スマート ニュース ライン ポイント。 コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

パソコン(win10)にスマホのアプリ「スマートニュース」を入れてみた。

スマート ニュース ライン ポイント

グノシー スマートニュース LINE NEWS Yahoo! ニュース、Googleニュース、NHK ニュース・防災がおすすめです。 逆に、トップニュース以外でも、興味関心がある情報は収集したい、といった人は、LINEニュースや、スマートニュース、グノシーがおすすめです。 キュレーションアプリとYahoo! ニュースやNHK ニュースの違い キュレーションアプリは、そのアプリを作っている人が、せっせと記事を書いている訳ではありません。 基本、 新聞社や各メディアの「元記事」を収集して(あるいは提供を受けて)「整形して表示」しています。 つまり、どのアプリにも「記事を整形して表示する画面」と「元記事を表示する画面」があります。 ただし、Yahoo! ニュースの場合は(昔から)一定の基準を満たした新聞社やメディアから提供を受けた記事を、もちろん、NHK ニュースの場合は、独自で取材した記事を、編成して配信していますので、他のキュレーションアプリとは、記事の質や、見え方が異なります。 また、Yahoo! 一方、キュレーションアプリは、 とてもスピーディーに、さまざまなジャンルの記事を同じフォーマットで読むことができたり、閲覧した記事によってトップページが変わって、さらに新しい情報を発見できたりと、興味あるニュースや情報を、薄く広くチェックするのには、とても便利です。 それぞれのアプリの記事画面の特徴 各アプリで記事画面の内容や構成も大きく違いますので、比較して、ご紹介いたします。 グノシーの記事画面 記事を読んだ直後に、記事とは関係の無い大きめの広告が表示されます。 その下に装飾が無いテキストリンクで元記事にアクセスすることができます。 さらに、ページ最下部には、(読んでいる記事と温度感が違いすぎる)エンタメ系(ゴシップ)記事の一覧が表示されます。 ズバリ、グノシーは、広告も含めてコンテンツとして楽しめる人にはおすすめかもしれませんが、、、ノイズが多すぎるアプリでした。 スマートニュースの記事画面 記事の下には、分かりやすく元記事へのリンクが表示されてるので、簡単に元記事にアクセスすることができます。 その下には、グノシーと同じく、記事とは関係の無い大きめの広告が表示されますが、さらにその下には、元記事側の関連記事が表示されますので、元記事にアクセスしやすい構成になっています。 記事画面は、統一フォーマットでサクサク読めて快適ですが、トップページなどでは、どうしても広告が目につきました。 LINE NEWSの記事画面 LINE NEWSの記事の特徴は、複数の元記事のニュースから要約されたものが表示される点です。 グレーになっている元記事のテキストをタップすると、元記事にアクセスすることができます。 Yahoo! ニュースの記事画面 パソコンで、Yahoo! NHK ニュース・防災の記事画面 NHKのニュースアプリなので、いわゆるトップニュースを確実にチェックすることができます。 また一部のニュースでは、テレビと同じニュース映像を見ることもできます。 そして、何と言っても特徴的なのが、ニュース原稿のような記事が多いことです。 はじめは、まるでNHKのアナウンサーになって原稿を読み上げているような感覚で、若干違和感を感じました。 Googleニュースの記事画面 Googleニュースの記事画面は大きく2種類にわかれ、他のアプリと同様に統一されたフォーマットの記事画面と、新聞社や各メディアの元記事が直接表示されるものがあり、割合としては元記事の方が多いようです。 ただし元記事も、多くが高速に表示されるフォーマットで作られているページのため、サクサク読むことができます。 元記事内のリンクをタップすると、ブラウザが開いて元記事のサイトに移動します。 記事画面からは、同じトピックの他の記事に簡単にアクセスすることができたり、後で読むために、記事を保存したりすることができます。 また、アプリを開いた最初の画面で、自分自身の関心に基づいて、ニュースが5件ピックアップされるという点も特徴的です。 独自の深掘り記事はありませんが、トップニュースから、興味関心のニュースまで幅広くピックアップされますので、非常にバランスが良い感じを受けました。 元記事ページで新聞社や各メディアが掲載している広告は、大抵がGoogleのプラットフォームを利用した広告なので、、、。 どういう人が使っている? こちらは、各サービスの媒体資料などからの情報になります。 グノシー スマートニュース LINE NEWS Yahoo! ニュース NHKニュース Googleニュース 男女半々 男女半々 女性が6割 男性が6割 — 男性が7割 20代以下が多い 30代以上が中心 40代以下が中心 50代以上が多い — — 特徴的なのは、LINE NEWSは女性ユーザーが多いという点と、グノシーはTVCMの影響もあるのでしょうか?他アプリに比べると10代、20代ユーザーが多い点です。 プッシュ通知の頻度は? みなさんもご経験があるかと思いますが、特にニュースアプリはプッシュ通知が多いです。 デフォルトのままだと、毎日こうなります。 どのアプリもプッシュ通知が届きますが、iPhoneの場合は、いい意味でも悪い意味でもバッジが目立ちますが、上のように毎日表示されるものと、そうでないものがあります。 その中の1つには、(Androidでは、仕組み上、配信する側が通知の優先度を設定することができるのですが)常に最優先で配信しているところもあるようです。 利用者の満足度アンケートの結果 こちらは からの情報になります。 NHK ニュース・防災は、調査対象に入っていません。 グノシー スマートニュース LINE NEWS Yahoo! ニュース Googleニュース 70. 2ポイント 74. 0ポイント 72. 5ポイント 73. 0ポイント 72. 2ポイント スマートニュースが1位ですが、各アプリとも大きな違いはないようです。 若干グノシーが他4アプリと比べると低いようです。 また、同じ調査の中に、利用率の調査結果もありますが、そちらは、Yahoo! LINE NEWSは、アプリ以外にも、本家LINEのニュースタブや、友だち登録すると毎日送られてくるニュースダイジェストなどからも見ることができるため、女性中心に利用者が増えているようです。 まとめ:おすすめの1本は? 以上のように、人気のニュースアプリを約1か月(30日)使ってみて分かったことは、• トップニュース重視派なら、 Yahoo! ということで、最後に、現在メインで使っているYahoo! ニュースについて、簡単におすすめポイントをご紹介いたします。 ) Yahoo! ニュースがおすすめな理由 まず、 ファーストビュー画面に、トップニュースが並びます。 13文字程度の文字数で統一されていて、隙間時間に、素早くトップニュースをチェックすることができるのが有り難いです。 定期的に更新される Yahoo! ニュース特集は、独自の深掘り記事で、読み応えがあります。 その他、ジャーナリストや著名人が書いた深掘り記事も(自分が関心あるものだけ読んでいることもありますが)興味深い内容のものが多いです。 こちらはGoogleニュースにも同じような機能があります。 右の画面は、ウェブのテーマ機能の説明ページです このように、隙間時間に、トップニュースをチェックしつつ、興味や関心があるニュースをチェックすることができるYahoo! ニュースは非常に便利で、重宝しています。 最後に、1個のアプリだけのおすすめポイントをご紹介してしまいましたが、是非、自分にあったニュースアプリを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

次の

改悪?LINE Point Club(ポイントクラブ)スマート投資 ポイント付与無し

スマート ニュース ライン ポイント

「 LINEスマート投資」を使ったポイント獲得方法を紹介していきます。 こちらは楽天証券のケースとは少し桁違いで、 年間に約104000ポイントを稼ぐことができます。 残念ですが利用価値は大きく減少しています。 ポイント抜きにしてロボアド運用として投資をするならまだアリかもしれませんが……。 個人的にはそれならWealthNavi(ウェルスナビ)とはTHEO(テオ)の方が良いような気がします。 私もポイント制度改悪に伴って解約しました。 >> LINEスマート投資のワンコイン投資とは? LINEスマート投資のワンコイン投資というのは毎週500円単位で、お任せ投資ができるサービスとなっています。 テーマ投資• ワンコイン投資 この二つのサービスが提供されていますが、今回紹介する方法は「ワンコイン投資」の方を利用します。 ワンコイン投資はいわゆる「ロボアド投資」です。 このブログでも紹介した、THEO+ドコモやウェルスナビなどと同じようなサービスです。 LINEアプリから手軽に始められる LINEスマート投資のリスク 投資ですので、当然リスクはあります。 <株>• <債券>• <その他>• 運用先を見ると、投資先は完全に海外ですね。 dポイント投資で言うとバランスコースくらいでしょうか。 このあたりは他社と同様です。 LINEスマート投資の口座の作り方と投資の始め方 何はともあれ、口座開設の手続きが必須となります。 最短翌日には口座開設できますが、リアルタイムではないので、最初に口座開設をしましょう。 すべてオンラインでお手持ちのスマホで手続きが可能です。 郵送手続きも可能ですが、時間がかかりすぎるのでおすすめできません。 「」から口座開設が可能です。 LINE Payの設定をする 口座開設の前後は問いません。 すでにLINE Payの利用手続きと銀行口座を紐づけが必要になります。 LINEスマート投資用の資金の引き落とし先銀行だと思っておくとよいでしょう。 積立設定をする 口座開設が完了するとLINEから通知が届きます。 LINEアプリ>ウォレット>スマート投資 とタップするとスマート投資の画面に行けます。 「ワンコイン投資」と「テーマ投資」の二つがありますが、「ワンコイン投資」を選択します。 設定金額と引き落とし日(曜日)を決めるだけです。 あとは毎週自動的に引き落とされます。 売却や出金は任意のタイミングで可能 売却はいつでも可能です。 かつては95%以上の売却は解約扱いでしたが、変更されて全部売却しても解約せずに契約を継続できるようになりました。 なお、ワンコイン投資は米国ETFに投資をしている形になりますので、売却注文を出してから現金化されるまで数日必要になります。 なお、出金する場合は330円の出金手数料がかかりますので、頻繁な出金は勿体ないですね。 それまでは投資額の0. 5%~2. 0%のLINE Payのマイカラーにもとづいてポイント還元がありましたが、2020年5月1日からはポイント付与対象外となります。 具体的な方法は「」で紹介しています。 showchan82.

次の

スマートニュースとグノシーの違いを徹底比較。どっちが良い?ダウンロード数は?

スマート ニュース ライン ポイント

「 LINEスマート投資」を使ったポイント獲得方法を紹介していきます。 こちらは楽天証券のケースとは少し桁違いで、 年間に約104000ポイントを稼ぐことができます。 残念ですが利用価値は大きく減少しています。 ポイント抜きにしてロボアド運用として投資をするならまだアリかもしれませんが……。 個人的にはそれならWealthNavi(ウェルスナビ)とはTHEO(テオ)の方が良いような気がします。 私もポイント制度改悪に伴って解約しました。 >> LINEスマート投資のワンコイン投資とは? LINEスマート投資のワンコイン投資というのは毎週500円単位で、お任せ投資ができるサービスとなっています。 テーマ投資• ワンコイン投資 この二つのサービスが提供されていますが、今回紹介する方法は「ワンコイン投資」の方を利用します。 ワンコイン投資はいわゆる「ロボアド投資」です。 このブログでも紹介した、THEO+ドコモやウェルスナビなどと同じようなサービスです。 LINEアプリから手軽に始められる LINEスマート投資のリスク 投資ですので、当然リスクはあります。 <株>• <債券>• <その他>• 運用先を見ると、投資先は完全に海外ですね。 dポイント投資で言うとバランスコースくらいでしょうか。 このあたりは他社と同様です。 LINEスマート投資の口座の作り方と投資の始め方 何はともあれ、口座開設の手続きが必須となります。 最短翌日には口座開設できますが、リアルタイムではないので、最初に口座開設をしましょう。 すべてオンラインでお手持ちのスマホで手続きが可能です。 郵送手続きも可能ですが、時間がかかりすぎるのでおすすめできません。 「」から口座開設が可能です。 LINE Payの設定をする 口座開設の前後は問いません。 すでにLINE Payの利用手続きと銀行口座を紐づけが必要になります。 LINEスマート投資用の資金の引き落とし先銀行だと思っておくとよいでしょう。 積立設定をする 口座開設が完了するとLINEから通知が届きます。 LINEアプリ>ウォレット>スマート投資 とタップするとスマート投資の画面に行けます。 「ワンコイン投資」と「テーマ投資」の二つがありますが、「ワンコイン投資」を選択します。 設定金額と引き落とし日(曜日)を決めるだけです。 あとは毎週自動的に引き落とされます。 売却や出金は任意のタイミングで可能 売却はいつでも可能です。 かつては95%以上の売却は解約扱いでしたが、変更されて全部売却しても解約せずに契約を継続できるようになりました。 なお、ワンコイン投資は米国ETFに投資をしている形になりますので、売却注文を出してから現金化されるまで数日必要になります。 なお、出金する場合は330円の出金手数料がかかりますので、頻繁な出金は勿体ないですね。 それまでは投資額の0. 5%~2. 0%のLINE Payのマイカラーにもとづいてポイント還元がありましたが、2020年5月1日からはポイント付与対象外となります。 具体的な方法は「」で紹介しています。 showchan82.

次の