おっかない 語源。 「おっかない」と「怖い」の違いとは?分かりやすく解釈

「おっかない」は方言でしょうか?

おっかない 語源

この言葉が方言なのか、そしてそうだとしたら何弁なのか?については諸説あるとされています。 そのうちの一つの有力なものがこれを東北・北海道地域の方言であるとするものです。 この言葉は、基本的には西日本地域ではあまり使用されない言葉だとされています。 この西日本地域に住む人たちは、特にこの言葉を「北海道の方言」と認識する人が多いそうです。 この「おっかない」という言葉は、東京、しかも下町の江戸っ子が使用していた方言、いわゆる東京弁であるという説があります。 東京弁は、大きく「山の手言葉」と「下町言葉」に大別されますが、この「おっかない」は後者の方のどこか粋な響きを残した方言であると言われています。 この説は、元々は江戸であった東京を含む関東に住む人の間では広く認識されているもののようです。 おっかないが方言なのかの認識は地域によってそれぞれ違いがある 「おっかない」という言葉が方言なのか、そしてそれがどこの方言なのか?ということについては、先述した通り諸説あります。 どちらが正しいのか?というのはなかなか断言しにくいようで、北海道かまた東京・江戸かのどちらかが有力と覚えておくのが良いでしょう。 ちなみに、この言葉がどこの方言なのか?には諸説ありますが、この言葉の発音・訛りについてはその違いはありません。 基本的にはどこで発話されても同じアクセントで話される言葉だとして知られています。 方言おっかないの語源とは? 方言おっかないの語源とは古語の「おほけなし」が変化したもの 方言おっかないの語源とは、古語の「おほけなし」が変化したものだとされています。 この「古語」とは簡単に言うと、古い時代に人々が使用してきた言葉のことを指します。 この「おほけなし」という言葉は、古語で「身分不相応」「身の程知らず」「恐れ多い」という意味で使用されていました。 この言葉は長い時代を経るごとに変化を繰り返し、現在の形の「おっかない」という言葉に落ち着いたとされています。 また「おほけなし」の意味を見ると、「おほけ」が恐らく「身分、身の程」の意味で、「なし」が接尾語であることが分かります。 方言おっかないの語源の「おほけなし」は形が様々変化してきた 方言おっかないの語源の「おほけなし」は形が様々変化してきました。 その変化を詳しく見てみましょう。 まず、この言葉は「おっけなし」、「おっかなし」、「おっかない」と時を経るごとに変化してきたという説が有力なようです。 語源から見ていくとものすごく小さな変化に見えますが、初めは古語として使用されていた言葉の語源とその変化を見ていくと、私達が話す日本語という言葉の歴史と素晴らしさに感慨深い想いになります。 世界で一番習得が難しい言語の一つとされる日本語の奥の深さを知ることができますね。 これは、文字通り誰かや何かに「恐怖を感じる」という意味です。 ただ「怖い」という言葉で表現するときよりも、その恐ろしい感じが臨場感を持って伝わるニュアンスになります。 あたなの周りにも、常に何かにイライラしていて話しかけるといつもこちらが怒られてしまう、そんな人がいませんか?この意味は、まさにそんな人の様子を表すものです。 「おっかない」と「恐ろしい」の違いは? 「おっかない」と「恐ろしい」の意味の違いは基本的にはない 「おっかない」と「恐ろしい」の意味の違いは基本的にはありません。 どちらも「怖い」という意味を基本的に表し、日常生活でも使用されます。 「おっかない」の方が臨場感が伝わりやすい 「おっかない」と「恐ろしい」の意味の違いはありませんが、ニュアンス的には「おっかない」と表現した時の方が自分が感じている「恐怖」をより臨場感を持って伝えることが可能です。 」です。 この例文は、「あの人は怖いので相手にしないようにしよう」という意味です。 あなたの職場や学校にも、この例文のような怖い人がいませんか? こういうタイプの人は、自分の仲間になってくれると良いのですが、敵に回すと怖いので付き合う方は手を焼きますよね。 どう考えても「おっかない」人は慎重に扱うように心掛けていきましょう。 」です。 これは、「怖い場所には行かないように母に教えられている」という意味です。 」です。 これは、「あの店には怖い店主がいるので行きたくない」という意味です。 ここまで、各地で使用される「おっかない」の具体的な例文を挙げてきました。 下記関連記事内では、「遠慮のかたまり」という方言の意味や語源などに迫ります。 気になる方はぜひこちらの記事もチェックしてみてください。 これは、文字通り何かが「怖い様子」を表しています。 具体的な例文を挙げると、例えば「こんな恐ろしいことが起きるとは思ってもみなかった。 」などがあります。 この「恐ろしい」は、日常生活にもかなり浸透している汎用性の高い言葉だと言えます。 これも、標準語として広く認識されている言い換え表現です。 具体的な例文を挙げると、「彼は怖い想いをしたので大きな声を上げて泣いてしまった。 」などがあります。 この言葉は東京のみ成らず、あなたの地域でも日常的に使用されていることと思います。 この言葉は、先に出た「恐ろしい」という言葉の逆の言葉ということになります。 具体的には、「彼女は初の海外が全く恐ろしくないということに気づいた。 」などがあります。 ちなみに、「おっかなくない」という表現は誤用となりますので注意です。 これは、どこか相手を安心させるような恐ろしい感じのない雰囲気という意味の言葉です。 例文を挙げると、例えば「そのお店は非常に優しい雰囲気のあるお店っだった。 」などがあります。 例文のようなお店を利用するとこちらも安心した気持ちになれますよね。 あなたは、これが何弁なのか知っていますか?結論から言うと、これは関西は特に大阪で使用される大阪弁だとされています。 この言葉は、大阪では「捨てる」という意味で使用されます。 特に東京・江戸で使用されてきた言葉との違いを比べてみると興味深いですね。 この「ほおっておく」という大阪弁を使用した具体的な例文を挙げると、例えば「このゴミ、ついでにほおっておいてくれへん?」などがあります。 これは、「このゴミ、ついでに捨てておいてくれない?」という意味です。 響きも特に標準語とは違いがあっておもしろいですね。 この言葉、今まで耳にしたことがないという方も多いかもしれません。 この「いらち」は1つ目の例に引き続き、大阪弁として使用されています。 意味は「すぐいらいらしてしまう人や物」という意味です。 東京・江戸育ちの人は使用したことが一度もないかもしれません。 この大阪弁「いらち」という言葉を使用した例文を挙げると、例えば「彼女は相当ないらちなのでこちらも対応に困る。 」などがあります。 これは、「彼女はすごくすぐにいらいらする人物なので、対応に困ってしまう」という意味です。 このように、特に大阪弁はおもしろい響きの方言が豊富にあります。 この言葉は、先ほどの例に引き続き大阪弁かな?と思う方も多いかと思いますが、正解は「名古屋弁」です。 これは、名古屋では「すごく」という意味で使用されています。 具体的な例を挙げると、例えば「今日の天気はでれぇ良い。 」などがあり、これは「今日の天気はすごく良い」という意味になります。 特に標準語や江戸っ子の言葉である東京弁に慣れている方にはびっくりするような音の違いかもしれません。 それぞれの地域に方言の特性や違いがあっておもしろいですね。 「おっかない」という言葉の意味を覚えて日常生活にも活用していこう! 当記事では、「おっかない」という言葉の意味やその語源、「恐ろしい」などの類語について詳しくお伝えしてきました。 この言葉は、北海道の方言とする説や、江戸っ子言葉の東京弁であるとする説などがあることも学びました。 あなたもこの言葉を覚えてぜひ日常生活にも生かし、日々のコミュニケーションを楽しみましょう。 下記関連記事内では、当記事内の番外編では紹介しきれなかった「こしょばい」「こそばい」などのおもしろい方言を分かりやすくまとめています。 意外と知らない方言の秘密や、標準語・江戸っ子言葉の東京弁との違いも分かっておもしろいですよ。 気になる方は、下記記事内容も合わせてぜひチェックしてみてください。

次の

北海道方言

おっかない 語源

例えば、現代の東京で言ったなら、ちょっと、方言ぽく聞こえるかも知れないです。 が、もともと、東京以外の関東(旧い江戸下町も)方言では、どこでも、「こわい」「おそろしい」は、「おっかない」だったので、私の子どもの頃 東京)も、「おっかね~よ」という男の子はいました。 ただ、女子は、「こわい」だったし、男子でも、幾分、ぞんざいな感じを出す時に言ってましたね。 追記 ただし、通常は、「おっかねー」よりも「こえーよ」だったね。 男子は。 女子は、「こわーい」。 時代をさかのぼるほど、びっくりした時ほど、「おっかない」。 それとか、「この自転車おっかない」とか。 が、1980年頃には、あんまり使わなくなっていたと思います。 東京では。

次の

「おっかない」は東京の方言?東京語・東京弁・共通語・標準語の違いとは

おっかない 語源

おっかないの意味と語源 おっかないは【恐ろしい・怖い】という意味で使われる東京弁です。 おっかないは東日本の広い範囲で使われている言語ですが、西日本では使われません。 おっかないは北海道でもよく使われる言語ですが、北海道の方言ではありません。 東京の方言(東京語)の下町言葉(東京弁)が東日本に広く浸透した言語です。 用例 「あそこのお化け屋敷は、すごくおっかない」 「今度の先生は、おっかないらしいぞ」 「とてもおっかない夢をみた」 おっかないの語源は、古語の「おほけなし」が変化したとする説が有力です。 「おほけなし」は、【身の程知らずだ・身分不相応だ・恐れ多い】という意味で使われていた古語です。 「おほけなし」が「おっけなし」、「おっかなし」、「おっかない」と変化したとする説です。 「おっかない」の「ない」は接尾語で、形容詞・形容動詞の語幹などの性質・状態を表す語に付いて、その意味「怖い」を強調します。 東京語と東京弁と共通語の違い 東京語とは「東京における東京人の使う東京の方言」で、山の手言葉と下町言葉に分かれます。 東京弁とは、江戸時代から庶民が日常生活で使っていた言葉がもとになっている、東京語の下町言葉です。 共通語とは、東京の都市部で使われている山の手言葉がもとになった、全国どこでも通じる言葉です。 東京が誕生したのは、『江戸』が『東京』に名称変更なった1868年9月です。 その後1869年に都が京都から『東京』に遷され、東京は首都としての役割を担います。 江戸が東京になる前、江戸城近辺とその西側の高台(山の手)で生活する大名や武士が使う言葉と、海や川に近いところに発達した地域(下町)で生活する庶民が使う言葉には違いがありました。 東京弁とは幕末から明治初期にかけて、下町で生活する職人や商人などの庶民が使っていた言葉が由来になっている『下町言葉』です。 明治大正時代に日本の文化の中心は、江戸文化の伝統を引き継ぐ首都東京の下町にありましたが、関東大震災(1923年)を契機として、下町文化は衰え首都東京の山の手文化がこれに変わります。 東京語のうち日本の文化の中心になった山の手の『山の手言葉』は、教科書の口語文のもとになり、共通語として全国に浸透します。 山の手の代表的な地域は、麹町・芝・麻布・赤坂・四谷・牛込・本郷・小石川などです。 「~でございます」「~かしら?」「ごきげんよう」など気取った感じの言葉が『山の手言葉』です。 下町の代表的な地域は、上野・台東区浅草・深川・墨田区・江戸川区などです。 「ひ」を「し」と発音したり、「おっかない」「べらぼう」「やぼよう」など癖の強い言葉が『下町言葉』です。 共通語と標準語の違い 1948年(昭和23年)国立国語研究所が設立され、ここから共通語と標準語を区別する考えが誕生します。 共通語の定義:「全国どこでも通じるような言葉」「国内に方言差があっても意思を通じ合うことのできる言語」であり、共通語の母体は、日本語の場合、首都東京の言葉である。 標準語の定義:「なんらかの方法で国として制定された規範的な言葉」 共通語は標準語のように必ずしも規範性を持たず、実用的・現実的なものである。 (『日本語学研究辞典』. 「標準語」「共通語」より一部引用) 標準語は、全国に一つしかない、理想的な言語で、共通語は実際に全国的に通用している言語です。 標準語は、音韻・語彙・語法など全ての面で日本語の規範として用いられる言語です。 教育・法令などの公用語として用いられる言語です。 共通語は、自然に存在して全国で用いられる言葉で、規範性はなく、国民全員に通用する言語です。 まとめ おっかないという言葉を私自身ここ数十年使っていないように思います。 子供のころはよく「おっかない」を使っていましたが、ある年齢をすぎたころから「おっかない」より「怖い」を使うようになった気がします。 なぜか「おっかない」という言葉の響きに子供っぽさを感じてしまい、使うのが恥ずかしくなったのかも知れません。 香川の方言「くろみ」、富山の方言「きときと」、宮城の方言「ぺろ」、愛媛の方言「ぽんし」、長崎の方言「ちんちょか」、使うのにはちょっと勇気が必要です。

次の