デレステ レゾナンス 単色。 デレステ雑談 新スキル『オルタネイト』の性能ってどうなの?ってハナシ

【デレステ】シナジー3編成のメリット

デレステ レゾナンス 単色

全タイプ用編成。 最低限でもトリコロール、レゾナンスのどちらかに加えて、センターと特化一致のシナジー2枚もしくはシナジーとシンフォニーを秒数一致で1セットの計三枚を所持していないとまともに組めない。 ゲストはクール属性(3色を満たすため)で、センター効果「トリコロール・メイク」持ちのアイドルを選択する。 ゲストにトリコロールを使用しているので、特化とを同時に満たせない場合の優先度としては、ビジュアル特化>発動間隔9秒となる。 シナジーの2枚目は前がベストなことが多く、次点はモチーフ側に合わせた秒数で、譜面が9秒と相性が悪い場合、こっちのほうがよいときもある。 モチーフは9秒が無いのでとりあえず11秒を置いておくが、譜面との相性次第では7秒のほうがよいときもある。 他の編成• レゾナンスをゲストに回しても組める。 センター未央以外は妥協編成となるが• 周期の関係上、大抵の曲ではこれが理想編成。 アンサンブルはPaのみ対象だが、シンフォニーには元々効果が無いので十全に効果が発揮されてる。 ブースト対象が減ってるのにより強くなるのは、特大アップの暴力的な上昇率とシナジーとコーディネイトの格差が原因。 未央と心、どちらかが欠けている場合はアンサンブルではなくコーディネイトを使うことを推奨。 以下候補• Vo9秒型 アイドル名 入手方法 Voモチーフ 11高 フェス限 トリコロール・シンフォニー 9高 フェス限 トリコロール・シナジー 9高 フェス限 トリコロール・シナジー 11高 例: フェス限 コーディネイト 9高 恒常 ゲスト Voトリコロール フェス限• アンサンブル式PaVo7秒型 アイドル名 入手方法 Voモチーフ 7高 フェス限 Paアンサンブル 7高 期間限定 トリコロール・シナジー 7高 フェス限 トリコロール・シナジー -- 例: フェス限 コーディネイト 7高 恒常 ゲスト Voトリコロール 例: フェス限 全タイプ曲ならプリンセスがセンターで属性曲ならユニゾンがセンター。 ゲストの使えないGrooveだと特化違いのフォーカスを1枚抜いてレゾナンスをセンターにする。 フォーカスを2枚採用する都合上、片方は特化が違っているが、ルーム、楽曲、センター補正を加味すると前を使用するよりは総アピール値は高くなる。 場合によってはコンセントレーションをコンボナ、オバロ、アンコール あるいはアクト に置き換える。 この編成の場合は、• (と一部曲でのアクト)が候補にあがる。 Pa7秒、Co11秒、CoDa7秒、PaVi9秒はフォーカスの都合上、組みづらい上にアピール値がとても低い。 他の編成 レゾナンスを利用しない編成 レゾナンス編成を十全に活用できるとアピール値を確保できない、もしくはオルタネイトを使用する場合はこちらの編成になる。 オルタネイトを使用する編成は属性曲で理想編成にすらなりうる。 オルタネイトを使用しない場合、ゲストありの通常ライブやLIVE Groove・LIVE Carnivalのようなアピール値にイベント補正のある場合はレゾナンス編成に負けるが、LIVE Paradeのようにゲストも利用できずアピール値にイベント補正のない場合はレゾナンスを利用しないほうがスコアが出る。 属性曲においてはこちらは同じ秒数の同系を入れるのは片方が実質なしになるので避けたほうがよい。 ブースト系のシンフォニーやアンサンブルと強力なスコアアップ系のの秒数を合わせるとより良いが、レゾナンス編成と異なり揃えなくても大差にはならない。 全タイプ用編成。 フェス限の特化ステータスをトリコロールで伸ばしつつ、倍率もある程度稼ぐ。 シナジー3人でアピール値を極大化するよりはこのほうがスコアが出る。 倍率とアピール値のいいとこ取りで、複合系が2枚あるためスコアボ側、コンボナ側ともに3枚あることになり、カバー率は充分高い。 この編成でのモチーフは安定して倍率が高いものの、特定アイコンの多い譜面ではアクトに変えたほうがよい。 秒数を気にする余裕もあるなら譜面の偏りやブーストに合わせてあげるとよい。 妥協する場合もモチーフの枠をシナジーや他のスコアボ系に変えるのが無難で、シナジーを1枚以下にするとアピール値が激減するためかなり落ちる。 他の編成 全タイプ曲で使うならセンター、ゲストをプリンセスと入れ替える。 アンサンブルの効果を最大限に生かすためコンセントレーション、ライフスパークルの発動間隔をアンサンブルに揃えて編成する。 ライフスパークルを使用するのでライフ回復を編成に入れてポテンシャルでライフ値を調整する。 残りの1枠でスコボナ系コンボナ系両方の穴を埋めるためにフォーカスを入れる。 アンサンブルが不在ならプリンセスをセンターにして、スキルブーストを代わりに入れる。 コンセントレーションがうまく扱えない場合はフォーカスをチューニングにするか、コンセントレーションをアクトにする。 コンセントレーションとチューニングの発動間隔は合わせるのが基本で、スパークルとの都合もありアンサンブルの発動間隔に関わらず両方11中が安定となる。 その結果チューニングとスパークルが同じ周期になっても気にしない。 他の編成 センター効果 トリコロール・メイク が有効になるよう、ビジュアル特化のメンバーで編成されている。 特にトリコロール・シナジー持ちは極端な特化型なので、他のアイドルと入れ替えると影響が大きい。 スキルブーストについては、カバー率 発動時間/発動間隔 の高い「8高」が選出される。 ゲストにも「トリコロール・メイク」を指定する。 倍率よりアピール値を取ったような形だが、スコアボーナス系が3人に増えているためカバー率も少しアップ。 キュート楽曲 アイドル名 入手方法 キュートフォーカス 6中 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 11高 期間限定• クール楽曲 アイドル名 入手方法 クールフォーカス 11高 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 8高 期間限定• パッション楽曲 アイドル名 入手方法 パッションフォーカス 9高 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 13高 期間限定 解説 各属性.

次の

市原仁奈SSRフェス限定<おとぎの国のものがたり>画像と特技と評価アピール値3D【デレステ】

デレステ レゾナンス 単色

2020年5-6月開催のイベント、「LIVE Groove Vocal burst ほほえみDiary 」の攻略記事です。 10000位以内に入ることで各アイドルをスタラン15にすることが可能。 2000位以内に入ればそれに加え、もう1枚SRを獲得することができます。 そのため、ボーカル値の高いSRアイドルがサポメンに入ることもしばしば。 おすすめアイドルでは編成に入れるとお手軽に強くなる6人を紹介。 ただし全員フェス限定アイドルなので通常時のガシャでは入手できません。 ちなみにセンター効果「レゾナンス」についてですが、アンサンブル・フォーカス・コーディネイトといった複数の特技を秒数まで揃えて同時編成しなければ真価を発揮できないので上級者向け。 (元データはより) 最低330pt、最高505pt。 またハコユレLv24、50をそれぞれ境に傾きが減少し、ハコユレLv50と99では25ptの差しかありません。 このため、基本的には安定してハコユレLv50を超えられる編成が重要と言えるでしょう。 上で紹介した6人のおすすめアイドルは全てフェス限定なので、編成を強化するためにはとにかくフェスガシャを回すことが大事。 ちなみに、昔はアンコールをリタイアして周回するのが時間効率として最高でしたが、獲得ptの変更により現在はアンコールをプレイした方が高効率な場合が多いです。 一応注意。 所要時間の目安 ボーダーの目安としては• 10000位:50000〜60000pt• 2000位:100000〜140000pt といった感じです。 2000位ボーダーは10万〜11万付近に落ち着くことが多いですが、P. の2曲目である"Palette"が実装されたイベントでは17万まで伸びたこともあるので、人気ユニットのイベントを走る際にはある程度の覚悟が必要。 これらの数字も参考に、以下にプレイ回数-獲得pt対応表を載せるので、目安として目標ptを稼ぐにはこのくらいプレイする必要があるということは把握しておきましょう。 ちなみに一周11分程度 放置編成は使用可能? Grooveはゲスト不在のためライフが少ない、選曲がランダム、ハコユレLvが低いとアンコールが発生しない等の要因から、放置編成向きのイベントとは言えません。 しかしながら、時間効率・スタミナ効率が極めて悪いことを許容できるのであれば、 一応放置編成を使用することは可能です。 難易度は REGULAR推奨。 基本的には完全放置でアンコールまで可能ですが、1曲終えてライフが少ないまま次の曲へ行くとたまに死ぬので、休憩画面ではライフの残りに気を配る必要があるでしょう。 上のプレイ回数-獲得pt対応表に書かれた回数を2倍すればだいたいの必要回数が分かるはず。 ここで、上のおすすめアイドルでも紹介した特技「ール・」持ちアイドル(以下)はボーカル・ダンス・ビジュアルのうちいずれかのステータスが突出して高いため、メイン編成およびサポメンにが多いほどアピール値は上昇します。 さらに、サポメンはスターランク分重複して選ばれる(例えば、メイン編成に入れているあるのスターランクが5の場合、サポメンに同アイドルが4人入る)ため、Grooveの時間効率を高めたりハイスコアを狙いたいのであればのスタラン上げは一考の価値あり。 スタラン上げにはスッスントレーナーチケットを使う、または同アイドルをスッスンするという2通りの方法が存在します。 後者に関して、センター効果「レゾナンス」を利用する編成においては同じの特訓前・特訓後を同時に組み込む場合もあるので、手持ちに最低2人は残しておくことを推奨します。 PRO周回 MASTERで周回するのが難しい場合にはPROでの周回が選択肢に入ります。 4倍ほど多くプレイする必要がありますが、現実的な範囲ではあるかと思います。 LIVE PARTY周回 通常のGrooveライブはアンコール込みで1周10. ただし、残りライフが0ではなく、完全放置ではなく(数百ノーツ叩かないとNG)、切断が起こらなかった場合。 2倍ほど。 ただし、1曲3分弱でLIVE PARTYを行うのは野良ではまず安定せず、等で有志を募って周回を行う必要があるため色々な意味でハードルが高いのが実情。 効率が良いと言っても2桁順位を目指す場合にようやく選択肢に入ってくるぐらいの話だと思うので、ガチ走りする方以外は存在だけ認識していれば問題ないと思います。 rrr19533739.

次の

レゾナンス

デレステ レゾナンス 単色

19年8月末で追加された フェス限定レゾナンス系のユニット! センター効果が各特技の効果値を 加算できるということで話題急騰です。 使用しての率直な感想です。 あくまで個人的な意見です。 随時更新します。 コメントいただけると嬉しいです。 センター効果 大雑把に検証してみましたが、 コンボナを重複させるような編成がお勧めです。 このようなにスコア重視編成ですと、 ユニゾンとか 3シナジーの方が スコアが高くでます。 編成するなら、このような編成がお勧めです。 3シナジーに匹敵するぐらいの編成になります。 サポメンが使用できない場合はシナジーを トリコロールコンボナに変更しましょう。 スキル ユニットをうまく組み合わせれば、 コンセ同等以上のスコアアップに できることは確認しています。 コンセの スコアアップを超えるのであれば このようにシナジー入れる 編成をしないと難しいです。 シナジー一人を特化型に変更すると、 コンセが優先されます。 ただ、コンセはPerfectになりにくいし、 スコアアップよりかは良いので 何かと使いやすいかと。 ますますオバロが蚊帳の外に 編成はこのような編成がお勧めです。 シナジー3編成なみのスコアが出せます。 イベントでの使用用途 Live Carnival xxxアピール値のみ適用。 xxxアピール値はyyy%アップ! このようなBOOTH効果の時に 効果を発揮するかと。 というか そうでなかったら このフェス限の価値を疑いますが。。。。 Groove センター効果では 他に劣ることがあっても スキルでは猛威を振るうかと。 せっかくコンセ復権したのに Grooveでセンター効果を 使用するのであれば、 スパークル, コンボナ, シナジーなどの コンボナ系のユニットを 組み合わせるといいかもしれません。 3曲フルコンボすれば、 ものすごいスコアになることが期待できます。 ただ、イベント曲ではその恩恵は 受けられないですけど。 次回のGrooveも楽しみです。 宜しければこちらもどうぞ! 因みに Live Carnival ゲストに入れていると、 ユニゾンと同様に、 メダルを入手しやすくなりそうです。 LIVE PARTY Twitterで情報収集していると、 LIVE PARTYで使い方によっては、 ファン数とスコアが激増するようです。 LIVE PARTYでは, 特化値以外も採用されるので、 こんな編成ですと、 チャームの特技が4つ加算され、 とんでもないことになります。 まとめ 以下が予想できます。 センター効果 Live Carnivalでは、 特定のBOOTH効果の場合使用。 Grooveでもそれなりに使えそう。 使いようによっては かなりのハイスコアを狙える。 特技 編成次第では最強のスコアアップになり、 最強編成の一角になりそう。 特化値が上昇するGroove, Carnival では重宝する。 その他 ファン活では重宝しそう。 個人的な意見 スキブ, シナジーはこれまでの ライブを激変させるものでした。 レゾナンスもLive Carnival, Grooveなどの 特化型イベントでは激変が予想できますが、 少々もやもや感が否めないです。 ここにもありますが、 賛否両論のようですね。 ただ既にスキルが飽和状態にあるので、 このようなスキルを 採用したのかとも考察できます。 当然持っておいて絶対損ではなく、 ランキングなどでは重宝するかと。 結局のところ使えるの? 特化型の編成にすれば最強編成の一角にはなります。 判定が厳しくならないのに、 コンセ以上のスコアアップが可能であり、 重宝はするかと。 単色編成では、 今後必須ユニットになるのではないでしょうか? トリコロールでも、 2シナジーしかない時に活躍が予想されます。 持っておいて絶対損ではありません。 編成の仕方を誤ると、 酷いスコアになりますので要注意です。 理想編成について 個人的には、 上記で紹介した編成がお勧めです。 それなりのスコアがだせ組みやすいかと。 某実況者さんの動画みると、 そういう編成もあるのか!と感心します。 内容はネタばれになるので、 ご自身で確認してください。 この特技の出現の理由 あくまで推測です。 一部の特技の復権 この特技は重複を気にしなくて良いので コーディネイトやフォーカスと言った特技が 使われるようになるかと。 コーディネイトはどうしても限定の繋ぎ、 フォーカスはユニゾンによって価値が下がったので。 いろんな編成を楽しんで欲しい コンボナとスパークルと言ったような、 今まで編成に抵抗があったようなものができやすく なるのではないでしょうか。 ファン活 LivePartyをもっと行って 欲しいとの思惑があるかと。 おまけ 管理人のこれまでの結果です。 良かったら是非 笑。 gannzu.

次の