ファンキー ジャグラー 設定 判別 ツール。 ファンキージャグラー 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

‎「ジャグラー 設定即判別」をApp Storeで

ファンキー ジャグラー 設定 判別 ツール

1 97. 0 98. 7 99. 6 102. 7 104. 0 109. この記事に記載している数値は「」から引用しています。 ファンキージャグラーのまとめ ファンキージャグラーはジャグラーシリーズの中でも設定判別が難しい部類に入ります。 設定6はスペックが優秀なので比較的わかりやすいと思いますが、設定4や5の見極めは困難を極めます。 設定差が大きくなので…。

次の

ファンキージャグラー 設定差・設定判別ポイント・設定6看破要素まとめ

ファンキー ジャグラー 設定 判別 ツール

ゴーゴージャグラーを設定判別する時の危険性 ゴージャグを「普通」に設定判別してしまうと、見当はずれの推定設定になる可能性があります。 ですが、それらの「設定判別ツール」は、実は特別なことは何もしていません。 自動で設定判別してくれるのはありがたいことですが、 単にボーナス出現率が良ければ高設定の可能性が高いよ!ということを高精度で素早く計算してくれているだけのことです。 ツールを使っての設定判別は、自分でボーナス出現率から設定判別 推測 することと、本質的には何も変わりません。 精度と速さの問題だけです。 僕はこのページで「設定判別ツールなんか使えないぞ!」と言いたいわけではないです。 そうではなくて、 自分で設定判別しようが、ツールを使おうが、ゴーゴージャグラーは普通に設定判別 推測 をしたら危険だ、と言いたいのです。 その理由は以下のようになります。 BIG確率、REG確率、合算確率、機械割、全てがジャグラーシリーズの設定1の中では、抜群に良い数値になっています。 このように、ゴージャグの設定1のボーナス確率は、ジャグラーシリーズの設定1にしては極端に高いです。 機械割に関しては、ゴージャグは全設定でぶどう確率が悪いので、「設定1が他のジャグラーの設定3並み」ということはありません。 それでもゴージャグの設定1は、機械割もジャグラーシリーズの設定1の中では最強クラスです。 つまり、ゴージャグは設定1でも店の利益は出にくい台、だと言えます。 と、なると・・・ 実際のホールで、ゴーゴージャグラーがどういった設定配分になるのかは、もう簡単に予想ができるのではないでしょうか? ゴーゴージャグラーの強烈に片寄った設定配分 お分かりの方も多いと思いますが、 ゴーゴージャグラーは他のジャグラーに比べて、圧倒的に設定1が多いです。 ゴーゴージャグラーの設定1は、他のジャグラーの設定1に比べて甘いスペックです。 ゴーゴージャグラーの設定1は他のジャグラーの設定1より店の利益が出ないので、ゴージャグは設定1ばかりになってしまうのも当然かもしれません。 また、もう一つ、ゴージャグの設定1が多く使われる理由があります。 その理由は、 ゴージャグの設定1は他のジャグラーの設定1よりも、高設定だと勘違いされやすい、ということです。 ゴージャグの設定1は他のジャグラーの設定1よりボーナス確率が高いわけですから、まぐれ噴きなどで、設定1が高設定に見えてしまう可能性も、他のジャグラーより高いわけです。 ゴージャグは、本物の高設定を入れなくても、稼働さえつけば設定1が高設定に見えてしまう可能性がある。 このようなことがあれば、当然、 ゴージャグの高設定投入率は、他のジャグラーの高設定投入率より低くなります。 高設定が少なくなるので、相対的にゴージャグの設定1の割合は高くなります。 最近はマイジャグなどで設定2~設定3をフェイク設定として投入するホールが増えています。 設定2~設定3は、高設定をすぐに見つけられないようにするためのフェイク設定です。 そういうフェイク設定も、ゴージャグにはほとんど入りません。 設定1ですら高設定に見えてしまう可能性のあるゴージャグなのですから、わざわざ設定2~設定3で「フェイク」など入れる必要がないわけです。 「ゴージャグにはフェイク設定がいらない」という理由からも、ゴージャグは設定1の比率が高くなってしまいます。 台数が少なく稼働が低い「死にシマ」になっているジャグラーを除けば、 ここまで設定1の割合が高くなってしまう理由を兼ね備えたジャグラーは他にはないです。 ゴーゴージャグラーの実践的な設定判別方法 ゴージャグの実践的な設定判別の方法としては、 普通に設定判別をする前に、まず高設定がそのシマに入っているかどうかの判別をすることです。 高設定が入っているかどうかの判断は、次のような基準ですべきです。 過去にその店のゴージャグで5000回転以上回っていて高設定っぽい台があったか。 その店は優良店かどうか。 その日は強い日 リニューアルや新装開店、特定の数字の日など かどうか。 他のジャグラーに高設定らしき台があるかどうか。 ゴージャグのシマ全体のボーナス出現率の平均は設定1より高いかどうか。 上記のチェックポイントで、少なくとも2つ以上が当てはまって欲しいところです。 先ほど説明したように、ゴージャグは設定1の台数が圧倒的に多いジャグラーです。 下手をすると、全台設定1の可能性もあります。 良くても、「ほとんど設定1の台の中に、設定4~設定5が数台入っている」くらいだと思っておくべきです。 まずは、全台設定1のシマを避けることが、ゴージャグで設定判別をするための条件です。 上の条件をクリアしたら、あとは普通にボーナス出現率から設定推測すればいいのですが、 ゴージャグはBIG出現率をほぼ無視して、REG出現率だけで設定推測をすべきです。 後ほど、スロマガのツールでの例を出しますが、ゴージャグは基本的にBIG出現率が高くても、高設定の可能性は高くなりません。 もの凄くたくさんBIGを引いた場合に、設定6の可能性が少し上がるだけです。 使われる可能性の低い設定6の数値が上がるよりも、使われやすい設定4や設定5の可能性が上がる方が重要ですし、設定1の可能性が下がることの方がもっと重要です。 そのためにはREG出現率が少しでも良い台を選ぶべきです。 冒頭のボーナス確率表をみてもらえれば分かりますが、ゴージャグは設定1~設定5までのBIG確率の差は微小です。 設定6のみ、頭一つBIG確率が高くなっています。 こういった理由から、ゴージャグはREG出現率を中心に REG出現率だけを見て 設定判別をすべきです。 さらに、ツールを使うにしろ、ボーナス出現率を頼りに自分で台を選ぶにしろ、実際にゴージャグを打ち始める時には注意点があります。 高設定のゴージャグを狙って設定判別する場合の注意点を次の項目にまとめました。 ゴーゴージャグラーで設定判別ツールを使う場合の注意点 ゴージャグで設定判別ツールを使ったり、自分でボーナス出現率から自分で設定判別することは、必ずしもいけないわけではないです。 ポイントさえ押さえれば、ツールもボーナス出現率も有用な設定判別要素です。 そのポイントとは、主に2つです。 台と台の比較のみにツールを使用する。 台と台の比較のみにボーナス出現率を利用する。 大幅に余裕をもって 控えめに 設定推測をする。 例えば、3000回転でBIG10回・REG14回の空き台と、同じ3000回転でBIG22回・REG10回の空き台があったとします。 どちらを打つか、悩ましくはないですか? ゴージャグはREG重視で台を選ぶべきだとは分かっていても、さすがにBIG出現率の差がここまであったら、BIG22回・REG10回の方が設定推測値が良くなりそうな気もしませんか? スロマガのツールにかけてみると、以下のようになりました。 結果から言うと、 BIG10回・REG14回の台の方が良いことになります。 BIG22回・REG10回の台の方が、設定6の可能性が約2. 5%くらい高いと出ています。 ですが、設定1~設定3の可能性は低く、設定4~設定5の可能性は高いBIG10回・REG14回の台の方が良いでしょう。 ゴージャグで一番使われる設定1の可能性が低いことと、高設定として使われる可能性が高い設定4と設定5の可能性が高いことが重要です。 使われる可能性の低い設定6の数字が高くても、あまり意味がないです。 ツールの使い方はこれでいいです。 どちらの台の方を打てばいいかな?という確認のためにツールを使うのはオッケーです。 ただし、 実際の店で 、3000回転でBIG10回・REG14回の空き台があったとして、その台の 高設定の可能性が「設定4=19. ことゴージャグに関しては、とにかく低めに高設定の可能性を見積もるべきです。 店が優良店かボッタクリ店かにもよりますが、 ツールから出てきた数字マイナス20%~マイナス30%くらいが妥当な数字だと思われます。 実際に、僕がゴージャグを打つ場合でも「3000回転でBIG10回・REG14回」台を打つかどうかは、店や状況によります。 通常営業の知らないホールでは、僕は「3000回転でBIG10回・REG14回」というゴージャグは間違いなく打ちません。 設定1でも稼働さえつけば、3000回転でBIG10回・REG14回くらい引く台が出てきてもおかしくないからです。 ただ、 その店やそのシマに高設定が入っていると思われる根拠があれば、3000回転でBIG10回・REG14回のゴージャグは一転して狙い目の台になります。 ホールの状況の把握などは、なかなか難しいことなので、現実的には「大幅に余裕をもって 控えめに 設定推測をする」ことが重要になります。 「3000回転でBIG10回・REG14回」はツールで高設定の可能性が約70%と出たわけですから、何も知らない店なら、そこから30%引いて「高設定の可能性は40%」だと思っておくべきです。 少し打ってみて、「ツールで高設定の可能性が50%」 マイナス30%で高設定の可能性20% になったら危ないからヤメ、くらいがちょうど良いかと思います。 ゴージャグのフリーズ+単独チェリー 追記 実はゴージャグには「単独チェリー」というフラグがあって、そのフラグにはそれなりの設定差があります。 なので「単独チェリー」も設定推測要素に加えるべきなのですが、めったに出現しないプレミアフラグな上に、100%見抜けるわけではないので、このページでは触れませんでした。 ただ、場合によっては「ほぼ単独チェリー」だと言える場合もあります。 それは3秒フリーズと同時にチェリーが出た場合や、特定の出目でペカった場合です。 「単独チェリー」を確認する方法や、確認出来た場合の設定推測に与える影響などは、こちらに詳しくまとめていますので、興味のある方はぜひご覧下さい。

次の

‎「ジャグラー 設定即判別」をApp Storeで

ファンキー ジャグラー 設定 判別 ツール

設定判別しやすいジャグラーランキング! 実際のランキングに行く前に、一つだけ注意事項があります。 ジャグラーの設定判別のしやすさは、 「スペック上の単純な判別のしやすさ」と、「実際のホールで入っている設定を考慮した判別のしやすさ」の2つがあります。 今回のランキングは、まずは「スペック上の単純な判別のしやすさ」を基準にランキングにします。 なぜならば、「実際のホールの設定」は店ごと、地域ごとで変わってしまうことだからです。 取りあえず、「スペック上の単純な判別のしやすさ」でランキングを作り、その中で「実際のホールの設定」について付け加える形式にしました。 「実際のホールの設定」については、僕の経験の話になってしまいます。 僕がジャグラーを打っている地域は、東京と埼玉を中心にした関東です。 35 96. 30 99. 25 101. 23 104. 18 107. 07 111. さらに、BIG確率もそこそこ設定差があります。 ぶどう確率の設定差は大きくないですが、数千回転させる場合には、参考にできるくらいの差はあります。 その上、打っている最中にチェリーでペカる「チェリー重複REG」と、それ以外の「単独REG」を分けて数えておけば、より正確に設定を推測することもできます。 総合的に見ると、 マイジャグラーは非常に設定判別しやすいジャグラーです。 ただし・・・ 店側は、マイジャグラーは設定判別しやすい その上、高設定の機械割が高い! ことは、重々承知しています。 なので、設定2や設定3という微妙な設定を使って、 設定判別をかく乱される可能性が一番高いのもマイジャグラーです。 他のジャグラーならば、設定2や設定3など使わない店も多いですが、マイジャグラーだけは設定2や設定3を使うという店も少なくないです。 よって、 実際のホールでのマイジャグラーの設定判別のしやすさは、店によって大きく違います。 「ベース 基本 の設定が1で、その中に設定5を混ぜる」ような設定配分の店ならば、マイジャグラーは非常に設定判別がしやすく、勝ちやすい機種になります。 「設定2や設定3を多用する」ような店では、マイジャグラーは一気に「設定判別しにくい機種」になり下がり、勝ちにくい機種になってしまいます。 店の設定の入れ方次第で、設定判別が簡単にも難しくもなるのがマイジャグラーの特徴です。 最新のマイジャグ4の「実際のホールで入っている設定を考慮した判別のしやすさ」については、こちらで詳しく説明しています。 興味のある方はぜひご覧ください。 49 96. 49 97. 49 99. 49 102. 49 104. 18 106. アイムジャグラーはREG確率の設定差が非常に大きくなっています。 低設定なのか、中間設定なのか、高設定なのか。 アイムジャグラーはREGを基準に設定判別すれば、低・中・高の判別がとてもやりやすいジャグラーです。 なお、BIG確率は設定1~設定6までの差が非常に小さいので、設定判別ではBIG出現率は一切考慮しなくていいと思います。 また、アイムジャグラーは設定1から設定6まで全設定で機械割が低めなので、 高設定投入率が他のジャグラーに比べて高くなります。 アイムジャグラーは、低設定の中に高設定が混じった設定配分になった場合に、REGを基準に設定推測を行えば、 高設定を見つけ出すことはたやすいです。 さらに、僕の実践上の経験から言うと、アイムジャグラーでは 設定3~設定4の機械割の微妙な中間設定は使われづらいです。 もちろん、アイムで中間設定を使う店も存在しますが、中間設定を一切使わない店も多いです。 なので、 実際のホールでは、アイムのシマは低設定の中に設定5が複数混ぜられるような、 とても設定判別しやすい状態になっていることが多いです。 69 95. 63 97. 58 99. 40 102. 35 106. 30 108. ハッピージャグラーは非常にバランスの良いスペックのジャグラーです。 低設定から高設定まで、BIG確率もREG確率もなだらかに高くなっています。 よって、BIG・REG・合算ともに、高ければ高いだけ素直に高設定に期待ができる機種です。 また、特筆すべきは、 設定間でぶどう確率が大きく変わっているジャグラーだということです。 ここまでぶどう確率にきれいに差がついているジャグラーも珍しいです。 ハッピージャグラーは現役のジャグラーシリーズの中で一番ぶどう出現率を設定判別に使えるジャグラーです。 実際のホールでは、ハッピージャグラーは他のジャグラーより高設定が入りにくい状況があるかもしれません。 比較的古いジャグラーだからです。 ただ、ハッピーがまだ多台数設置されている店では、まだまだハッピーの高設定が使われている可能性が高いです。 ハッピーの低設定は機械割が辛めなので、店側は黒字にし過ぎて客が飛ぶことを警戒して、最低限度の高設定は使うはずだからです。 多台数のハッピージャグラーのシマでは、BIG出現率・REG出現率・ボーナス合算出現率・ぶどう出現率など、総合的なデータで設定判別すれば、高設定をつかむことも難しくないです。 実際のチェリー狙いの機械割は、低設定域なら+1%、高設定域なら+2%程度の上乗せがあると予想されます。 設定判別がしやすいジャグラーの第4位はファンキージャグラーです。 ファンキージャグラーのREG確率は、設定間でそこそこの差があるものの、全体的に低いです。 なので、たくさんREGを引いている台はもちろん高設定に期待できるのですが、なかなかそういった状況にはなりません。。 この理由から、ファンキージャグラーは他のジャグラーよりREGを基準にした設定判別がしにくいです。 パチマガ・スロマガに書いてある実践上の単独REG出現率は大きめの差があるので、実践値とはいえ、参考にしてもいい数値かもしれません。 ファンキージャグラーのぶどう確率は、正確な解析値が発表されていません。 実践上の数値をみると、設定判別には使えないレベルの差しかなかったので、ここには書かないことにしました。 機械割も正確な数値は不明ながら、 低設定から高設定までかなり機械割が高めのジャグラーのようです。 ただ、その高機械割が原因になり、実際のホールでは高設定があまり入らないジャグラーの機種です。 ファンキージャグラーで高設定を狙うならば、少なくとも多台数のシマで打つべきです。 低設定域は+1%、高設定域は+2%を目安にして下さい。 設定判別がしやすいジャグラー第5位は、スーパーミラクルジャグラーです。 7機種中5位なので、設定判別しにくい方のジャグラーになりますが。。 スーパーミラクルジャグラーはとても変則的なスペックのジャグラーです。 REG確率は設定6<設定5となっていて、機械割を設定5<設定6とするために、BIG:REGの比率で調整しています。 この理由によって、 スーパーミラクルジャグラーは設定4~設定6の間の設定判別がしにくいジャグラーになっています。 ただ、スーパーミラクルジャグラーのREG確率は、設定1~設定2では非常に悪いです。 なので、「REG出現率が良好な台は、設定3~設定4以上はあるだろう」という判別は可能です。 REG出現率と合算ボーナス出現率がなるべく高い台を選んで打ち、その結果、その台が設定4なのか、設定5なのか、設定6なのかは運まかせにするしかないジャグラーです。 低設定域のBIG確率は低く、高設定域のBIG確率は高いので、BIG出現率 もしくは合算ボーナス出現率 も加味すれば、 低設定台なのか高設定台なのかは、ギリギリ判別できるジャグラーだと言えます。 なお、スーパーミラクルジャグラーのぶどう正確な確率は解析されていません。 初代ミラクルジャグラー同様、多少のぶどう確率の差はあると予想されますが、大きな差はない可能性が高いです。 82 97. 76 99. 70 100. 65 102. 60 105. 54 108. 設定1のまぐれ噴きと高設定が区別できないからです。 ゴーゴージャグラーは設定1のボーナス確率が高く、そのせいで設定判別が難しくなっている機種の代表です。 ゴーゴージャグラーのぶどう確率は設定1から設定6まで段階的に高くなっていますが、大きな差ではないので、あまりあてにできない設定推測要素です。 ただ、 ゴーゴージャグラーは人気の高いジャグラーなので、「設定1の機械割が高いから、実際の設定はベタピン オール設定1 」とはならないです。 終日のデータや、終日の全台の合計のボーナス出現率から逆算すると、ゴーゴージャグラーに高設定を入れているホールは少なくないです。 この意味で、 ゴージャグは「設定判別がしにくいジャグラー=勝ちにくいジャグラー」とはならない機種です。 設定1のボーナス確率が高ければ設定判別は困難になりますが、 設定1のボーナス確率が高く機械割も高ければ、 高設定狙いを失敗して設定1を打ってしまった場合の被害は少なくなるということもあります。 僕は、ゴージャグは設定判別が難しいけれど、意外に勝てるチャンスがあるジャグラーだと思っています。 設定1のREG確率が比較的高く、設定6のREG確率が比較的悪いからです。 REG出現率を基準にする、ジャグラーお約束の設定判別が通じにくい機種です。 ぶどう確率の設定差も小さいです。 ジャグラーガールズは設定判別がしにくい機種ですが、発売当初から数年間は打つ機会が多かったです。 高設定がよく使われたからです。 ですが、現在はジャグラーガールズを多台数残して、しっかりと高設定を使っているホールは非常に少なくなってしまいました。 僕にとってジャグラーガールズは、本気で格闘していた4~5年前が懐かしくなり、たまに打ちたくなってしまうジャグラーです。 「強ガコ」や「第3停止ペカ」など、今でも出したいプレミアです。 ジャグラーで設定判別しやすい機種ランキング・まとめ 設定判別がしやすいジャグラーは 1位・マイジャグラー 2位・アイムジャグラー 3位・ハッピージャグラー 4位・ファンキージャグラー 5位・スーパーミラクルジャグラー 6位・ゴーゴージャグラー 7位・ジャグラーガールズ という結果になりました。 ただ、冒頭でも書いたように、これはスペックから考察した判別しやすさの順位です。 実際のホールでの設定配分によっては、その設定判別のしやすさや勝ちやすさは変わってきます。 実際のホールでの設定判別のしやすさや勝ちやすさを、ジャグラーの「プロ」の視点で、こちらのページにまとめています。 プロが打つジャグラーの機種は何なのか? その機種を打てば素人でもジャグラーで勝てるのか? などを知りたい方は、ぜひこちらのページをご覧下さい。

次の