カネカ 大阪 本社。 株式会社カネカサンスパイス

中之島フェスティバルタワー の主な入居テナント企業オフィス一覧&周辺の求人

カネカ 大阪 本社

本社所在地 東京本社 〒107-6028 一丁目12番32号 大阪本社 〒530-8288 二丁目3番18号 本店所在地 〒530-8288 大阪府大阪市北区中之島二丁目3番18号 設立 (24年) (鐘淵化学工業株式会社) 事業内容 化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、医薬品、医療機器、電子材料、太陽電池、合成繊維などの製造及び販売。 建築工法のライセンス及び建築資材の販売。 代表者 代表取締役 資本金 330億46百万円 発行済株式総数 68,000,000株 売上高 連結:6,210億4千3百万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:360億4千1百万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:312億6千8百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:3,607億2千6百万円 (2019年3月期) 総資産 連結:6,595億8千7百万円 (2019年3月期) 従業員数 (連結)10,571名 (単独)3,565名 (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 (信託口) 5. 概要 [ ] 化成品、機能性、発泡樹脂、食品、、、、医療機器事業を営む。 また、の原料を製造しており、薬品・・など各社に供給している。 社名は前身企業である鐘淵紡績(後のを経て、)の創業地である東京都墨田区鐘ヶ淵にちなむ。 創業からまでは同地の東京工場(鐘紡に売却後閉鎖)にて化粧品と医薬品を製造していた。 (昭和24年)に鐘淵紡績より分離した鐘淵化学工業が製造・販売していたが、カネミ倉庫株式会社においてライスオイルに混入・変質し、が発生。 三井文庫の賛助会社であるの企業である一方 、(現・)が中心となって結成された企業グループ・にも加盟している。 沿革 [ ]• 1949年(昭和24年) 鐘淵紡績より分離、2億円で創立。 塩化ビニル樹脂「カネビニール」を開発。 1960年代 が発生。 2004年(平成16年) 「鐘淵化学工業株式会社」から「株式会社カネカ」に商号変更。 2016年(平成28年) セメダイン株式会社の株式を取得、連結子会社化。 旧カネボウとの関係 [ ] 「」も参照 、鐘淵紡績株式会社の企業再建整備計画の認可に基づき、同社の非繊維事業すべてを分離して 鐘淵化学工業株式会社が新しく設立された。 当時から略称は「カネカ」で、そのロゴは「カネボウ」と同一のデザインを使用。 当初は、搾油、、、類、、、電線、等きわめて多岐な事業を営んでいた。 まで、まで・類を製造販売していたが、化粧品・石鹸事業とも鐘紡本体に買い戻され両事業を手放す。 そしてプラスチック素材および化成品、食用油・食品、酵母以外の事業・製造拠点をともに順次整理して現在に至る。 現在はカネカ・・の三社間に資本関係・人的関係は無い。 コエンザイムQ10の供給に関しても、クラシエやカネボウ化粧品ではなく、両社と競合関係にあるグループと業務提携している。 事業所 [ ]• 大阪本社()• 東京本社()• 名古屋営業所()• 高砂工業所() - 主力生産拠点。 ・食品・医薬品など• 大阪工場() - 発泡樹脂製品、血液浄化システム、血管内治療機器、特殊など• 滋賀工場() - エレクトロニクス素材• 鹿島工場() - 合成樹脂製品• 研究所:高砂、大阪• 海外:アメリカ、ベルギー、ドイツ、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、中国、ベトナムなど 主要グループ会社 [ ]• :東京都品川区、機能性樹脂の加工及び販売、資本金30億5,037万5千円(カネカ51. 00%) 企業スポーツ [ ]• () - 戦前から1977年まで活動した。 広報活動 [ ] CMは、 カガクで ネガイを カナエル会社 脚注・出典 [ ] [] 注釈 [ ]• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

株式会社カネカ 大阪本社

カネカ 大阪 本社

当社は株式会社サンスパイスとして1959年3月、業界で初めて天然香辛料の殺菌技術を確立し、加工食品業界向けに低菌数の天然香辛料を製造・販売する目的で創業致しました。 1973年に鐘淵化学工業株式会社(現 株式会社カネカ)の傘下に入り社名を株式会社カネカサンスパイスと改称し現在に至っております。 以来更なるサービスの向上を求め、お客様のニーズに応えることが出来る開発体制を整えるとともに、品質、製造技術の向上を図り、お客様の要望に応えて参りました。 当社企業理念にもありますように、太陽と大地の贈り物であるスパイスの風味を損なわず安心、安全な製品としてお届けすべく、研究開発・生産技術の向上に努めてまいりました。 2004年5月ISO9001認証を取得し、2014年5月にはISO22000認証を取得しました。 2006年に設置した品質管理センターでは、原料の残留農薬分析技術の独自開発やカビ毒のモニタリングによるリスク回避にも努めるなど品質管理体制を常に進化させています。 2010年、お客様と共同でスピーディな商品開発を行う為、東京にアプリケーション・ラボを新設しました。 「スパイス&アプリケーションのソリューションカンパニー」をビジョンに更なる進化に挑戦しています。 海外事業については2005年に設立したKSSV(カネカサンスパイスベトナム)を中心に展開を図っております。 2011年、ベトナムで自社農場を取得しコショウ栽培の研究を開始しました。 2014年、欧州有機栽培認証であるBIO認証を取得しました。 安心、安全を更に追求してまいります。 原料高、円安等食品業界は厳しい状況に置かれておりますが、お客様を第一に考えお役に立てるべく品質管理の向上を図り、技術の研鑽と提案を強化してまいります。 またカネカグループの一員としてCSR、環境活動への取り組み、コンプライアンスの強化企業価値の向上に努めてまいります。 今後ともより一層のご支援、ご指導賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 代表取締役社長 岡田 博之 名 称 株式会社カネカサンスパイス 創 立 昭和34年(1959年)3月 代表取締役社長 岡田 博之 従業員数 181名(平成30年3月) 資本金 2億円 本社所在地 大阪市淀川区十三東1-10-17 電 話 06-6306-2133 主要製品 スパイス/ハーブ/加工食品原料 事業内容 香辛料の製造及び販売 株 主 株式会社カネカ 100% 売上高 164億円(平成30年3月) 取引銀行 三菱UFJ銀行 事業所 【本 社】大阪 【支 店】東京、名古屋、大阪、四国、九州の5支店 【研究室】大阪、東京 【工 場】関東(茨城)、関西(滋賀)の2工場 子会社 KSS Vietnam Co. ,Ltd. グループ会社 (株)カネカ (株)カネカフード (株)東京カネカフード カネカ食品(株) 太陽油脂(株) 長島食品(株) 新化食品(株) 鐘化貿易(上海)有限公司 昭和34年 株式会社サンスパイス設立。 わが国の食品産業と食生活の向上をめざして香辛料製造を開始。 昭和38年 液体香辛料フレッシュ製品シリーズを発売。 昭和39年 コーティングスパイス・オレオシリーズを発売。 昭和41年 唐辛子エキスの生産開始。 昭和48年 滋賀県愛知郡愛東町(現 東近江市)に滋賀工場建設、稼動。 冷凍粉砕機等を導入、生産技術の確立。 鐘淵化学工業株式会社(現 株式会社カネカ)のグループに入り、 社名を「株式会社カネカサンスパイス」と変更。 カレーパウダーの技術確立、生産開始。 昭和49年 フレッシュ製品新シリーズ開発。 フレッシュオニオン、すりガーリック、すりジンジャー、 各種ペースト類を新発売。 昭和55年 滋賀工場第3期増設工事完成、稼動。 昭和58年 本社・研究室を移転、充実。 昭和62年 茨城県結城市に茨城工場を建設、稼動。 平成2年 茨城工場第2工場棟増設。 平成3年 資本金を1億円に増資。 平成11年 資本金を2億円に増資。 平成13年 滋賀工場、液体工場竣工。 平成16年 ISO9001 マネジメントシステム登録(登録活動範囲:1. 香辛料及び香辛料を使った二次加工品の設計・開発及び製造 2. 一般加工食品及びその原材料の仕入れ販売)。 滋賀工場製品倉庫新設。 低菌粉体生産設備工事。 平成17年 KSSV(ベトナム工場)設立。 平成18年 品質管理センター設置(農薬検査体制の確立)。 平成19年 本社を現住所に移転。 KSSVよりタイおよび中国へ香辛料の供給開始。 平成22年 東京にアプリケーション・ラボ新設。 平成26年 ISO22000 認証取得(登録活動範囲:香辛料及び香辛料を使った二次加工製品の設計・開発、製造及び配送[外部委託製品は、製造固有記号K09に限る])。 平成30年 茨城工場倉庫新設。

次の

株式会社カネカの求人概要

カネカ 大阪 本社

大阪本社ビルの移転に際して強化した、部門横断的なコラボレーションを実現し、かつ社員の対話を促進するオフィス環境を実現したことが評価されたものです。 アストラゼネカ株式会社は、2014年3月31日、本社機能を梅田スカイビルからJR大阪駅直結の最先端の高層複合施設、グランフロント大阪に移転しました。 新オフィスでは、 One Brand Teamという考え方を導入し、製品ごとに開発、メディカル、マーケティング等ブランドチームの主要メンバーが同じスペースに集合するブランドチーム別の座席配置に変更しました。 これにより部門横断的なコラボレーションの効果・効率の向上および意思決定のスピードアップを目指しています。 また、これまで8フロアに分散されていた部門を3フロアに集結。 ブランドチームのメンバーと各ブランドチームをサポートするメンバーとのコミュニケーション促進を図り、各フロア中央にフロア間の自由な往来を促す内階段を設置しました。 さらに、個々の社員に基本の座席を割り当てる一方、その日の業務内容等によって、他部門の空席、カフェあるいは各フロアに設けられたフリースペースでの勤務や打ち合わせを可能にしました。 社員が快適かつ機能的で精神的にゆとりを感じるような生活の場となっている、創造性を高める働き方を誘発する環境になっている、ITを活用した知的生産活動の場となっている、などの視点から快適で機能的なオフィスを表彰しています。 第27回は、応募総数112件の中から13件の受賞オフィスが選ばれました。 詳細は日経ニューオフィス賞のホームページ()からご覧ください。 アストラゼネカ株式会社について アストラゼネカは、イノベーション志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。 100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。 詳細はこちらでご覧ください。 日本においては、主にがん、循環器、消化器、呼吸器、糖尿病、ニューロサイエンスを重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。 当社についてはこちらでご覧ください。

次の