メール 早い対応。 【仕事が早い人はやっている】メールを早く返すための3つのテクニック

メールのレスポンスでわかる、仕事の遅い人と早い人

メール 早い対応

「ご対応」の正しい使い方 「ご対応」という表現は 、「対応」に「ご」をつけた尊敬語で、相手にこちらの事情や状況をお汲みとって対応していただきたい時や、対応していただいた時に使います。 相手の行動を左右する言葉ですから、尊敬の念をもって丁寧な表現を使うようにしましょう。 例えば、相手から誠意ある対応を受けた心遣いに対して感謝の思いをあらわす場合、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という使い方をします。 使うタイミング 「ご対応」を使うシーンには、これから対応していただきたい旨をあらわすシーンと、これまで対応していただいたことへの感謝の言葉をあらわすシーンがあります。 どちらの場合も使うタイミングを逃さないようにしたいものです。 とくに感謝の言葉をあらわすさいには、 伝える機会を逃してしまったら、相手に伝わらない、理解されないことがありますので、できるだけ早く伝えるようにしましょう。 たとえ短い言葉や文章でも、早く伝えることによって相手に好印象を与えます。 「ご対応」の言い換え表現 「ご対応」の言い換え表現は「ご説明」「ご案内」「ご配慮」などがあります。 対応してもらった内容によって適切な表現に変えるとよいでしょう。 ご対応を正しく使い円滑な関係を築くコツ 「迅速なご対応ありがとうございました」というフレーズは、質問やクレームなどに対して素早く誠意ある対応をしてくれた相手に、感謝の気持ちを丁寧な言葉で表現したいときに使います。 このように感謝の気持ちを言葉にして丁寧に伝えないしっかりと感謝の気持ちを伝えることで、こちらの印象も良くなり、相手の対応も変わってくることがあります。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」というフレーズは、こちらが期待していた通り、あるいはそれ以上の適切な対応をしてくれたときに、感謝の気持ちを「迅速なご対応ありがとうございました」と同じようなフレーズで表現しています。 このような似た言い回しをいくつか覚えておくと、言葉のバリエーションも広がりますね。 迅速な対応の「迅速」と「最速」や「急速」との違い 「迅速」と「最速」や「急速」は少し違った意味になります。 「迅速」は物事の進行が速いことをさしています。 それに対して「最速」は対象となるものの中で最も速いことです。 また、「急速」は物事の起こり方が進む速度が非常に速いことを示しています。 一見、似ている言葉ですが使用する場面も変わってくるため使い分けに注意しましょう。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」を使う場面 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」は、ビジネスシーンで使用頻度が高いフレーズのひとつです。 それだけ私たちはビジネスを通じて人と関わる機会が多いということでしょう。 その中には、自分一人で完結する仕事ばかりではなく、急な飛び込みの仕事や客先からの緊急クレームの対応など、同僚や上司、取引先の力を借りないと出来ないこともあると思います。 そのような時、かわりに素早い対応してくれた相手に、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という丁寧な言葉で感謝の思いを伝えることは、協力してくれた相手とのより強い信頼関係を築いていくうえでとても大切なことです。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」を使う場面 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」も、こちらが手に負えない難しい仕事を適切に対応してくれた相手に使うフレーズです。 同じ言葉のかけ方ひとつで相手の対応だけでなく、品格や信頼も上がっていきます。 相手の対応に対して、こちらも丁寧な敬語で応えることは、私たちビジネスパーソンにとって基本的なマナーとして覚えておきましょう。 今回は、急を要する案件でしたが 貴社のご支援なしでは、進めることができなかったかと存じます。 今後も、何かとお世話になることと存じますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 心よりお礼を申し上げます。 何かとご面倒をおかけすることもあるかと思いますが 今後ともご指導、ご助言をいただきますよう よろしくお願い申し上げます。 丁寧な対応とご丁寧な対応の違い 丁寧な対応とご丁寧な対応の意味は基本的に変わりません。 使用する場面にも差はありません。 しかし、ご丁寧な対応の方が丁寧な対応よりも相手を更に敬った表現になっています。 目上の人に使用する際はご丁寧な対応を使用した方がよいでしょう。

次の

「早急なご対応」の意味と使い方・類語と例文4つ・敬語表現

メール 早い対応

メールの返信を早くする最大のメリットは「信頼感」を得られること メールの返信を早くする最大のメリットは 「 信頼感を得られる」ことです。 すぐにレスが返ってくると安心感が生まれますからね。 相手が相談や確認をしたときの返答が早ければ 「頼れる人」と認識されやすいです。 反対にメールの返信が遅いと相手にも迷惑をかけかねません。 自分が回答しないがために、 仕事全体がストップしてしまう恐れもあります。 仕事で信頼を獲得したいなら、 「すぐに返信」するのを心がけましょう! 結果的に、 「仕事ができる」と判断され、多くの依頼が自分に舞い込んでくるはずです。 通知ではなく、自分からメッセージを見に行く癖をつける• 定型文を登録して、効率化する• 隙間時間を活用する• 「とにかく止めない」を心がける• 場合によっては電話も活用する すべてのコツがつかめれば、 誰でもすぐに返信できるようになるはずです。 いかなるメッセージも逃さないようにするためです。 基本的には通知を確認した直後に返信するのがベストですが、スケジュールの都合上すぐに見られないケースも多いですよね。 通知自体を見逃してしまう場合もあるかもしれません。 確実でかつスピーディーに対応するためにも、 メッセージは自分で見るのが大切です。 具体的には、 1日のなかで「メールを確認する時間」を設けるのが良いでしょう。 仕事はじめやお昼休み後など、 決められた時刻にメールを確認する習慣をつければ効率よくメッセージをチェックできます。 返信漏れを防ぎ、できるだけ早いレスを心がけましょう。 あらかじめ単語の変換方法を設定しておくだけで、メールの作成時間は驚くほど速くなります。 日常的に同じようなメッセージを送る場合は、 事前にテンプレートを登録しておくと良いでしょう。 よりスピーディーにメールを作成したい場合は 「単語登録」も有効的な手段です。 指定の文字を入力した際に、設定した文章に変換させます。 たとえば「おせ」と入力すれば 「お世話になっております」が変換できるイメージです。 頻繁に使う言葉を登録しておくだけでも、タイピング時間が劇的に短くなります。 自分が返信しないだけで、仕事全体が進まない恐れがあるからです。 多くの人に迷惑をかけてしまいかねません。 ですので、 自分の返信を待たれている時間をなくすのがポイントです。 もしすぐに回答ができない場合も、 「後ほど返答させていただきます」 と返答するだけで、相手にも安心感を与えられます。 返信がないとメールを確認できているか分からず、 相手を不安にさせてしまう可能性もありますからね。 短時間で効率よく情報を伝えられます。 メールで10回程度のやり取りが必要な場合も、 電話であれば3分で済むケースも少なくありません。 多くの情報をまとめて伝えたいときは、 口頭で有効的な手段とえいます。 ただし電話は相手の時間を奪う行動でもあります。 仕事中でも強制的に中断させてしまう可能性もゼロではありません。 紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身 大学卒業後、大手企業に勤めるも、朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。 2013年 独立 株式会社JAPAN. WAV設立 2013年9月 輸出で月商1000万円突破 2015年2月 輸出コンサルティングスタート 2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載 2016年7月 (旧株式会社ジーオーディ)設立 2016年9月 書籍「」amazon1位 2018年10月 設立 2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破 2019年2月 東京ビッグサイト「」出展 2019年2月 新聞社の取材を受ける 現在は4社を経営し、 ・BtoBの越境EC事業 ・BtoCのスクール事業 ・リストマーケティング事業 ・サービスプロデュース事業 ・投資事業 ・コンサルティング・セミナー事業 ・システム開発・インフラ構築 を手がける。

次の

相手の機嫌を損ねない依頼メールの書き方【メール文例付き】

メール 早い対応

予想外の事態が起こり、上司や取引先などのビジネスの相手に、急ぎの対応をお願いする時に使うのが「早急なご対応をお願いします」という言葉です。 この記事では「早急なご対応」という言葉の意味や具体的な使い方、類語の「早速」「早々」「迅速」などとの使い分け、実際に上司や取引先に早急に対応してもらうためのコツなどについて解説しています。 上手く使えると便利な言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。 「早急なご対応」の意味 「早急」の意味は「非常に急ぐこと」であり、 「対応」は「周囲の状況などに合わせて物事をすること」なので、具体的な行動を指示しているわけではありません。 「早急なご対応を願います」という言葉は、「(予期せぬことが起こったので、誠に申し訳ありませんが)至急対応してください」と、相手に依頼する時の丁寧な表現として使われます。 「早急なご対応」という言葉が使われる場面 「早急なご対応」という言葉は何か突発的な事態に陥り、現場に応じた作業を大至急で相手にお願いする時に使われます。 しかし、こちらにとっての「突発的な事態」への対応は、相手にとっても「突発的な事態」です。 「早急なご対応をお願いします」だけでは、命令のニュアンスがあるので、「申し訳ありませんが」などのお願いする気持ちを表す言葉を付け加えると、対応を依頼された相手も快く作業をしてくれるでしょう。 「早急なご対応」の使い方と類語・例文 ビジネス敬語としての「早急なご対応」 「早急なご対応」の「ご対応」という言葉では、指示や命令に近いニュアンスを持つ「対応」に尊敬語の「ご」をつけて、「対応していただきたい」を丁寧にした言い回しです。 メールに「早急なご対応をお願いします」だけ書いても、相手から「突然、大急ぎの用事を持ち込まれた」と迷惑に思われることもあるので、「早急なご対応をお願いします」の前に「申し訳ありませんが」をつけると、相手も快く協力してくれるでしょう。 「早急」の類語3つ ビジネスの場で頻繁に使われる「早急なご対応をお願いします」の「早急」には、意味の似た言葉が3つあります。 それは「早速」「早々」「迅速」です。 ここでは「早急」と類語の「早速」「早々」「迅速」の違いと使い分けのコツを勉強していきましょう。 類語をたくさん知って、うまく使い分けることができると、ビジネスもスムーズに進みます。 類語1. 「早速」 「早速」は「すみやかなこと」「すぐ行うこと」「すぐに」を意味する言葉ですが、文章の途中からしか使えない形容動詞の「早急」とは違い、形容動詞・副詞の「早速」は文章の最初につけてもかまいません。 使用例として「早速お返事をいただき、ありがとうございます」「早速だが、上海でのビジネスの話をしよう」「早速ご報告していただきたいことがあります」などがあります。 類語2. 「早々」 早々は「はやばや」と「そうそう」の2つの読み方があります。 「早々」は「早急」と違って自分や目下の人や友人、知人などには使えますが、目上の方に使うと失礼な印象を与えます。 「中学時代の後輩は入社早々から仕事の面倒をみてくれた」「彼は結婚早々、札幌に転勤になってしまった」「マイホーム購入早々に出た転勤辞令だったが、子どもの学校のこともあり、単身赴任することにした」などの使用例があります。 類語3. 「迅速」 「迅速」は物事の進捗や行動が速いことを意味します。 「早急」は自分の行動には使えませんが、「迅速」は自分の行動に対しても、相手側の行動に対しても使うことができます。 ビジネスでは「迅速なご対応ありがとうございます」という表現が頻繁に使われます。 他に「警官は迅速に現場にかけつけた」「通勤用車両は迅速な乗降のために扉を大きくした」「契約後、迅速に資金が振り込まれた」などの表現例があります。 「早急なご対応」と類語の例文4つ 例文1 ビジネスのメールで使われることが多い「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」という言葉は、突発的な出来事に対して自らの予定を変更して処理してくれた相手への感謝の思いが込められています。 メールだけでのやりとりはドライな関係になりやすいですが、「早急にご対応をお願いします」と「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」を一対で使うように習慣づけておくと、相手と良好な関係が築けます。 例文2. ビジネスメールで使われる「この度は迅速なご対応ありがとうございました」という言葉は、思いがけず相手がすばやく対応してくれたことへの感謝の表現です。 「早急なご対応をお願いします」とメールを送った後、相手の対応が速くて適切に処理できた時に、報告メールの文中に「迅速なご対応ありがとうございました」と一言添えると相手に喜ばれます。 「早急なご対応をお願いします」とワンセットで使うとよいでしょう。 3 「〇〇商事の件、メールで送付しましたので早急に対処をお願いします」の「対処」は、「対応」と似たニュアンスで使われることが多い言葉です。 「対応」は 周囲の状況などに合わせて物事をすることで、「対処」はある事に対して適当な処置をとることを指し、「対処」は「対応」よりも範囲が限定的です。 使用例に「取引先の倒産に対処した」「倉庫の火災への対処に保険をかけた」「顧客からのクレームに対処する」などがあります。 このように早急な対応をお願いする時には、必ず期限を明確に記載することが大事です。 敬語について知りたい方へおすすめの本はこちら ここでは上司や取引先に「早急なご対応」をお願いする時の注意点について説明します。 ポイントは4つあります。 迅速に依頼すること 2. メールの見出しで急ぎの依頼内容であることを伝える 3. 案件の回答期日や急ぎの理由を明確に書く 4. 返事が遅れている場合は、督促メールをだけでなく、電話や口頭でも「早急なご対応をお願いします」と伝え、急ぎの案件があることを思い出してもらう 具体的な方法についてみていきましょう。 迅速に依頼 相手に依頼しなければいけない緊急の案件がまわってきたら、自分の抱えている案件は後回しにしてでも、即座に上司や取引先にお願いのメールを送り、必要があれば電話します。 相手もたくさんの案件を抱えているため、突発的な事態に早急な対応が必要になった場合、スケジュール調整しなければならないケースが多いので、自分の片付けたい急ぎの案件を、速く処理したい気持ちを抑えて、まずは相手に連絡することが大切です。 メールや依頼内容 急ぎの案件があることを取引先に確実に伝えるには、メールで依頼するのがよいでしょう。 メールのタイトルに「急用」「至急」などの文字を入れておくと、相手が至急の案件が入ったことに気づきやすくなります。 相手がメールをフォルダー分け設定していない場合もあるので、メール送信だけではなく、必ず電話や口頭で「お忙しいとは思いますが、早急なご対応をお願いします」と、相手に急ぎの案件があることを伝えましょう。 例えば「上司に売上データを急いで送ってほしい」と依頼するメールに、「来季の売上目標を決める会議の資料として使いたいので、売上データを〇月〇日〇時までに資料を送ってください」と理由を書き添えるとよいでしょう。 メールだけでなく口頭でもリマインド 上司に送ったメールが期限間近になっても返答が帰ってこない場合、改めて「お忙しいところ申し訳ありませんが、早急なご対応をお願いします」と催促のメールを送ります。 そして、もう一度口頭で催促します。 この時に相手を急かし過ぎず、失礼のないように丁寧に対応することが大切です。 多忙の余り、こちらが送ったメールを見ていない可能性もあるので、口頭で早急な対応が必要な案件があることを思い出してもらうことが重要です。 ビジネスシーンで「早急なご対応」を正しく使おう この記事ではビジネスメールを書くケースを中心に「早急なご対応」という言葉の意味や使い方、「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」との使い分けについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。 「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」や、「対応」の類語「対処」との使い方の違いに注意して、メールで頻繁に出てくる「早急なご対応をお願いします」という言葉を使いこなして、ご自分のビジネスを円滑に進めてください。 ビジネスにおいて正しい敬語を身に付けよう 社会人になると、上司・先輩・同僚・後輩・お客様・取引先の担当者など、性別も年代も価値観も立場も全く違う人とコミュニケーションを取る必要が出てきます。 特に先輩や上司、お客様や取引先などの目上の方に、親しみの気持ちを保ちながらも距離感を調節していくためには「敬語」の使い方が重要です。 周りの人たちと良好なコミュニケーションをとり、自信を持って仕事をしていくために、正しい敬語の使い方を身につけましょう。

次の