沽券 に かかわる。 沽券に関わるとはどういう意味?大人の言葉の使い方を紹介します!

沽券にかかわるの意味とは?大切なものがかかわる言葉!

沽券 に かかわる

アニメ「クレヨンしんちゃん」に「男の沽券(こけん)にかかわるゾ」というエピソードがあります。 しんちゃんのパパ・ひろしが、ママ・みさえに「座ってトイレを使うように」と要求され、「男の沽券にかかわる大問題だぁ!」と反論するところから始まるエピソードです。 そこでしんちゃんも、すかさず「そうだ股間に毛がある!」とボケる流れでした。 これはあくまでアニメの台詞の話ではありますが、確かに幼稚園児にとって沽券という言葉は聞き慣れないものですよね。 いや、幼稚園児だけでなく実は大人にとっても、沽券は難しい言葉であるように思います。 そもそも「沽」という文字を、沽券以外の言葉で滅多に見かけません。 また沽券が「人や組織などの価値や体面」を意味することは知っていても、その由来については知らない人が多いのではないでしょうか。 沽券に「券」と書いてあるからには、実際、沽券は「券」なのです。 そして本連載が取り扱う話題ですから、その券には、もちろん「経済的な意味」も含まれています。 今回は「沽券」という言葉の成り立ちを探りましょう。 沽券の「沽」を訓読みしてみよう まずは「沽」という漢字について分析しましょう。 実はこの漢字。 訓読みすると「沽る」(うる)、または「沽う」(かう)となります。 つまりこの漢字は元々「売買」を指す字なのです。 例えば沽酒(こしゅ)といえば、酒を売り買いすること。 沽名(こめい)といえば名前を売ること。 つまり売名という意味。 また沽濫(こらん)といえば、濫(みだ)りに売ること。 すなわち投げ売りを意味するわけです。 また日本では古くから、沽価(こか)という言葉も使われていました。 これはざっくりいえば「価格」を意味する言葉。 少なくとも奈良時代以降には使われていた言葉です。 律令制度のもとで「沽価帳」(こかちょう)という資料も公式に制作されており、それは商品の市場価格を調査した資料であったといいます。 物価安定化や公正取引などを目的とした調査資料であったようです。 このように沽という漢字は、本来、売買を意味しているわけです。 沽券とは「売り渡し証文」のこと では「沽券」とは、どういう意味なのでしょうか? 沽が売買の意味であるならば、沽券は「売買券」を意味することになりますよね。 実は沽券とは「売り渡し証文」のことを意味します。 多くの場合は「土地」の売り渡し証文を指します(このほか人身売買などの沽券もあった)。 別名では売券(ばいけん・うりけん)、沽却状(こきゃくじょう)、沽券証文、沽券状、沽券手形などともいいます。 売り手がこのような証文を作成して、売り渡しの際に買い手に渡す仕組みでした。 この証文には、土地の所在地・面積・価格・売り主の名前・買い主の名前・小作料(田んぼの場合)などの情報が記載してありました。 そしてその冒頭部分で「沽却 私地事」などの定型文がよく登場したのです。 ちなみに沽却(こきゃく)とは売却のことです。

次の

ことわざ・沽券に関わる

沽券 に かかわる

意味 あることをする場合、体面に都合が悪いような状態を作ってしまうこと。 解説 何かをしようとした時、世間に対して、表向きのようすに、よくない影響をおよぼし、 自分の立場が下がってしまう、ということのようです。 人の持っている価値が、小さくなってしまう、ということと思います。 「沽券」は、昔、土地などを売ったり買ったりする時に、そのことを明らかにすることが書かれたもののようです。 「沽券が下がる(こけんがさがる)」とも言うようです。 券=信用を証明する書面。 体面=「たいめん」と読み、世間に対しての表向きのようす。 都合が悪い=「つごうがわるい」と読み、ある事とのかかわりがわるい。 状態=「じょうたい」と読み、その時のようす。 表向き=「おもてむき」と読み、外から見えること。 影響=「えいきょう」と読み、あることが別のことにかかわって変化がうまれること。 立場=「たちば」と読み、その人が置かれている役割り上の地位。 いわれ(歴史)と重要度 不明。

次の

ことわざ・沽券に関わる

沽券 に かかわる

INDEX• 「沽券」とは?|意味と定義を解説! 「沽券」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「沽券」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、沽券の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 沽券の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 沽券とは何か?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく! 沽券は「こけん」と読みます。 意味は「人のねうち。 面目」です。 沽券の使い方と例文 「沽券に関わる」の意味 品位や体面にさしつかえるという意味です。 例:あいつに頭を下げるなんて沽券に関わる 「沽券が下がる」の意味 品位・値打ちが下がるという意味です。 例:こんな事業をやるなんて会社の沽券が下がる。 「男の沽券/女の沽券」の意味 男(女)としての特別な品位・値打ちという意味です。 例:昔は婿に行くことが男の沽券に関わることだ!という意味不明な常識があった。 その他の沽券の例文一覧• 俺の沽券にかけて必ず君を守る• 恥はかいたが沽券は守った 沽券の語源 江戸時代の「沽券状」が由来になっています。 「沽券状」とは土地や家屋など売り渡し証文のことで、「売券」や「沽却状(こきゃくじょう)」とも言われます。 江戸時代頃から、「売値」の意味で用いられるようになり、さらに「人の値打ち」「品位」などの意味で使われるようになりました。 (そんなことをしたら君の沽券にかかわるよ. ) 沽券の類語・言い換え語 尊厳さ ・ 気格 ・ 貫目 ・ 貫禄 ・ 估券 ・ 矜持 ・ 品 ・ 自敬 ・ 見識 ・ 尊厳 ・ 品格 ・ プライド ・ 貫録 ・ 品位 沽券の対義語・反対語 特にありません。 沽券の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、沽券の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の