マツダ コネクト レトロ フィット キット。 マツコネ専用 PLUG&PLAY(プラグ&プレイ)キット装着!!CX

マツコネ専用 PLUG&PLAY(プラグ&プレイ)キット装着!!CX

マツダ コネクト レトロ フィット キット

マツダ(Mazda)の米国部門は1月28日、『MX-5ミアータ』(日本名:『ロードスター』に相当)の2020年モデルを発表した。 2月に米国の販売店に到着する予定で、現地ベース価格は2万6580ドルだ。 北米仕様は2. 0リットルで最大出力181hp 北米向けのMX-5ミアータには、「SKYACTIV-G」の 2. 0リットル直列4気筒ガソリンエンジンが搭載されている。 このパワートレインは、「SKYACTIV-MT」の 6速MTまたはパドルシフト付き6速ATと組み合わせることができる。 2020年モデルでは、入門グレードの「スポーツ」にも「i-ACTIVSENSE」を追加した。 これには、リアトラフィックアラート、スマートシティブレーキサポート、車線逸脱警告システムを備えたブラインドモニターが標準装備される。 マツダエンブレムや、キーのデザインは新しい。 ブラックのソフトトップ、16インチのメタリックブラックアルミホイール、シルバーのデュアルエグゾースト、LEDヘッドライト&テールライトが装備される。 インテリアには、7インチのフルカラータッチスクリーンディスプレイを備えた「マツダコネクト」インフォテインメントシステム、運転席側ヘッドレストスピーカーを含む6スピーカーオーディオシステム、HD ラジオ 、Bluetoothハンズフリー通話&オーディオが含まれる。 リアビューカメラ、取り外し可能なデュアルカップホルダー、3本スポークレザーステアリングホイール&シフトノブ&パーキングブレーキ、マツダアドバンスドキーレスエントリー、デュアルUSBオーディオ、プッシュボタンスタートなども採用している。 スポーツチューニングサスペンション 中級の「クラブ」グレードでは、Apple「CarPlay」とグーグル「Android Auto」が、2020年モデルの新機能として搭載される。 6速MTを選択した場合、LSD、ビルシュタイン製ダンパー、フロントショックタワーブレース、スポーツチューニングサスペンションが装備される。 クラブには、i-ACTIVSENSEに加えて、助手席ヘッドレストスピーカー、SiriusXMラジオ、LEDデイタイムランニングライト、BOSE製9スピーカーオーディオシステムを装備した。 シルバーのステッチが施されたヒーター機能付きシート、17インチのメタリックブラックアルミホイール、フロントブラックエアダム、ブラックリアリップスポイラー、ブラックインテリアアクセントも採用されている。 このパッケージには、ブレンボ製フロントブレーキ、BBS製 17インチダークガンメタルホイール、レカロ製スポーツシート、サイドシルエクステンションとリアバンパースカートを含むブラックエアロキットが採用される。 ハードトップの「RF」の場合、このパッケージにブラックルーフが含まれる。 グレークロスのソフトトップとレッドナッパレザー内装 最上級の「グランドツーリング」モデルには、クラブグレード同様、LSD、ビルシュタイン製ダンパー、フロントショックタワーブレース、スポーツチューニングサスペンションが搭載される。 グランドツーリングでは、新開発のグレークロスのソフトトップとレッドナッパレザーインテリアが選択できる。 SiriusXMは3年間のサブスクリプションが付帯する。 ステンレス製のドアシルも装備された。 交通標識認識、アダプティブフロントライティングシステム、ハイビームコントロールも導入している。 クラブとグランドツーリングには、ソフトトップと格納式ルーフの「RF」が設定される。 RFは、13秒でルーフを開閉できる。 ボディカラーには、新色のポリメタルグレーがラインナップされている。 《森脇稔》.

次の

[B!] 「マツダコネクト レトロフィットキット装着レポート前編」Ken@ndのブログ | Ken@nd

マツダ コネクト レトロ フィット キット

う~ん。 そうだねぇ。 今とあまり変わらないよ。 デメリットはないけどメリットも少ないかも・・・ 確かにできることは増えるんだけどあまり使わない機能かもしれないよ。 「メチャクチャ便利になる!」って想像している方の期待を裏切ることになるかもしれません。 先に結論をお伝えしておくと 大して便利にならない 現実は厳しいものです。 CarPlayとAndroidAutoへ対応するための措置に時間が掛かっているから、対応したら飛躍的に便利になる!と思ってしまいがちですが実はできることに今と大きな差はありません。 この記事ではマツコネがCarPlayとAndroidAuto対応になると「どんなところが変わり、どんなところが便利になるのか」を解説しています。 CarPlayとAndroidAuto対応になるとどんなことができるようになるか説明するね! CarPlay、AndroidAutoの接続方法 CarPlayの場合はiPhoneとマツコネを、AndroidAutoの場合はAndroid端末とマツコネを接続(ペアリング)する必要があります。 接続の方法はBluetoothかUSBジャックを使っての有線となります。 意外にもUSB接続の車種が多く、Bluetoothで接続できる車種は少数。 バッテリーの問題もあるのでUSB接続の車種が多いのかもしれませんね。 iPhoneとAndroidでできることに大差がないのと同じようにCarPlayもAndroidAutoもできることはほぼ同じです。 どんなことができるようになるのか見ていこう! CarPlay、AndroidAutoのナビゲーション機能 ナビ機能はスマートフォンに内蔵されているマップアプリを車のモニターに表示させナビとして使用します。 Apple純正アプリのMAPやグーグルマップなどをマツコネに転送しナビとして使えるようになります。 目的地や経由地を設定し車載モニターに転送するか、マツコネのタッチパネルやコントロールスイッチで操作を行います。 目的地まで音声ガイドや車線ガイドで誘導し、リアルタイムの交通情報なども表示可能です。 CarPlay、AndroidAutoの音楽再生 スマートフォン内蔵されている音楽アプリから音楽の再生を行い、マツコネのタッチパネルやコントロールスイッチで操作を行うことができます。 純正アプリのiTunesやApple Music、Google Play Musicだけでなく、Amazon Musicなどのサードパーティ製の音楽再生アプリも利用可能です。 音楽の再生、停止、スキップ、検索など基本的な操作は全てモニターやコントロールスイッチから行うことができます。 CarPlay、AndroidAutoの通話機能 かかってきた電話に出ることはもちろん、電話をかけたり、留守番電話を聞いたりすることがハンドルを持ったまま可能になります。 ハンドルのピックアップボタン(通話)やハングアップボタン(通話終了)で電話の操作ができます。 マツコネの操作でアドレス帳や通話履歴から電話をかけることも可能です。 CarPlay、AndroidAutoメール機能 純正のメッセージアプリに限定されますが、受信したメールを読み上げてくれたり、音声入力で返信することができるようになります。 運転中に届いた急ぎのメールもハンドルから手を離すこと無く確認可能になる。 一人で乗っている時は良いけど、同乗者がいると困ることがあるかもしれませんね・・・ 純正のメッセージアプリよりLINEで連絡を取ることは多いと思いますが、サードパーティ製は音声読み上げ非対応のアプリも多いです。 LINEもその一つ。 無料通話でかかってきた電話の対応はできますが、CarPlayやAndroidAutoを通して音声入力や読み上げには対応していません。 (2018年10月現在) CarPlay、AndroidAutoの操作系統 車載モニターに表示される情報がスマートフォンと連動した物になり、インターフェイスが共通化されるので操作はしやすくなる可能性は高いです。 運転中に着信やメールが届いたときにマツコネに表示される通知もスマートフォンに近い表示となるため、より視認性が増しその後の対応もスムーズになるはずです。 また、Siri や OK Google などの音声コマンドで大半の操作が可能になるため運転中にスマートフォンを操作することも無くなると思います。 CarPlay・AndroidAuto対応で何が便利になるの? 音声操作は便利かもしれませんね。 しかし、お気づきの方も多いと思います。 ほとんどのことは今でもできる! Bluetoothでスマートフォンとマツコネを接続していると今でも大半のことができてしまいます。 ナビは元々マツコネに装備されているし、目的地の転送はナビコンを使うことで可能。 音楽再生も電話もできるし、Siri や OK Google といった音声操作はスマートフォンを介して行うことで可能になります。 SiriやOK Googleほど万能ではありませんが、マツコネも音声コマンドで操作することはできます。 現状できないことはメールの確認と返信くらいですが、「利用するか?」と問われるとどうでしょうか? CarPlay、AndroidAutoで便利になること 現状のマツコネとスマートフォンのBluetooth接続で不便な部分が改善されるところがあります。 よく使っている方はわかると思いますが、現状は• マツコネとスマートフォンをBluetoothで接続し音楽再生• エンジンを切る• 外出先でYou Tubeやゲームを起動する• 車に戻りエンジンかける• 音楽再生しない って感じで、もう一度音楽を再生させるにはスマートフォンで音楽アプリを操作しなければなりません。 運転中でなければ操作は可能かもしれませんが、運転中だと無音のまま走ることになります。 カーナビの地図は定期的に更新しなければ最新の情報を表示することができません。 マツコネのナビゲーション用SDカードプラスは3年間の無料更新はありますが、更新自体は人の手で行う必要があります。 スマートフォンのマップアプリであれば定期的な更新を意識しなくても、アプリのアップデートをしていれば新しい情報を表示してくれるので利便性は高まるはずです。 ナビゲーション用SDカードの購入が必要なくなれば車の購入費用も安くなるはず。 CarPlay、AndroidAutoのデメリット 「CarPlayとAndroidAutoがあるならオプションのナビゲーション用SDカード必要ない」と思ってしまいそうですが、一つ困ることがあります。 それが電波… スマートフォンの電波が入らない地域に行ってしまうとCarPlayもAndroidAutoも使えなくなってしまいます。 電波が届かないのは極限られた一部の地域だとは思いますが、そんな地域だからこそナビが必要になることも多いです。 ナビゲーション用SDカードを購入するか否かは、よく考えて決定しましょう!.

次の

【root】マツダコネクト・カスタム【SSH】 ver.08

マツダ コネクト レトロ フィット キット

時間のまったくない人のために結論を書くと 「まだまだ発展途上ですよー!」 って感じです。 (違 すでにこの新しいシステムはCX-5やCX-8などには装備されていますが、NDロードスターなどでもスマートフォンとマツコネとの連携をアップすることができるための改造になります。 と言うわけで、ここから先は自分のND(2015 SSP ETC1. 0)と所持しているスマホ(iPhone Xs)での話になりますので、その点ご理解をお願いいたします。 最初に今回のレトロフィットの概要をご説明いたします。 5A残念給電ではなく2. 1A給電だとの情報を見ました。 (自分で計測していないのであやふやですいません><) つまり、これでスマホの急速充電もモバイルバッテリーの充電も結構サクサクいけちゃうって事ですね! ちなみに自分はエーモン謹製のUSB電源を設置して基本的には2個口の給電ができるのですが、残念なことに長時間の充電では本体がオーバーヒートしてチャージ不良になってしまいます。 その点、この純正2. 1Aなら安定性にもかなり期待が持てそうです。 2)自車位置演算ユニット これは3型のNDから標準になったように思いますが、マツコネさんの残念な自車位置精度を向上させるアイテムのようです。 自分はあまり不満もなかったのですが、現在のGPSの自車位置判定が不安定な人には朗報かもしれません・・・ ちなみに(1)のキットをiPhoneのナビアプリで利用する場合はiPhoneの中のGPS位置演算ユニットを使うそうなので、自分のような場合にはこのキットは不要なようです。 3)ETCケーブル これはETC2. 0をつけられた方のために必要な部品のようです。 4)ワイドFM対応キット いわゆる音質の良いFM帯域でAM放送が聴けると言うブツです。 現時点ではまだ発売未定のようですね・・・値段も何もかも未定です。 次に簡単に型番と費用を記載します。 HUBユニット(USBを差し込む部分) TK78-66-9U0C 12,960円(税込) USBケーブルセット(構成によっては2種類いるようです。 ) C921-V6-605 2. 0の方のみ) BMD3-V6-38Z 5,400円(税込) DRユニット(自車位置演算ユニット) ND01-V6-600 7,020円(税込) 自分の場合はHUBユニットとUSBケーブルセットで15,552円(税込)となります。 これの取り付けをディーラーにお願いした場合は、工賃込みで29,376円(税込)となり大体3万円の改修になります。 もっともシンプルなキット組み付けで工賃約1. 5万円、それにETCを付けたら工賃約2. 2万円、DRユニット付けたり色々で工賃約3. 後半で多少この辺にも触れるつもりですので、まずは取り付け方法の解説をいたします。 まず取り付けをする前に 「絶対にマツコネのバージョンをVer. 110以上に上げて」 おいて下さい! 今日時点なら最新版はVer. 335です。 これをやらないと 「装着した部品を元に戻して再度バージョンアップからやり直しの刑」に処されますので注意が必要です。 さて、下の写真は一番シンプルな構成です。 (いちいち面倒臭いですが、一手間省いてショートして初めて激しく後悔することになりますw) 新しいHUBユニットはUSB規格は2. 0でしょうか? SDカード入れが鬼のように開け閉めしにくかった先代モデルより改良されてめっちゃやり易くなっています。 上がCarPlay対応の差し込み口ですね。 さて、最近はあまり細かくDIY解説をしていないので久々に真面目に解説を・・・ (過去のブログには色々TIPSが載ってるので、そちらもご参考にしてください) とりあえず 「養生」 です。 どこに養生するかは本人次第ですが、マツコネ横の養生は絶対にした方が良いように思います。 2)続いてオープニングトリム(左側のゴム部品)を外します。 この位置ですが、上側でも下側でも良いのですが写真の位置を目安に覚えておくと良いでしょう。 3-1 フロントサイドトリムのクリップを外します。 クリップは真ん中のピンを浮かせてから外します。 3-2 クリップが外れたら車体後ろ側に引っ張ればトリムが外れます。 ここで暑さに負けて消毒開始・・・ だんだん作業が笑顔いっぱいに変化していきます・・・ 4-1)さて、先日このAピラーガーニッシュの外し方のご質問をお受けしたのでちょっと細かく書きます。 写真のようにガーニッシュ上部に指を差し込みます。 写真は片側ですが、フロントウィンドー側にも同様に指を突っ込み車体中側に引っ張ります。 4-2)そうすると上部のプラピンが外れます。 その後、上部をしっかり保持しつつ 4-3)これでぱっかーんになります。 写真ではインパネに乗せてますが、傷のリスクがあるので乗せない方がいいです。 4-4)このところは色々なリスクを勘案してスピーカーも一旦外しています。 ビビリ音対策で若干オリジナルとは違うスポンジテープがありますがスルーしてねw まずはスピーカーハーネスを外します。 4-5)スピーカーを捻るとカパッとスピーカーは外れます。 かすかにコツが要りますが慣れたら簡単です。 取り付けは押し込むだけでハマりますのでさらに簡単です。 4-6)外れたスピーカーがドアに挟まるとマジでタヒるので、ちゃんと養生テープなどで止めて置きましょう。 5-1)これでデコレーションパネルにアクセスが可能になります。 まずは10mmのボルトを外します。 このボルトは強度に一切関係ないので締めすぎには十分注意してください! 取り付けの時はキュッっと閉まる程度で大丈夫です。 5-2)外すのはこの位置からが良いでしょう・・・ 5-3)クリップを次々に外します。 5-4)最後がメーターフード横のクリップですが、捻って外さないように、写真の様にできるだけ車体後方へ平行に引っ張って外しましょう。 5-5)これでデコレーションパネルが綺麗に外れました。 6-1)続いてセンターコンソールの取り外しに入ります。 シフトレバーはくるくると左回しで外します。 着け外しの回数が増えて段々とゆるく感じて来た時は少しネジロック材などを塗ると良いでしょう。 自分はブルー(中硬度)を使っています。 (塗りすぎ厳禁) 6-2)シフトを2. 6速のどこかに入れた方がやりやすいですが、写真の位置を掴んで上方向に引き上げます。 (へらなどでこじる方法もありますが、こちらの方が傷がつきにくいです。 ) 6-3)写真の様に片側だけでなくちゃんと両側を保持して下の写真の様に外します。 6-4)これでシフトブーツ廻りが外れました。 次に 2のプラスドライバーで2個のネジを外します。 6-5)マツコネコマンダーは上に引き上げると外れます。 6-6)マツコネコマンダーは裏に配線カプラーがあるのでこれを取り外します。 6-7)サイドブレーキブーツも前後にクリップがあるので上に引き上げると外れます。 6-8)ブーツの裏には位置決めの引っ掛けがあるので外せばブーツが取れます。 6-9)ホールド位置を掴んで垂直に引き上げると嵌合が外れます。 左右別々に嵌合を外します。 6-10)リアも2箇所嵌合しているので外しますが、ここは傷がつきやすいので写真の位置に養生致しましょう! そして写真のホールド位置を両手で掴んで垂直に引き上げると左右の嵌合が「ガコッ」と同時に外れます。 これでセンターコンソールが外れますが、サイドブレーキやステアリングがあるので適時養生しながら外した方が悲劇は少ないです。 自分はある程度慣れているのでそのまま外しました。 7-1)フロントコンソールは車体後ろ側に引っ張っるとめっちゃ簡単に外れます。 7-2)ノーマルの方は配線カプラーを外せばフロントコンソールが分離します。 7-3)自分はシートヒータなどがあるのでこの位置にフロントコンソールを置いたまま作業をしました。 8-1)次はレジスターハザードが付いているパーツを外します。 写真の位置から外すのが良い様に思います。 コツは捻らない様にできるだけ水平に外す感じです。 8-2)はい、こんな感じで引き出します。 配線コネクターを外せば取り外せます。 8-3)続いてメーターフードに行きます。 この位置に指を入れて車体後方へ引けば・・・ 8-4)こんな感じで嵌合が外れます。 これを左右やります。 8-5)この状態でも全然作業継続できますが、一応外してしまいます。 8-6)マイクのカプラーを外すのにコツが要りますが、ちゃんと嵌合ピン解除の部分を押さえてやれば外れますw(押しにくいですけど) 9-1)いよいよマツコネの取り外しです。 最初にこの10mmのボルトを外します。 9-2)ボルトを抜いた後、本体を手前に引けばマツコネが外れます。 html 自分が見た情報では(ちょっとURLが探せないw)iPhoneはスマホ側、アンドロイドは車体側って書いてありました。 調べる方法があればいいのですが・・・ 現状位置ズレでの問題はあまり感じないのでしばらくはこのまま行こうと思う次第です。 もしもお気付きの点がございましたら是非教えてください! どうにも気になったのでApple CarPlayに関するMFi認証ドキュメント読んできました。 結論から言うと、CarPlayの要件を満たす一部に ・GPSおよびGLONASSの受信が必須 ・なんならガリレオも受信できるといいね ・自立航法の情報も提供 とかありましたんで、少なくともApple CarPlayは自車位置(GPS情報)は車載の機器から受け取らなければいけないようです。 私はApple信者なのでAndroid Autoの要件は調べてません(笑) GPS情報に自車位置演算ユニットからの情報を統合してiPhoneに送っているかはマツコネの仕様なので分りかねますが、MFiに記載されていた通信プロトコルの仕様を読む限り、その可能性は高そうです。

次の