キャナルシティ 劇場。 劇団四季、福岡から再び撤退 キャナルシティ劇場公演を22年5月末までに終了(2020年6月29日)|BIGLOBEニュース

劇団四季、福岡の拠点「キャナルシティ劇場」との契約を22年に終了 新たな活動の形を模索

キャナルシティ 劇場

概要 [ ] に、初の専用常設劇場 「福岡シティ劇場」として開館した。 これまで「」、「」、「」、「」などを上演。 客席数は1,144席。 キャナルシティのディベロッパーであるの親会社がであり、誘致の中心となったことから、その名がつけられた。 現在は、同行を引き継いだと、が劇場の運営に深くかかわる。 かつてはも加わっていたが、四季側が特定のマスメディアに偏ることに危惧を感じたせいか、現在は一歩引いており、その分、を含めた他の在福放送局でも、以前に比べて宣伝露出が増えている。 2006年には、・ミュージカル「」の国内第3の上演地となった。 2017年より劇団四季による通年興行が復活、再び専用劇場となる。 2022年5月までの契約。 専用契約解除へ [ ] 近年は入場者が伸び悩み、赤字が続いていたこともあり、運営会社のCEO役でもあるはに記者会見を開き、同年3月いっぱいで専用劇場契約を解除することを発表した。 その翌年の鹿児島線全線開業についても集客力向上には必ずしも繋がらないとの見方を示した。 なお、劇団四季は公式サイトに於いて浅利の会見内容をそのまま掲載した。 しかしその発表後、公演の継続を望むメールが500通寄せられたことから、2010年に再度記者会見を開き8月まで公演を延長することになった。 以降は、年に数ヶ月の公演を同地で行っている(次述)。 リニューアル [ ] 劇団四季の常設公演終了後に、劇団四季以外の舞台にも使用できるよう、舞台・照明・音響機材など購入整備を進め、併せて舞台吊り物機構及びホワイエ廻りの改修工事を実施。 2010年11月30日、「 キャナルシティ劇場」としてリニューアルオープン。 プレオープン公演として、・主演の「りんご 木村秋則物語」を上演。 本格オープンは、12月3日から開幕する「カーディガン」(・主演)を上演。 以後数多くの舞台やコンサートなどが上演されているが、2011年4月3日より常設公演終了以来となる劇団四季のミュージカル「」が5か月限定で上演され、翌2012年も6月より「」が5か月間上演された。 劇団四季による通年興行再開 [ ] 改装を経て2017年6月から再び劇団四季による専用劇場となった(当面3年間契約だったが、2022年5月までの5年契約に延長された)。 復活初演は『』、8月11日からは『』ロングラン公演。 劇団四季上演作品 [ ]• ( - 1997年)• ( - )• ( - )• ( - 1998年)• ( - 1999年)• ( - )• エルサレムバージョン( - )• ( - )• ( - 2000年)• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - 2003年)• ( - )• オペラ座の怪人( - 2004年)• ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• 美女と野獣( - 2006年)• ( - 2007年)• ( - )• 夢から醒めた夢( - )• ( - )• ライオンキング( - 2009年)• ( - )• ( - 2010年)• コーラスライン( - )• クレイジー・フォー・ユー( - )• エビータ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• キャッツ( - )• クレイジー・フォー・ユー( - )• コーラスライン( - 2016年)• 美女と野獣( - )• ウェストサイド物語( - 2017年)• アンデルセン( - )• ( - 2018年)• ( - )• ( - 2019年)• ライオンキング( - 2020年千秋楽予定)• ( - 予定)• ( - 予定)• マンマ・ミーア! ( - 2021年予定)• 2021年• コーラスライン(1月 - 2月)• 劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~(3月) 沿革 [ ]• - 劇団四季の専用劇場として福岡シティ劇場の名称で オープン。 こけら落とし公演は、ミュージカル「」。 -「キャッツ」通算4,000公演目を当劇場で達成。 - 通算入場者数200万人突破。 -「エビータ」千秋楽をもって、劇団四季の常設専用劇場としての使用を終了。 2010年 - 「キャナルシティ劇場」としてリニューアルオープン。 6月から3年間、劇団四季の通年公演が復活予定。 脚注・出典 [ ].

次の

「キャナルシティ劇場」座席の見え方

キャナルシティ 劇場

現在、大ヒット上演中の劇団四季ミュージカル『リトルマーメイド』福岡公演 席の種類は作品により異なりますが、S席、A席、B席、C席が多く、順に舞台中央から離れた席となります。 作品によって演出や座席の種類が変わるので、どの席が良席だとは一概には言えません。 迫力と臨場感を優先するなら1階席がおすすめです。 しかし、遠くて見にくいと思われがちな2階席もメリットがあります。 キャナルシティ劇場は舞台から2階最後列まで約26メートルとコンパクトな造りなので、全体が見渡せて細かい演出が楽しめるのです。 また、C席は価格の手頃さが大きな魅力。 ミュージカルの雰囲気を味わってみたい、同じ作品を何度も観たい、という方にイチオシです。 随所をアップで見たい方には、オペラグラスの貸し出し(有料)もあります。 子ども連れ用に設定された「ファミリーゾーン」もあり、子ども料金(公演当日3歳以上、小学校6年生以下)は大人料金の半額です。 視界を確保するためのシートクッションや、声を立ててしまった時のための「親子観劇室」も準備されているので、気兼ねなく観劇できます。 旅を楽しむ・予約する• 甲信越• 甲信越• Language Tabirai Japan• [繁体中文]• [English]• [한국어]• たびらいについて•

次の

劇団四季、福岡の拠点「キャナルシティ劇場」との契約を22年に終了 新たな活動の形を模索

キャナルシティ 劇場

概要 [ ] に、初の専用常設劇場 「福岡シティ劇場」として開館した。 これまで「」、「」、「」、「」などを上演。 客席数は1,144席。 キャナルシティのディベロッパーであるの親会社がであり、誘致の中心となったことから、その名がつけられた。 現在は、同行を引き継いだと、が劇場の運営に深くかかわる。 かつてはも加わっていたが、四季側が特定のマスメディアに偏ることに危惧を感じたせいか、現在は一歩引いており、その分、を含めた他の在福放送局でも、以前に比べて宣伝露出が増えている。 2006年には、・ミュージカル「」の国内第3の上演地となった。 2017年より劇団四季による通年興行が復活、再び専用劇場となる。 2022年5月までの契約。 専用契約解除へ [ ] 近年は入場者が伸び悩み、赤字が続いていたこともあり、運営会社のCEO役でもあるはに記者会見を開き、同年3月いっぱいで専用劇場契約を解除することを発表した。 その翌年の鹿児島線全線開業についても集客力向上には必ずしも繋がらないとの見方を示した。 なお、劇団四季は公式サイトに於いて浅利の会見内容をそのまま掲載した。 しかしその発表後、公演の継続を望むメールが500通寄せられたことから、2010年に再度記者会見を開き8月まで公演を延長することになった。 以降は、年に数ヶ月の公演を同地で行っている(次述)。 リニューアル [ ] 劇団四季の常設公演終了後に、劇団四季以外の舞台にも使用できるよう、舞台・照明・音響機材など購入整備を進め、併せて舞台吊り物機構及びホワイエ廻りの改修工事を実施。 2010年11月30日、「 キャナルシティ劇場」としてリニューアルオープン。 プレオープン公演として、・主演の「りんご 木村秋則物語」を上演。 本格オープンは、12月3日から開幕する「カーディガン」(・主演)を上演。 以後数多くの舞台やコンサートなどが上演されているが、2011年4月3日より常設公演終了以来となる劇団四季のミュージカル「」が5か月限定で上演され、翌2012年も6月より「」が5か月間上演された。 劇団四季による通年興行再開 [ ] 改装を経て2017年6月から再び劇団四季による専用劇場となった(当面3年間契約だったが、2022年5月までの5年契約に延長された)。 復活初演は『』、8月11日からは『』ロングラン公演。 劇団四季上演作品 [ ]• ( - 1997年)• ( - )• ( - )• ( - 1998年)• ( - 1999年)• ( - )• エルサレムバージョン( - )• ( - )• ( - 2000年)• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - 2003年)• ( - )• オペラ座の怪人( - 2004年)• ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• 美女と野獣( - 2006年)• ( - 2007年)• ( - )• 夢から醒めた夢( - )• ( - )• ライオンキング( - 2009年)• ( - )• ( - 2010年)• コーラスライン( - )• クレイジー・フォー・ユー( - )• エビータ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• キャッツ( - )• クレイジー・フォー・ユー( - )• コーラスライン( - 2016年)• 美女と野獣( - )• ウェストサイド物語( - 2017年)• アンデルセン( - )• ( - 2018年)• ( - )• ( - 2019年)• ライオンキング( - 2020年千秋楽予定)• ( - 予定)• ( - 予定)• マンマ・ミーア! ( - 2021年予定)• 2021年• コーラスライン(1月 - 2月)• 劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~(3月) 沿革 [ ]• - 劇団四季の専用劇場として福岡シティ劇場の名称で オープン。 こけら落とし公演は、ミュージカル「」。 -「キャッツ」通算4,000公演目を当劇場で達成。 - 通算入場者数200万人突破。 -「エビータ」千秋楽をもって、劇団四季の常設専用劇場としての使用を終了。 2010年 - 「キャナルシティ劇場」としてリニューアルオープン。 6月から3年間、劇団四季の通年公演が復活予定。 脚注・出典 [ ].

次の