エヴァー アンダーソン。 「ピーター・パン」実写版のウェンディ役にあの人気女優の娘が抜擢!

【イタすぎるセレブ達】ミラ・ジョヴォヴィッチの娘エヴァーちゃん、ママそっくりになって来た!

エヴァー アンダーソン

『ピーターパン』実写化へ 『ピーターパン』は、1953年に公開されたディズニーを代表するクラシック映画です。 永遠の少年ピーターパンが、ロンドンに住むダーリング家の三姉弟、ウェンディ、ジョン、マイケルと共に夢の国ネバーランドで冒険を繰り広げるファンタジー作品。 イギリス・スコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『ピーター・パン:大人にならない少年』と、同名戯曲小説を基に制作されました。 近年、アニメ作品の実写化に力を入れているディズニー。 今年1月には1942年公開の『』が実写化されることも決定しましたね。 さらに現在は『』、『』、『』、『』、そして『ピーターパン』の制作が進行中。 中でも特に注目を集めているのは幅広い世代から人気を集める『ピーターパン』の実写化です。 実写映画の原題は『Peter Pan and Wendy』。 メインキャストとなるピーターパンとウェンディ役はすでに決定していますが、ダーリング家の兄弟やタイガーリリー、フック船長などの登場は決まっていません。 しかし近日中にもカナダでの撮影もスタートする予定だそうです。 実写版ピーターパン:メインキャスト決定!ウェンディ役にあの人気女優の娘が抜擢 キャスト陣についてはまだ詳細が発表されていませんが、メインキャストとなる2人が発表されました。 アレクサンダーは、ディズニー・ジュニアのTVドラマ『Claude(原題)』や、イギリスのコメディシリーズ『The Reluctant Landlord(原題)』にも出演している注目の子役。 エヴァー・アンダーソンは、今年公開予定のスカーレット・ヨハンソン主演の映画『ブラック・ウィドウ』で、スカーレット演じるナターシャ・ロマノフの幼少期として出演しています。 また、母親であるミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『バイオハザード:ザ・ファイナル』では、ミラ演じる主人公アリス・アバーナシーの子供時代として登場しています。 予想としてはアニメ版のようにピーターパンがダーリング家の三姉弟を連れてネバーランドへ行き、冒険を繰り広げると言った内容になるのではないかと思われます。 また、原題が『Peter Pan and Wendy』なので、アニメ版よりもピーターパンとウェンディに焦点を当てたストーリーになるのではないかと期待されています。 スティーブン・スピルバーグ監督の『フック(1991年)』 ジョー・ライト監督の『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~(2015年)』 P・J・ホーガン監督の『ピーター・パン(2003年)』 など、それぞれ違ったストーリーや様々なピーターパンを楽しむことができます。 どの作品もネバーランドで冒険を繰り広げるファンタジー映画なのですが、中でもロビン・ウィリアムズがピーターパンを演じた『フック』は視点が面白いことで話題となりました。 「大人になりたくないピーターパンが家庭を持った40歳の仕事人間に」という、現実的なピーターパンのストーリーとなっています。 かつて自分がピーターパンだったことを思い出せない中年男が、フック船長に誘拐された自分の子供を助けるため再びネバーランドを訪れます。 大人になったピーターパンが見るネバーランドの世界観や、家族の絆を再確認できる親子で楽しめる作品になっています。

次の

「ピーター・パン」実写版のウェンディ役にあの人気女優の娘が抜擢!

エヴァー アンダーソン

『ピーターパン』実写化へ 『ピーターパン』は、1953年に公開されたディズニーを代表するクラシック映画です。 永遠の少年ピーターパンが、ロンドンに住むダーリング家の三姉弟、ウェンディ、ジョン、マイケルと共に夢の国ネバーランドで冒険を繰り広げるファンタジー作品。 イギリス・スコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『ピーター・パン:大人にならない少年』と、同名戯曲小説を基に制作されました。 近年、アニメ作品の実写化に力を入れているディズニー。 今年1月には1942年公開の『』が実写化されることも決定しましたね。 さらに現在は『』、『』、『』、『』、そして『ピーターパン』の制作が進行中。 中でも特に注目を集めているのは幅広い世代から人気を集める『ピーターパン』の実写化です。 実写映画の原題は『Peter Pan and Wendy』。 メインキャストとなるピーターパンとウェンディ役はすでに決定していますが、ダーリング家の兄弟やタイガーリリー、フック船長などの登場は決まっていません。 しかし近日中にもカナダでの撮影もスタートする予定だそうです。 実写版ピーターパン:メインキャスト決定!ウェンディ役にあの人気女優の娘が抜擢 キャスト陣についてはまだ詳細が発表されていませんが、メインキャストとなる2人が発表されました。 アレクサンダーは、ディズニー・ジュニアのTVドラマ『Claude(原題)』や、イギリスのコメディシリーズ『The Reluctant Landlord(原題)』にも出演している注目の子役。 エヴァー・アンダーソンは、今年公開予定のスカーレット・ヨハンソン主演の映画『ブラック・ウィドウ』で、スカーレット演じるナターシャ・ロマノフの幼少期として出演しています。 また、母親であるミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『バイオハザード:ザ・ファイナル』では、ミラ演じる主人公アリス・アバーナシーの子供時代として登場しています。 予想としてはアニメ版のようにピーターパンがダーリング家の三姉弟を連れてネバーランドへ行き、冒険を繰り広げると言った内容になるのではないかと思われます。 また、原題が『Peter Pan and Wendy』なので、アニメ版よりもピーターパンとウェンディに焦点を当てたストーリーになるのではないかと期待されています。 スティーブン・スピルバーグ監督の『フック(1991年)』 ジョー・ライト監督の『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~(2015年)』 P・J・ホーガン監督の『ピーター・パン(2003年)』 など、それぞれ違ったストーリーや様々なピーターパンを楽しむことができます。 どの作品もネバーランドで冒険を繰り広げるファンタジー映画なのですが、中でもロビン・ウィリアムズがピーターパンを演じた『フック』は視点が面白いことで話題となりました。 「大人になりたくないピーターパンが家庭を持った40歳の仕事人間に」という、現実的なピーターパンのストーリーとなっています。 かつて自分がピーターパンだったことを思い出せない中年男が、フック船長に誘拐された自分の子供を助けるため再びネバーランドを訪れます。 大人になったピーターパンが見るネバーランドの世界観や、家族の絆を再確認できる親子で楽しめる作品になっています。

次の

【イタすぎるセレブ達】ミラ・ジョヴォヴィッチの娘エヴァーちゃん、ママそっくりになって来た! (2012年1月6日)

エヴァー アンダーソン

生い立ち [ ] の首都に生まれる。 キエフから、へと移り住み、5歳の時にに移住。 移住後に両親は離婚。 母親と二人三脚で演技を歩み始める。 その後父親は再婚し1988年に異母弟が生まれる。 その学校時代を通してミラはひどいを経験した。 ちょうどのソビエト連邦から来たということがわざわいして、同級生らから「ロシアのスパイ」、「コミー」 (commie )などと罵倒されていたという。 キャリア [ ] 、11歳からロシアのモデルとしてに所属し活躍していた。 には化粧ブランドの「Most Unforgettable Women in the World」に選ばれる。 以降、多くの雑誌のカバー(表紙)や、、ののショーに出演している。 モデルの仕事と同時に映画への出演もしていたが、に女優としての仕事に専念する為に2年の休暇を取りモデルエージェンシーとの所属契約を解除する。 映画では1988年に『』でヒロインの妹役でスクリーンデビューする。 1991年には主演映画『』の続編『』に主演。 その後女優としての目立った活躍は無かったが、には監督の『』のヒロイン役で見せた演技力、美しさが大きな話題となる。 この映画では全ての衣装をフランスのデザイナー、が担当した。 1999年の『』や2002年の『』はシリーズ作品として彼女の代表的な作品となる。 その他に「 ミラ」の名前で音楽活動もしており、1994年には『』を発表。 モデルや女優の仕事を続けながら、バンド「プラスティック・ハズ・メモリー」でコンサート・ツアーも敢行した。 また、モデル仲間のカルメン・ホーク(Carmen Hawk)と共に2003年にJovovich-Hawk(ジョヴォヴィッチ ホーク)というブランドを立ち上げ、ファッションデザイナーとしても活動している。 Jovovich-Hawkはロサンゼルスとニューヨークに拠点がある。 では、、、、 のなどの出演がある。 私生活 [ ] の他に、がある程度話せる。 、16歳の時にと結婚したが直ぐに離婚。 1997年に映画監督と結婚するがに離婚。 その後、『』シリーズの監督と撮影を通して知り合い、交際を経て婚約。 婚約中のに娘エヴァーを出産。 8月22日にアンダーソンと自宅で挙式 し、三度目の結婚をした。 2014年8月18日、第2子(後に女児と判明)を妊娠していることを自身のFacebookで明かした。 であり、特にがお気に入りである。 当の豊ノ島はジョヴォビッチと一切面識が無かったものの、そのインタビューを見た豊ノ島は同月3日にで感激報告するに至った。 2014年、自分の本名を「ミラ・アンダーソン=ジョヴォヴィッチ」から「ミラ・ジョヴォヴィッチ=アンダーソン」へ、娘の名前を「エバー・ガボ・ジョヴォヴィッチ=アンダーソン」に改名する申請を行った。 2015年、第2子となる女児を出産。 苗字の発音について [ ] 英語読みの「ジョヴォヴィッチ」と呼ばれる事が多いが、出生地キエフでのウクライナ語発音に忠実な日本語表記は「ヨヴォヴィッチ」である。 本人も気にしていて自己紹介をする時は「ヨ」を強調して発音する事が多い。 また のDVDオーディオコメンタリーでは共演者に対し「ヨヴォヴィッチが正しい発音なの」「ヨヴォヴィッチと呼んでよね」などと自己紹介の際に強調を繰り返し、名前の発音についての拘りを印象付けた。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• The People Tree Sessions 1998年 シングル [ ]• "Gentleman Who Fell" 1994年• "Bang Your Head" 1994年• "It's Your Life" 1994年• "Electric Sky" 2012年 主な出演作品 [ ] 映画 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1988 Two Moon Junction サマンサ 1991 Return to the Blue Lagoon リリー 1992 Kuffs マヤ・カールトン Chaplin 1993 Dazed and Confused ミシェル・バロウズ 1997 The Fifth Element リールー 1998 He Got Game ダコタ・バーンズ 1999 Joan of Arc 2000 The Million Dollar Hotel エロイーズ THE CLAIM ルチア 2001 Zoolander カティンカ 2002 Dummy ファンゴラ Resident Evil No Good Deed エリン You Stupid Man ナディーン 2004 Resident Evil: Apocalypse アリス・アバーナシー 2006 Ultraviolet ヴァイオレット. allcinema• Serbian. Glas Javnosti. 2000年7月7日. 2010年11月7日閲覧。 2008年11月10日閲覧。 Milla Jovovich 2005年4月11日 Russian. インタビュー. russiannightsfest. com. 2007年12月29日閲覧。 2007年12月15日時点のよりアーカイブ。 2007年12月28日閲覧。 Boardman, Mickey Summer 1994. Paper. 2007年12月29日閲覧。 - 「カードファイト!! ヴァンガード」 公式ポータルサイト(2016年12月4日閲覧)• newfaces. com. 2007年10月21日閲覧。 January 2003. 2007年10月22日閲覧。. millaj. com 2007年11月7日. 2007年11月7日閲覧。 Times Daily. 2007年11月4日. 2007年11月4日閲覧。 Von Judith Bonesky 2009年7月30日. Bild. 2010年12月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2009年8月24日. 2012年11月26日閲覧。 DAILY SPORTS ONLINE 2014年11月3日• シネマトゥデイ. 2014年12月16日. 2014年12月17日閲覧。 com 2015年4月3日. 2015年4月3日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ミラ・ジョヴォヴィッチに関連する および があります。 - (英語)• MillaJovovich -• millajovovich -.

次の