軽 トラ レンタル。 引越し軽トラックのレンタルなら ニホンレンタカー

引越しレンタカー格安、墨田・江東・足立・江戸川

軽 トラ レンタル

ダイハツ ハイゼットトラック スタンダード 2WD 4速オートマチック エアコン&パワステ付き 車両本体価格 928,800円(消費税込) ダイハツ ミライース L 2WD CVT 車両本体価格 874,800円(消費税込) ダイハツの軽自動車を参考に見てみると、 5万円以上軽トラックの方が高い価格です。 さらに、軽トラックのハイゼットには、パワーウインドウや集中ドアロックなどの快適装備が装備されず、乗用タイプのミライースには標準装備されますので、価格以上の差があります。 新車価格が高いため、レンタカー料金も高くなる傾向にあり、レンタカーでは、軽乗用タイプのクルマに比べ、軽トラックのレンタカー需要は高くないため、軽トラックレンタカー料金はさらに高く設定される傾向にあります。 参考: 格安で軽トラックは所有できる? 自宅に保管場所が確保でき、年に数回軽トラックを使用する目的がある場合、「新車の軽トラックは要らないけど、中古で安いのないかなぁ」と軽トラックを格安で持ちたい方も少なくありません。 しかし、軽トラックの場合は、途中で下取りに出して乗り換えるよりも、乗り潰すユーザーが多いため、 なかなか年式が新しく良質な中古車が市場に出てきません。 近年、軽トラックをレンタカーとして取り扱うレンタカー会社が増えているため、レンタカーとしての使用期間を終えたレンタアップの軽トラックが中古車市場に出ていますので、比較的走行距離の少ない良質な軽トラックが販売されています。 それでも、5年落ちのオートマチックタイプなら車両価格で50万円前後、支払総額で60万円前後の価格で、新車価格を考えると高価になります。 支払総額20万円前後で軽トラックを狙う場合には、20年以上前の軽トラックで4速マニュアル車、走行距離は10万キロ以上走行しているなど、乗用車なら廃車扱いにされてもおかしくないような程度の軽トラックになります。 年に数回の利用のために、約20万円支払って格安の軽トラックを購入するよりも、 軽トラックをレンタルした方が、お得になると考えます。 軽トラックを購入し所有すれば、税金や保険、車検費用も当然かかります。 レンタカーの場合には、これらの諸費用はレンタル料金に全て含まれています。 参考:中古車情報グーネット Goo-net 軽トラックのレンタカー料金比較 軽トラックをレンタルする際には、トヨタレンタリースやニッポンレンタカーなどの大手レンタカー会社と、ニコニコレンタカーやガッツレンタカーなどの格安レンタカー会社の選択によって、レンタカー料金が大きく違ってきます。 なぜ、大手レンタカー会社と格安レンタカー会社のレンタカーの料金が違うのか? 大きな理由は、 大手レンタカー会社は新車をレンタカーとして導入しているのに対して、格安レンタカー会社は、大手レンタカー会社で使い終わったレンタアップのクルマを中古で購入して導入するなど、中古車をレンタカーとして提供しているためです。 ニッポンレンタカーは、割安な3時間レンタル料金を設定し、短時間の利用に対応しています。 2日目以降の料金や超過料金も各社ほぼ同価格ですが、タイムズレンタカーは若干高めの設定です。 特に、ガッツレンタカーの場合は、1週間レンタルしても、大手レンタカー会社の2日分の料金に満たない安さです。 ガッツレンタカーには、24時間未満の料金設定がありませんが、ニッポンレンタカーの3時間レンタル料金よりも安い価格で24時間レンタル可能ですので、短時間の使用で返却しても損しません。 走行距離規定があり、レンタル料金が安いからと言ってもガンガン走り続けると超過料金が必要になります。 しかし、軽トラックを使いたい場合は、近場で短時間の利用ケースが多いと考えられますので、心配する項目ではないと考え、全国規模で展開しているレンタカー会社の中では非常に安い価格でレンタルできると考えられます。 大手レンタカー会社で軽トラックをレンタルするメリットとデメリット 格安レンタカー会社で軽トラックをレンタルするデメリットは、全国展開するレンタカー会社でも、店舗が少ない、店舗の規模が小さいなど、同じ県内にあってもなかなか遠くて行くことができない場合もあります。 また、全店舗で軽トラックを取り扱っているわけではありませんので、事前に確認が必要です。 さらには、余裕をもって予約しておく必要があり、保有台数に限りがあるため、借りたいときに借りることが出来ない場合もあります。 ガッツレンタカーでは、万一の事故の際に事故免責金額を0にすることができる免責補償制度はありますが、レンタカーを使えないための 休業補償であるノンオペレーションチャージを0にする契約がありません。 さらに、自走不可能な場合のノンオペレーションチャージの金額は他のレンタカー会社と同じ5万円ですが、自走して営業所に返還した場合でも3万円請求されます。 ニコニコレンタカーを含む他のレンタカー会社では2万円です。 免責補償制度とは? レンタカーには、大手レンタカー会社、格安レンタカー会社問わずに、対人対物賠償の任意保険が付いております。 しかし、事故の際に保険を使う場合には、対人で5万円、対物で5万円、最大10万円(軽自動車、普通車クラス、各社ほぼ共通)の免責金が必要となります。 この免責金額を支払わなくても良い制度が免責補償制度です。 免責補償制度に加入しても、休業補償のノンオペレーションチャージの支払は必要で、さらに、以下の場合には、保険・補償が適用されません。 警察に事故の届け出を行わなった場合• 出発時に申し出た方以外の方が運転して起こした事故• 無免許運転や酒気帯び運転による事故• レンタル期間を無断で延滞して使用した場合の事故• その他、キーを付けっぱなしにして盗難に遭った場合など貸渡約款に違反した場合 ノンオペレーションチャージとは? レンタカーで事故をおこして、修理が必要など、レンタカー会社がそのクルマを次のお客様に貸し出すことが出来ない場合には、 休業補償としてノンオペレーションチャージが請求されます。 各社ほぼ共通で、レンタカーで返却予定の営業所に自走で帰ってきた場合には2万円、自走不可の場合、また、自走可能でも路上放置の場合は5万円が請求されます。 車内の汚損や、盗難、こちらが悪くないもらい事故においてもノンオペレーションチャージは必要になります。 以前は、必ず必要だったノンオペレーションチャージですが、ノンオペレーションチャージを免除する制度は出ています。 今回紹介した、トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカー、ニコニコレンタカーでノンオペレーションチャージを0にする補償制度があります。 料金は、免責補償制度加入が必須で、プラス432円から648円(24時間)です。 免責補償とノンオペレーションチャージを0にする補償制度を付帯するためには、1日あたり約1,500円前後の免責補償料金が必要になります。 なお、レンタカー会社によっては事故の際のみ対象とする場合など内容が各社異なりますので、事前にご確認ください。 ただし、自走可能にもかかわらず路上放置した場合には、ノンオペレーションチャージ5万円が請求されます。 まとめ.

次の

レンタカーで軽トラを借りるなら…。料金、サービスを比較!

軽 トラ レンタル

軽トラレンタカーは引っ越し料金が安い! 軽トラをレンタカーを借りることによって、お引越し業者に依頼するよりもかなり 低予算で引っ越しができるんです。 自分で軽トラをレンタルして引っ越しを行うからプライバシーが保護される! 自分で軽トラのレンタカーを使ってお引越し作業をすると、お引越し業者などの第三者に 私物を見られたりすることなく個人情報の保護にも繋がるんです。 以下この項及び第五十八条の二から第五十八条の五までにおいて同じ。 )の運転者は、当該車両について政令で定める乗車人員又は積載物の重量、大きさ若しくは積載の方法(以下この条において「積載重量等」という。 )の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。 ただし、第五十五条第一項ただし書の規定により、又は前条第二項の規定による許可を受けて貨物自動車の荷台に乗車させる場合にあつては、当該制限を超える乗車をさせて運転することができる。 また内閣府でも次ののページにて解説があります 皆さんがご覧いただいているサイトには参照元URLがのっていない場合おおいためお気をつけください。 これは法律にかかるもので、定めの明記を掲載してしまった場合、 法律に触れてしまいます。 積載制限については、レンタカー会社さんに まとめ:軽トラのレンタカー 料金も100円!? いかがでしたか? 軽トラは引っ越しにも旅行(レジャー)にも万能です。 雪のシーズンでは除雪、あたたかいシーズンは野菜の運搬。 便利ですよね。 軽トラ所有すると駐車場やメンテナンス、保険料がかかってしまいます。 5,000円でお釣りが来るから、引っ越し費用の差額をお手伝いの皆さんの食事代に、引っ越し祝い! 大変な引っ越しも軽トラレンタカーで楽しいイベントになりますよね.

次の

引越しレンタカー格安、墨田・江東・足立・江戸川

軽 トラ レンタル

ダイハツ ハイゼットトラック スタンダード 2WD 4速オートマチック エアコン&パワステ付き 車両本体価格 928,800円(消費税込) ダイハツ ミライース L 2WD CVT 車両本体価格 874,800円(消費税込) ダイハツの軽自動車を参考に見てみると、 5万円以上軽トラックの方が高い価格です。 さらに、軽トラックのハイゼットには、パワーウインドウや集中ドアロックなどの快適装備が装備されず、乗用タイプのミライースには標準装備されますので、価格以上の差があります。 新車価格が高いため、レンタカー料金も高くなる傾向にあり、レンタカーでは、軽乗用タイプのクルマに比べ、軽トラックのレンタカー需要は高くないため、軽トラックレンタカー料金はさらに高く設定される傾向にあります。 参考: 格安で軽トラックは所有できる? 自宅に保管場所が確保でき、年に数回軽トラックを使用する目的がある場合、「新車の軽トラックは要らないけど、中古で安いのないかなぁ」と軽トラックを格安で持ちたい方も少なくありません。 しかし、軽トラックの場合は、途中で下取りに出して乗り換えるよりも、乗り潰すユーザーが多いため、 なかなか年式が新しく良質な中古車が市場に出てきません。 近年、軽トラックをレンタカーとして取り扱うレンタカー会社が増えているため、レンタカーとしての使用期間を終えたレンタアップの軽トラックが中古車市場に出ていますので、比較的走行距離の少ない良質な軽トラックが販売されています。 それでも、5年落ちのオートマチックタイプなら車両価格で50万円前後、支払総額で60万円前後の価格で、新車価格を考えると高価になります。 支払総額20万円前後で軽トラックを狙う場合には、20年以上前の軽トラックで4速マニュアル車、走行距離は10万キロ以上走行しているなど、乗用車なら廃車扱いにされてもおかしくないような程度の軽トラックになります。 年に数回の利用のために、約20万円支払って格安の軽トラックを購入するよりも、 軽トラックをレンタルした方が、お得になると考えます。 軽トラックを購入し所有すれば、税金や保険、車検費用も当然かかります。 レンタカーの場合には、これらの諸費用はレンタル料金に全て含まれています。 参考:中古車情報グーネット Goo-net 軽トラックのレンタカー料金比較 軽トラックをレンタルする際には、トヨタレンタリースやニッポンレンタカーなどの大手レンタカー会社と、ニコニコレンタカーやガッツレンタカーなどの格安レンタカー会社の選択によって、レンタカー料金が大きく違ってきます。 なぜ、大手レンタカー会社と格安レンタカー会社のレンタカーの料金が違うのか? 大きな理由は、 大手レンタカー会社は新車をレンタカーとして導入しているのに対して、格安レンタカー会社は、大手レンタカー会社で使い終わったレンタアップのクルマを中古で購入して導入するなど、中古車をレンタカーとして提供しているためです。 ニッポンレンタカーは、割安な3時間レンタル料金を設定し、短時間の利用に対応しています。 2日目以降の料金や超過料金も各社ほぼ同価格ですが、タイムズレンタカーは若干高めの設定です。 特に、ガッツレンタカーの場合は、1週間レンタルしても、大手レンタカー会社の2日分の料金に満たない安さです。 ガッツレンタカーには、24時間未満の料金設定がありませんが、ニッポンレンタカーの3時間レンタル料金よりも安い価格で24時間レンタル可能ですので、短時間の使用で返却しても損しません。 走行距離規定があり、レンタル料金が安いからと言ってもガンガン走り続けると超過料金が必要になります。 しかし、軽トラックを使いたい場合は、近場で短時間の利用ケースが多いと考えられますので、心配する項目ではないと考え、全国規模で展開しているレンタカー会社の中では非常に安い価格でレンタルできると考えられます。 大手レンタカー会社で軽トラックをレンタルするメリットとデメリット 格安レンタカー会社で軽トラックをレンタルするデメリットは、全国展開するレンタカー会社でも、店舗が少ない、店舗の規模が小さいなど、同じ県内にあってもなかなか遠くて行くことができない場合もあります。 また、全店舗で軽トラックを取り扱っているわけではありませんので、事前に確認が必要です。 さらには、余裕をもって予約しておく必要があり、保有台数に限りがあるため、借りたいときに借りることが出来ない場合もあります。 ガッツレンタカーでは、万一の事故の際に事故免責金額を0にすることができる免責補償制度はありますが、レンタカーを使えないための 休業補償であるノンオペレーションチャージを0にする契約がありません。 さらに、自走不可能な場合のノンオペレーションチャージの金額は他のレンタカー会社と同じ5万円ですが、自走して営業所に返還した場合でも3万円請求されます。 ニコニコレンタカーを含む他のレンタカー会社では2万円です。 免責補償制度とは? レンタカーには、大手レンタカー会社、格安レンタカー会社問わずに、対人対物賠償の任意保険が付いております。 しかし、事故の際に保険を使う場合には、対人で5万円、対物で5万円、最大10万円(軽自動車、普通車クラス、各社ほぼ共通)の免責金が必要となります。 この免責金額を支払わなくても良い制度が免責補償制度です。 免責補償制度に加入しても、休業補償のノンオペレーションチャージの支払は必要で、さらに、以下の場合には、保険・補償が適用されません。 警察に事故の届け出を行わなった場合• 出発時に申し出た方以外の方が運転して起こした事故• 無免許運転や酒気帯び運転による事故• レンタル期間を無断で延滞して使用した場合の事故• その他、キーを付けっぱなしにして盗難に遭った場合など貸渡約款に違反した場合 ノンオペレーションチャージとは? レンタカーで事故をおこして、修理が必要など、レンタカー会社がそのクルマを次のお客様に貸し出すことが出来ない場合には、 休業補償としてノンオペレーションチャージが請求されます。 各社ほぼ共通で、レンタカーで返却予定の営業所に自走で帰ってきた場合には2万円、自走不可の場合、また、自走可能でも路上放置の場合は5万円が請求されます。 車内の汚損や、盗難、こちらが悪くないもらい事故においてもノンオペレーションチャージは必要になります。 以前は、必ず必要だったノンオペレーションチャージですが、ノンオペレーションチャージを免除する制度は出ています。 今回紹介した、トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカー、ニコニコレンタカーでノンオペレーションチャージを0にする補償制度があります。 料金は、免責補償制度加入が必須で、プラス432円から648円(24時間)です。 免責補償とノンオペレーションチャージを0にする補償制度を付帯するためには、1日あたり約1,500円前後の免責補償料金が必要になります。 なお、レンタカー会社によっては事故の際のみ対象とする場合など内容が各社異なりますので、事前にご確認ください。 ただし、自走可能にもかかわらず路上放置した場合には、ノンオペレーションチャージ5万円が請求されます。 まとめ.

次の