陰陽五行 占い 2020。 【無料】五行別「2020年の運勢」2020年はどんな時期?

2020年は子年!干支の「庚子」の特徴や意味について解説

陰陽五行 占い 2020

十干: 甲 きのえ・ 乙 きのと・ 丙 ひのえ・ 丁 ひのと・ 戊 つちのえ・ 己 つちのと・ 庚 かのえ・ 辛 かのと・ 壬 みずのえ・ 癸 みずのと• 十二支:子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 これらは月や日にち、方角に割り当てられたりしますが、年についても1年毎に割り当てられています。 なので干支は亥年というよりも、 『庚子(かのえ・ね)』という方が正確です。 干支は十干と十二支の組み合わせ60通りあるため、干支は60年周期で循環します。 実は還暦という概念はここから来ています。 生まれた年の干支を再び迎える年です。 例えば、十干の1番目の「 甲 きのえ」は十二支の偶数番目である「牛(2)」「卯(4)」「巳(6)」などとは組になりません。 では続いて、今年の干支の己亥について、十二支の「亥」や十干の「己」の意味について解説していきます。 十二支の「子」の意味・由来 十二支はあらゆる概念の指標となっていますが、子についてまとめると以下の通り。 時刻:23時~1時頃• 方角:北• 月:旧暦11月• 五行:水• 陰陽:陽• シンボル:ねずみ 動物の子は後づけ 日本で十二支と言えば、ネズミ、ウシ、トラなどの12の動物を連想する人が多いと思いますが、元々は十二支に動物の意味はありません。 最初は、十干と十二支を合わせて 日付を記録するのに使われていました。 そして、季節が月の満ち欠けを12回繰り返したら循環することから月に割り当てられたり、時刻、方位などを指すのに使われるようになったのです。 このように十二支はあらゆる概念の指標になっており、生活においても重要なものでした。 そのため、 無学な民衆でもこれを覚えて使えるようになってもらうために、 馴染み深い動物が割り当てられたと言われています。 子の意味 では『子』は動物でなかったのなら、どういう意味があるのでしょうか。 子は本来「 孳」という字で、 種子の中に新しい生命がきざし始める状態を指します。 そもそも十二支は植物の循環の様子を表しています。 『丑』は『 紐』で 芽が種子の中に生じてまだ伸びることができない状態という意味。 この間に子があるのです。 十干の「庚(かのえ)」の意味 つづいて十干の『庚』の意味についてです。 陰陽思想 :全ての物事を「陰」「陽」の2つに分類する思想• 五行思想:万物が「木」「火」「土」「金」「水」の5種類の元素からなるという思想 十干はそれぞれ• 甲:きのえ=「木」の「兄(陽)」• 乙:きのと=「木」の「弟(陰)」• 丙:ひのえ=「火」の「兄(陽)」• 庚は 「かのえ=金の兄(陽)」です。 今年の干支の「庚子(かのえね)」の意味や特徴 最後に十干と十二支を合わせた干支『庚子』の意味や特徴について解説していきます。 陰陽五行説で2つを見た時、組み合わせにより「相生」「比和」「相剋」「相侮」「相乗」に分類され、お互いを強め合ったり弱め合ったりする関係性となります。

次の

無料の五行占い|007占い

陰陽五行 占い 2020

木:万物を成長させる気を意味し、全ての木製品を指します。 火:万物を旺盛させる気を意味し、火と発熱物、光を指します。 土:湿った気を意味し、土と土の作用、万物を育て腐敗させる作用を持ちます。 金:鉱物全般と金属製品を指します。 水:水と液状のもの全てを指します。 良い相性(相生) 水と木:木は水を吸収し大きくなります 木と火:木はこすり合わせる事で火を発火させます 火と土:火で燃えた物は土に還ります 土と金:土の中に金が存在します 金と水:金が冷えると水を生成します 悪い相性(相剋) 水と火:火は水に消されます 火と金:金は火で溶けます 金と木:木は金属に切られます 木と土:土は木に養分を吸収されます 土と水:土は水を汚し流れを塞き止めます 木星、火星、土星、金星、水星の五つの惑星が私達の住む地球の周囲には存在します。 これらの星の持つ五つの気が地球に様々な影響力を及ぼすとされている考え方を五行説と言います。 これらは他の東洋占術や漢方にも広く応用されています。 木=春、火=夏、金=秋、水=冬と分類されます。 これらの中に良い相性(相生)と悪い相性(相剋)が存在します。 この概念は古代中国に生まれました。 木は水を吸収し大きくなり、木は燃えると火を発生させ、燃え尽きると土になります。 土は金を抱え、金が冷却されると水分を発生させ、水は木を育てます。 この様に五つの物は自然界で循環しています。 五行占いのルーツは中国にあり、その思想とは、この世に存在する全てのものは5つのエレメントにより構成されており、水金木火土が巡り巡って進化していくという考え方です。 生年月日であなたの性格・今後の未来などを解析していくもので、どちらかというと統計学に近いものだと言えるでしょう。 当時の古代中国では存在する全ての万物は陽と陰との性格を持つという考え方が一般的でした。 この五行の考え方は現在まで引き継がれて、未だカレンダーや干支などに強く影響を与えています。 五行の的中率の高さやミステリアスな部分は、いつの時代も私達の生活に深く関わり、魅了してきました。 他の占いのルーツをたどれば五行にあたるという事も多いのです。

次の

【無料占い】四柱推命で占う「2020年の運勢」

陰陽五行 占い 2020

陰陽五行ってどんな意味? 陰陽五行は古代中国の思想です。 陰陽思想と五行思想が1つになって、万物の現象が循環する考えが生まれたということです。 陰陽五行はそのあとの儒教や仏教などに影響を与え、古代日本に伝来したあとは陰陽道として発展したようです。 占いに利用される陰陽五行は、まさに人々の生活を支える思想となり、厄年や七五三など 伝統的な行事に深く関係しているといわれています。 陰陽五行占いでわかることは? 性格や適職が占える 陰陽五行占いでは、その人の性格やその結果に準じた適職が占えるといわれています。 持って生まれた気質や思考パターンなど、生年月日からはある程度の傾向が占えます。 また、性格や体質などさまざまな要素から推測して、向いている仕事を占うことができます。 他の人との相性が占える 陰陽五行占いでは、自分の性格や相手の性格がわかりますので、陰陽五行の思想によってお互いの相性の善し悪しが占えるようです。 陰陽五行の相性には、相生 そうじょう と相剋 そうこく の関係の2つがあります。 陰陽五行占いのやり方 生年月日を用意する 陰陽五行占いでは、生年月日を利用します。 中国や日本で発展したわりになぜか西暦が必要となっているのは、近代において計算しなおされたからでしょう。 元号でしか生年月日がわからない人は、まず西暦に変換することからはじめましょう。 早見表で基本数をチェックする 陰陽五行占いでは、生年と生まれ月で基本数を導き出します。 早見表はネットで探すといいでしょう。 「早見表」だけで検索すると、別の用途に使うさまざまな早見表がありますので、「陰陽五行早見表」といった文字列で検索するといいようです。 早見表の生年と生まれ月が交差する場所の数字が基本数となります。 まずは、基本数をチェックすることが大切です。 基本数に生まれた日の数字をたす 陰陽五行早見表でチェックした基本数に、自分の生まれた日の数字を足します。 たとえば1997年3月19日生まれであれば、基本数は38になります。 38に19を足して57となり、下1桁の「7」がその人の五行をあらわす数になります。 7は庚 かのえ 金の陽ですので、気が強く鉄のように固い意志の持ち主です。 ほかにも、1から9そして0を含めた五行の陰と陽2つずつ、合計10の占い結果があるようです。 陰陽五行占いをやるときの注意点 旧暦に注意すること 陰陽五行占いは 基本的に旧暦で考えられていますので、現代のカレンダーとは少々ズレているようです。 1月生まれの人と2月3日までに生まれた人は、前の年の生まれとして考える必要があるようです。 また厳密には生まれ月にもズレがあり、二十四節気で区切ったほうがより占いの精度が上がるといわれています。 人の気持ちは占えない 陰陽五行を利用した占いは、その人の本質的な性格や行動パターンなどは占えますが、いま現在どういう気持ちかという 感情面のことは占えないようです。 陰陽五行占いの相性とは、性格や好みなどを含め、五行思想に基づいた相関関係によって基本的な予測をするものです。 占いで相性がわるいと出たからといって、かならずしもわるいとはかぎりません。 個人の努力などで、いい関係になれる可能性はあるのです。 さっそくやってみよう! 陰陽五行占いは、生年月日をもとに早見表を利用すれば誰でもできる占いです。 計算が苦手な人は、生年月日を入力するだけで自動計算してくれるサイトがありますので、気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

次の