尽力いたします。。 「尽力いたします」の意味やビジネス/メール/履歴書などの例文や使い方

「微力ながら」は使えると一流の社会人!意味と正しい使い方を解説!

尽力いたします。

「尽力いたします」を使うことのできる場面に、行事やイベントがあります。 目上の人がたくさん集まっている、行事やイベントの中で「尽力いたします」 を「尽力してまいります」という例文に言い換えて使えます。 「尽力してまいります」の「まいります」には「行きます」の謙譲語が使用されているため、「尽力してまいります」には「努力していきます」という意味が含まれていることがわかります。 「尽力いたします」よりも「尽力してまいります」の方が、かしこまった言い方がされているので、目上の人が集まる機会である行事やイベントの時のスピーチに、「今後も尽力してまいります」という例文を使うと、その場にふさわしい敬意が表現されています。 「尽力いたします」を言い換えた類似表現に「奉仕する」があります。 「尽力いたします」を言い換えた類似表現の「奉仕する」には、「報酬や見返りを求めないで、無私の労働を行うこと」という意味が含まれています。 そのため、「尽力いたします」のように「力を尽くす」様子を表現しているわけではないものの、言い換えた類似表現である「奉仕する」では、努力の内容について言及されていることになります。 この「尽力いたします」の言い換えた類似表現の「奉仕する」を使いながら、利益を求めた努力ではなく、ボランティア精神を持っていることを強調することができます。 「奉仕する」という言い換えた類似表現で、自分の無私の気持ちを表現しましょう。 ビジネスの場面で、上司や目上の人と会話をしている時に「尽力いたします」を言い換えて「尽力する所存です」と言うことができます。 後半部分に使用されている「所存です」には、「思う」や 「考える」という意味が含まれています。 しかし、「尽力していきたい」という簡単な意味だけを表現しているのではなく、「尽力する所存です」では謙譲語が使われているため、上司やかなり目上の人に対して深い敬意を示すことが可能になります。 普段から面識のない上司と会話をしている時や、お世話になっている取引先の人と会話をしているビジネスの場面で、「尽力する所存です」や似た表現である「尽力させていただく所存です」を使えば、ビジネスの場面で違和感のない言葉遣いになります。 「尽力いたします」を使用しながら、便利なビジネスメールを作ることができます。 ビジネスメールの中で「お力になれるよう、尽力させていただきます」や「お力になれるよう、尽力させていただく所存です」という例文を使用できます。 職場の上司にビジネスメールを送らなければならない時に、「お力になれるよう」と「尽力いたします」が使われている例文を組み合わせれば、「上司に協力をしたい」という気持ちを伝えることができます。 上司は部下に協力したい気持ちがあれば、お願いをしやすいと感じます。 そのため、上司へのビジネスメールを作成する時に、「お力になれるよう、尽力させていただきます」という例文で、上司と協力するために努力したいと思っている事を表現しましょう。 履歴書の中で「御社のお力になれるよう、尽力いたします」という例文を使うことができます。 非常に深い敬意が示されているため、上司へのビジネスメールの中など、履歴書以外でも使用することのできる例文です。 注目したいのは、「尽力いたします」だけでなく「御社のお力になれるよう」と、履歴書の中で会社に貢献できる意欲を持っていることをアピールしています。 そのため、会社のことを考えた人であることを、履歴書を通して理解してもらえます。 もちろん、履歴書を読んでいる人は、他の文章にも目を通しているため、それらの文章もしっかりと記入しなければなりません。 しかし、履歴書の中で、この例文が使われていれば、「会社に貢献できる人」とみなしてもらえる可能性が上がります。

次の

尽力いたしますの意味や類語は?使い方や例文と一緒に使える文言も

尽力いたします。

「ご期待に添えるよう」は、相手側から何かしらの言葉を掛けられて返答するときに使うと前述しましたが、「ご期待に添えるよう」の後に続く文章にいくつかパターンがあります。 実際に「ご期待に添えるよう」をビジネスシーンで使うとき、どのように表現するのか例文を用いて説明します。 ご期待に添えるよう尽力いたします 「尽力 じんりょく 」は漢字が表す通り「力を尽くす」という意味があり、ある目的のために精一杯努力することを表します。 主に相手のために力を尽くすときに「尽力」が用いられ、相手に力を借りたいときには使いません。 例えばビジネスで新しいプロジェクトを任された時の決意表明として「ご期待に添えるよう尽力いたします」と使います。 「ご期待に添えるよう頑張ります」よりもビジネスシーンでは年上や目上の人にふさわしい敬語になります。 ご期待に添えるような 「ご期待に添えるような」と使うときは、相手の望む内容や要望に対して自分がどう動くのかを、より具体的に伝える場合に用いることができるでしょう。 例文としては「お客様のご期待に添えるような解決案を提示します」「部長のご期待に添えるような企画案を提出いたします」など、相手が満足や納得するように自分がどう行動するのかを伝えるときに使います。 ご期待に添えるよう努力 「努力」は「尽力」と同じ意味合いで使われることが多いのですが、違いをあげると「努力」は自分のために力を尽くすときに使われることが多いです。 人事異動で部署が変わり自己紹介の挨拶として「ご期待に添えるよう努力いたします」のなどと使用します。 ビジネスシーンでは目上や年上の方には「努力」よりも「尽力」に言い換える方が敬意を表した表現になり、適切な場面もあるので上手に使い分けましょう。 ご期待に添えるよう精進 「努力」よりも「精進」の方が、ややかしこまった言い回しになりますがビジネスシーンでは「精進」もよく使われます。 「ご期待に添えるよう精進いたします」のように、もともと「精進」とは仏教用語なので「努力」と表すよりも「精進」と表す方が、より謙虚さやひたむきさが伝わりやすいでしょう。 敬語で「ご期待に添えるよう」を使ってみよう 「ご期待に添えるよう」に対して「ご期待に添えない」という場面も、ビジネスシーンでは度々登場します。 ビジネスで相手の期待に添えないということは、相手にとっては望ましくない状況なので、それを極力失礼に当たらないように伝えることが大切です。 「ご期待に添えるよう」と同じように口語でもメールでも使用することができるのですが、主にどういうシーンで使うのかまとめてみました。 相手に断る場合 相手の要望に対してその要望が受け入れられないときや断るときに「ご期待に添えず」と表す場合があります。 「お客様のお申し出について、ご期待に添うことができかねます」「選考の結果、誠に恐縮ではございますが、今回はご期待に添うことができず見送らせていただきます」などと表すことで、断る表現を柔らかくし相手に対して心配りのある言い回しになります。 謝罪をする場合 謝罪する場面でも「ご期待に添えず」を用いることができます。 お客様や取引先や上司に対して謝罪の言葉だけを伝えるのではなく「ご期待に添えず」と付け加えることで丁寧な表現になります。 「この度はお客様のご期待に添えず大変申し訳ございませんでした」と伝えることで、相手の要望に応えられなかったことに対して、謝罪を述べているのが伝わります。 ビジネスでの「ご期待に添えるよう」の使い方 上司に対して使う場合は、上司から働きぶりを期待されている場合や、新しいプロジェクトを任されたときに「ご期待に添えるよう」と付け加えることで相手を立てた表現になります。 単純に「頑張ります」と伝えるよりも「部長のご期待に添えるよう尽力いたします」と伝える方が、より相手に敬意を表した丁寧な言い方になり、自分もそう伝えることで相手の期待に応えるべく力を尽くそうと、自分自身にも改めて気合いが入るでしょう。 取引先 取引先から何かしらの要望があった場合、「ご期待にそえるよう」は主に2通りの意味合いで使うことができます。 「ご期待に添えるよう精一杯努力します」と表現した場合、取引先の要望に応えられるよう精一杯力を尽くすという意味での使い方と、「なるべくご期待に添えるよう精一杯善処いたします」など、要望に応えられるかはわからないが、応えられるように力を尽くすという使い方です。 後者の場合は「ご期待に添えるよう」と付けることで、もし要望に応えることができなかった場合も、要望に限りなく近いものになるように、精一杯力は尽くすことを相手に伝える効果があります。 年賀状で「ご期待に添えるよう」を使うには?.

次の

尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

尽力いたします。

尽力は基本的には「力を尽くす」が本来の意味であり、精一杯努力するというイメージです。 何かに対して、できる範囲のことに精一杯の努力をする意味を込めているのが尽力であり、それに対して尊敬の意味を付加するとご尽力という言葉になります。 そのため、目上の人が努力をしてくれた際にお礼の気持ちをもってご尽力という言葉を使用するのが一般的です。 また、尽力という言葉は自分の努力に対しても使用することができます。 大半の場合には努力という言葉で置き換えができますが、ビジネスシーンでは尽力の方がよく用いられます。 目上の人に対して使用する際には、全力を費やしてくれたという感謝の意味が込められ、自分に対して使用する場合には、ただの努力ではなく全身全霊でがんばっていくんだという気持ちを伝えられるからです。 そのため、基本的には目上の人に対するお礼の文脈と、自分がこれから努力をする決意を示す場面で用いられるのが尽力という言葉であると理解しておきましょう。 「力を添える」というのがもともとの意味であり、より「助ける」に近い意味があります。 手助けをするイメージを持っておくといいでしょう。 力添えは助力、援助、協力といった言葉で置き換えられるのが一般的であり、その謙譲語として目上の人に対して使用するときにお力添えを使用します。 文脈として目上の人に対するお礼やお願いの場面で用いられるのがお力添えの特徴であり、ビジネスシーンではどちらの場合にも頻繁に用いられる言葉です。 ご尽力との違いは自分に対して使用することがない代わりにお願いの文脈でも使用できるという点です。 お礼の文脈ではご尽力とお力添えは置き換え可能な場面がほとんどであり、細かな使い分けを気にする必要はさほどありません。 むしろ気をつける必要があるのが、お願いの文脈ではお力添えを使用し、自分に対して使用する場合には尽力を使用するという点です。 意味の違いから理解しておけば、いざというときに区別をつけて使用できるでしょう。

次の