お 体 ご 自愛 ください 英語。 「お忙しいとは存じますが」の意味とビジネスメールでの使い方、類語、英語表現

体がだるいって英語でなんて言うの?

お 体 ご 自愛 ください 英語

ご自愛くださいの意味とは? はじめに「ご自愛ください」の読み方と意味から解説しましょう。 読み方は「ごじあいください」 「ご自愛ください」はビジネスメールの他、相手と対面している時でもよく使う言葉ですが、漢字で書くと「ご自愛下さい(ください)」で、読み方は「ごじあいください」となります。 また、同じ読み方で「ご慈愛」がありますが、「ご慈愛」は「自分自身に対する思いや愛情」を表す言葉になるため、本来の意図する内容と正反対になります。 ビジネスメールにおいて漢字を変換するときは意識して確認をするようにしましょう。 意味は「健康に気を付けてください」 「ご自愛ください」は「自分を愛する」つまり、相手に対し「自分を大切にしてください」「自分の健康に十分気を付けて下さい」という意味になります。 「ご自愛ください」は相手の身体を気遣いを表す言葉として、ビジネスメールや手紙の結び部分ででよく用いられます。 「どうぞ、体調を崩さず、元気でお過ごし下さい」という相手を思う気持ちを丁寧に表現することができるため、マナーのある社会人としては、ぜひ使っていきたい言葉でしょう。 ご自愛くださいの使い方は? 続いて、「ご自愛ください」の正しい使い方についてみてみましょう。 「相手がどのよう状態の時に用いるべきなのか」、また「目上の人にも使えるのか」も含めて解説します。 風邪を引いている人には不適切 「ご自愛ください」がもつ言葉のニュアンスから、風邪を引いて体調を崩していたり、入院をしている人にも適切に使えるような気もします。 しかし、「ご自愛ください」は基本的に「元気な人」「健在な人」に対して使われる言葉です。 そのため、「現在維持している健康を、どうぞお守りください」「体調を壊さないように、気を付けてください」という意図で用いるのが正当な使い方になります。 なお、風邪を引いていて仕事を休んでいたり、入院をしている人に対しては、「心からお体の回復をお祈りしています」「一日も早い復帰を願っております」などの表現を使うようにしましょう。 目上の人にも使える 上司や取引先の相手に「ご自愛ください」を使っても失礼にあたらないのか、疑問に感じた人もいるでしょう。 なぜなら「自分を労わって下さい」という目下の立場から目上の人に果たして告げることができるかどうかと困惑してしまうことがあるからです。 「ご自愛ください」は目上の人でも、同じ立場にいる人でも、ほぼ関係なく使うことができる便利な言葉の一つです。 心から相手の健康を思いやる丁寧な表現として、上司や取引先の相手にも「健康への気遣いの気持ち」を積極的に投げかけてみましょう。 年賀状や手紙の結びにも 「ご自愛ください」は年賀状や手紙での結びの言葉としても好んで使われます。 遠方に住んでいる友人や知人などに、健康への気遣いを表す言葉として「ご自愛ください」を用いてみましょう。 年賀状を書く季節は冬となり、寒さも厳しくなります。 時候の挨拶と「ご自愛ください」を組み合わせ、「どうぞ体を労わり、新年はいつもと変わらぬ元気なお姿をお見せください」という思いを伝えてみて下さい。 ご自愛くださいの例文12選(季節別) それでは、春夏秋冬に合わせたビジネスメールで使える例文を紹介しましょう。 春の例文「3月~5月ごろ」 草花が咲き乱れる美しい季節です。 天候が変わりやすい時期、どうかご自愛ください。 浅春の時節柄、くれぐれもご自愛ください。 春寒料峭のみぎり、体調を崩されませんよう、どうぞご自愛ください。 夏 の例文 「6月~8月ごろ」 梅雨を迎え、厳しい暑さが始まります。 梅雨冷えが厳しい時節柄、くれぐれもご自愛ください。 蒸し暑さが増します折、どうかご自愛くださいませ。 酷暑の中、何卒ご自愛ください。 秋 の例文 「9月~11月ごろ」 暑さも落ち着き、涼しくなり始める時期です。 夏の疲れを感じる時期、どうぞご自愛ください。 残暑厳しき時節、くれぐれもご自愛くださいませ。 秋も深まり心も静まる季節なりましたが、何卒ご自愛ください。 冬 の例文 「12月~2月ごろ」 寒さが厳しく、体調を崩しやすい時期です。 厳寒の折柄、どうぞご自愛ください。 極寒の冬を迎えておりますが、時節柄ご自愛くださいますように。 暖冬とはどこへやら。 寒さが増しますが、どうぞご自愛ください。 ご自愛くださいの 類語と英語表現 言い換えのできる表現「類語」と英語表現もみてみましょう。 言い換え表現は「体調を崩されないように」 「自愛ください」は人に対して身体を大切に促すことです。 類語としては「くれぐれも体調を崩されないように」「お体をお労りください」「お体を大切にしてください」などが挙げられるでしょう。 天候不順が続きますが、お体を大切にしてください。 暑さが日に日に増してくる時節、くれぐれも体調を崩されませんように。 英語表現は「take care of ~」 英語表現で「ご自愛ください」は「please take care of yourself」が一般的です。 このフレーズは普段から日常的に会っている人でも、別れ際に「Please take care of yourself」と「体を大切にね」という意味を込めてよく使われます。 友達や親しい間柄なら「Take care」と気軽に言葉をかけてあげてもよいでしょう。 Please take care of yourself and have a great weekend. どうぞご自愛ください。 そして、良い週末を まとめ 「ご自愛ください」は「相手の健康を気遣い、体を大切にしてください」という意味を持つ言葉です。 通常、健康な人に対して使われるため、風邪を引いていたり体調を崩している人には適切な言葉ではありません。 そのため「一日も早いご回復を祈っております」などに言い換えることが必要です。 年賀状や手紙、ビジネスメールでも相手の健康を気遣う「結びの言葉」として重宝する言葉です。 ぜひ、マナーを重んずる社会人として積極的に使ってみましょう。

次の

「ご自愛ください」は目上の人に使える? 正しい使い方、誤った使い方を解説

お 体 ご 自愛 ください 英語

言ってはいけない時 ・相手がすでに病気に罹っているとき ・「お体にご自愛ください」は二重表現なのでバツ ・「ご慈愛ください」は同音異義語なのでバツ ・「ご慈愛してくださいませ」はまちがい敬語なのでバツ 「ご自愛ください」は、 健康な相手に対していう言葉です。 なのですでに体調を崩している人やけがをしている人に言うと、 「今更遅い」となってしまい失礼に当たります。 相手の状態に合わせて言うかどうか判断しましょう。 また、「自愛」はこれだけで「身体を大切にする」という意味を持っています。 なので「お体に」をつけてしまうと、「激しく激怒する」や「後ろへバックする」、「必ず必要」などのように二重表現となってしまい、恥をかいてしまいます。 「慈愛」は 自分への深い愛情を意味する同音異義語です。 なのでこの字を使ってしまうと、「 寒くなってきたし 私を大切にしてくださいね」という意味になってしまい、相手によっては笑ってすましてくれない場合があるので注意が必要です。 書くときもタイピングをするときも、 「自愛」と「慈愛」を間違えて使っていないか確認してから送るようにしましょう。 また、「ご自愛くださいませ」はいいのですが、丁寧にしようとしすぎて「ご自愛してくださいませ」となってしまうことがたまにあります。 これはまちがい敬語なので使わないようにしましょう。 ビジネスでの言い方は? 前述のとおり、「ご自愛ください」には、「 不安要素がありますが負けないようにお体を大事にされてください」という意味があります。 そしてその不安要素は、主に以下のとおりです。 寒暖など季節によるもの• 忙しさ なので、「ご自愛くださいの前には」「時節柄」や「時候」を表す言葉をくわえるのが大原則です。 こんな例があります。 「ご自愛ください」は省略 ・暑く 寒く なってまいりましたので、 ・季節の変わり目ですので、 ・ご多忙の折ではございますが、 ・残暑厳しい時期柄、 ・酷暑 酷寒 の折、 ・天候不順の折、 ・お忙しいかと存じますが、 ほかにもたくさんあるのでそれについては、以下の見出し「状況ごとの別の言い方」でご紹介しています。 また、「ご自愛ください」にもまた別の言い方がありますのでそれについてもみていってみましょう。 「ご自愛ください」を少し変える 基本形は、• 「~~~なので、ご自愛ください」 です。 しかしそれだけだと味気ないし少し不十分かなという場合、以下のようにします。 「~~~、くれぐれもご自愛ください」 相手が体調を崩しそうなくらい不安要素が大きい場合、「くれぐれも」をつけることで、 こちらの気遣いを最大限に伝えることができます。 そこまで不安要素が大きいわけではないものの、 何か付け加えたいなというときは、こんな感じです。 「~~~、 どうぞご自愛ください」 相手が VIP待遇を必要とする人や特別なお客様である場合、超級の表現方法がこれです。 「~~~、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」 「ご自愛ください」だけでいいのですが、「ください」が命令形のように思えて気が引けてしまう場合はこのように最大級にへりくだった表現でも間違いではありません。 ただし、普通の相手に対してこの表現を使うと、無駄に重苦しくなってしまいます。 なのでテンプレートとして使い回すのは避けた方が賢明でしょう。 例文を挙げます。 ・お気遣い心から感謝いたします。 _ ・暖かいお心遣いに感謝申し上げます。 _ ・お気遣いいただきまして誠にありがとうございます。 基本的に返信はこの型で書かれます。 あとは、相手から先に届いたメッセージや相手との関係性に応じて表現は変えていきましょう。 日本語でいう「どうぞ」や「何卒」がついたようなものと考えてokです。 以上が、 ビジネスメールで使われる例文の代表格です。 相手が目上でも目下でも関係なく使えるので、覚えていて損はないでしょう。 ただし、ビジネス英語では「相手を気遣う言葉使い」より、もっと普遍的に使われる言葉があります。 リンク先でご紹介していますが、ビジネスではこちらを使った方が無難でしょう。 また、他にもいろいろな言い方があります。 ほかにもこんな例文があります。 ほかの例文に関しても、よく使われるテンプレートです。 ビジネスに使うにはすこし軽すぎるので省略しない方がいいですが、親しい間柄の人であれば頻繁に使われる結びの挨拶なので覚えておいて損はありません。 日本語に直すと「じゃあね気を付けて」のような軽いニュアンスになります。 ただしこの二つは、なにか注意すべき様な状況に陥る時に使うので、毎回この言葉で締めくくる必要はありません。 相手がこれから何かに挑戦するとき 試験や就活、その他家庭の事情などで相手が苦難に陥る時があります。 また、親しい相手と一緒に同じ苦難に立ち向かうときは、こんなのでもいいです。 その場合は 「お大事になさってください」や「一日も早い回復をお祈りしています」などが適切ですが、英語では以下のような言葉使いが一般的です。 いずれもカジュアルな言い方なので、やはり親しい間柄の人に送るのが普通です。 自分は五体満足だったとしても、相手が家族だったり親戚だったり、恋人だったりして、一緒に苦難を乗り越えていく人である場合は使えます。 ただし、わざわざ風邪程度の相手に使うほどの言葉ではありません。 なのでビジネス文書ではあまり拝む機会はない言い方でしょう。 状況ごとの別の言い方は? ほかにもいろいろな言い方があります。 まず、「ご自愛ください」の別の言い方について見てましょう。 「お体お気をつけください」• 「お体お大事にされてください」• 「おいたわりください」• 「おいといください」• 「ご健康 ご健勝 をお祈り申し上げます」 「おいたわりください」と「おいといください」はほぼ同じような意味の言い方です。 自分より目上の人に対しての言葉遣いで、相手の健康をより深く祈る気持ちが伝わります。 「ご健康」と「ご健勝」にも、大きな違いはありません。 相手の健康を気遣う、よく使われる言い方です。 では、状況に応じた「ご自愛ください」の別の言い方を見ていってみましょう。 使ってはいけないわけではありませんが、どうにも「ご自愛ください」が言い辛いという場合、以下のような言い方に変えることができます。 お大事にどうぞ• お大事になさってください• お体に気を付けてお過ごしください 寒中見舞い 寒中見舞いを出すのは1月8日から節分までとされています。 投函は1月末までを目安にし、節分以降に届いてしまわないようにします。 「ご自愛ください」の前につける例文です。 「ご自愛ください」は省略• 「入院されているとうかがいました。 心からお見舞い申し上げます」• 「一日も早く全快されますようお祈り申し上げます」• 「どうかご療養に専念されますようお願い申し上げます」• 「何かできることがあればご遠慮なくお申し付けください」• 「お加減のほどいかがでしょうか。 一日も早く元気なお姿を拝見できることを祈っております」 基本的に、 お見舞いメールやお見舞いの手紙ではそれ以外のことは書いてはいけません。 冗長になりすぎても相手に負担なので、労わっている姿勢だけをつたえるようにしましょう。 雪・大雪・真冬 近年、平成26年豪雪など、異常気象が叫ばれることが増えてきています。 なので大雪に関しても、相手へ思いやりを伝えるための季語として使っておかしくはありません。 「ご自愛ください」は省略し、その前につける例文をご紹介します。 「炎暑の折、皆様方のご自愛のほどお祈り申し上げます」• 「猛暑が続く毎日ではございますが、」• 「まだ当分は暑さが続くことと存じますので、」 また最初の例のように、「ご自愛ください」を文末ではなく文中に持ってきても自然な文になります。 相手によって使い分けるといいでしょう。 災害 災害時は、「災害見舞状」というものを書くことがあります。 ただしこの時も、「ご自愛ください」はすでに災害が起こってしまっているあとなので、 相手がケガをしたり家族や財産を失ったりしている場合は使ってはいけません。 また、災害時には「また」、「重ねて」、「迷う」、「追って」、「再び」などの言葉は忌み言葉とされています。 絶対に文中で使うことのないようにしましょう。 「ひと雨ごとに暖かくなってまいりました。 不順な天候が続いておりますゆえ、」• 「御地ではまだまだ寒い日が続くと思いますが、」• 「新年度に入り忙しい毎日でしょうが、」• 「季節の変わり目、」• 「 暑い季節に向かいますゆえ、」• 「梅雨のはしりのように気まぐれな空の下、」 まとめ ビジネスで使うものからプライベートで親しい相手に対して使う言葉、英語やその他の状況に応じた例文を見てきました。 「ご自愛ください」は健康な人に対して使う言葉です。 そして、 こちらから相手の健康を祈る気持ちを伝える便利で優しい言葉です。 「ご自愛ください」以外にも別の言い方もたくさんあり、その前につける分にもいろいろな例がありますが、その時の状況や相手との関係性を鑑みて、ベストな言い方で気持ちを伝えていきましょう。 ではここまでありがとうございました。 寒暖の差が激しい今日この頃ですが、皆様のますますのご健勝とご多幸をお祈りいたします。

次の

「お体をご自愛」は間違い!「ご自愛ください」の意味と使い方【あらめて知りたい頻出ビジネス用語#3】

お 体 ご 自愛 ください 英語

ビジネスシーンにおいて、「ご自愛ください」は、打ち合わせの別れ際のあいさつや、メールのやり取りがひと段落するときの締めの言葉としてよく使われています。 お礼状、寒中見舞い、暑中見舞いなどの手紙の中でも使われています。 先述したように「お体を大切に」という意味があるので、意味の上では軽く体調を崩している相手に対しても使うことはできます。 ただ、症状が重い風邪などの場合は、「どうぞお大事になさってください」といった表現のほうが適しているのではないでしょうか。 私生活においては、手紙の中や、メールのやりとりの最後など、主に書き言葉で使われています。 敬語を使う相手に対しては、話し言葉の中で使うこともあります。 とはいえ、多くの場合は「お体を大切になさってください」など、もう少し簡単な表現に言い換えて使うケースが多いと思います。 多忙な相手や疲れている相手を思いやって使います。 【例文】 ・本日はお疲れだと思いますので、どうぞお体を お労わりください。 【例文】 ・まずはお体を お大事になさってください。 しばしば手紙の中で使われています。 【例文】 ・暑さが続いておりますので、 お体をおいといください。 今回は、国語講師の吉田裕子さんに「ご自愛ください」の意味や使い方について解説頂きました。 「ご自愛ください」は、相手の健康状態を気遣っていることを伝えることができる言葉です。 ビジネスメールのやり取りがひと段落するときに、文末に一言添えてみてはいかがでしょうか。

次の