ダビデ ロス チャイルド。 ロスチャイルド家の総資産と天皇家のつながりとは?【日本の本当の支配者】

ロスチャイルド家の総資産や日本の天皇家とのつながりは?【世界一のお金持ち?】

ダビデ ロス チャイルド

ヘブライ語で古代日本の文献を解読していくにあたり、読者からのリクエストで一番多く見受けられるのが、「カゴメの歌」もしくは「かごめかごめ」と呼ばれる歌です。 この童謡に纏わる逸話は枚挙に暇がなく、テレビなどでもその不思議な背景が話題として取り上げられています。 確かに「かごめかごめ」の歌詞は不可解であり、「夜明けの晩」「鶴と亀」「後ろの正面」など、奇妙な表現が含まれています。 しかし言葉の意味が不透明であるにも関わらず、「かごめかごめ」は昔から日本の学校教育にも取り入れられ、大勢の人に親しまれてきました。 このような不可解な歌詞が、長い歴史の中で何ら問題視されずに歌われ続けてきたことに、驚きを隠せません。 子供の頃、「かごめかごめ」と手をつないで歌いながら、目を塞いでしゃがんでいる友達の周りを歩きまわり、最後に「後ろの正面、だーれ?」と歌って、後ろにいる人の名前を言い当てる遊びをしたことを覚えているでしょうか。 鬼に選ばれた友達を囲むというこの遊びから、「カゴメ」の語源は、「囲む」ではないかという説も生まれました。 「囲む」の命令形にあたる「かこめ」は中世の時代、「かごむ」と濁音を入れて記載されることもあったことから、後に「カゴメ」と発音されるようになったとも考えられます。 「カゴメ」とは漢字で「籠目」とも書き、その言葉から三角形を二重に重ねた形をしたカゴメ印を想像する方も少なくありません。 カゴメ印の由来には定説はなく、一説には竹で編んだ籠に見られる格子状の籠目の形や、六角形をした亀 カメ の甲羅模様から、これらが原型となり、最終的に六芒星の形になったのではないかと言われています。 そのカゴメ印は江戸時代、籠目紋として家紋にも使われました。 さらに大正時代ではケチャップで有名なカゴメ株式会社の商標としても登録され、カゴメ印は大衆に広く知れ渡ることとなりました。 一方、カゴメ印とイスラエルを関連付けた話題にも注視する必要があります。 イスラエル国旗に描かれているダビデの紋は、カゴメ印と同じ三角形を2重に重ねた六芒星です。 この特異な形状の印をダビデの紋と共有するだけに、イスラエルにそのルーツがあるという説を支持する人も少なくないようです。 さらに「籠の中の鳥」という表現が、モーセの時代に作られた「契約の箱」、聖櫃を意味しているという説もあります。 旧約聖書には、その箱の中に神の息吹によって書かれた聖なる十戒の板が保管され、箱の上にはケルビムと呼ばれる鳥の形をした2体の護り神が向き合って、聖なる箱を守護したことが記載されています。 そこに「かごめかごめ」との類似点を見出すことができるというのです。 ところが、これだけカゴメ印とイスラエルとの関連説が囁かれ、ダビデの紋との共通点が指摘されているにも関わらず、カゴメ印に結び付く歌の中でも有名な「かごめかごめ」のヘブライ語ルーツ説については、これまで検証されることがなかったようです。 もし、カゴメ印のルーツがダビデの紋にあるならば、「かごめかごめ」の歌詞もヘブライ語で書かれ、日本語とは異なる意味が、原語に含まれている可能性があるのではないでしょうか。 そこで、ヘブライ語の辞書を片手に「かごめかごめ」に含まれる日本語の発音に類似したヘブライ語の存在を確かめ、それらの言葉の繋がりから意味のある文脈を見出すことができるか、検証することにしました。 すると、これまで日本語の歌として考えられていた「かごめかごめ」が、ヘブライ語でも読めるだけでなく、そこには、衝撃のメッセージが含まれていたことがわかりました。 カゴメとは「囲む」のヘブライ語 「かごめかごめ」の歌詞に含まれるヘブライ語は「カゴメ」だけにとどまらず、歌全体をヘブライ語で読むことができます。 しかもヘブライ語で読む「かごめかごめ」には一貫したメッセージが込められており、歌全体のモチーフが自然に読み取れることからしても、ヘブライ語説の信憑性はもはや、簡単に否定できません。 早速、ヘブライ語で「かごめかごめ」を読んでみましょう。 まず、「かごめ」という言葉に注目です。 「カゴメ」という言葉は、「囲む」「護衛する」を意味する khagor、カゴー と、「誰」「何」を意味する mi、ミー という、二つのヘブライ語から成り立っていると考えられます。 すると、ヘブライ語で「カゴメ」の意味は、「何を囲むのか?」「何が守られているのか?」「誰を守るのか?」となります。 「カゴメ」という言葉には、何か大切なものを護衛したり、それを塞いで隠蔽するようなことに関連するメッセージが含まれている可能性が見えてきました。 昔から子供達が「かごめかごめ」を歌う時、みんなで手をつないで輪になったのも、もしかして、大切な何かを「囲む」という意識が芽生えた結果なのかもしれません。 遊戯の要点は、目隠しされた鬼を子供たちが「囲み」、鬼の背後の友達が誰であるかを言い当てることです。 それ故、「カゴメ」という言葉には、大切なものを囲み、それをみんなで守るという意味が含まれていたのではないでしょうか。 「かごめかごめ」遊戯のもうひとつの大切なポイントは、囲まれている鬼の姿です。 目隠しされて目が見えなくなってしまう鬼とは、囲まれて守られている中心的な存在が、いつの間にか人の目から隠されてしまうことを象徴しているとも考えられます。 鬼は神仏に関わる存在ですから、鬼が目隠しされる姿とは、神格化された大切なものが隠されてしまうという、一種の神隠しのような状態を表現していたのでしょうか。 「カゴメ」はヘブライ語で「何を囲むのか」という意味であるという前提で考えると、この目隠しの遊びの背景には、何か大切なものが囲まれて隠されるという状況が考えられていたのかもしれません。 古代社会において最も大切なものが、神宝でした。 日本の歴史においても三種の神器に代表される神宝は、歴史の流れに多大なる影響を与えたほど重要な位置を占めています。 よって「かごめかごめ」の歌の背景に神宝の存在があっても、決して不思議ではありません。 そして一歩踏み込んで、「かごめかごめ」をヘブライ語で読んでいくと、そこには紀元前7世紀のはじめ、イスラエルの歴史から消え去った「契約の箱」に収蔵されていた神宝に関わるメッセージとしか思えないような表現が含まれていることに気が付きます。 果たして、「かごめかごめ」のルーツは、イスラエルにあるのでしょうか。 「かごめかごめ」では、「かごめ」を繰り返し歌った後、「籠の中の鳥」が「いついつ出会う」と歌います。 この言葉からは、2羽の鳥の存在が浮かび上がり、また「籠の中」という表現からは、何かが「囲まれ」、「封じ込められ」ているような気配を察することができます。 この2羽の鳥は、契約の箱の上に飾られたケルビムと呼ばれる鳥の形をした2体の守護神を指していると考えられないでしょうか。 すると、「いついつ出会う」とは、それまで隠されていた神宝の秘蔵場所が明らかにされ、守護神のケルビムが再び現れて互いに出会う日を待ち遠しく思う気持ちを、遠まわしに述べた歌とも解釈できるのです。 「かごめかごめ」は、日本語とヘブライ語という2つの言語、どちらでも読むことのできる歌であり、折り句のように二重の意味を含む歌として創作されていた可能性に驚きを隠せません。 封じられていたのは神宝か! ヘブライ語を用いて「かごめかごめ」の歌詞を読み続けてみましょう。 「籠の中の」は「カゴ・ノ・ナカ・ノ」という4つのヘブライ語で形成された言葉です。 まず「籠の」は、「囲む」「守護する」を意味する khagor、カゴー に、「鍵をかける」または「閉じ込める」を意味する noel、ノェ を合わせ、「カゴーノェ」となり、「囲んで閉じ込める」「守護して封印する」ことを意味します。 次に「ナカノ」は、「置かれた」「そこにあった」を意味する nakh、ナカ に、「ノェ」の語尾を足して「置いて鍵をかける」、または「安置して閉ざした」を意味します。 つまり、「籠の中の」はヘブライ語で、「守護して封印し、安置して閉ざした」と解釈できます。 これはまさに大切な神宝が、どこかに秘蔵されたことを指していると考えられます。 続く「鳥は」は、「取り外せ!」の意味を持つ torid、トリー という言葉と、「そして」を意味する接続詞の (va、ヴァ)を合わせたヘブライ語が語源であると考えられます。 「トリー」には強い命令形としての意味合いがあり、「取り外せ! 」「下ろせ! 」という想いが込められています。 すると「籠の中の鳥は」の意味が、ヘブライ語で明確に浮かび上がってきます。 それは、「守護して封じ、安置して閉ざれていた物を取り出せ! 」という命令文だったのです。 「取り下ろせ!」とういヘブライ語は、高い所にあるものを外す、あるいは下ろす、という主旨が含まれることから、封じられていた物は高い位置にあったと推測されます。 それ故、守護されている物が神宝と想定するならば、それらが秘蔵されていた場所は、山上のような標高の高い場所にあったと考えられます。 大切な神宝が人目のつかぬ山奥に安置され、その場所が長らく守られてきたからこそ、「取ってきて下ろせ」、「取り出せ!」「取り外せ!」という言葉が使われたのではないでしょうか。 しかしながら、そこにはひとつの重大な問題が存在しました。 それは、聖なるご神体とも言える神宝に一体誰が、手をかけるのかということです。 ご神体に触れることは危険極まりなく、神宝に不用意に触ろうとした人は神の怒りに触れ、死去したことさえ旧約聖書に記載されています。 周りを囲まれている鬼とは、誰も触れることができない神宝の象徴とも考えられます。 そのような聖なる神宝を大切に守ろうとする想いが「かごめかごめ」に込められているようです。 いったい誰が、その神宝を守るのでしょうか。 いよいよ「かごめかごめ」の真相が解明される時がきました。 聖なる神宝を取り出して新しい聖地に遷すことは困難を極めたプロジェクトでしたが、それでも決行されなければならなかったのは、政変や疫病の流行に伴う治安の悪化など、既存の統治下において神宝の存在が脅かされてしまうような緊急事態が、その背景にあったと推測されます。 そして当時、霊峰の山頂付近に安置されていた神宝は、それらが囲まれて収められていた「籠」とも言われる収蔵庫の中から取り出され、別の場所へと遷されることになったのです。 恐ろしい火の裁きについての証言 直後、これまで神宝が収蔵されていた山頂周辺一帯には、とてつもない災害がおきたようです。 その緊迫した状況が、「籠の中の鳥は」の後に続く「かごめかごめ」の歌詞の中で説明されています。 それまで宝物を収めるために用いられていた神の箱や、その周辺一帯の山までもが、丸ごと焼かれてしまうという、厳しい神の裁きが定められていたことを、ヘブライ語の歌詞から読み取ることができます。 「いついつ」という歌詞は、ヘブライ語で「火を付ける」を意味する hitsit、ヒィツィ が語源です。 それを繰り返し語ることによって、燃やさなければならなかったことが強調されています。 つまり「いついつ」とは、「火を付けろ、燃やせ!」という命令の言葉だったのです。 これは、火による神の裁きを象徴する表現として捉えることができます。 「かごめかごめ」の歌詞をヘブライ語で読み続けると、そこには裁きの深刻さについて、更に言及されています。 「であう」はヘブライ語で、収納庫、容器、家を意味する diyur、ディユゥー です。 「ディユゥー」の発音は、日本語の「出会う」と類似しているだけでなく、その意味は収納庫、もしくは箱であることにも注目です。 そして「明け」は akar、アカー というヘブライ語で、「根絶する」を意味します。 つまり、「出会う夜明け」はヘブライ語で、「神の箱を根絶する」「神の社を根絶やしにする」ことを意味していたのです。 何という恐ろしい言葉ではないでしょうか。 つまり、火を付けて燃やす対象は、神の社、もしくは神の箱だったのです。 「ヒィツィ・ヒィツィ・ディユゥー・ヤ・アカー」というヘブライ語は、「火をつけろ、燃やせ、神の社を根絶せよ!」という裁きの言葉であったことがわかります。 「かごめかごめ」の歌については、その歌詞に呪いのような怖い意味が含まれていると、昨今のメディアでも報道されることがあります。 単に内容が謎めいているだけでなく、実際には人を震撼させるような恐怖のストーリーがその背後にあるというのです。 根拠はともあれ、その指摘は決して間違いではなかったようです。 ヘブライ語による「かごめかごめ」の中核となるメッセージは神宝です。 それら神宝が収蔵場所から取り除かれた直後、神宝が安置されていた収納箱や、社の周辺一帯が火によって焼かれてしまったことを、「かごめかごめ」は証しているようです。 その収納箱がもし、イスラエルの契約の箱であったとするならば、人類の歴史に大きな影響を与える一大事であったことになります。 神宝の収納箱が焼かれるという背景には、神の社にて長年、不信仰な行いが蔓延し、神の怒りをかったことが原因ではないかと推測されます。 神の怒りに触れて聖絶され、根絶やしになった町、村、都市の事例は、聖書にも数多く記載されています。 大きい町ではソドムとゴモラが火で焼かれてしまった話が有名です。 その他、不信仰の罪より、古代イスラエルにおいてもエルサレムの町に火が放たれ、国家が壊滅した歴史について記録が残されているだけでなく、イスラエル周辺の国家でも、幾度となく不信仰な民は神の裁きにあい、滅ぼされたことが旧約聖書に記載されています。 同様の出来事が、「かごめかごめ」の背景に存在していたのではないでしょうか。 山上国家の聖地に収蔵されていたと想定される大切な神宝は、一旦、そこから取り出されて保護され、山から下ろされるやいなや、直後、「根絶やしにせよ!」という聖絶の命令が実行に移されたのです。 そして神宝が取り除かれた後の社を含む、山頂の近郊一帯に火が付けられ、山々は丸ごと燃え尽きたのです。 これまで国家統治と権力のシンボルでもあった山頂の聖地が、神の裁きを受けて消滅したことを、「かごめかごめ」は証していたのです。 焼かれて見捨てられた荒れ地? 火による裁きの後、何が起きたかを、次の「晩に鶴と亀が滑った」という歌詞が綴っています。 「晩に」は、ヘブライ語で「造られた」、「建てられた」を意味する (banah、バナ)の未来形となる「バニティ」がルーツと考えられます。 その発音が多少訛って「バンニ」となり、「かごめかごめ」の歌詞の中に用いられたのではないでしょうか。 では一体、何が造られたのでしょうか。 「鶴と亀」です。 「鶴」はヘブライ語の tsur、ツー であり、「岩」を意味します。 「亀」は「お守り」を意味する kamea、カメア です。 よって、「鶴」と「亀」を合わせると、「お守りの岩」となります。 このお守りとは原語の意味から察するに、大きな岩を削って造られた建造物のようなものであり、巨石とも言える磐座のような存在ではなかったかと推測されます。 すると、「晩に鶴と亀」はヘブライ語で、「お守りの岩が造られた」と理解することができます。 続く「滑った」には、2通りの解釈があります。 まず、「滑った」を「被害を受ける」、または「傷つけられる」のヘブライ語である sovel、ソヴェル)の未来形、 sovelet、ソヴェレッ という言葉と仮定してみましょう。 前述した「鶴と亀」の後に続いて読むと、「造られたお守りの岩も傷つけられた」、という意味になります。 磐座のような巨石からなるお守りも、周辺一帯が火で焼かれるという事態のあおりを受け、大きなダメージを受けたのではないでしょうか。 よって「晩に鶴と亀が滑った」の意味は、「造られたお守りの岩も(火による)被害を受けた」となります。 これは、神の裁きに関わる貴重な証言とも考えられます。 もう一つの解釈は「滑った」を、ヘブライ語で「働きをやめた」、「ストライキした」を意味する (shovetet、ショーヴェテ)と解釈することです。 お守りが働きをやめるということは、御利益がなくなることを意味します。 よって、「鶴と亀が滑った」は、「造られたお守りの岩は働きをやめ」、もしくは「造られたお守りの岩はご利益のないままに」、と解釈することが可能です。 「滑った」が「被害を受けた」か「働きをやめた」のいずれかであるかを検討する鍵となるのが、次の「後ろの正面、だーれ?」という歌詞です。 「かごめかごめ」の歌の中で一番不可解な歌詞が、「後ろの正面、だーれ?」です。 誰もが知っている歌詞でありながら、日本語での理解が困難な言葉です。 そのまま読むと、後部と正面とが相まみえた支離滅裂な表現であるようにしか考えられないことから、この歌詞の解釈については、これまでも様々な憶測が飛び交っています。 鬼の真後ろに誰がいるかを言い当てるための遊戯の歌詞であるとか、現世と神の、世界の目には見えない通り道であることを示唆する、または、お寺の正面の後ろに葬られた人物を指すとか、あげくの果てには遊女の次の相手を意味するだの、その解釈は様々です。 しかしながら、どれも納得のいく説明ではありません。 「後ろの正面、だーれ」もヘブライ語に置き換えて読むことにより、その意味だけでなく、「かごめかごめ」全体の文脈と主旨をまとめて、無理なく理解することができます。 前文までは、大切な箱に収納されていた「神宝」が取り出され、その後、周辺一帯が焼かれたことが言及されています。 そして、岩が切られて造られたお守りの岩も、もはや火の海による被害から周辺を守ることができなかったのです。 それが「滑った」という言葉に集約されています。 お守りの岩は「被害を受け」、もしくは、「働きをやめ」、付近一帯は焼かれる運命にあったのです。 その後の成り行きが、最後の一文「後ろの正面だーれ」に記されています。 まず、「後ろの」の意味は、場所や物が「見捨てられる」「放置される」を意味する hushar、フーシャー が語源と考えられます。 次に「正面」は、ヘブライ語で Shomem、ショーメム と書き、人の住まない僻地や荒地を指します。 「だーれ」は、 dalak、ダラッ というヘブライ語の発音に酷似していることから、「焼かれた」という意味の言葉と考えられます。 この文脈に沿うと、「後ろの正面、だーれ」はヘブライ語で、「焼かれた荒地は見放された」という意味になります。 これらのヘブライ語をまとめて「晩に鶴と亀が滑った。 後ろの正面、だーれ」を読むと、「お守りの岩も造られたが被害を受け、焼かれた荒地は見放された」、もしくは「造られたお守りの岩のご利益もなく、焼かれた荒地は見捨てられた」という意味で理解することができます。 すると、「かごめかごめ」の歌は、神宝が秘蔵されていた場所から取り出された後、周辺一帯に火が付けられただけでなく、その守護神であった磐座も一緒に焼かれて、そのまま放置されてしまう、という悲劇のシナリオについて、証していたと考えられるのです。 何が守られているのか?誰が守られているのか? 守護されて封印され、安置して閉ざされたものを取り出せ! そして火をつけろ、燃やせ、社を根絶せよ! 造られたお守りの岩の御利益もなく 焼かれた荒れ地は見捨てられた 救いの道を示すお守りの岩 これまで「かごめかごめ」の背景には怖い過去や、呪いが秘められていると、各種メディアにて噂されてきました。 ヘブライ語訳を読む限り、確かに火による裁きと、炎上後の荒廃について記載されていることから、怖い印象を否めません。 ところがヘブライ語で繰り返し読んでいる内に、その解釈には、同等の発音でもうひとつ、全く別の意味を持つ読み方があることがわかりました。 一見、呪いの言葉のように見える「かごめかごめ」には、実は未来の希望に繋がる救いの道を示す言葉も含まれていたのです。 まず、「滑った」という歌詞を振り返ってみましょう。 ヘブライ語で「晩に鶴と亀が」は「お守りの岩が造られた」、を意味することから、後に続く「滑った」が解釈の要となります。 「すーべった」に類似する発音を持つヘブライ語には、もうひとつ、「水を引く」、「水を出す」を意味する (shoevet、ショーエヴェ)という言葉があります。 すると「晩に鶴と亀が滑った」の意味が一変し、「お守りの岩を造り水を引く」、「造られたお守りの岩から水が湧く」という意味になります。 これは、水が溢れる場所において、お守りとなる岩を切り、磐座を造ったということではないでしょうか。 つまり、「水際にお守りの岩が造られた」と解釈できるのです。 その後に続く歌詞も、「焼かれた荒地は見捨てられた」という悲劇を語るのではなく、ヘブライ語で類似した読みを持ちながらも、正反対の前向きな意味に解釈することができるのです。 そして「晩に鶴と亀が滑った」を「水際にお守りの岩が造られた」と理解することにより、火で焼かれた後の、救いの道を示す復興の預言であった可能性が見えてくるのです。 復興という明るい展開を前提に考えた場合、「後ろの」は、ヘブライ語で「地域を支配する」を意味する (hushlat、フシュラッ)と解します。 そして「正面」は前述のとおり「僻地」「荒地」とし、最後の「だーれ」はヘブライ語で「水を引く」の (Dalah、ダラー)とします。 「だーれ」は、「焼かれた」を意味するdalak(ダラッ)と、「水を引く」dalah(ダラー)という、どちらもほぼ同じ発音を持つ言葉のいずれかを選ぶことにより、紙一重でその意味が正反対に変わってしまうことがわかります。 その「だーれ」を水源に関する「水を引く」と理解することにより、「後ろの正面、だーれ」は、「水を引いた無人の地を支配する」という意味になります。 この解釈は、前文の「水が出るお守りの岩」と、焼かれた後、水が枯れてしまう「荒地」の存在を自然に結び付けることにも注目です。 こうして「晩に鶴と亀が滑った」と「後ろの正面、だーれ」の意味は、ヘブライ語で「水際にお守りの岩を造り、荒地に水を引いて支配する」と理解することができます。 「かごめかごめ」は単なる呪いの歌ではなく、原語となるヘブライ語の類似した読み方により、二重の意味が込められていたと考えられます。 そこには、焼かれた後、水辺に造られたお守りの岩の恩恵によって導かれ、その無人の地にも水が引かれて、最終的には祝福されるという預言の言葉が含まれていたのです。 「かごめかごめ」の歌詞の意味は、救いの道を示す預言の言葉としても受け止めることができるようです。 その歌詞の意味は重大です。 そこにはヘブライ語でこう、書かれていたのです。 何が守られているのか?誰が守られているのか? 守護されて封印し、安置して閉ざされていた神宝を、取り出せ! そして、火を付けろ、燃やせ!神の社を根絶せよ。 水際にお守りの岩を造り、無人の地に水を引いて支配せよ! 「後ろの正面だーれ」を前向きに解釈することにより、「かごめかごめ」の歌詞の意味が一辺倒の裁きの言葉ではなく、火による裁きの後、一筋の光となる「お守りの岩」の存在が語られ、そこに希望の道が残されていたという可能性を見出すことができます。 「かごめかごめ」は三重の折句か! 「晩に鶴と亀が滑った、後ろの正面、だーれ」をヘブライ語で読むと、2つの全く異なる解釈に辿り着くことがわかりました。 「造られたお守りの岩も被害を受け、焼かれた荒地は見捨てられた」という、神の裁きによる結末と受け止めることができるだけでなく、「水際にお守りの岩を造り、無人の地に水を引いて支配せよ!」という、未来志向の意味にも理解できるのです。 「かごめかごめ」の歌詞が、神の社が焼かれてしまうという単なる裁きに関わる呪いの言葉で終始するとは考えづらいことから、どちらかというと、後者の未来志向を優先して理解するべきでしょう。 「かごめかごめ」の歌詞全体の流れから察するに、神宝が取り出された後に火が付けられた訳ですから、そこから逆戻りして「焼かれた荒地」の話に舞い戻るよりも、取り出された神宝に関する次の展開が記されたと考える方が、より自然に読み取れるからです。 また、焼かれるというテーマに終始するよりも、火による裁きと水による清め、という前後のコントラストが目論まれたと想定できることも、未来志向が優先される理由です。 神宝が取り除かれた後、神の裁きにより山は焼かれてしまいますが、その怒りの火を癒す水が存在し、次世代への希望へと繋がることが、「かごめかごめ」のメッセージの中に残されているように考えられるのです。 どちらの意味を選ぶかは、「かごめかごめ」の最後の文言である「後ろの正面、だーれ?」を如何に理解するかによっても決められることになります。 特に、「後ろ」の解釈は重要であり、それをヘブライ語で「見捨てられる」を意味する「フーシャー」か、「(地域を)支配する」を意味する「フシュラッ」という2つの相反する言葉のいずれかを選択することで、文脈が決定付けられます。 「うしろ」という日本語の発音は、どちらかというと「フシュラッ」、「支配する」という読み方に近いことから、「うしろ」だけをとってみても、未来志向の解釈の方に分があるかもしれません。 いずれにしても「かごめかごめ」を、裁きと呪いの歌として読むか、例え裁かれてもその後の救いと希望の言葉として理解するかは、読む人の心持ちに左右されることでしょう。 もしかすると、「かごめかごめ」の歌詞は当初から、ヘブライ語の折り句として、2通りの意味を重ねて創作されていたのかもしません。 そして、ヘブライ語では、どちらの意味にもとれるような読みでありながら、しかもその読みに重なる日本語の発音を持つ言葉までも見出された結果、表立っては「かごめかごめ」が日本語の歌として伝承されたと考えられます。 つまり、「かごめかごめ」には、ヘブライ語と日本語を合わせて、三つ巴の意味が含まれていることになります。 このとてつもない創作意欲とノウハウの結集があったからこそ、今日まで「かごめかごめ」の歌は、謎に包まれてきたのです。 古代史の真相を解き明かす霊歌 古代、日本ではいつの日も、神宝が大切に取り扱われていました。 そのルーツには、イスラエルの契約の箱や、その中に収蔵されていた神宝が関わっていた可能性があることは、別章で解説しているとおりです。 もしかすると、「かごめかごめ」の歌は、それらイスラエルの神宝とその行方について、ヘブライ語で証していたのかもしれません。 それら出来事の流れについては、以下のような想定が可能です。 いつの時代か、大切な神宝は山の頂上付近に造られた神の社の一角に収蔵されていたところ、国家体制に一大事が起き、山上国家は崩壊の一途をたどりました。 その後、神宝を取り出す命令がくだされ、収蔵場所は遷されたのです。 そして周囲一帯には火が付けられ、跡形もなく焼かれてしまいます。 しかしながら、水が湧き出る岩場にてお守りとなる磐座が造られ、大切な神宝は、その新天地に遷されたのです。 そして誰もいない荒地に不思議と水が引かれ、お守りの岩がある地域一体が統治されたことを、「かごめかごめ」はヘブライ語で証していたのではないでしょうか。 後述するとおり、「かごめかごめ」の舞台は四国の剣山と考えられ、剣山界隈にはイスラエル・ルーツの伝承が多いことからしても、その信憑性については更なる検証が必要です。 世界が注目すべきユダヤの象徴である神の「契約の箱」の到達点が日本であり、その中に秘蔵された神宝について、もし、「かごめかごめ」が歌っているとするならば、私たちは知らぬうちにこの童謡を歌いながら、神宝の行く末について語り継いでいたことになります。 そして「さくらさくら」の創作者が空海であると考えられるように、同じく3重の意味を折句として連ねた「かごめかごめ」の歌も、次章で解説するとおり、空海の作品である可能性があります。 誰もが知っている「かごめかごめ」は、古代日本の歴史の謎を解き明かすためのヒントを後世に残す為に創作された、極めて重要な霊歌であり、そこには空前の知恵が秘められていたのです。

次の

ロス チャイルド 財閥

ダビデ ロス チャイルド

ロスチャイルド家(Rothschild、「ロスチャイルド」は英語読み。 ドイツ語読みは「ロートシルト」。 フランス語読みは「ロチルド」。 )は、ヨーロッパの財閥、貴族。 門閥として名高い。 ロマノフ家とはHubert de Monbrison 15 August 1892 — 14 April 1981 の三度... Amazon. jp: そうだったのか! ロスチャイルドと欧州財閥 MCD Books eBook: 安平雲軒: Kindleストア. 内容紹介. 彼らは鬼でも悪魔でもない! ロスチャイルド財閥は、いかにして世界を支配し、そして敗れていったのか……。 18世紀末から現在まで、世界、そして日本の金融、経済の最深部を握り続けた名門ユダヤ財閥・ロスチャイルド家。 主要人物26人を幹に、これ... 国際金融資本家の筆頭はロスチャイルド家である。 日本人の中にはロスチャイルド家の存在すら知らない人が多くいるが、ロスチャイルド家は現実に存在しているファミリーであり、現在、世界最大最強の巨大財閥である。 欧米の上層階級の人間は、ロス... 栄華を極める世界最大最強のロスチャイルド財閥. 残席3名 第13回 朝活 【世界を支配する2大財閥〜ロスチャイルド、ロックフェラー家〜 入門編 】 2019年9月21日(愛知県): 日経新聞のニュースを読みこなし、参加メンバーとの情報交換 を楽しみましょう! - こくちーずプロを使えば、驚くほど... ロスチャイルド家. ユダヤ系の金融資本。 ドイツに始まり、イギリス、アメリカにも進出。 イギリス帝国主義とも結びついた。 なおエジプトといえば、ツタンカーメンの墓の発掘に成功したカーナヴォン卿に資金を提供したのもロスチャイルド財閥だった。 シオニズムを... あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。 書店で使えるhontoポイントも貯まる。 3000円... ロスチャイルド財閥とは? ロスチャイルド家(Rothschild、「ロスチャイルド」は英語読み。 ドイツ語読みは「ロートシルト」。 フランス語読みは「ロチルド」[1]。 )は、ヨーロッパの財閥、貴族。 門閥として名高い... そうした世界にあまたある財閥の中で、代表的な存在がロスチャイルドである。 家紋に描かれた5本の矢のように、ヨーロッパの主要都市に放たれた初代マイヤー・アムシェルの5人の息子たちは父の遺言を守り、固く結束してときに皇帝ナポレオンと戦うウェリントン... 世界の金融と産業を牛耳るユダヤ財閥の秘密。 初代マイヤーが五人の息子を主要都市に配したとき、戦いは始まった。 ナポレオンから二つの大戦まで、鉄道からダイヤモンドまで、歴史を裏で動かした一族の物語。 (講談社現代新書) 19世紀初頭、ロスチャイルド財閥の祖・ネイサンはすでに銀行を中心とした事業家としてかなりの力がありましたが、フランス皇帝ナポレオンの戦況を利用し、莫大な富を手にしました。 現代の投資家も学ぶべきその手法とは?(バックナンバーは... ロスチャイルド財閥ネットワークヒストリー 国際金融資本 フランクフルトのゲットー ロスチャイルド家 …: ロスチャイルド財閥ネットワークヒストリー. [ロンドン 30日 ロイター] 英ロスチャイルド家のジェイコブ・ロスチャイルド氏が率いる投資会社RITキャピタル・... 一方のロスチャイルド財閥は、18世紀後半にマイアー・アムシェル・ロスチャイルド氏がフランクフルトで始めた事業が起源。 ロスチャイルドである。 ロスチャイルド家ほど世界に広く名を知られ、また実際に影響を及ぼした財閥はないだろう。 19世紀にヨーロッパ政治を金融面から動かした一族は、今日もなお地球規模で旺盛な事業意欲をみせて、「不死身」とか「... 先日のモンテカルロ、ロスチャイルド男爵夫人の別荘での『GREAT GATSBY』大パーティー。 素敵な思い出を振り返りながらお伝えしていこうと思います」と書き出し、世界的金融財閥であるロスチャイルド家の別荘で開催されたパーティーに... 映像の世紀プレミアム 巨大財閥の100年. ロックフェラー家、ロスチャイルド家、モルガン家、デュポン家などの巨大財閥は恐慌や大戦によって繁栄を遂げたが、財閥秘蔵のプライベートフィルムからは大衆との対立に苦悩する彼らの素顔が見えてくる。 ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡|世界の金融と産業を牛耳るユダヤ財閥の秘密。 初代マイヤーが五人の息子を主要都市に配したとき、戦いは始まった。 ナポレオンから二つの大戦まで、鉄道からダイヤモンドまで、歴史を裏で動かした一族の物語。 【試し読み無料】世界の金融と産業を牛耳るユダヤ財閥の秘密。 初代マイヤーが五人の息子を主要都市に配したとき、戦いは始まった。 ナポレオンから二つの大戦まで、鉄道からダイヤモンドまで、歴史を裏で動かした一族の物語。 講談社現代新書 【定価78%OFF】 中古価格¥200(税込) 【¥724おトク!】 ロスチャイルド家ユダヤ国際財閥の興亡/横山三四郎 著者 /中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。 1500円以上のご注文で送料無料。 アメリカの大財閥モルガン家も、ロスチャイルド一族であった。 では、なぜ、犬猿の仲であるはずの両家が、パートナーと... ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金... ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施中。 全米ナンバーワンビーチとして知られるラニカイビーチの、ビーチフロントの広大な敷地にある、室内面積合わせて1611㎡ という巨大な豪邸です。 こちらの豪邸はもともと、世界に名を轟かす財閥、ロスチャイルド一族が所有していたというもので、 デジタル大辞泉 - ロスチャイルド家の用語解説 - 《Rothschild》ユダヤ系の国際的金融資本家の一族。 18世紀にフランクフルトで... ユダヤの国際金融財閥。 18世紀、フランクフルトで古銭商を始めたマイヤー・アムシェルMeyer Amschel R. ロスチャイルド財閥、ロックフェラー財閥は、 もう終わったらしい。 rui. html? では、次は誰だ? どうなるんだい? こういう... よくは知らないが、誰もが耳にしたことがあるロスチャイルド。 この本は読みやすく、彼らの歴史と全体像が分かる。 ロスチャイルドの歴史を知ることは、ヨーロッパの近年の歴史と現在を知ることと言えるくらい、ヨーロッパ諸国への影響力は大きかった。 商才のあっ... Buy ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡 講談社現代新書 Japanese Edition : Read Kindle Store Reviews - Amazon. com. 顧客には各国の王室やナポレオンなどの権力者がおり、世界最大の財閥へと成長し現在に至ります。 楽天市場-「ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡」24件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。 ご購入でポイント取得がお得。 セール商品・送料無料商品も多数。 「あす楽」なら翌日お届けも可能です。 金融財閥ロスチャイルド家の御曹司 ナサニエル・ロスチャイルド氏(41)は、スイスのスキーリゾート、ク ロスタースに保有するさほど大きくないシャレー(伝統的な木造家屋) スタイルの集合住宅で牛革製のソファーに腰を下ろしている。 ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡 横山三四郎。 世界の金融と産業を牛耳るユダヤ財閥の秘密。 初代マイヤーが五人の息子を主要都市に配したとき、戦いは始まった。 ナポレオンから二つの大戦まで、鉄道からダイヤモンドまで、歴史を裏で動かした一族... 18世紀にドイツのフランクフルトで古銭商を始めたマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドを始祖として、ナポレオン戦争の混乱期にヨーロッパ最大の金融財閥を築いた。 その資産は、当時の欧州を代表する銀行のひとつを悠に超える金額だったという。 その後の... 1 ロスチャイルド一族. 1 ロスチャイルドとは? 1. 2 財閥を気づくまで; 1. 3 中央銀行を牛耳る; 1. 4 ロックフェラー財団との関係; 1. 5 日露戦争での資金援助; 1. 6 家紋に関する噂. 1 日本銀行; 1. 2 天皇家. 2 フリーメイソンとイルミナティ... Achetez neuf ou d'occasion. 三菱・三井・住友などの企業グループは、財閥が解体された今もなお強い影響力を持っています。 各グループには日本を... 住友財閥自体の歴史は400年以上あり、有名なロスチャイルド財閥をおさえ、世界最古である。 「白水会」は住友家の... ロスチャイルド家といえば、ヨーロッパをまたにかけて200年以上にわたり活動し、現在も複数の金融機関を擁するユダヤ人系の大財閥だ。 反面、いわゆる「陰謀論」を説く書籍などでは、世界を裏で操る「黒幕」としてよく名前が挙がる存在でも... 16日早朝3時6月のFOMCの利上げはなかった円高に振れて円が買われています(105. 44円まで円高)ドル安の影響もあり海外銅価格は上昇し、4640$と前日比2. 5%銅は上げた(但し4末からは8. 37%下)この先暫くは円高に振れる可能性... 全世界を動かしているのはロスチャイルドだ!すべての元を辿れば結局ロスチャイルドにぶち当たる!?更新していきます。 とりあえずのまとめ土台ですので、順番... を代表するロスチャイルド財閥。 アメリカを代表するロックフェラー財閥。 お気に入り詳細を見る. ダイヤモンド社主催、経済や企業を題材に描いた小説に贈られる日本初の文学賞「城山三郎経済小説大賞」。 第4回の栄冠に輝いたのが、渋井真帆さんの『ザ・ロスチャイルド』。 今なお世界経済に大きな影響力を持つロスチャイルド財閥の祖... というのも、トランプ新政権が米政権の中で最も大財閥(フリーメイソン)やユダヤマネー(イスラエルロビーの右派)という「影の... 世界に君臨し影の権力とされる2大財閥と言えば、米国の「ロックフェラー財閥」と英国の「ロスチャイルド財閥」。 ロスチャイルド家とは、ヨーロッパを中心に繁栄した財閥・貴族である。 また、ロシアの皇族であるロマノフ家や、アメリカの財閥であるモルガン家や、金融業界の財閥であるゴールドシュミット・ファミリーなどなど、一般人では到底お目にかかる... 英ロスチャイルド財閥----------------------------- 米ロックフェラー財閥が代表しているのは、米国の保守本流系の財閥です。 保守本流とは、人種・宗教的な観点に立って考えると「WASP/ワスプ」的... その後銀行業を中心に、世界各地で様々な事業にかかわり発展し、世界的な財閥となりました。 ドイツ語発音の場合「ロートシルト」、フランス語発音の場合「ロッチルド」、英語発音の場合は「ロスチャイルド」となりますが、3者は同じROTHSCHILDを指します。 その時、 ネイサン・ロスチャイルド(Nathan Mayer Rothschild) と云う金融業者が猛然として売りに出た。 彼の4人の兄弟たち... これが、 ロックフェラー財閥と並んで世界の金融界を牛耳るロスチャイルド財閥の始まりの神話的物語である。 これは 「ネイサンの... 横山三四郎『ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡 Kindle 』の感想・レビュー一覧です。 ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することも... Rothschild 大富豪伝説 2 ロスチャイルド』最強大富豪の世界支配のきっかけとは B ダビデの星、 5 人兄弟の血の結束ロックフェラーとくれば、ロスチャイルド。 この両者がァ史上空前の東西大財閥、である。 ロックフェラーがアメリカが舞台なのに対し、ロス... このときからイギリスの瀬落 ロスチャイルド家の金融支配力のかげり が決定的となった。 『世界戦艦は、アメリカ合衆国 ロックフェラー石油財閥による世界金融支配 へと移っていった。 実際にはロスチャイルド家を中心とした金融財閥が中央銀行を支配している国がいくつもあったのだ。 彼らが通常の銀行とは全くの異質であって「闇の支配者」と言われる所以である。 その国の重要な中央銀行が国ではなく個人に支配されてい... ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡(横山三四郎,新書,講談社,電子書籍)- 世界の金融と産業を牛耳るユダヤ財閥の秘密。 初代マイヤーが五人の息子を主要都市に配したとき、戦いは始まった。 ナポレオンから二つの大戦まで、鉄道からダイヤモンドまで、... 電子あり. ロスチャイルド家. 世界の金融と産業を牛耳るユダヤ財閥の秘密。 初代マイヤーが五人の息子を主要都市に配したとき、戦いは始まった。 ナポレオンから二つの大戦まで、鉄道からダイヤモンドまで、歴史を裏で動かした一族の物語。 (講談社現代新書) 世界の政治・経済の背後にある欧米の財閥間の闘争をテーマにした著作である。 アメリカを代表するプロテスタント的なロックフェラー財閥や、ヨーロッパを基盤とするユダヤ系のロスチャイルド財閥などが、どのように関係しながら現代世界の裏面史を描いてき... 今日は、私が上級理事をつとめるアミチエジャポンが主催する 超スペシャルなチャリティディナーのご案内です。 なんと、世界の大財閥ロスチャイルド家の7代目 シャーロット・ロスチャイルドさんを迎えてディナー会のご案内です! シャンパーニュ バロン ド ロスチャイルド ブリュット NV. 中国4分割と韓国消滅ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる... 貴族、国際機関最高幹部、欧州最大財閥総帥ジェイコブ• ロスチャイルド、米国最大財閥ジョン• デビッドソン• ロックフェラー4世、フリメーソン• 多くの仕事をしようとする人は、いますぐひとつの仕事をしなければならない。 」ロスチャイルド財閥 創始者 マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドのページです。 経営プロでは経営全般、組織・人材、財務・資金、営業・マーケティング、IT・技術、... ロスチャイルド家は、原発および核技術を手中にして、世界を支配するつもりなんだ」. そうだったのか。 ぼくは驚愕した。 坂本くんはつづける。 「それに対抗している原発反対派は、火力発電で石油を売りたいロックフェラー財閥の息がかかってるんだ。 世の中は、... 毎日がワウ!になる通販サイトau Wowma! (ワウマ)。 人気のアイテムが大... 28)... アカイ タテ : ロスチャイルド ノ ナゾ.... VOL. 1巻末:ロスチャイルド財閥史 VOL. 2巻末折込 : ロスチャイルド家全家系図 VOL. 4巻末 : 索引1 人名INDEX ,索引2 項目INDEX... ロスチャイルド家とは? ロスチャイルド家(Rothschild、「ロスチャイルド」は英語読み。 ドイツ語読みは「ロートシルト」。 フランス語読みは「ロチルド」。 )は、ヨーロッパの財閥、貴族。 門閥として名高い。 一説には、総資産300兆円。 また都市伝説... まず要点をまとめていくと、. 巨大財閥の秘密 ロックフェラーからロスチャイルドまで - 赤間剛/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。 書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。 宅配もお選びいただけます。 これらの全てが、ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥を中心とした国際金融資本家の私利私欲のための「でっち上げ」だと聞いた今、私の考えている常識は常識ではないかもしれないという不安感におそわれる。 「洗脳社会」が本当ならば、私はこのまま洗脳... というロスチャイルド財閥の祖マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの言葉は、とてもよく知られている。 インパクトが強く、その言葉で、ロスチャイルド家が金融で世界覇者になろうとしているのだという印象を刷り込まれていたのではないかと思う。 私も含め、ロス... ヨーロッパの大財閥にして貴族であるロスチャイルド家 ドイツ語ではロートシルト家。 18世紀ドイツで事業に成功してからヨーロッパ各国に勢力を拡大、その当時から各国で芸術家のパトロンとしても名を残し、その伝統は現代でも続いている。 9.11事件やアフガン、イラク侵攻などの不可解な事件の真相は、一貫して、世界的な巨大財閥のユダヤ人が深く関わっていると... ロスチャイルド財閥の創始者 ロスチャイルド1世(マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド、1744-1812)は、金融業から身を起こし、彼の5人... これは、世界各国の中央銀行を支配している欧州ロスチャイルド財閥(総帥ジェイコブ・ロスチャイルド) の指示によるものだという。 メキシコで開かれていた「20か国・地域(G20) 財務相・中央銀行総裁会議」が2月26日夕(日本時間27日朝)... ヨーロッパに君臨するロスチャイルド財閥やオランダ王室の経済顧問団との連係プレイは、大方の想像を絶するものだ。 アメリカのロックフェラー一族とヨーロッパのロスチャイルド一族が固く手を握り経済利権を押さえようとしたターゲットが、... 簡単にいえばロスチャイルドをはじめとする金融財閥が世界を支配している、という内容だが、しかし個々の分析はなかなか手がこんでいる。 リンカーンをはじめアメリカの大統領のうち7人が暗殺されたが、その裏には… ロスチャイルド財閥. ロスチャイルド Rothschild はもともとドイツ・フランクフルトのゲットー(ユダヤ人隔離居住)出身で、5人の息子が、フランクフルト、ウィーン、パリ、ロンドン、ナポリで銀行業を拡大させて、大金持ちになりました。 ちなみに日露... 今回は、ロスチャイルドがアメリカの金融に参入するきっかけを見ていきます。 ベルモント商会は、企業買収を繰り返し、金融機関を支配するようになり、あの黒船ペリー提督のペリー家、モルガン家と結びついて、ボストン財閥を形成します。 youtube. それから7世代目の今も、ロスチャイルド家は地球上でもっとも裕福かつ有力な一族だ。 ならず、近親結婚も勧めた。 4人の孫息子は従妹と結婚し、このしきたりは子孫が他の貴族や財閥と婚姻関係を結ぶようになった19世紀末まで続いた。 『ロスチャイルド家』再掲載* みんな意外にしらない『世界の財閥』 世界一のお金持ちはだれでしょう?有名な人だとビルゲイツです それはあくまで公表されている個人資産納税金額、保有株式、不動産等から算出した金額です資産総額720億... ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡 講談社現代新書 book. Read reviews from world's largest community for readers. 世界の金融と産業を牛耳るユダヤ財閥の秘密。 初代マイヤーが五人の息子を主要都市に配したとき、戦いは始まった。 ナポレオン... の金融関連企業など。 フェラー財閥 産業別系列企業 ロックフェラー財閥もロス. 【エネルギー関連】. チャイルド財閥同様、じつに. リオ・ティント 多国籍鉱業資源. 【銀行・保険関連】. 幅広い産業に関わっているこ. 1760年代、ナポレオン戦争の混乱期に欧州の金融を支配してきたユダヤ系一族の財閥です。 世界中にいる資産家(モルガン、ロックフェラー、ウォーバーグ)繋がりがあるとされているロスチャイルド家は、世界の金融機関の資産を自由自在に... 1955年生まれのシャーロットさんは、国際的にコンサート活動を続けるソプラノ声楽家であり、また、世界一の資産家と言われるロスチャイルド家の一員。 具体的には、18世紀にロスチャイルド財閥の基礎を築いたマイアー・アムシェル・... まず思いつくのも、著名なユダヤ人一族であるロスチャイルド家なのです。 そして歴史上最も成功した「国際金融の創始者」と言われる、. kokkai 日銀を国有化せよ これ、分かりやすく動画にした。 日本銀行を設立以来、ロスチャイルド家、天皇家、三菱財閥が民営化して独占。 「戦争屋(Warmonger)」という言葉を使おう。 現職の立法府、行政府、司.. <アメリカ最大のロックフェラー 財閥 に移動 - アメリカ最大のロックフェラー財閥>. ロスチャイルド一族は、自らリードしてこのような巨大財閥を築いてきた一方で、 19世紀末には、その莫大な財力で有力者を支援して世界各地で財閥を作り上げていった。 今回は、「近代日本 FRB ロスチャイルド」をテーマに1時間強にわたり講演をいただいた。 に起こったアヘン戦争は国際金融家に莫大な利益をもたらしたが、その富を取り扱う銀行として、1868年にサッスーン財閥を中心に設立されたもの。 中国が米国に対抗するには、欧州ロスチャイルド財閥の協力が必然だろう。 かつて大英帝国が世界の7つの海を支配した時も、ロスチャイルド財閥の存在が大きかった。 米国にロックフェラー財閥がある以上、資金面で対抗するうえでも、政治的... AP通信はロックフェラー財閥の企業であり、ロイターはロスチャイルド財閥の企業です。 俺としては、本屋で反ロスチャイルド同盟の本がよく目につく場所に..... 世界の財閥 ロスチャイルド家のシャンパン. 泡の宝石「バロンド・ド・ロスチャイルド」 このシャンパンは、ロスチャイルド家の晩餐会、ロスチャイルド系銀行の晩餐会、ロスチャイルド企業が事ある毎に振る舞われるシャンパンです。 バロンド・ド・ロスチャイルド. こうして戦争のたびに、莫大な財産を増やし続けて財閥化し、国王と対等以上になった銀行家たちは、王族と血縁を結び、... (3)ロスチャイルドの新興 世界で最初に、この通貨支配体制を築き上げ、世界中の富を手中にし、世界を支配している... こうして富を集中させてきました。 現代、世界の富の30%はロスチャイルド財閥が握っているといわれます。 ロスチャイルド家の紋章. 財閥とは・・・? 財閥とは 世界には7つの大きな財閥があります。 その中で、ロスチャイルド財閥、ロックフェラー財閥は群を抜い... 4年半ぶりに日本に帰国!... 19世紀はロスチャイルド財閥が操る大英帝国が、20世紀はロックフェラーが操るアメリカ帝国が、世界を支配してきた。 そして、21世紀... 世界経済はロスチャイルド家に代表されるユダヤ財閥から成る勢力によって牛耳られている——陰謀論では、もはや常識と呼べるほど頻繁に指摘される話ではあるが、現実にほとんどの国の中央銀行がロスチャイルド家の配下にあることは... 世界のダイヤモンド産業界で圧倒的な地位を占めている企業があります。 1881年に南アフリカでセシル・ローズが設立したデビアス社です。 原石のシェア90%を独占したデビアス社 セシル・ローズは、ユダヤ系財閥であるロスチャイルド家の支援で、ダイヤモンド... アメリカにはウォール街というところがあり、このウォール街を牛耳っているのは、国際金融資本と言われるような人たちで、彼ら信じられないような多額の資金を運用する「金融財閥」です。 特に「ロスチャイルド」「モルガン」「ロックフェラー」の3つの金融財閥は、... ネイサン・メイアー・ロスチャイルド(Nathan Mayer Rothschild, 1777年9月16日 - 1836年7月28日)はドイツ出身のイギリスの銀行家。 イギリスにおけるロスチャイルド財閥の祖。 ネイサンの事業における最も有名な逸話が「ネイサンの逆売り」... カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。 Pages•

次の

ロスチャイルド家の総資産と天皇家のつながりとは?【日本の本当の支配者】

ダビデ ロス チャイルド

ロスチャイルド家の家系図 ロスチャイルド家とは、 ヨーロッパを中心に繁栄した 財閥・貴族の事を言います。 圧倒的な富を持っており、 世界の権力者とのコネクションがあり 多大な影響力を持つ一族でです。 ロシアの皇族のロマノフ家• アメリカの財閥のモルガン家• 日本の政治家などなど 私のような一般人では 到底会う事ができない人たちと つながりを持っています。 ロスチャイルド家の始まり しかし、元々は市民権すらもなかった どん底からのスタートなんです。 ロスチャイルド家はドイツのフランクフルト、 ゲットーと呼ばれるユダヤ人住居区から 始まったと言われています。 マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが ロスチャイルド家の初代当主です。 彼はドイツの名門貴族ヘッセン家の ヴィルヘルム9世と共通の趣味で知り合い 一緒にビジネスを始めるようになります。 元々はただの商人にすぎませんでしたが、 18世紀後半の戦乱の時代に金融業を始め 莫大な自己資金を作る事に成功します。 5人の息子でヨーロッパネットワーク形成 その後、マイヤーは自分の息子5人を ヨーロッパ諸国に送り込み、 ロスチャイルド家を繁栄させます。 その中でも一際力をつけたのが ロンドンに渡ったネイサン(3男)です。 戦争で大もうけしたロスチャイルド家 ロンドンに渡ったネイサンは ロンドン証券取引の支配者となり、 世界一の金融王に君臨します。 その後は、ヨーロッパ各国にお金を貸し付け 着実に資産を増やしていきます。 特に、1815年に起きた イギリスとフランスの戦争によって、 大儲けした話は有名です。 金融王であったネイサンの動向は 金融業界の人たちの行動基準になっていて 動きが常に注目されていました。 先の戦争ではイギリスが勝つ事を ネイサンは確信していましたが、 あえて、イギリス国債を売りに出します。 釣られて多くの交際が売却された時に イギリス国債を買戻し、イギリスが買ったため 莫大な利益を得る事になったのです。 当時の金額で300万ドルあった財産が 一気に75億ドルに膨れ上がりました。 なんと2500倍です! イギリス金融長者たちは力を失い 逆にネイサンはさらに力を伸ばします。 イギリスを含め世界の金融界の実権を 彼が握る事になったのです。 情報を持つものがいかに稼げるのかが 良くわかる例ですね。 悪い見方をしてしまえば、 世界中にコネクションをロスチャイルドは いくらでも稼げるわけです。 戦争を起こす事もできるでしょうし、 企業の不祥事を意図的に作る事も可能です。 ロスチャイルド家の総資産 先ほど紹介したような形で 金融で富を作ったロスチャイルド家は 様々な事業を始めていきます。 一説にはロスチャイルド家の資産は 1京を超えると言われています。 まさに天文学的な数字であり、 国家を動かせる財力を持っています。 ロスチャイルド傘下の企業 私たちが聞いた事ある世界的企業は たいていがロスチャイルド家の傘下です。 有名どころを挙げていきます• コカコーラ• ロイター通信• ニューヨークタイムズ• ワシントンポスト• フォード• ルノー• ブリティッシュエアライン• ゴールドマンサックス• モルガン銀行• ネスレ• ディズニー などなど、石油エネルギーから 情報・金融・科学・自動車産業、 さらにマスコミも持っています。 世界の中央銀行もロスチャイルド家の傘下 これだけではありません。 イングランド銀行• アメリカ連邦準備銀行(FRB)• 日本銀行!? などの世界銀行も彼らの傘下に 入っていると言われているのです。 日本銀行正面玄関口にある 目玉を持つライオンの像と ロスチャイルド家の紋章は良く似ています。 何より「目玉」という点がね・・・。 薩長同盟を裏で操ったと言われる トーマスグラバーは幕府が倒された後、 様々な物資を輸入し販売したそうです。 その中には、日本銀行で使う お金をする機械もあったそうです。 グラバーと言えばフリーメイソンですし、 こういう所で奇妙に関連するわけです。 FRBと歴代の大統領暗殺の関連性 注目すべきはFRBです。 アメリカ各地域にある 12個のアメリカ連邦準備銀行をまとめて FRB(理事会)と呼ばれています。 FRB設立に力を貸したのが• ロックフェラー• モルガン• ロスチャイルド この3一族が関わった事は、 ウィルソン大統領が認めています。 主導的立場にいたのがモルガンですが、 彼らはロスチャイルド家の傘下です。 何が言いたいのかというと、 ロスチャイルド家は通貨発行権を 手にしているという事なのです。 通貨発行権は文字通り、 通貨を発行する事ができる権利です。 お金は国が作っているので、 国の持ち物なんですが、 お金を作る権利は政府ではありません。 ロスチャイルド家の権利なのです。 なんともおかしな話ですよね。 そのため、このねじれ状態を 解消するために歴代大統領の中でも 彼らは通貨圏を取り戻そうとします。 3代大統領:ジェファーソン• 7代大統領:ジャクソン• 16代大統領:リンカーン• 20代大統領:ガーフィールド• 29代大統領:ハーディング• 35代大統領:ケネディ この6名は在任中に暗殺か 暗殺未遂が実際にありました。 有名なのがケネディです。 彼は実際に通貨権利を取り戻しますが、 その半年後に暗殺されてしまいます。 それ以降、通貨発行権を取り戻す人は 誰一人としていないのです。 ロスチャイルド家と天皇家のつながり 人偽のほどはわかりませんが、 つながりがあってもおかしくありません。 つながりがあるとされる理由に 彼らの家紋が関係しているそうです。 こちらがロスチャイルド家の家紋です。 そして、こちらが天皇家の家紋です。 良く似ています。 しかし、ロスチャイルド家の始まりは 18世紀のドイツです。 そのため、ロスチャイルド家が 天皇家の家紋を真似たと 考えた方が自然です。 麻生太郎氏の娘がロスチャイルド一族と結婚 天皇家とのつながりはわかりませんが、 ロスチャイルド家は何かと 日本と関係がある事は間違いありません。 麻生さんは政治家として有名ですが、 一族で株式会社麻生をバックに持つ 実業家でもあるのです。 今は役職についていないそうですが、 政治・経済で大きな力を持っています。 そんな麻生さんの娘さんが フランスのロスチャイルド家の方と ご結婚されたそうです。 日本の権力者とのコネクションが がっちり作られているわけです。 淡路島にいるロスチャイルド家 シャーロット・ド・ロスチャイルド という女性のソプラノ歌手が 淡路島に家を買ったそうです。 徳川家の末裔とロスチャイルド一族で コンサートを開催しています。 まとめ 都市伝説を語るうえで ロスチャイルド家の話は 数多くありますよね。 今回はロスチャイルド家について 掘り下げてみましたがいかがでしたか? 正直、まだまだ書ききれておらず ロスチャイルド家にはエグい都市伝説や 陰謀論があるので今後まとめていきます。

次の