテレビさえなかった時代では情報の伝達速度が遅く、様々なカタツムリの呼び方が存在する原因となったというわけです。 なお、この傾向はカタツムリに限らず、他の言葉にもみられる事象で 『方言周圏論』という国語学の説としても有名です。 カタツムリにまつわる人気商品をご紹介! カタツムリの漢字や由来、語源や、でんでん虫などや他の呼び方などを紹介してきましたが、最後にカタツムリにちなんだ人気商品グッズもご紹介しておきましょう。 カタツムリに関連する商品としては、カタツムリのコスメが優れた効果があるとTVや雑誌などで取り上げられています。 漢方っぽい香りがします。 浸透が早く、ベタベタしません。 最近はクレアスのビタミンEクリームと混ぜて使っていましたが、ベースメイクとの相性もよく気に入っています。 カタツムリの粘膜から球状のタンパク質を抽出し精製したカタツムリコスメは、抜群に潤う基礎化粧品で、肌美人大国である韓国でも大人気のエイジングケアコスメです。 関連記事 続いては、食用カタツムリです。 エスカルゴ〜 — ハルジオンわたる harjion0910 『えっ!? 』と思われる方もいるかもしれませんが、カタツムリをフランス語でいうと『エスカルゴ』といいます。 『エスカルゴ』というとサイゼリアなどのファミリーレストランでも取り扱われていますよね。 どんな味かというと、、、実はエスカルゴ自体の味はあまりありません。 エスカルゴはその身肉を味わうというより、食感が醍醐味だそうです。 その食感はアワビやサザエを柔らかくした食感とのことです。 ただ、野生のカタツムリを食べる方法もあるみたいですが、カタツムリが何を食べているかわからないので基本的には市販されているものを使いましょう。 雨が降った後、風雨にさらされたコンクリートからは炭酸カルシウムが染み出てくるので、雨の日のなどにカタツムリが多いのはそういう理由があるのかもね。 まとめ• カタツムリ 蝸牛 の漢字は中国が起源• 『蝸牛』の『蝸』は殻の渦巻模様、『牛』は触角が牛のようだから• 『カタツムリ』の『カタ』は昔の傘と似ている、殻の固さ、潮の満ち引きなど説がある。 『ツムリ』は巻貝を表す言葉• 『カタツムリ』の別名には『マイマイ』『でんでんむし』『ツブリ』などがあり、京都中心に遠くの地域は古い名称を使われる カタツムリの漢字の由来を始め、カタツムリの語源や別名も含めトリビアを詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 身近な存在だけに、実際に見かけた際の話のネタになれば幸いです。

次の