なん j まとめアンテナ。 なんJ釣り部|釣りまとめアンテナ

やきうなんJアンテナ

なん j まとめアンテナ

新着記事• 01:38 B-BLOG• 01:35 なんじぇいスタジアム• 01:34 De速• 01:30 日刊やきう速報• 01:09 ってなんじぇですかー• 01:09 なんじぇいスタジアム• 01:05 ポリー速報• 01:04 なんj@やきうの時間• 01:00 なんJ PRIDE• 01:00 ファイターズ王国• 00:45 ベイスターズ速報• 00:45 鷹速 ホークスまとめブログ• 00:42 やみ速• 00:39 なんじぇいスタジアム• 00:32 ってなんじぇですかー• 00:25 ポリー速報• 00:17 なんj@やきうの時間• 00:10 野球猫びいき• 00:09 なんじぇいスタジアム• 00:05 ベイスターズ速報• 00:05 日刊やきう速報• 00:03 ファイターズ王国• 00:00 なんJ PRIDE• 00:00 ツバメ速報• 00:00 竜速• 23:47 なんj@やきうの時間• 23:45 ポリー速報• 23:45 ってなんじぇですかー• 23:19 ドラ速• 23:00 狗鷲タイムス• 22:29 BASEBALL DAYS• 21:55 なんJボンバー• 21:25 鯉速• 21:19 G速.

次の

なんJ釣り部|釣りまとめアンテナ

なん j まとめアンテナ

19日のDeNA対巨人の一戦。 この試合でDeNA・ラミレス監督が見せた継投策が、球界OBやネット上のファンの間で物議を醸している。 問題となっているのは、「3-2」とDeNA1点リードで迎えた9回表の継投策。 この回、ラミレス監督は守護神の山崎康晃を投入し逃げ切りを図るも、山崎は巨人・坂本勇人の内野安打などで2死二塁のピンチに。 ここで打席に立った丸佳浩にタイムリー内野安打を浴び同点に追いつかれてしまった。 すると、この直後にラミレス監督は山崎を降板させ、代わりに国吉佑樹をマウンドへ。 しかし、国吉は次打者の岡本和真に勝ち越しとなる2ランホームランを被弾。 裏の攻撃で無得点に終わったDeNAは、「3-5」で逆転負けを喫してしまった。 筆者は2017年はじめ、まだ29連勝フィーバーが本格化する以前に 雑誌『文藝春秋』に掲載される記事の取材で、藤井四段(当時)のお宅にお邪魔して、インタビューする機会がありました。 その際、藤井四段には『文藝春秋』誌に連載されている、谷川浩司九段出題の13手詰を解いてもらいました。 雑誌などで詰将棋が出題される際にはだいたい、何分で解けたら棋力はどれぐらい、というおおよその目安が示されています。 その問題は「10分でアマ三段レベル」でした。 藤井四段は問題をちらりと見ました。 そして数秒で「はい」と一言。 ・・・。 えっ? 何が「はい」なのかと思ったら「もう解けました」という意味でした。 「これで四段はあるでしょうか?」 ははははは。 筆者は笑うしかありませんでした。 人間はあまりにすごいものを見せられた時には、笑うしかないようです。

次の

なんJ まとめアンテナ

なん j まとめアンテナ

19日のDeNA対巨人の一戦。 この試合でDeNA・ラミレス監督が見せた継投策が、球界OBやネット上のファンの間で物議を醸している。 問題となっているのは、「3-2」とDeNA1点リードで迎えた9回表の継投策。 この回、ラミレス監督は守護神の山崎康晃を投入し逃げ切りを図るも、山崎は巨人・坂本勇人の内野安打などで2死二塁のピンチに。 ここで打席に立った丸佳浩にタイムリー内野安打を浴び同点に追いつかれてしまった。 すると、この直後にラミレス監督は山崎を降板させ、代わりに国吉佑樹をマウンドへ。 しかし、国吉は次打者の岡本和真に勝ち越しとなる2ランホームランを被弾。 裏の攻撃で無得点に終わったDeNAは、「3-5」で逆転負けを喫してしまった。 筆者は2017年はじめ、まだ29連勝フィーバーが本格化する以前に 雑誌『文藝春秋』に掲載される記事の取材で、藤井四段(当時)のお宅にお邪魔して、インタビューする機会がありました。 その際、藤井四段には『文藝春秋』誌に連載されている、谷川浩司九段出題の13手詰を解いてもらいました。 雑誌などで詰将棋が出題される際にはだいたい、何分で解けたら棋力はどれぐらい、というおおよその目安が示されています。 その問題は「10分でアマ三段レベル」でした。 藤井四段は問題をちらりと見ました。 そして数秒で「はい」と一言。 ・・・。 えっ? 何が「はい」なのかと思ったら「もう解けました」という意味でした。 「これで四段はあるでしょうか?」 ははははは。 筆者は笑うしかありませんでした。 人間はあまりにすごいものを見せられた時には、笑うしかないようです。

次の