株 ドラゴン。 ドラゴン株式会社

株ドラゴンを活用しよう!各種株式ランキングから狙い目銘柄を探す方法!

株 ドラゴン

このランキングをミニチャート表示すると・・・ こんな形で初動の可能性がありそうな銘柄が簡単に見つかります。 この機能を活用して・・・ こんなチャートに注目してみましょう。 この銘柄はぐーっと下げてきて安値を形成してからなにかしらの材料で初動ローソク足をつけているようですね。 急動意した理由が知りたいので適時開示を見てみると、どうやら決算発表で株価が動いたようです。 業績を背景に株価が動いたこともわかり、直近値動きを見た感じでも折り込みが進んでいなさそうに見えます。 また、長期移動平均線を明確に陽線で超えているので、打診買いをしてみるか押し目を待つか・・・というように売買判断までスムーズに考えられますよね。 株ドラゴンでは「買いシグナル」をワンクリックするだけで、初動の可能性が示唆される銘柄がピックアップされます。 便利な機能ですのでぜひご活用下さい。 株ドラゴンではゴールデンクロス直前銘柄もスクリーニング可能 株ドラゴンのページ上部には「買いシグ」の他に「ゴールデンクロス」という検索機能もついています。 この検索条件は株ドラゴンが自動で「ゴールデンクロスもしくはゴールデンクロス直前の銘柄」をピックアップしてくれるというものです。 この検索条件では・・・ こんな感じのゴールデンクロス直後か直前くらいのチャートが出てきます。 株の世界ではゴールデンクロスは買いシグナルとして非常に有名ですので、全部買っていいのかと勘違いしてしまいそうですよね。 このの記事でも解説しましたが、• ゴールデンクロスはダマシがある• ゴールデンクロスは買いシグナルよりは相場が進んでいることの確認 という側面があります。 ゴールデンクロスを見てから入ると出遅れているかもしれませんので、• 短期移動平均線と中期移動平均線はゴールデンクロス後• 中期移動平均線と長期移動平均線はゴールデンクロス前 というチャートに注目するのがおすすめです。 例としては・・・ こんな感じ。 いわば上昇トレンドに完全に転換する前のチャートですね。 もう少し上昇力が見えていた方が好みであれば、• 急騰ではなく着実に上昇してきている• ローソク足が長期移動平均線を超えてから押し目を形成 といった条件の銘柄に着目しても良いでしょう。 例としては・・・ こんな感じ。 トレンド移行の初期段階で中期や長期移動平均線まで押してきているイメージですね。 このゴールデンクロスでのスクリーニングはトレンド転換しそうなチャートがヒットしやすいので、完全な上昇トレンド銘柄は少ないかもしれません。 早めに入るのが怖い場合は、• とりあえず順調に上げているチャートのみリスト化• 移動平均線の並びが上から短期・中期・長期(パーフェクトオーダー)になることを確認• その後の初押しを狙う という手順で活用しても大丈夫です。 株ドラゴンでは以上のような便利機能がありますので、ぜひご活用ください。 まとめ いかがでしたか?今回は銘柄スクリーニングに時間をあまり取れない方向けに、株ドラゴンのおすすめスクリーニング条件を2つご紹介しました。 買いシグナルもゴールデンクロスも、株ドラゴンを使うなら知っておいた方が良い検索条件です。 効率化を図るためにも覚えておいて下さいね。 関連記事として• がありますのでこちらもご参考下さい。 それではまた!.

次の

株ドラゴンの使い方!出来高急増、値上がり率ランキングから上昇銘柄を探す!

株 ドラゴン

Contents• 株ドラゴンの使い方 多くの方が、市場別、業種別、値動きの種類別に、出来高やチャートを見れるため、投資の機会に役立てているサイト。 ウルフ村田氏が、常々出来高急増ランキングや年初来安値からの値上がり率ランキングのチェックに推奨しているサイトでもあります。 使っていない方は、毎日10分でも目を通すと当日の資金流入先や急上昇銘柄の兆しに気づくことができるのかも! 株ドラゴンサイト 株ドラゴン個人投資家の使い方 みなさん各々の使い方をされているようですので、簡単ですがまとめておきます。 年初来安値からの値上がり率ランキング 【超重要】 この中から、2018 年のナンバーワン銘柄が出ます! 見ないのは、駄目ですよ!絶対に見て下さい。 酒田五法を頭に入れておくと、今後上昇(下落)する可能性のあるチャートの形別にチャートを表示させてくれるので非常に便利です。 最近実装された機能のようです。 毎日株ドラゴンで1時間程チャート見て、気になる銘柄を調べます。 酒田五法を頭に入れながら株ドラゴンで一括でチャートチェックすると効率的です。 でも、明日、明後日はお休みかな。 保有銘柄にチャンスがあれば、利益確定させるくらいにしておきたい。 めっちゃ見やすいやん、最近のIPOとか感覚でわかる。 Jimmy mrmrjimmy.

次の

値上がり率:株式ランキング

株 ドラゴン

今回検証を行う「 株ドラゴン」ですが、怪しげなサイト名とは裏腹に、それなりに活用性の高い株式投資情報サイトです。 ただ、投資顧問会社ではないので投資助言サービスは行っていないことに加え、株予想も行っていないので、 需要はかなり限られると思いますが、一度検証していみたいと思います。 需要が高まってきている「投資ソフト」は最近のおすすめなので、興味がある方は検証ページをご覧ください。 以降の検証記事も是非ご一読ください。 株式投資情報サイト「株ドラゴン」では、 無料会員の募集を行っていないので、早速ホームページより検証を進めていきます。 まず、はこのようなデザインで、ひと昔前のサイトという感じです。 更に、コンテンツがギッシリと詰め込まれていることが分かります。 一見どのようなサービス提供を行っているのか不明。 そんな株式投資情報サイト「株ドラゴン」では、日本株式市場の値上がり率ランキングや連騰大化け銘柄など、様々なカテゴリの ランキング形式で掲載するサービス提供を行っています。 冒頭で「需要はかなり限られると思います」と綴った意味もなんとなくはお分かりいただけたかと思いますが、わりと重宝するサイトなんです 笑• 株式投資情報サイト「株ドラゴン」では、有料コンテンツの提供を行っていません。 完全無料で利用できるサイトです。 先述した通り、「株ドラゴン」では、、様々なカテゴリのランキング形式で掲載するサービス提供を行っています。 株式投資を行う上で参考になる内容だと思います。 気になる方は是非「株ドラゴン」へアクセスしてみてください。 株式投資情報サイト「株ドラゴン」は投資顧問会社ではないので、投資助言サービスなどは行っていません。 株予想を行っているわけでもないので、サポートしてもらうような内容もないでしょう。 ちなみに、連絡先の表記や問合せフォームの設置はなし。 サポート宛に問い合わせを行うことすらできません。 株式投資情報サイト「株ドラゴン」のドメイン取得日を調べると「 」で、 サイト開設後11年が経過することが分かります 2017年2月調べ。 サイト開設後かなり長い年月が経過しているので、既にこのサイトの存在を認知されている方も多いと思います。 続いて、所在地を検証したいところですが、会社情報は表記されていないので検証は不可能です。 株式投資情報サイト「株ドラゴン」は、日本株式市場の値上がり率ランキングや連騰大化け銘柄など、様々なカテゴリをランキング形式で掲載するサービス提供を行っているサイトでした。 投資助言サービスや株価予想を行っているわけではないので、需要は限られると思いますが、一応検証を行った次第であります。 株式投資情報サイト「株ドラゴン」の情報量は「無料サイト」のカテゴリだと 業界でも上位に入ると思うので興味のある方は、一度サイトにアクセスしてみてもいいと思います。 当サイトにおける評価等はあくまで当サイト内での評価であり、効果等を保証するものではございません。 情報・記事・口コミにも最善の注意を払っておりますが、掲載情報の内容の正確性について一切保証するものではありません。 また、情報が不正確であったこと及び誤植があった場合でも、いかなる損害・トラブル等についても責任を負いませんので、詳細はリンク先のウェブサイトの運営社にお問い合わせください。 当サイトにリンクを張っているウェブサイトは、それぞれの法人及び個人の責任において管理及び運営されており、それらのウェブサイトは当サイトの管理下にありません。 当サイトでは、リンク先のウェブサイトをご利用になったことにより生じた、いかなる損害・トラブル等についても責任を負いません。 リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、ご自身の責任においてご利用ください。 株予想サイト比較NAVI.

次の