アタッカーズ。 アタッカーズとは

起業スタートアップ向け塾・ビジネススクール!大前研一設立のABS

アタッカーズ

来歴 [ ] 1982年11月、日本の大手スーパー・の社内レクリエーション活動の一環として女子バレーボールの実業団チーム「ダイエー女子バレーボール部・オレンジアタッカーズ」としてスタート。 本拠地をダイエー本部のあるにおいていた。 1983年4月、チーム始動。 全日本実業団6人制優勝大会で優勝し、地域リーグ入り。 翌1984年、第4回地域リーグ優勝。 第16回実業団リーグで全勝優勝を飾り、最短で昇格を果たす。 ~の第19回日本リーグでいきなり準優勝と健闘したが、そのシーズン中の1986年1月24日の対戦で、(元アメリカ代表)が試合中に倒れ急死するというアクシデントにも見舞われた。 以後日本リーグ、で着実に上位進出をするも、優勝までには至らなかった。 念願だったチャンピオンの座を手中に収めて以降、Vリーグはので優勝するなど、強豪チームとしての地位を確たるものとした。 この時期のダイエーは、エースを中心に、移籍で加入したや、といった日本代表クラスの選手を抱える他、 や といった世界のスター選手を助っ人選手として迎え、まさに「スター軍団」と呼ぶに相応しいチーム構成であった。 ダイエー休部・プロチームへ [ ] しかし、折からの不況でダイエー本体がダメージを受けており、これを理由に第4回Vリーグの最中であった1998年1月にチームの休部が発表された。 このリーグでは開幕から好調をキープしていた。 そんな中での休部発表は、チームの勢いに水を差すのではないかという心配をよそに、休部報道後も勝ち星を連ね、最終的に2度目のリーグ優勝を果たす。 「ダイエーとしての有終の美を」という選手の意思が生んだ結果であり、試合後、チームの旗を手に会場を駆け回る選手の姿はファンの感動を呼んだ。 Vリーグ優勝を果たしたチームは、試合直後の祝賀会でのダイエー会長兼社長(当時)の提言により、新チームでの存続の道を探ることとなった。 当初目指していた独立採算型のプロチーム設立は断念したが、グループ会社のダイエーコミュニケーションズがチームを引き受ける事になり、1998年6月1日、日本バレー界初のプロチーム・オレンジアタッカーズが誕生した。 新生オレンジアタッカーズは積極的に広報活動を行い、選手たちもこれに積極的に参加した。 一般向けファンクラブ設立やグッズ販売、イベント開催などは、当時としては珍しく、こうした面でもバレーファンから注目を浴びる事となった。 10勝8敗と勝ち越しながら5位に終わる。 直後の黒鷲旗では優勝し、2連覇を果たすが、この大会限りでが引退。 監督も退任し、更に、、といった中心選手も退部してチームは一気に窮地に追い込まれる。 ここで中心になったのは、既にレギュラーとなっていたやをはじめとした若手選手(チーム名になぞらえ、 一部では青みかんアタッカーズとも呼ばれていた [ ])であった。 迎えた第6回Vリーグでは、チャンスを得た選手たちが力を発揮。 前年と同じ10勝8敗の成績を挙げたが、またしても5位に終わった。 しかし、初レギュラーとなったがスパイク賞とベスト6を獲得する活躍を見せた他、同じく初レギュラーの、も活躍した。 オレンジの終焉、久光へ [ ] しかし、クラブチームとしてのオレンジアタッカーズも経営的に厳しい状況が続いていた。 そんな中、2000年5月のを終えた直後にとチームのスポンサード契約を結んだことが発表される。 同時にチーム名を「」と変更。 ダイエー時代から続く「オレンジアタッカーズ」の歴史に幕を下ろし、新たなチームとして始動することとなった(以降の来歴についてはを参照のこと)。 エピソード [ ]• 地元のとの結びつきが強く、Vリーグ期間中に「オレンジアタッカーズアワー」として試合の録画中継を行っていた(1997年まで続く)。 この模様は等の一部他局でも放映された。 当時、サンテレビは資本が強かったためであり、-とにはから当時の主管試合も年20-30試合・の時間に生中継したこともあった。 球団スポンサーであるダイエーは試合(中継)前後の・として企業CMを放送していた。 しかし本編ではダイエー本体は提供せず、ダイエーとの取引関係がある企業(食品、生活用品メーカー他数社)が協賛についていた。 成績 [ ] 主な成績 [ ]• 優勝 2回(、)• 準優勝 2回(、)• 優勝 5回(、、、、)• 準優勝 3回(、、) 成年女子(6人制)• 優勝 3回(、、)• 700 日本リーグ通算 9年 152 84 68 0. 556 Vリーグ通算 6年 120 82 38 0. 683 かつて在籍していた選手 [ ].

次の

アタッカーズとは

アタッカーズ

アタッカーズ・ビジネススクール (Attackers Business School) アタッカーズ・ビジネススクール(ABS)は、大前研一が1996年に設立した起業家・アントレプレナー育成学校です。 以来20年以上の歴史を積み重ね、卒業生は6100名、起業・スタートアップ社数は810社、東京証券取引所マザーズ市場上場会社数は11社という実績を残し日本最大級の起業家・アントレプレナー育成スクールとして成長してきました。 ケンコーコムの後藤玄利元社長(第1期)をはじめとして、ミクシィの笠原健治元社長(第10期)、クラウドワークスの吉田浩一郎社長(第18期)、弁護士ドットコムの元榮太一郎代表(第19期)など11名のABS卒業生が上場を果たしています。 起業・スタートアップを目指す方を支援する 株式会社ABS 株式会社ABSは、2019年7月に株式会社ビジネス・ブレークスルーから起業家・アントレプレナー育成部門のアタッカーズ・ビジネススクールを分社化し誕生しました。 世の中に新しい価値観を生み出すことのできる人材を育成する、いわゆる起業家・アントレプレナーや新規事業を開発する人材を育成することを目指す会社です。 一人ひとりが起業家・アントレプレナーらしいリスクを恐れず前向きな精神を持ち、自分の人生の主人公になることを応援していきます。 起業家・アントレプレナー育成スクール ABSの目標 今日、IoT(Internet of Things)、RPA(Robotics Process Automation)、AI(Artificial Intelligence、人工知能)などICT(Information and Communication Technology)の著しい進歩によってデジタル・ディスラプション(Digital Disruption,デジタル技術による破壊的革新)が起こり、業界の垣根が崩れるなど既存の秩序が今まさに破壊されようとしています。 こうした社会構造の劇的な変化をチャンスと捉え、失敗を恐れず新しいビジネスにチャレンジする起業家・アントレプレナーこそが「アタッカー」(異端起業家・アントレプレナー)です。 このようなデジタル革命が進行中の時代において、ABSは破壊的革新後の新社会に対して絶えず新たな価値を創造でき、リスクを恐れず、既存の常識に捉われない、異端起業家精神・アントレプレナーシップ(アタッカーズ・スピリッツ)を持ったアタッカーを養成していきたいと考えています。 そしてこのアタッカーこそが自分の人生の主人公となり、時代の主人公となり、自ら道を切り拓き、社会をリードしていくことを期待しています。 アタッカーズ(異端起業家・アントレプレナー) にふさわしい人間像 アタッカーズ(異端起業家・アントレプレナー)を目指すべき世代は、学生など若い世代だけではありません。 むしろ、シニアや主婦などの女性がその役割を担うべきだとABSは考えています。 現在日本の平均寿命は女性では87歳、男性は81歳を超えています。 しかし、健康寿命は女性で約75歳、男性では約72歳であり、寿命との間に10年以上もの開きがあります。 健康寿命をすぎると、介護費用や医療費が急激に増え、年金だけで暮らす事は不可能になります。 金融庁が公表した老後に2000万円が必要だという報告書は偽りとは言い切れないと思われます。 老後の備えとして2000万円を用意するためには、本業からの収入の他に、投資や副業、そして起業が必要となってきます。 専業主婦やパートタイムで働く女性の自宅での副業はおすすめであり、起業・スタートアップに繋がってくるでしょう。 また、55歳ごろに役職定年を迎えたサラリーマンの方も副業で準備し、定年後のシニアでの起業・スタートアップにつなげるのが賢明だと思われます。 ABSはこうした女性やシニア世代の起業・スタートアップを支援し、アタッカーズ(異端起業家・アントレプレナー)となれるような様々な仕組みを用意しています。 女性やシニアで起業を目指される方こそがアタッカーズにふさわしいとABSでは考えているのです!.

次の

起業スタートアップ向け塾・ビジネススクール!大前研一設立のABS

アタッカーズ

来歴 [ ] 1982年11月、日本の大手スーパー・の社内レクリエーション活動の一環として女子バレーボールの実業団チーム「ダイエー女子バレーボール部・オレンジアタッカーズ」としてスタート。 本拠地をダイエー本部のあるにおいていた。 1983年4月、チーム始動。 全日本実業団6人制優勝大会で優勝し、地域リーグ入り。 翌1984年、第4回地域リーグ優勝。 第16回実業団リーグで全勝優勝を飾り、最短で昇格を果たす。 ~の第19回日本リーグでいきなり準優勝と健闘したが、そのシーズン中の1986年1月24日の対戦で、(元アメリカ代表)が試合中に倒れ急死するというアクシデントにも見舞われた。 以後日本リーグ、で着実に上位進出をするも、優勝までには至らなかった。 念願だったチャンピオンの座を手中に収めて以降、Vリーグはので優勝するなど、強豪チームとしての地位を確たるものとした。 この時期のダイエーは、エースを中心に、移籍で加入したや、といった日本代表クラスの選手を抱える他、 や といった世界のスター選手を助っ人選手として迎え、まさに「スター軍団」と呼ぶに相応しいチーム構成であった。 ダイエー休部・プロチームへ [ ] しかし、折からの不況でダイエー本体がダメージを受けており、これを理由に第4回Vリーグの最中であった1998年1月にチームの休部が発表された。 このリーグでは開幕から好調をキープしていた。 そんな中での休部発表は、チームの勢いに水を差すのではないかという心配をよそに、休部報道後も勝ち星を連ね、最終的に2度目のリーグ優勝を果たす。 「ダイエーとしての有終の美を」という選手の意思が生んだ結果であり、試合後、チームの旗を手に会場を駆け回る選手の姿はファンの感動を呼んだ。 Vリーグ優勝を果たしたチームは、試合直後の祝賀会でのダイエー会長兼社長(当時)の提言により、新チームでの存続の道を探ることとなった。 当初目指していた独立採算型のプロチーム設立は断念したが、グループ会社のダイエーコミュニケーションズがチームを引き受ける事になり、1998年6月1日、日本バレー界初のプロチーム・オレンジアタッカーズが誕生した。 新生オレンジアタッカーズは積極的に広報活動を行い、選手たちもこれに積極的に参加した。 一般向けファンクラブ設立やグッズ販売、イベント開催などは、当時としては珍しく、こうした面でもバレーファンから注目を浴びる事となった。 10勝8敗と勝ち越しながら5位に終わる。 直後の黒鷲旗では優勝し、2連覇を果たすが、この大会限りでが引退。 監督も退任し、更に、、といった中心選手も退部してチームは一気に窮地に追い込まれる。 ここで中心になったのは、既にレギュラーとなっていたやをはじめとした若手選手(チーム名になぞらえ、 一部では青みかんアタッカーズとも呼ばれていた [ ])であった。 迎えた第6回Vリーグでは、チャンスを得た選手たちが力を発揮。 前年と同じ10勝8敗の成績を挙げたが、またしても5位に終わった。 しかし、初レギュラーとなったがスパイク賞とベスト6を獲得する活躍を見せた他、同じく初レギュラーの、も活躍した。 オレンジの終焉、久光へ [ ] しかし、クラブチームとしてのオレンジアタッカーズも経営的に厳しい状況が続いていた。 そんな中、2000年5月のを終えた直後にとチームのスポンサード契約を結んだことが発表される。 同時にチーム名を「」と変更。 ダイエー時代から続く「オレンジアタッカーズ」の歴史に幕を下ろし、新たなチームとして始動することとなった(以降の来歴についてはを参照のこと)。 エピソード [ ]• 地元のとの結びつきが強く、Vリーグ期間中に「オレンジアタッカーズアワー」として試合の録画中継を行っていた(1997年まで続く)。 この模様は等の一部他局でも放映された。 当時、サンテレビは資本が強かったためであり、-とにはから当時の主管試合も年20-30試合・の時間に生中継したこともあった。 球団スポンサーであるダイエーは試合(中継)前後の・として企業CMを放送していた。 しかし本編ではダイエー本体は提供せず、ダイエーとの取引関係がある企業(食品、生活用品メーカー他数社)が協賛についていた。 成績 [ ] 主な成績 [ ]• 優勝 2回(、)• 準優勝 2回(、)• 優勝 5回(、、、、)• 準優勝 3回(、、) 成年女子(6人制)• 優勝 3回(、、)• 700 日本リーグ通算 9年 152 84 68 0. 556 Vリーグ通算 6年 120 82 38 0. 683 かつて在籍していた選手 [ ].

次の