ローソン システム 障害。 100人超の社員と約280社を巻き込んだローソンの「発注改革大作戦」 (1/5)

100人超の社員と約280社を巻き込んだローソンの「発注改革大作戦」 (1/5)

ローソン システム 障害

本日、システム障害につき、当社Webサイトを一時的にサービス停止致します。 なお、本日予定しておりましたLEncore会員先行・でじロー先行につきましては、 下記電話番号にて受付致します。 お客様におかれましては、大変なご不便、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。 平成17年10月20日 KANさんのライブチケットのLコードを調べようと思ってローソンチケットにアクセスしたら、えらいことになってるみたいですね^^;日付から考えるに、日本シリーズのチケット発売と関係あるのでしょうか?とにかくいち早くの復旧をお祈りします。 とはいえ、どちらかというとWEBよ... 平素よりローソンチケットをご利用いただきありがとうございます。 本日、システム障害につき、当社Webサイトを一時的にサービス停止致します。 なお、本日予定しておりましたLEncore会員先行・でじロー先行につきましては、 下記電話番号にて受付致します。 お客様におかれましては、大変なご不便、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。 平成17年10月20日 KANさんのライブチケットのLコードを調べようと思ってローソンチケットにアクセスしたら、えらいことになってるみたいですね^^;日付から考えるに、日本シリーズのチケット発売と関係あるのでしょうか?とにかくいち早くの復旧をお祈りします。 とはいえ、どちらかというとWEBよりもLoppiにおもむいたり電話したりする方が確実なので、影響はまだ小さいほうなのでしょうね〜。 他にこんな記事もいかがでしょう.

次の

ローソンの業務改革を支える次世代システム「ローソン3.0」とは (1/2)

ローソン システム 障害

返信の必要・不要も選択が可能です。 ローソン公式サイト 自分の名前や番号は仮でもいい クレームに対する返信を求める場合は、氏名や電話番号・メールアドレス・住所などを入れる必要があります。 知恵袋などにある元社員の方によれば、メールアドレスさえ正しければ名前や住所・電話番号は仮でもいいそうです。 その笑顔と声を接客で使えよ!!ってなるやつです。 意外と店舗の責任者にクレームが入っているケースも多いので、コンビニでアルバイトをしている人は気を付けた方がいいかもしれません。 2 挨拶など接客の基本ができてない 基本的な「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」はもちろん、接客で必要不可欠な挨拶や確認を一切していないタイプの店員もいます。 これは店長等のアルバイトに対する教育が不十分なのも要因のひとつで、直接クレームを言えば多少改善させる可能性もあります。 3 間違ったことに対し謝罪や反省がない ミスや間違いに対する謝罪がなく、むしろふてくされた態度を取る店員に怒りを覚えた経験がある人も多いはず。 ぶっちゃけクレームを入れても、このタイプは本人の性格なので矯正は難しいと思います。 4 ソースやケチャップが付いてない ホットスナックの ケチャップやお弁当のソースなどの同封を忘れられてしまうケース。 なくても極端な損害はありませんが、気分的なモチベーションは下がってしまいますよね。 さらに店員に反省や謝罪がなければ、クレームをつけたくなるのも無理はありません。 5 チケットや郵送物などの購入手続きミス コンビニでは公共料金やチケット・メルカリ宅配など、さまざまなサービスが使えるようになっています。 普段から利用する人のなかには、チケットの枚数が間違っていたり、郵送先の住所が間違っていたりなど、店員の人為的なミスによるトラブルを経験した人も少なくありません。 人間なので間違いをすること自体は仕方ないのですが、同時にクレームを入れたくなる消費者側の心理もわかります。

次の

株式会社ローソンデジタルイノベーション

ローソン システム 障害

国内だけでも8,500店を超えるコンビニエンスストアをフランチャイズ展開するローソン。 女性のニーズに対応し、美と健康をコンセプトとした「ナチュラルローソン」や新鮮な青果を豊富に品揃えし、適量小分けによるお手頃な価格を実現した「ローソンストア100」、それぞれの地域ニーズに合わせて新しい機能を付加した「ローソンプラス」など、地域の文化に合わせて多業態展開する「マチのほっとステーション」として、地域密着型の店づくりに取り組んでいる。 「コンビニエンスストアという業態は、情報システムが生命線である、いわば『システム産業』です。 しかも、地域密着型の多業態展開を強化すればするほど、扱う情報量はますます増えていきます」と小畑氏は語る。 ローソンは、1日に700万人近くが利用しており、弁当や惣菜などの主食系商品などは各店舗に毎日3回の配送を行っている。 受発注情報は1日約30万件にのぼるが、このデータのすべてを情報センターで集中処理。 さらに、売上データおよび受発注情報は、短時間で単品レベルのきめ細かい分析を行ったうえで、必要な形の情報へ整理して社員へフィードバックされ、次の企画・日々の運営へと反映されている。 「店舗が24時間オープンしているのと同様に、システムも24時間365日、決して止まることなく、安定稼働を維持していかなければなりません。 安定稼働は、IT基盤に求められる基本要件です」と小畑氏は強調する。 膨大なデータを安定して処理できる堅牢なシステム運用基盤を構築するため、同社ではIT基盤の運用標準化を行っている。 その際に、ジョブ管理の標準ツールとして選定したのが、日立の統合システム運用管理「JP1」だ。 「JP1は、統合IT基盤構築にあたっての基本方針の『オープン』と『デファクトスタンダード』に適合していました。 機能面でもいくつかの運用管理ツールを比較しましたが、総合点が最も高かったのがJP1でした」と小畑氏は説明する。 マルチプラットフォーム対応はJP1の大きな特長である。 バッチジョブの進行状況の監視が非常に容易であること、ジョブの変更・管理・登録が容易であること、バッチ処理異常時の障害通知も正確かつ迅速で、さらにリカバリも容易であるなど、ジョブ管理がきめ細かくできる点も評価された。 株式会社ローソン ITステーション システム技術 シニアマネジャー 吉岡 叙浩 氏 株式会社ローソン ITステーション システム技術 マネジャー 中島 啓二 氏 現在JP1は、約200サーバにおける1日約350万トランザクションをコントロールしている。 ジョブネットの数は1万1,500を超えており、ジョブ数にすれば数10万に達する。 24時間365日、約8,500店舗のどこかで、クレジットカードが利用されたり、公共料金などのバーコード読み取りが行われたりすれば、そのたびにJP1が機能して、正確で迅速な店頭サービスを支えている。 またローソンは、数種類の電子マネーへの対応をいち早く整備しているが、こうして増え続けるトランザクションに柔軟に対応していくのも、JP1の役割である。 一方、同社ではJP1のジョブネットのネーミングや階層などの標準化を進めると同時に、ジョブネットへの登録・変更の作業手順の標準化・効率化も推進してきた。 「店鋪で新たなサービスを展開する際は、仕事の流れを表計算ソフトでワークフローに描き、これをもとに社内や開発会社や運用管理会社との打ち合わせをします。 打ち合わせのプロセスが進むにつれて、業務要件をシステム要件へと展開して、より詳細なワークフローを描いていきますが、最終的に確定したワークフローは、一括して表計算ソフトからJP1に吸い上げ、ジョブネットに自動登録する仕掛けを作っているのです」と中島氏は説明する。 標準的な業務プロセスを踏んでワークフローを描いていけば、最終的にジョブネットの運用設計が完了していることになる。 「JP1は、戦略をより速くシステムへ反映させるために、なくてはならない製品です。 まさに、ローソンが目指しているシンプルでスピーディな対応が図られている。 コンビニ業界の競争はますます厳しく、情報のさらなる活用に向けての挑戦は続く。 ローソンは現在、「Speed、Small、Simple」を備えた統合システムを目指し、さらなるIT基盤の昇華に取り組んでいる。 そこには「よりお客さまに喜んでいただける、さらなる『マチのほっとステーション』の実現」を目指し、コンビニ業界の常識を打ち破る新しい店づくりを推進できるシステムへのたえまない要求がある。 「IT基盤にも、オンデマンド化に対応することが求められています。 オンデマンド化とは、新しいシステムを迅速に稼働させたり、ビジネスの状況に応じてシステム規模を容易に変化できるようにすることです。 具体的には、アプリケーションごとにインフラを開発・実装するのではなく、仮想化した共通インフラを用意しておき、新しいアプリケーションが必要とする機能を選択・供給する環境づくりを目指しています」と吉岡氏は語る。 同社は、この仮想化技術を駆使した先進的なIT基盤においても、統合ジョブ管理ツールとして、引き続きJP1を採用する方針である。 「今後ますます処理量が増える大規模システムのジョブ管理を、安心して任せられるのがJP1の魅力です。 また、IT基盤の昇華には数多くのベンダーに参加していただくことになりますが、JP1は複数のSI会社やシステム、アプリケーションが、共通して使える標準基盤として信頼できます」と小畑氏は語る。 いまやコンビニエンスストアは、社会インフラの一部であり、一つひとつのトランザクションの重要性はますます高まっている。 安定稼働を実現し、さらに一歩進んだオンデマンド化への要求にも柔軟に対応するJP1は、地域住民の生活に密着したローソンの活動をより強力に支えていく。 ローソンの新システム概要.

次の