単眼鏡。 【通販モノタロウ】

【通販モノタロウ】

単眼鏡

双眼鏡と違い、非常にコンパクトでポケットなどにも入り、さっと取り出して手軽に使えます。 一方で、片目で見るため双眼鏡のように立体感や距離感が掴めません。 倍率は10倍前後にとどめる 倍率が高い程よく見えるというのは大間違い。 倍率が高いとその分視野が狭くなり、暗くなってしまいます。 高くても8倍から10倍ぐらいのものを選びましょう。 用途に合わせて最短合焦距離を考える 美術館などで近くのものの細部を見たり、山でふと見つけた植物や野鳥などを見たい場合、最短合焦距離を近くしましょう。 スポーツ観戦や遠くの山などの景色を見る時は数cmではなく遠めのものを選ぶと良いでしょう。 3.活用シーンで重量も気にする 登山やアウトドアなどの野外でのアクティビティでは軽量を選んだ方がいい場合もあります。 単眼鏡は双眼鏡より比較的軽量ですが、幅があるので注意しましょう。 ピント合わせも双眼鏡のIF方式、または右眼のピント合わせと同じように接眼レンズを回転させてピントを合わせる方式なので、(ツアイスの単眼鏡のような直の伸縮式と異なり)双眼鏡に慣れている方ならピント合わせも楽です。 また、アイレリーフ長も17.5ミリあり、かつ接眼部がアイカップ方式なので眼鏡(めがね)使用でも問題なく使用することができます。 付属のストラップはしっかりしたもので長さも長く、首からぶら下げて使用することを想定しているようです。 高価なので落とさないように首からぶら下げる方が良いでしょうし、短いのがよければ携帯用のストラップを通せばいいので。 細かい点ですが評価して良い点でしょう。 一方で、首からぶら下げるなら接眼部に埃等がたまらないことが重要なので、一層のことレンズキャップをストラップや筐体と一体になるものにして欲しかったとも思います。 また、ツアイスは接眼部がゴムになっていますが、眼鏡(めがね)使用には直径が狭いのでゴムの折り返しが困難ですが、本機はアイカップ方式なので問題ありません。 実際、ツアイスの単眼鏡目当てで店を訪れて、本機と見比べた結果、本機を買うお客さんもいるそうです。 レンズキャップと重量だけもうちょっとなんとかならなかったか?と思いますので星1つ減としますが、レンズやコーティングの内容から高価なのは仕方ないし、それに見合った像を提供してくれます。 出典: 遠距離のみならず至近距離での使用も可能、携帯性も損ねておらず、単眼鏡の魅力が盛りだくさん…ここまではAmazon記載のスペックから判断がつくのですが、想像していたより像が鮮明でいい意味で裏切られました。 しかもこの価格ですし、買って得こそあれ、損は無い品です。 もちろん光学製品には「上には上」があるわけで、解像感の高さ等、いわゆる「見え味」を重視される方は、最初から上のクラスの製品を求めたほうがいいです。 この品の優秀さはあくまで『一般実用レベルにおけるコスパが高い』というところにあります。 難点を申し上げますと、ひとみ径が小さいので幾分暗いですがストレスになるほどではありません。 付属のストラップは首掛けできる長さは確保されていますが、かなり安っぽいです。 付属のケースも、一応クッション素材ですしベルトに通せる仕様ですが、やっぱりかなり安っぽいです。 機能的には十分な付属品ですが、こういうところを気にされる方は自分でアレンジすることを考えて下さい。 長く楽しむことが可能なレベルの単眼鏡ですから、ストラップやケースを新調してもすぐに元は取れると思います。 出典: 美術館・博物館好きの妻の古希の祝にギャラリースコープをプレゼントしようと思った。 しかし、レンズものには全く予備知識がないので、例によってネットで調べていたところ、「ギャラリースコープを選ぶ その1とその2」というブログがとても参考になった。 目的は遠くのものを見るのだから、単純に倍率が高ければよいと思っていたが、そのブログによると、ギャラリースコープとして大事なことは、倍率はともかく、レンズの明るさと最短焦点距離(どれだけ近くの物に焦点を合わせることができるか)それに眼鏡をかけていても問題ないことだと知り、目からウロコ。 値段とデザインの良さを加味して、このブログが推奨している機種の一つであるNikon 単眼鏡 モノキュラー HG5X15D に決めた。 大きさもかさばらず、手軽に持ち運びができ、眼鏡必携の妻に喜ばれた。 妻がでかけるとき「ギャラリースコープは持ったか?」が近頃の口癖になっている。 出典: 私はプロではないので精査的な意見は述べられないかもしれませんが、趣味で山登りをする素人ならではの視点として… 曇り空の天気でのレビューです。 自然と触れ合っていると「綺麗だ、すてきだ」と思われる場面で、もっと大きく見てみたいと遠くの物を見るときに使ってみました。 外は決して快晴ではない曇り空ですが、思いのほか露出が高めなのか明るく見えた事に驚きました。 お値段が安いのであまり期待をしてなかったので、嬉しい誤算。 500メートルくらい先を飛んでる鷹はちゃんと見えました。 素人的には山登りの便利グッズとして、満足の行く商品でしたね。 この手の商品に詳しい方の使用だと、他のレビュワー様の方が精査的ですので参考にされると良いかも。 小さなお子様がいて、海水浴などのレジャーに「子供を探したい」というような場面でも思いがけず役に立つような気がします。 私はそういう使い方としては高評価を差し上げたい商品でした。 満足です! 出典:• グリップに落下防止用のストラップの付いた、単眼鏡です。 右手で握るとちょうど人差し指でピント調整ができるデザイン。 接眼レンズも大きく、3段階に視力に合わせて調整が可能。 実際の見え方は、まっすぐ光を通すイメージを大切にすれば、けっこうしっかり見えます。 安い単眼鏡だとかなり視野が狭いのが嫌だったのですが、こちらは思った以上に視野が広いです。 解像感は何万もするものとは違うでしょうが、あまり動きまわらないモノを見るくらいなら充分でしょう。 中国製品特有の化学臭さもほとんどなく、なかなかいい商品だと思いました。 (3枚目の画像は、3メートルほど離れたところにあるハンドクリームを、当機にデジカメを押し付けて撮影したもの) 無償サンプルを頂いてレビューしています。 出典: 単眼鏡で日常に新たな発見を 単眼鏡はコンパクトなものも数多く、持ち運びにも便利でかさばりません。 使い方も遠くを観察したり、ルーペとして手元をクローズアップしたり様々な使い方ができます。 アウトドアでの使用はもちろん、普段の生活の中でも活躍してくれること間違いありません。 The discovery new daily by quizzing glass. 単眼鏡で日常に新しい発見を.

次の

単眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンパクトで高性能!】

単眼鏡

単眼鏡とは? 単眼鏡と双眼鏡の違い By: 単眼鏡と双眼鏡は筒の数が違い、この相違点により見え方にも大きな違いが生じます。 両目で見る双眼鏡は、立体感や距離感をつみやすいですが、片目で見る単眼鏡は平面的で立体感や距離感はほとんどありません。 これは、一見デメリットのようですが、双眼鏡と異なる単眼鏡ならではの使い方と目的があります。 特に、単眼鏡の大きなメリットとなるのは、双眼鏡と比べて携行性に優れている点です。 また、近いモノをしっかり見る際に、双眼鏡よりピントの合う距離が近いのも大きなメリットといえます。 単眼鏡の選び方 単眼鏡の倍率をチェックする By: 単眼鏡は、倍率が高いほど遠くのモノが大きく見えます。 しかし、高倍率になるほど視野は狭くなり、手ブレで視界は乱れやすくなるのがデメリット。 その対策として手ブレ補正機構を搭載したモデルもあり、倍率が高くても視界のブレを軽減できます。 ただし、手ブレ補正機構のある単眼鏡は大きく重量も増えるため、携行性を重要視する場合は補正機構のない通常モデルがおすすめ。 倍率は4~6倍程度のモノがよいでしょう。 単眼鏡の最短合焦距離をチェックする By: 単眼鏡の大きな魅力として、対象物を詳細に鑑賞できることが挙げられます。 たとえば、美術館や博物館で展示物を見る際は、肉眼よりはるかに拡大して鑑賞可能です。 そこで、ピントを合わせる「最短合焦距離」は、単眼鏡を選ぶ際の重要なポイント。 これは、ピントが合う最短距離を表し、最短合焦距離が0. 6mという表示は「60cmからピントが合わせられる」という意味です。 目的に合わせて選ぶ By: 使用目的によって、適した単眼鏡は異なり、それぞれが目的に応じた機能を備えています。 たとえば、美術館や博物館で細部をじっくり見たい場合は、最短合焦距離が短く室内でも見やすい視野の明るいタイプがおすすめです。 動きのあるスポーツ観戦の場合は、見かけの視界が広いタイプが向いています。 また、屋外スポーツを観戦するなら、雨に対応可能な防水機能や落としても壊れにくい耐衝撃性の高いモデルを選びましょう。 野鳥観察や自然観察などのアウトドアに使用するなら、防水性能とともに視界の広いタイプをおすすめします。 バードウォッチングなど遠方の野生動物を観察する際は、倍率が高く手ブレ補正機能を備えた単眼鏡を選びましょう。 ほかにも、暗闇で使用可能な赤外線照射装置内蔵の暗視スコープモデルや、距離を測れる測距機能付きの単眼鏡も販売されています。 単眼鏡のアイレリーフの長さをチェックする By: 単眼鏡本体の長さを「アイレリーフ」といいます。 これは、接眼レンズから視野全体を見るアイポイントまでの距離を意味し、長くなるほど見やすくなるのが特徴です。 メガネで見る場合は、アイレリーフが15mm以上のモデルをおすすめします。 天体望遠鏡や単眼鏡はもちろん、双眼鏡や顕微鏡、ルーペなどの光学機器は世界市場でも高い評価を受けています。 製品の特徴は、「シンプルな造り」と「オシャレ」であること。 リーズナブルさに反して使いやすく見やすい、満足度の高さで定評あるメーカーです。 サイトロン SIGHTRON By: 1994年に米国フロリダ州で、ハンティング用ライフルスコープの専門メーカーとして創設されたのが「サイトロン」です。 山岳地帯の過酷な環境下で鍛えられた耐久性と優れた光学性能は、天体観測やアウトドアシーンなど幅広い分野のサイトロン製品に活かされています。 単眼鏡のラインナップは少なめですが、厳しい基準を満たした軍仕様の光学性能により、実用性も高い人気ブランドのひとつです。 ケンコー Kenko By: 「ケンコー」は、1957年創業の歴史ある日本の光学機器メーカー。 一眼レフ交換レンズや写真用品で有名ですが、単眼鏡のラインナップも充実。 単眼鏡は、通常タイプからゴルフ用・ルーペ・暗視スコープまで多様なモデルが用意され、初心者でも選びやすい品揃え。 安価なモデルから抜群の光学性能を誇る上級グレードまで、使用目的に応じた選択肢が用意されています。 ライカ Leica By: 1849年創業という歴史あるドイツの光学機器メーカーが「ライカ」です。 世界的に有名なカメラメーカーであり、現在は測量・測定機器・分析機器・双眼鏡・単眼鏡・顕微鏡などを生産。 特に、レンズの光学性能は、明るさ・色収差の少なさによりライカのブランド価値を高めています。 オリンパス Olympus By: 医療用光学機器や顕微鏡分野で、世界的大手の光学機器・精密機械器具メーカーが「オリンパス」。 光学性能に定評あるカメラや双眼鏡は、ニコンやキヤノンに次ぐ事業規模を誇ります。 単眼鏡は、柔和なデザインと基本性能のよさから女性人気の高いブランドです。 ニコン Nikon By: 「ニコン」は、1917年に光学兵器の国産化を目的として設立された光学機器メーカーです。 世界的な一眼レフのデジタルカメラや、望遠鏡・メガネ・測定・測量機器・光学素材・ソフトウエアに至るまで、光学機器と関連製品をラインナップ。 単眼鏡や双眼鏡は、技術力に裏付けされた光学性能で高い評価を得ています。 ユーコン YUKON By: 北米とリトアニアに拠点を持つベラルーシの光学機器メーカーが「ユーコン」。 スポーティングスコープや暗視スコープ、双眼鏡などを扱っています。 ユーコン製品で定評ある暗視スコープは、照明がない環境下でも視野を確保。 夜行性動物の観察などでもおすすめしたいブランドです。 対物と接眼の両レンズに施されたマルチコーティングにより、明るい視野とくっきりしたコントラストを実現しています。 別売のルーペスタンドを使えば、高倍率ルーペとしても使用できます。 アイレリーフは15mmと、メガネをかけたままでも使いやすい設計。 長時間の使用でも目が疲れにくく、美術鑑賞におすすめしたい単眼鏡です。 5mmとコンパクト。 重量も112gと軽量ですが、窒素ガスを封入した水深5mまでの防水性能は本格的です。 頑丈で軽量なアルミニウム製ボディは、アウトドアの厳しい環境下で高い耐久性を発揮します。 最短合焦距離は約1. 8mですが、付属のクローズアップレンズを装着すれば25〜30cmにも対応可能です。 対物レンズと接眼レンズは、水滴をはじくライカ独自のコーティングが施され、雨の日でも良好な視界を確保。 アイレリーフも15mmと長く、幅広い用途で使用できる単眼鏡です。

次の

【通販モノタロウ】

単眼鏡

【特長】すべてのレンズ、すべてのプリズム透過面にマルチコーティングを施し、明るくクリアな視界を実現。 最短合焦距離30cmと大変短いので、ガラスケースに入った美術品などにもピントを合わせられます。 日本画、西洋美術鑑賞などに大変便利です。 ギャラリースコープの中では高めの8倍で設計されており、美術品のタッチや模様をより細かく見ることができます。 わずか73gと軽量かつコンパクト設計ですので、気軽に持ち運びが可能です。 また、持ち運びに便利なポーチが付属しています。 約50cm〜ピント合わせ可能で、狭い空間で近距離でも使用可能です。 最短合焦距離50cm約260gと軽量・コンパクトボディです。 【付属品】ストラップ、ソフトケース【トラスコ品番】483-6723【材質】ボディー:アルミダイキャスト、ABS樹脂、ラバー、レンズ:光学ガラス マルチコーティング 【幅 mm 】32【質量 g 】260【奥行 mm 】121【全高 mm 】32【視界】4. 0〜2. 61〜1. 1〜1. その場で静止画、動画をモニター上で観察できます。 ルーペや顕微鏡をのぞきながらの手間がなく、みんなで観察できます。 表中付属のHDMIケーブルからフルハイビジョンテレビに接続すれば、画像表示16:9の高精彩画像が観察できるすぐれものです。 静止画、動画の記録もmicroSDを取付けワンタッチ。 また、付属の計測ソフトを利用すれば、パソコン上で寸法や角度測定もできます。 拡大倍率は付属のモニター上で2. 5〜100倍ですが、23インチのフルハイビジョンテレビなら約50から760倍まで広がります。 5倍時:横2. 35【画素数】350万画素【カメラ仕様】3. レンズは高解像度に対応しており、クリアな画像が得られます。 顕微鏡で目視した範囲と同じ視野で撮影することが可能です。 5"以上のカメラが必要です。 L-835の機能はそのままに、赤外線での検査・観察が可能です。

次の