眼窩 骨折。 眼窩

原因は眼の強打!? 眼窩底骨折の原因と症状まとめ

眼窩 骨折

概要 眼窩底骨折とは、眼球が位置する「眼窩」と呼ばれる空間の床に当たる「眼窩底」がした状態を指します。 眼窩底を構成する骨は眼窩のなかでも薄いため、眼球や周辺部位のにより骨折を来しやすいです。 交通外傷や転倒などに加えて、ラグビーやサッカー、ボクシングなどの肉体的なコンタクトが多いスポーツに関連して発症することもあります。 眼窩底骨折では、目を支配する神経、血管、筋肉などが同時に障害を受けることがあります。 その結果、ものが二重に見える、目を上に上げることができない、血のまじった鼻水が出る、眼球が眼窩の中に落ち込む、などの症状を呈することになります。 眼窩底骨折では保存的な治療方法が取られることもあれば、手術が行われることもあります。 同時に合併する可能性のある骨折の状況、神経症状、保存的治療による経過などを総合的に判断し、手術療法のタイミングを決定することになります。 原因 眼窩は前方は開けた空間で、眼窩の床、両側の壁、天井はそれぞれ骨で囲まれています。 なかでも眼窩の床を構成する骨の薄さは薄く、外部からのをきっかけにを起こしやすいです。 顔の正面に前方からの外力が加わると、力は眼窩全体に対してかかるようになります。 外圧は物理的な力に対して最も脆弱である眼窩底を介して上顎洞に向けて逃れ、これをきっかけとして眼窩底骨折を起こすことがあります。 こうした外力の伝わり方で発症する眼窩底骨折を、吹き抜け骨折(blowout fracture)といいます。 また眼球に対する間接的な外力で眼窩底骨折を発症することがあります。 たとえばボクシングなどで頬にパンチを受けた際、頬の骨を介して外力が周囲に伝播し、脆弱な眼窩底が骨折することがあります。 治療 眼窩底骨折を発症すると、複視などの症状が生じますが、時間経過とともに徐々に改善することも多いです。 しかし、数週間以上経過しても諸症状が改善されない、もしくは発症時から強い複視があり日常生活に支障がある、完全に上方に眼球を動かすことができない、目の動きに関連した痛みが非常に強いなど症状が強い場合には、手術による治療介入が行われます。 眼球陥没に対しての手術が行われることもありますが、経過の予想が難しく治療介入のタイミングがより困難を極めることもあります。 眼窩底骨折では骨が欠損していることが多く、眼球の位置をしっかりと固定するために医療材料で欠損を補填する必要があります。 使用される材料としては、自身の肋軟骨や硬膜、チタンメッシュ、テフロン、ポリエチレンなどがあります。 眼窩底骨折では、保存的な経過で症状が改善することも充分期待できるものである一方、適切なタイミングでの治療介入を行うことが重要です。

次の

眼窩底骨折

眼窩 骨折

眼窩壁骨折について 眼窩壁骨折は、何科の疾患ですか? 私は、手術するのは、耳鼻咽喉科もしくは口腔外科、形成外科、脳神経外科であるから、いわゆる頭頸部外科 特には耳鼻咽喉科 の疾患だ と思っています。 この中で何科か、と聞いているのではありません。 一方で、手術適応基準に、視力があるため、上記すべての科は眼科へ一度は紹介するということを考えると、眼科疾患というべきかとも感じます。 ただ、治療といえば、放置か手術しかない疾患にたいし、手術という唯一の積極的治療を持たない眼科の疾患であるというのは、非常に抵抗があります。 眼科のものは、眼科疾患といい、耳鼻科のものは、耳鼻科疾患といいそうなこの疾患ですが、みなさんはどの科の疾患と考えますか?また、一般医が、紹介したりするときなどは、どの科にするのがいいとおもいますか? ちなみに、陥入爪が、皮膚科か整形外科か、上位頚椎疾患が脳外科か整形外科かというのうな質問とはやや、趣が異なるとおもいます、 陥入爪や上位頚椎疾患の場合、トレンドとなる治療法はことなるにせよ、どちらも検査、手術など同じことができます。 眼窩壁骨折は、眼科は手術適応に重要な視機能検査ができるが、手術はできない。 頭頸部外科は手術はできるが、検査ができない、というものです。 また、自分はこの科に行って治療してもらったという体験談を尋ねているわけではありません。 何科の疾患か、と尋ねているのです。 ・眼科は、視機能と眼球運動を評価し、眼球を治療できます。 ・耳鼻科は、聴力と嗅覚と味覚、顔面神経機能、咽喉頭を評価し、頭頸部の軟部組織と顔面骨を主に治療します。 ・脳神経外科は、脳神経機能と脳皮質機能、脳幹機能を評価し、脳・脳神経、頭蓋骨(頭蓋底を含む)を治療します。 (脊椎は主に整形外科ですが、上位頸椎と脊髄は脳神経外科と整形外科の境界領域です) *眼窩壁骨折は、骨折しているのは主に眼窩の内壁・下壁です。 頭蓋底側が骨折していなければ、脳神経外科に治療の出番はありません。 治療は上顎洞側から眼球を整復することになるので、副鼻腔の開放に慣れた耳鼻科の出番でしょう。 眼科は視力や複視の評価ができますが、一般眼科医には眼窩壁を開放・整復する技術がありません。 あくまで、眼科は眼球(水晶体・硝子体・網膜)の手術が主体です。 口腔外科の手術範囲は上顎骨以下なので、それより上の副鼻腔(上顎洞)では出番がありません。 形成外科は、皮膚や皮下組織など表層の再建をできますが、上顎洞の開放でそこまで必要なほど顔面に創を残しません。 *眼窩壁吹き抜け骨折は、いわゆる頭頸部外科 耳鼻咽喉科 の疾患で良いでしょう。 なぜなら、眼窩吹き抜け骨折による直接症状は眼球運動障害であり、視力障害は本来ありません。 眼球運動の評価であれば、別に眼科でなくても、耳鼻科でも脳外科でも神経内科でもできます。 念のため眼科に視力評価を依頼して視力障害の合併症の有無を確認しますが、視力障害がある場合には、眼球障害の可能性と視神経障害の両方の可能性があります。 眼球障害であれば眼科的な治療(眼球破裂に対して眼球縫合術)が、視神経障害であれば脳外科的な治療(視束管骨折に対して視束管開放術)が必要です。 よって、あくまで合併症があれば他科にまたがる疾患であるといえるでしょう。 *糖尿病だって内科(糖尿病科)疾患ですが、合併症があれば(なくても評価のために)、網膜症は眼科、腎症は腎臓内科、神経障害は神経内科、ASOは血管外科、脳卒中は神経内科・脳外科、心筋梗塞は循環器内科や心臓外科が診ますよね?.

次の

井上尚弥選手が眼窩底(がんかてい)骨折と判明。その症状とは。

眼窩 骨折

概要 眼窩底骨折とは、眼球が位置する「眼窩」と呼ばれる空間の床に当たる「眼窩底」がした状態を指します。 眼窩底を構成する骨は眼窩のなかでも薄いため、眼球や周辺部位のにより骨折を来しやすいです。 交通外傷や転倒などに加えて、ラグビーやサッカー、ボクシングなどの肉体的なコンタクトが多いスポーツに関連して発症することもあります。 眼窩底骨折では、目を支配する神経、血管、筋肉などが同時に障害を受けることがあります。 その結果、ものが二重に見える、目を上に上げることができない、血のまじった鼻水が出る、眼球が眼窩の中に落ち込む、などの症状を呈することになります。 眼窩底骨折では保存的な治療方法が取られることもあれば、手術が行われることもあります。 同時に合併する可能性のある骨折の状況、神経症状、保存的治療による経過などを総合的に判断し、手術療法のタイミングを決定することになります。 原因 眼窩は前方は開けた空間で、眼窩の床、両側の壁、天井はそれぞれ骨で囲まれています。 なかでも眼窩の床を構成する骨の薄さは薄く、外部からのをきっかけにを起こしやすいです。 顔の正面に前方からの外力が加わると、力は眼窩全体に対してかかるようになります。 外圧は物理的な力に対して最も脆弱である眼窩底を介して上顎洞に向けて逃れ、これをきっかけとして眼窩底骨折を起こすことがあります。 こうした外力の伝わり方で発症する眼窩底骨折を、吹き抜け骨折(blowout fracture)といいます。 また眼球に対する間接的な外力で眼窩底骨折を発症することがあります。 たとえばボクシングなどで頬にパンチを受けた際、頬の骨を介して外力が周囲に伝播し、脆弱な眼窩底が骨折することがあります。 治療 眼窩底骨折を発症すると、複視などの症状が生じますが、時間経過とともに徐々に改善することも多いです。 しかし、数週間以上経過しても諸症状が改善されない、もしくは発症時から強い複視があり日常生活に支障がある、完全に上方に眼球を動かすことができない、目の動きに関連した痛みが非常に強いなど症状が強い場合には、手術による治療介入が行われます。 眼球陥没に対しての手術が行われることもありますが、経過の予想が難しく治療介入のタイミングがより困難を極めることもあります。 眼窩底骨折では骨が欠損していることが多く、眼球の位置をしっかりと固定するために医療材料で欠損を補填する必要があります。 使用される材料としては、自身の肋軟骨や硬膜、チタンメッシュ、テフロン、ポリエチレンなどがあります。 眼窩底骨折では、保存的な経過で症状が改善することも充分期待できるものである一方、適切なタイミングでの治療介入を行うことが重要です。

次の