正月 飾り いつまで。 【正月飾り】会社に飾るときの正しい飾り方、飾る時期、外す時期とは? 正月飾りの基本知識を紹介

正月飾りはいつからいつまで飾るの?関東や関西、北海道や名古屋で違う?

正月 飾り いつまで

私は埼玉県に住んでいます。 今までお正月がいつまでか、疑問に感じていませんでした。 年賀状の返事を出す時でも7日までに出せば、お正月の期間内と言う事で消印を押さないで配達してくれます。 これは7日までは松の内、お正月だと言う証拠だと私は思っていました。 正月飾りも7日まで飾ってから、片付けるのが当然と思っていました。 だから関西では15日までは松の内だと言われても、関西が特別なケースで、随分と長いお正月だなと感心していました。 でも、本当は東京を中心とした関東の松の内が特別らしいのです。 今回は• 関東地方(東京・神奈川)で、正月飾りを飾るのはいつまで? 東京の松の内は他と違うのか。 について解説します。 スポンサードリンク Contents• 関東の正月飾りは【いつまで? 】かつて松の内は日本全国共通だった! 松の内は、お正月に家にいらっしゃる歳神様の目印のために、門に門松を立てている期間の事を言います。 もともと松の内は、日本全国共通で1月15日まででした。 1月15日に正月飾りをしまい、1月20日には鏡開きを行っていました。 スポンサードリンク 関東の正月飾りは【いつまで? 】変わったきっかけは徳川家光 1651年4月20日に三代将軍徳川家光がなくなってから、1月20日に鏡開きはけしからんと言う事になりました。 これは月命日だからでしょう。 そこで1月11日に鏡開きを移動しましたが、そうすると松の内が終わらぬ内に鏡開きをする事になってしまいました。 松の内が終わらないのに、鏡開きをするのはおかしいと言う事で、江戸 今の東京 の松の内は1月7日までとなったのです。 だから関東では東京以外でも松の内は1月7日までで、正月飾りをしまうのも1月7日の所が多いのです。 関東の正月飾りは【いつまで? 】関西までは変えられなかった ただ関西地方にまでお達しが行き渡らなかったのか、関西の人たちが意に介さなかったのか、京都・大阪などでは松の内は1月15日のままです。 また関西と関東の中間、東海地方では松の内が1月7日と15日までの地域が入り混じっているそうです。 関東の正月飾りは【いつまで? 】幕府が松の内を短くしたのは防災目的? 幕府が松の内を短くしたかったのには、実はもう一つ理由がありました。 こちらの理由は家光の命日とは関係ありません。 江戸 今の東京 の街は火事がとても多かったために、幕府はなんとかこれを防ぎたかったのです。 そのため家の外に飾って燃えやすい門松を早く片付けさせたかったのではないかと言われています。 1657年の明暦の大火(振袖火事とも呼ばれていますね)を教訓にして、門松は7日を飾り納めとするようにお達しがあったと言われています。 江戸っ子も認めた、短縮松の内 こうして色々な事情から江戸の松の内は関西に比べて1週間以上も短くなってしまいました。 最初は幕府の命令で仕方がなかったのかも知れませんが、松の内の変更を受け入れて定着させたのは、江戸の庶民たちです。 江戸時代初期、江戸は地方から出てきた男性の労働者がとても多かったそうです。 彼らは働かなければ、賃金がもらえなかったのではないでしょうか。 そんな彼らの心の中には『そんなに休んでられないよ! 』と言う気持ちがあったのではないかと、私は思っています。 幕府の勢力は静岡までだった? それにしてもそれまであった伝統を変えてしまったのですから、徳川幕府の権力は恐るべきものだったのですね。 関西の松の内は変わりませんでしたが、静岡は1月7日で松の内が終わります。 これは静岡が徳川家康の地元だったためと言われています。 静岡の隣、神奈川県には東海道の宿場が9つもあったそうです。 江戸時代には宿場町はとても栄えたそうですから、幕府のお達しもよく届いた事でしょう。 すんなり松の内の期間は短縮されたのではないかと思います。

次の

お正月飾りいつからいつまで飾るのか|飾り方(場所/意味)、処分法を解説

正月 飾り いつまで

Contents• 九州福岡の正月飾りは【いつまで? 】一度には終わらない、九州のお正月 九州では正月飾りをしまう日が1月7日、8日、10日、15日などと様々です。 一般に関東では1月7日 関西では1月15日 に松の内が終わります。 松の内とは、お正月に家にいらっしゃる歳神様のために、門に門松を立てる期間です。 松の内が終わると言う事は、歳神様が家からいなくなる事を指します。 松の内が終わる日に、門松や他の正月飾りをしまうのです。 しまった正月飾りは、どんど焼きと呼ばれる行事で燃やされます。 どんど焼きには歳神様を天に返す意味もあるので、どんど焼きでお正月は終りとなります。 九州、特に福岡ではこのどんど焼きの日が色々なので、松の内の終わりも色々になり、正月飾りをいつまで飾るかも、まちまちになるのではないかと思います。 スポンサードリンク 九州福岡の正月飾りは【いつまで? 】こんなにある、福岡のどんど焼き 長崎や鹿児島ではどんど焼きを鬼火焚きと呼んでいます。 1月7日(鹿児島では6日)に行い、正月飾りを燃やします。 でも、福岡市内ではどんど焼きはひときわ盛んに行われています。 ほうけんぎょう 福岡市ではどんど焼きは「ほうけんぎょう」と呼ばれています。 今では福岡でも、どんど焼きと呼ぶ人も多いようです。 福岡市内で今年(2016年)は公民館や小学校、神社で行われたものを数えてみると、28件のどんど焼きが行われていました。 このどんど焼きは同じ市内にも関わらず、地区によって1月7日、9日、10日、11日、15日、16日と開催日が色々でした。 これだけどんど焼きがあると、誰でも1度は参加できそうですね。 鬼夜 福岡県久留米市では、日本三大火祭の一つ「鬼夜」が毎年1月7日に行われます。 久留米ではこの日まで正月飾りを飾るそうです。 こんなに色々な日に開催されるどんど焼きは一体なんのためだったのでしょうか。 九州福岡の正月飾りは【いつまで? 】ずっと愛されて来たどんど焼き 関東一円はそれで松の内の終わりが1月15日から7日へと変更され、正月飾りもこの日にしまうようになりました。 でも、九州までは幕府の勢力も及ばず、昔からあったどんど焼きがそのまま残ったのではないかと思います。 開催日が色々なのは、どんど焼きが子供も参加する素朴な行事だからだと思います。 どの地方でもどんど焼きで焼いた餅を食べると風邪をひかないとか、 どんど焼きにあたると無病息災などと言われているので、どんど焼きは子供の健康を祈願するための行事のようです。 みんなで一緒に勇壮にやる祭りではなく、あくまでも自分たちの子供のための行事だったから、他の集落とは開催日がずれていても良かったのでしょう。 だから正月飾りをしまう日もまちまちになってしまったのですが、正月飾りをいつまで飾るかなんて、他所と比べない限りは大した問題になりません。 これからも愛されるどんど焼き 今、住宅密集地ではどんど焼きが行われなくなっているそうです。 参加する子供も減っているし、会場となる場所を確保するのも大変です。 今は小学校で焼き芋をするにも、消防署に許可を取らなくてはいけない時代です。 どんど焼きの安全確保はとても大変な仕事になっています。 でも、九州では今でも多くのどんど焼きが残されています。 他の地域では基本1年に1度しか行われない事を考えると、福岡のどんど焼きの、開催日の多さには驚かされます。 福岡のどんど焼きの日程と場所を1つにまとめたサイトまであるのです。 多くの人にどんど焼きが愛されていて、子供たちも地域の大人に愛されてのびのび育つんだろうな、と感じられます。 たくさんのどんど焼き 私自身はそんなに都会で育ったわけでもないのに、どんど焼きにはほとんど行ったことがありません。 身近ではやっていなかったのです。 どんど焼きで楽しいお正月の思い出ができる福岡の子供たちが少し羨ましいです。 それに身近でどんど焼きをやっていないと、お正月飾りはゴミに出さざるを得ませんし、歳神様はどうやって天に帰るのかと、なんだか寂しい気持ちにもなります。 たくさんのどんど焼きが行われる九州では、歳神様も間違いなく天に帰って、また次のお正月に家々にやって来てくれるのだと思います。 九州では正月飾りをしまう日が地域によって色々なのは、どんど焼きの日程が色々だからと言う事がわかりました。 そして、それは子供たちの健康を願っての事だと思われます。 もしかすると、九州の福岡は歳神様に守られて、子供がのびのびと育つ素敵な場所なのかも知れませんね! スポンサードリンク•

次の

松の内はいつまで?地域によって異なる正月飾りの基本マナー|@DIME アットダイム

正月 飾り いつまで

お正月飾りの意味は? 日本の代表的なお正月飾りと言えば、 「門松」、 「しめ飾り」、 「鏡餅」などがあります。 これらは、 なぜお正月の時期に飾るのでしょう? 昔、正月にはどの家にもその年の神様である 「歳神様(としがみさま)」が降りてくると考えられていました。 正月飾りは 歳神様を迎え、祀るために整えるのです。 門松の意味は? 門松は、正月に家の門の前などに立てられる一対になった松や竹の正月飾りで、 「松飾り」とも言われます。 門松は、 歳神様の依代(よりしろ)で、天から降りてきた歳神様のよりどころ、目印と考えられていました。 そもそも門松は、平安時代の宮廷儀礼である 「小松引き」がルーツと考えられています。 「小松引き」とは、正月初めの 「子の日」に、外出して小さな松の木を引き抜いてくる貴族たちの遊びの一種で、この 「子の日の松」を長寿祈願のため愛好する習慣から変遷したものだと言われています。 現在でも 「根引きの松」と呼よばれ、関西地方の家の玄関の両側に白い和紙で包み金赤の水引を掛けた根が付いたままの小松が飾られていたりもします。 ですので、「門松」の名の通り、本来は 「松」を飾っていたものが、歴史と共に装飾が変化し、中心に竹を飾るものが多くなりましたが、ちゃんと松も飾られているんですよ。 本格的な門松は、三本の竹に松と梅をあしらい、根元をむしろで巻いて荒縄でしばった形のものが多くなっています。 なぜ松竹梅? 「松」は 「祀る」につながる樹木であることや、 寒さが厳しい冬でも青々としていることから、生命力・不老長寿・繁栄の象徴とされ、「竹」は、 まっすぐに伸びている様子と地面にしっかり根を張っている様子から子孫繁栄の象徴、そして「梅」は 冬に気高い香りと共に花を咲かせる強さから気高さや長寿の象徴と考えられたことから、 「縁起が良い」ものとして受け継がれ、1年のはじまりである正月には、縁起のよい「松竹梅」すべてを飾りつけたものが人気となり、現在に至るとも言われます。 スポンサーリンク 一重ね(大小二個)の丸餅にゆずり葉、うらじろ、だいだいをあしらいます。 他にも鏡餅の飾り方は様々なものがあり、地方によっても変化します。 基本的に飾るのは 「床の間」で、三方に奉書紙か半紙を敷いて置くようにします。 お正月飾りはいつからいつまで飾るの? 正月の飾りつけは、本来、今年1年のホコリやすす祓いなどの 大掃除が終わった後に飾りつけます。 歳神様を迎えるにあたって、汚い場所は失礼だとして家の隅々まで掃除するもので、 「大掃除」も正月を迎える大切な行事とも言えます。 一般的には、 12月27日くらいから飾り始めますが、 「29日」と「31日」に飾るのは避けるのがしきたりとされています。 「29日」は「9=苦」に通じるところから、「苦待つ」などと言って嫌われます。 また、「31日」は、「一夜飾り」になって不吉とも言われますので、 その2日の日を避けた日付に飾りつけるようにします。 お正月飾りはいつまで飾るの? 正月飾りのなかでも「門松」と「しめ飾り」は、 「松の内」が過ぎたら外し、「鏡餅」は 1月11日の鏡開きの日に歳神様からのお下がりとして、おしるこなどにして食べます。 「松の内」の期間は、地域によって様々で、関東では「1月7日」関西では「1月15日」など違いがありますが、現在では、 「1月7日」を基準に外すところが多くなっています。

次の