ガーネット クロウ コナン。 GARNET CROWのボーカルと声優の高山みなみさんは姉妹?

GARNET CROWとは (ガーネットクロウとは) [単語記事]

ガーネット クロウ コナン

GARNET CROWとは、の4人組。 概要 系の会社A 所属。 に「 e ~君のに着くまでずっと走ってゆく~」でし、翌年2枚の「 」「君のに着くまでずっと走ってゆく」でを果たした。 それぞれのが、他のへの楽曲や、としての活動も多く、集団とも言われている。 基本的にほぼ全てのがされており、 特に,,など系の・の,曲として利用されていることが多い。 (のになることが多いのはGARNET CROWに限らず、系の全般にいえる)。 しかし、の作る独特の、低音、 KI七の的、的なは一部のから高い支持を受けている。 「の幻」「夢みたあとで」「flyi」などは、になったことなどからが高い。 では一部の曲もで、「」という専用が存在するほどである。 のを最後に解散。 メンバー• ……、担当。 時は一の新人。 最近のには稀有な。 KI七……、担当。 多くのに詞を。 集も出している。 ……担当。 として、もしている。 古井人……。 、担当。 前からとして、,などにしていた。 「 」のの担当であるはGARNET CROWのである。 にGARNET CROWの曲を歌わせれば、きっと(及びの人)は大喜びしてくれるはずである。 『』の、 の名前の由来は、から来ているのではないかとされている。 理由としては、この作品の登場人物が、からである。 理由はそれぞれと担当であること、先述のの楽曲「」を同作のがしていること、同をしているがの番組であることが挙げられる。 また、これに限らずには関連がと思われる要素は枚挙に暇がない。 ディスコグラフィー シングル• 『』OP• 君のに着くまでずっと走ってゆく• 二人の• 千以上の言葉を並べても... の幻 『』ED• flyi 『』• my 『』ED• l 『』ED• 夢みたあとで 『』ED• 泣けないも 泣かないも 『』ED• 君という 『』ED• らだけの• 君を飾るを咲かそう 『』ED• 忘れ咲き 『』ED• 君の思い描いた夢 集 HEN 『』OP• 『』OP• 籟・来・也• 夢・ 『』OP• 今宵エデンの片隅で 『』ED• まぼろし 『新・科捜研の女』• のタデー 『』OP• はまわると言うけれど 『』ED• 夢のひとつ 『』ED• 年の孤独 『 伝』• Doi ht 『』ED• は咲いて ただ揺れて• y Non• y 『』OP• アルバム• o 〜のないたへ〜• 〜筋書き通りの〜• e 〜君という〜• I'm wg 4• THE VEY• Y 〜明けの〜• Terus ミニアルバム• e 〜君のに着くまでずっと走ってゆく〜 リミックスアルバム• Cy V. 8 GARNET CROW ES コンセプトアルバム• rs ベストアルバム• THE Hy of GARNET CROW the cr... YE ELY 〜 lection〜• THE 〜 S 〜• 映像作品• GARNET CROW o and• GARNET CROW o 2004 〜君という〜• "le 5 e ve" L'Hre de a• GARNET CROW O OF THE VEY• GARNET CROW in• e Ready To On?! 〜o the l〜• GARNET CROW o 0 〜THE 〜• GARNET CROW o 〜明けの〜• GARNET CROW o 〜weome to the el! GARNET CROW o 2 〜the of 〜• GARNET CROW o 〜THE 〜 関連動画 YouTube 公式 関連タグ• 関連生放送 関連商品 シングル アルバム DVD ケータイ 関連静画 関連項目• 外部リンク•

次の

GARNET CROW(ガーネットクロウ)コナン主題歌が全て名曲すぎる件

ガーネット クロウ コナン

メンバー (なかむら ゆり) 担当:、、バック GARNET CROWの全の作曲を行い、ボーカルおよびバックコーラスを担当する。 デビュー当時はGARNET CROWの中では唯一の新人であった。 デビュー以降はGARNET CROWのフロントパーソンとして、のインタビューへの対応やライブの進行役も行う。 (あずき なな) 担当:、 GARNET CROWの全楽曲の作詞を行う。 制作した歌詞には、無常観、寂寥感、死といった観念や当て字を多用する傾向があり、その中で用いられる単語は、神話や宗教、聖書や文学作品に由来しているものがある。 (おかもと ひとし) 担当:、一部のコーラス GARNET CROWのインディーズデビュー当時の表記は岡本仁。 2000年9月頃には既に岡本仁志に改名。 GARNET CROWのデビュー以降、並行してソロ活動を開始した。 その影響で、以降のライブツアーにおいては、本来ギター担当である岡本がボーカルとしてGARNET CROWの楽曲を1曲歌うコーナーが設けられた。 自身のラジオ番組を持っていた。 (ふるい ひろひと) 担当:キーボード、 GARNET CROWの多数の楽曲の編曲をしている。 ただし、一部の曲は編曲、およびMiguelとの共同編曲。 楽曲制作における実務的なリーダーである。 他アーティストからも信頼を得ており、演奏・編曲の腕前から「ゴッドハンド」の別名を持つ。 ライブにおいては、パフォーマンスとして激しいキーボード演奏を行う。 概要 メンバーは音楽制作会社グループ所属の音楽を中心に構成され、をルーツとした楽曲を制作している。 結成は、の全米デビュー時のデモテープ作成にメンバー4人が携わり 、スタジオ制作を通して意気投合したことをその契機とする。 中村を除く3人は、バンド結成以前にやの楽曲制作を介して関わりがあった。 中村は音楽のような表に出ない仕事を志向していたが、周囲からの薦めがあり・ボーカル担当になった。 楽曲制作においては役割分担が明確にされており、作曲・・といった楽曲制作上の根幹部分を、ほとんどの楽曲においてメンバー自身が行っている。 特に中村の曲とAZUKI七の詞は、全楽曲の核として位置付けられている。 作品はをルーツとし、デビュー当初、彼らは自身の音楽性を「21世紀型ネオ・ネオアコ」と称した。 1999年のデビューから約2年半後の2002年に初のライブツアーを開催し、それ以降はを中心に20回以上の公演を行った。 ライブを経験したことでそれを意識した楽曲制作がなされたり 、や などの要素も楽曲に取り入れた。 メンバーによる個々の音楽活動の背景から、メディア等において クリエイター集団と称されることが多い。 メンバーの個々の経歴には非公表の部分がある。 また、2002年の「」がヒットするまでは、テレビの等に一切出演せず、も行わずにいたが、同シングルのヒットを受けて以降は、テレビなどのメディア出演をするようになる。 同じ所属のがマスメディアへの露出を抑える点は、ビーイングのメディア・コントロール戦略によるものとされている。 テレビへの出演についてメンバー自身は、非常に緊張するという旨の発言を残している。 2002年3月系の音楽番組『』に初出演した際、「出演が決定した際には一週間何も手に付かなかった」ということを司会の武内絵美アナウンサーによって暴露されている。 近年では、外部のアーティストとのライブにも参加するようになった。 ライブハウスでのライブや新作のプロモーション時には中村と岡本の2名のみでの出演が増えている。 「GARNET CROW」という名前の由来は、という宝石の深い紅色にかけて深みのある音楽を志向する意を「GARNET」の語に込め、それに言葉の響きの良さを求めて「CROW」の語を付加したことに起因する。 また日本語訳すると『深紅の』という言葉になり、この言葉の不気味さが心に残る点もあわせて考慮された。 1999年 - 2013年までに発売したアルバム(ベスト盤、コンセプトアルバム、リミックス、インディーズ盤を含む)は18作品あり、そのうちメジャー発売された16作品すべてがオリコントップ15ヒット(内13作品がオリコントップ10入りを記録) シングルは2013年までに34作品をリリースし、その内16作品がオリコントップ10入りを記録。 34作品中28作品がオリコントップ20内にランクイン。 全34作品がオリコントップ50内にチャートインしている。 DVD作品では2013年までに11作品を発売し、11作品すべてがオリコントップ10入り(うち5作品がトップ3入りし、1作品が1位を記録)。 2014年には完全予約生産にて全シングル作品と全アルバム作品、PV、未公開写真集などが収められたプレミアムBOXを発売。 こちらはMusingなどの通販のみで発売され、現在は生産されていないため入手困難な作品となっておりなどでも10万円以上と非常に高値で取引されている。 解散後もGARNET CROWが主題歌を担当した映画が地上波で放送されたときや、デビュー20周年の日にGARNET CROW 20th Anniversary企画の発表があったときには、Twitterでトレンド入りするなど、解散後も高い支持を受けている。 来歴 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年6月) 1999年から2005年までの来歴に関しては、2005年発表のベストアルバム『』の付属ブックレットに記載されている「GARNET CROW HISTORY」、および公式ブック『GARNET CROW photoscope 2005 〜5th Anniversary〜』記載の「GARNET CROW HISTORY」にて、各年ごとの形式でまとめられている。 前掲2冊に共通して掲載されている事項については脚注を省略する。 また、各CDの発売年月日・オリコン順位、ツアーについてはそれぞれ・内のリストを参照のこと。 秋、それぞれクリエイターとして活動していたメンバー4人が意気投合し、GARNET CROWとしての活動を開始する(結成時の状況については「お見合いをしたような感じ」というAZUKI七の発言もある )。 にミニアルバム『』を発売し、デビューする。 リリースは新レーベルのTENT HOUSEでJASON ZODIACと共に新人としてデビューした。 、『』『』の2枚同時発売シングルでメジャーデビューし、それぞれFM局でパワープレイに選ばれた。 『Mysterious Eyes』は発売後、オリコンチャート100位以内に10週間チャートインするというロングヒットとなった。 、岡本仁志がシングル『First fine day』でソロデビュー。 、メジャー1枚目のアルバム『』(オリコン6位初登場)を発売。 同日、AZUKI七が詩集『80,0』を発売した。 1 -six sisters selection-』に、中村がGroove Theory「Tell Me」のカバーで参加した。 1』にも同曲で出演した。 同月スタートののライブツアー『Mai Kuraki Loving You... Tour2002』では、古井が全曲のライブアレンジを行った。 発売の10枚目のシングル『』が週間シングルチャート6位を記録し、日本テレビ系『AX Music Factory』・『』、テレビ朝日系『』、テレビ東京『』『』、TBSテレビ『CDTV-Neo』などのテレビ番組に出演した。 、岡本が1枚目のソロアルバム『a first fine day』を発売。 6月、メンバー司会の番組『GARNET TIME』がで放送開始した。 同アルバム収録の「G. O」ではゲストボーカルとして参加した。 、オフィシャルファンクラブ『G-NET』が設立される。 10月10日 - 、GARNET CROWとして初のライブツアー『GARNET CROW LIVE TOUR 2002 〜first live scope〜』を開催。 、『ミュージックステーションスペシャル "スーパーライヴ2002"』に出演し、2002年最後の活動を終えた。 1月の『Windows Media 9スペシャルライブ』および2月に東京および大阪で行われた『GIZA studio バレンタインコンサート』にて、倉木麻衣、と共演。 3月にでスタートした『THURSDAY LIVE』へゲスト出演した。 前年より放送されていた『GARNET TIME』も、メンバーの楽曲制作専念を理由に(初回放送)をもって放送休止となる。 、3rdオリジナルアルバム『』を発売。 発売ののアルバム『』では、中村が『私は風』のカバーで参加した。 1月27日 - 2月13日、2度目のライブツアー『GARNET CROW live scope 2004 〜君という光〜』を開催。 1月22日・8月5日・11月4日、『THURSDAY LIVE』において岡本がソロライブ「OKAMOTO NIGHT」をhills パン工場で開催し、中盤から他のメンバー3人がゲストという形で登場しGARNET CROWの楽曲を披露した。 また、12月30日、同会場にて「GARNET NIGHT」を開催した。 、4thオリジナルアルバム『』を発売。 3月30日、GARNET CROW制作曲として初の提供となる『』が発売された。 10月26日、初のベストアルバム『』を発売。 前年同様に岡本のソロライブへ全員出演した。 に発売されたシングル『』は初のドラマ主題歌に起用され、オリコン7位初登場を記録した。 、5thオリジナルアルバム『』を発売。 12月、4度目のライブツアー『GARNET CROW livescope 2006 〜THE TWILIGHT VALLEY〜』を開催。 この年に発売した『』『まぼろし』『』の3作品で仕様を行った。 、京都においてスペシャルライブ『GARNET CROW Special live in 仁和寺』を開催。 、6thオリジナルアルバム『』を発売。 8月、5度目のライブツアー『GARNET CROW livescope 2008 〜Are you ready to lock on?! 〜』を開催。 10月22日、28枚目のシングル「」を発売。 初めて映画主題歌に起用された。 、7thオリジナルアルバム『』を発売。 - 、6度目のライブツアー『GARNET CROW livescope 2009 〜夜明けのSoul〜』を開催。 、初のカウントダウンライブ『GARNET CROW Special Countdown Live 2009-2010』を開催。 派生バンド「」結成を発表。 、2枚目となるベストアルバム『』を発売。 - 、メジャーデビュー10周年を記念し『GARNET CROW Happy 10th Anniversary livescope2010 〜THE BEST TOUR〜』を開催。 、31枚目のシングル『』(劇場版『』主題歌)を発売し、オリコン週間チャートでは過去最高の4位を記録した。 、と共演した『GARNET CROW Symphonic Concert 2010 〜All Lovers〜』を開催。 、8thオリジナルアルバム『』を発売。 』を開催。 、2度目のカウントダウンライブ『GARNET CROW Special Countdown Live 2010-2011』を開催。 〜』を同時発売。 、初の野外ライブとなる「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」に中村と岡本が出演した。 、9thオリジナルアルバム『』を発売。 、3度目のカウントダウンライブ『GARNET CROW Special Countdown Live 2011-2012』を開催。 - 、1年半ぶりとなるライブツアー『GARNET CROW livescope 2012 〜the tales of memories〜』を開催。 、10thオリジナルアルバム『』を発売。 - 、『GARNET CROW livescope 2013 〜Terminus〜』を開催。 ツアー最終日となる3月30日のTOKYO DOME CITY HALL公演終了後、5月・6月に東京・大阪で行われるライブをもって解散することを発表。 同時にベストアルバムのリリースも発表した。 、ベストアルバム『』を発売。 - 、解散ツアー『GARNET CROW livescope 〜THE FINAL〜』を開催。 ツアー最終日の6月9日、でラストライブを行い、解散。 解散後• 、リクエストベストアルバム『』とライブDVD『GARNET CROW livescope 〜THE FINAL〜』を同時発売。 、『GARNET CROW PREMIUM BOX』を完全予約生産で発売。 、バラードベスト『』を発売。 、『GARNET CROW PREMIUM blu-ray BOX』を完全予約限定生産で発売。 、GARNET CROWデビュー15年を迎えた記念として大阪・アメリカ村Rozetta CafeにてGARNET CROWミニ・パネル展を開催。 古井と岡本は他アーティストの編曲の担当やライブのゲスト出演を行っている。 AZUKIは2013年12月にへ作詞提供を行って以降活動がなく、中村は解散後から2019年現在まで全く活動がない。 デビュー20周年 2020年 -• 、デビューから20周年を迎えた。 解散から実に7年が経過。 これを記念して、GARNET CROW 20th Anniversary企画の始動を発表。 ただし、これに関して古井がTwitterで「再結成ではない」と公言している。 、GARNET CROW 20th Anniversaryの特設サイトがオープン。 特設サイトではファンからのメッセージ募集企画がスタートした。 また、併せて期間限定でTwitterが開設された。 GARNET CROWとしての公式のSNSはこれが初となる。 担当楽器 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年6月) 主に楽器を担当するのは岡本仁志、古井弘人、AZUKI七の3人である。 岡本はギターを担当し、古井とAZUKI七はキーボードを担当する。 場合によってはAZUKI七の、中村由利のが演奏されたこともあった。 古井とAZUKI七はキーボードを担当する点で共通するが、使用する機材の数や音色が異なる傾向にある。 古井は複数のキーボードを使用するのに対して、AZUKI七はの2ndライブツアー以来、1種類のみのキーボードを使用している。 また、古井はやなどの多彩な音色を使い分ける傾向にあるのに対して、AZUKI七はの音色を中心に使用している。 1stDVDにおいては、古井の担当は「Keyboards」、AZUKI七の担当は「Pianos」と表記された。 レコーディングやライブでメンバーが使用する楽器類は時期によって若干異なり、その全てが明らかになっているわけではないが、いくつか確認できるものを以下に示す。 AZUKI七の使用楽器 AZUKI七が使用したは、以下のものがある。 ヤマハ• ヤマハ• A-90EX• ローランド RD-600• ヤマハ AZUKI七の使用するS90は、2ndライブツアー中盤より白いカバーが掛けられ、AZUKI七専用の仕様となった。 また、ローランド製の2機種は、の1stライブツアー映像の数カ所のみで確認できる。 この他、「」プロモーションビデオなどではコルグのTRITONを使用、「」「」プロモーションビデオなどではヤマハのを使用した。 岡本仁志の使用楽器 を参照のこと。 古井弘人の使用楽器 古井弘人が使用したキーボードは、以下のものがある。 HAMMOND XB-1• HAMMOND XB-2• HAMMOND New B-3 こうしたシンセサイザーとオルガンの併用が多い。 初めて使用楽器を公表したのは発表の「」プロモーションビデオにて、その際はのとを使用した。 のライブツアーではMOTIF 7を3台準備し、系の音色、・効果音の音色、シンセリードの音色と使い分けている。 の3rdライブツアーでは今まで使用していたMOTIFシリーズを一新し、MOTIF ESシリーズの3機種を使用。 に行われたGARNET CROW film scope 2007以降はこれに加えて、後継機種であるMOTIF XS7を一部使用。 に行われた『livescope 2008 〜Are you ready to lock on?! 〜』ではMOTIF XS7を2台使用するなど、年代に合わせて機材を使い分ける傾向が見られる。 に行われた『livescope 2009 〜夜明けのSoul〜』以降では、アンコールにてショルダータイプのシンセサイザー、ローランド・AX-Synthを用いるようになった。 このほか、「」プロモーションビデオなどではHAMMOND XB-2を、「」プロモーションビデオや2002年に行われたfirst live scopeではHAMMOND XB-1を使用した。 楽曲制作 楽曲制作の基本的な流れ 楽曲制作においては、まず中村由利によるメロディーラインのが先行する。 先にが行われたり、事前に詞のテーマを設定するようなことは全くない。 中村の作成したデモテープをもとに、AZUKI七による、古井弘人による、岡本仁志によるギターの収録が行われる。 編曲後に詞が完成することもあれば、詞と編曲がほぼ同時に仕上がる場合もあったという。 こののち再度中村による歌唱収録が行われ完成となる(右図参照)。 ただしそれ以降に2年近く練り直された楽曲もある。 詳細は以下の通り。 作曲・制作曲選定 中村によるは、主にを用いて行われる。 基本となるメロディーは、ふと思いつく場合もあれば、気に入ったから展開する場合もある。 完成したメロディーは簡単な英語で歌われ、2番までデモテープに収録する。 2008年のインタビューによればメロディーとコードがつけられた後、中村によって簡単なアレンジがで行われるという。 ある程度のイメージが伝わる程度にドラムループ、ストリングス、ディストーションギターなどがキーボードで入力される。 中村が使用するソフトはであり、音源はを愛用している。 このように通常はメロディー先行で作曲されるが、2007年発表の「」制作時には、ドラムループを聞きながらメロディーを乗せるというリズム先行の手法が初めて用いられた。 作成されたデモテープのなかから、GARNET CROWとして制作に入る曲が選定される。 この選定はGARNET CROWの手によるものだけではなく、「」など、曲をに起用する企業側によって行われる場合もある。 ただし、作品内容とタイアップの関係は必ずしも一定ではなく、「」のように編曲、作詞を経て既に完成していた作品を企業側がタイアップに起用した場合もある。 タイアップとの関わりについては後述のの節も参照のこと。 編曲・ギター収録 古井によるは、コンピュータとを使用したを基本とし 、専用の部屋で行われている。 具体的内容については古井自身がインタビューで簡潔に説明しており、自分の作業は簡単なメロディーに・などの音を加え、イントロや間奏の長さを決定し、楽曲としてまとめあげることであると答えている。 2008年のインタビューによると、楽曲の方向性は、中村のラフアレンジによる楽器の音やフレーズによって練られている。 古井はそこからボーカルのデータだけを活かして、楽器の音を新規にフレーズ化して再構築する。 当時の機材は、 G5にインストールされたとであり、鍵盤としてを挙げている。 主にソフト音源を使用し、ピアノはNative Instruments AKOUSTIK PIANO、オルガンは同社のB4、ドラムはFXpansion BFD、はLinplugのRMIVというように、パーツごとに使い分ける。 アレンジの段階で打ち込みパートを作り終え、ギターなど手弾きする楽器だけをスタジオで録音し、音を差し替える。 ギターの収録は、古井と岡本で話し合いながら具体的に旋律を決定していく形で行われていく。 起承転結を重視し、楽曲中のの音と競い合ったり 、とを形成したり、ガラスのボトルネックを使用するなどの試みも行われている。 鍵盤楽器のレコーディングは、古井はオルガンやシンセ系、AZUKI七がピアノと、それぞれ担当を振り分けている。 ミゲル・サ・ペソアによる編曲 基本的には古井単独による編曲がほとんどではあるが、の音楽制作会社Cybersoundに所属する(ミゲル・サ・ペソア)という人物に依頼されたこともある。 主体の伴奏を特徴としており、楽曲「水のない晴れた海へ」や「永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら」などを編曲した。 ミゲル・サ・ペソアは日本語の歌詞を理解しておらず、歌詞の意味から離れて編曲を行っており、楽曲の新視点を提示しているとしてメンバーからの評価が高い。 しかし、2006年の「まぼろし 〜album arr. 〜」以降は参加しておらず、ビーイング関連の編曲も数が減っている。 作詞 はAZUKI七に一任されている。 中村からデモテープを受けとり、部屋のCDデッキのおける場所で 、AZUKI七自身の身体が就寝寸前の状態になったのちに作詞を開始する。 この状況で作詞を行う理由は、感覚が開放され創造的な脳の状態にあえて持ち込むためである。 AZUKI七はGARNET CROW以外のアーティストに対しても作詞を行っているが、特に中村の曲に詞をつける場合はその傾向が強い。 2008年のインタビューの際も同様に、作詞の7つ道具として1から4まで「無心」、あとは「デモテープ」「CDデッキ」「筆記用具」を挙げており、とにかく無心になり先入観を排除して、メロディと声の世界に浸れば情景や言葉はついてくるとの旨を述べている。 歌詞の内容は、AZUKI七の感情を入れずにメロディからのイメージのみを読み取って主に書き上げられているが、時にはメロディと対話するような形で言葉が出てくるのを待つこともあるという。 歌詞のモチーフとしては19世紀後半の作家の『』を挙げたことがある。 作曲時に中村が曲に対して想定したイメージは、作詞時のAZUKI七には伝えられていないけれども、双方が一致する場合が多い。 特にシングル曲「」では、完全にイメージが一致し、お互いに驚愕したというエピソードが残されている。 基本的には上記の通り、AZUKI七ひとりによる個人作業だが、例外もある。 楽曲「」の制作時には、スタッフに囲まれながら作詞を行った。 また、楽曲「」の制作の際には、AZUKI七が以前からメロディに載せたいと考えていたの文言を歌詞に入れたが 、中村から「聴く人も怖くなってしまうから」と英語に差し替えるよう促された。 修正後、その部分自体もメロディーごと大幅に削られた。 歌唱収録・調整 作詞・編曲ののち、中村の歌唱が収録され完成となる。 中村による歌唱は、詞の内容にはあまり深入りせず、伴奏に合わせて強弱やニュアンスをつける形で行われている。 この点については作詞担当のAZUKI七からも、歌詞解釈や意味付けをせずに歌ってほしいと述べている。 歌唱収録自体は一度きりで終わった場合から夜通しで行われた場合まであるが 、中村本人は歌唱収録の時間帯は昼間がベストとしている。 歌唱収録で使うマイクは、中村の声と相性の良いビンテージのU67(ノイマン)を使用し、コーラス録りではローの少ない別のU67に使い分けている。 収録した音素材を適切なバランスにまとめるの作業については、楽曲「未完成な音色」やアルバム『』でミキシングを手がけたの中島顕夫がインタビューに答えている。 中島によれば、良いミックスであることは当然だが、による音響効果を聞き手に意識させないことに留意して調整が行われている。 また、通常は複数のエンジニアによってアルバム制作が行われているため、アルバムの全体像はあまり考慮されていない。 ただしアルバム『』制作時に限っては、事前に予定曲順が知らされていたため、やや全体像を意識して制作が行われた。 ミキシングにおけるボーカルのエフェクト処理に関しては中村もこだわっており、「ボーカリストが唯一遊べるポイント」としてエンジニアにリクエストすることも多い。 収録曲選定・発売 こうして個々の楽曲が完成した後も、それがすぐに発売されるとは限らない。 CDに収録する曲の選定や順序は、各曲の完成度や曲同士のバランス等の理由から、発売直前まで検討されている。 その一例としては、2回の収録延期がされた楽曲「Float World」がある。 この曲は、当初2003年9月10日発売のCDシングル「」に収録される予定の曲として公表された。 しかし、その直後に収録予定曲から外されている。 再度この曲が公表されたのは、2か月後の11月12日発売のCDアルバム『』の収録予定曲としてであり、それについての岡本の解説も音楽雑誌に掲載された。 しかし、再度収録予定曲から外され、最終的には2004年1月14日発売のシングル「」のカップリング曲として収録、発売された。 このように収録予定のCDが次々と変わった理由は、他の収録曲とのバランスを考えた上でのことであった。 シングルやアルバムを発売する際は、やジャケット写真の撮影などが行われる。 撮影場所は 、近郊等が撮影場所として紹介されたことがある。 ジャケット写真やCDのデザインは、他のGIZA studio所属アーティストの作品も手がける森美保や小島巖らによって制作されており、撮影された写真などはそれぞれの著書としてまとめられた(詳しくはの節を)。 また、メンバーのAZUKI七による写真もジャケットの一部として用いられることがあり、『』や「」のジャケット写真はその一例である。 このほか、2006年にシングルCD「」のジャケット撮影が行われた際には、ボーカルである中村によって撮影の指示がされている。 その他 こうした作曲・編曲・作詞・歌唱収録の各工程は、各メンバーそれぞれの個人作業の傾向が強い。 この傾向は結成当初から同じであり、楽しみながら制作するバンドというよりも、役割分担を明確にして洗練された楽曲制作集団を各メンバーが目指していたことに起因する。 そのため、メンバー同士の意見交換や立ち会いがされるかどうかは流動的である。 2001年当時にはメンバー同士の話し合いは当然のこととされていたが 、2003年には話し合いなしでレコーディングは進んだ。 また、一旦完成した楽曲が状況によって、再度古井の編曲によってやが調整されたり、AZUKI七によって詞に変更が加えられたこともある。 その具体例としては、楽曲「」のたどった変遷がある。 「僕らだけの未来」は、当初はを意味する「サンドヒル」という名で制作が行われており、スパニッシュなけだるいラテン系の曲であった。 その後、シングル化に伴ってテンポの速い調の曲に再編曲され、タイトルも「僕らだけの未来」となり、歌詞も変更された。 サポートメンバーおよび関係者 メンバーには専門のやがいないため、そうした音色は先述の通り、古井弘人による打ち込みによって構成されるが、いくつかの楽曲収録時にサポートメンバーが参加した場合もある。 その多くはメンバーと同じグループ所属のや、同グループと関わりのある編曲者である。 特にや、をはじめとしたメンバーの参加割合が高い。 参加記録はCDのブックレットのほか、各ミュージシャンの公式ウェブサイトにも残されている(詳しくは節末に一覧表として示す)。 またライブの際には、以下のメンバー等が加わることもある。 (ギター)• (ギター)• 苅田盛介(ギター)• (ベース)• (ベース)• (ドラム)• David C. Brown(ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (指揮、ストリングスアレンジ)• 福田和希(コーラス)• 日向寺咲(コーラス)GIZAクリエイターズスクール(現在の)受講生• 中平彩子(コーラス)GIZAクリエイターズスクール(現在のギザミュージックスクール)受講生• 吉田眞由美(コーラス)GIZAクリエイターズスクール(現在のギザミュージックスクール)受講生• 大平由美子(コーラス)GIZAクリエイターズスクール(現在のギザミュージックスクール)受講生 楽曲およびライブの名については、(もしくはKANONJI ROCKAKU)と表記されている。 楽曲制作とタイアップ 先で多いのは、テレビアニメ番組の『』と『』である。 『名探偵コナン』は2000年から2011年の間に11曲(但し、劇場版は2013年現在、2010年の『』のみ)、『メルヘヴン』は2005年から2007年で6曲のタイアップが行われた。 作曲前からタイアップが決定している場合、「メジャー感のある明るい曲」といったようなテーマを中村がスタッフから受け取り 、そのテーマに沿って作曲されるが、あまり形に拘りすぎないようにバランスが考慮されている。 作詞においても一定のテーマに沿って書かれており、AZUKI七は「」のタイアップが決定した際、原作単行本をすぐに買いに行き、原作と沿うように歌詞を制作した。 編曲の際は、後に楽曲に合わせてアニメーションが作成されることを想定し、タイアップがエンディング曲の場合はアニメの余韻が残るように編曲された。 こうした楽曲制作側の配慮に対して、『メルヘヴン』の作者であるは、シングル「」「」の裏ジャケット用にメンバー4人の肖像を描いた。 この肖像に関してはメンバーの意向が一部取り入れられており、AZUKI七の胸元に描かれたゾンビタトゥーの模様は、本人のリクエストによるものである。 中村は実際に安西と会い握手も交わしており、という職業は何かをクリエイトするという点で、音楽家と同じ匂いがするとの旨を述べている。 評価・音楽性 メンバー自身による評価・音楽性の解説 楽曲の音楽性についてメンバー自身が語ったところによれば、楽曲のルーツはであり、各楽曲はそれを進化させた「21世紀型ネオ・ネオアコ」や、な中に憂い・儚さ・暖かさを含んだもの 、多国籍でノスタルジックなものなどがある。 こうしたGARNET CROWの要素を一曲で示しているのは楽曲「Anywhere」であるという。 楽曲の魅力は、デジタルな音とアナログな音の両方を融合させている点であるとする。 制作する楽曲について重要な点は、スタンダードで良い音楽だと感じられるか否かであり 、いつまでも大事にされる音楽を追求している。 また、2002年にを経験したことは重要な転機であり、聴き手に必要とされていることが実感でき、制作意欲も高くなり、楽曲制作へそれが反映された。 ライブ以前では楽曲制作の段階で楽曲が完成するという意識であったが、ライブを想定することによって楽曲が成長し、ライブの様子をイメージしながら話し合って作成する場合も出てきた。 ライブを通して得た聴き手に支えられているという実感は、4thアルバムの『』という名前に込められたという。 雑誌ライターおよび評論家による評価・音楽性の解説 中村の歌声はデビュー当初、中性的なの声域のために、女性ではなく男性に間違えられたという。 デビューから約3年後、2003年の「GIZA studio バレンタインコンサート」の際には、同じライブを複数の雑誌社がそれぞれ個別に取材した。 中村の声に対して雑誌『My Birthday』では、外国語のように聞こえる不思議な魅力があると評し 、『WHAT's IN? 』ではふくよかな声であると評し 、また『ザッピィ』ではせつなさとはかなさの中に温かな体温を含んでいると評した。 その後、楽曲のリリース時やライブの際にもその都度中村の声については評価がなされており、2005年には透明感と共に落ち着きのある歌声 、2007年にはぬくもりのあるボーカルであると評価された。 AZUKI七の歌詞については、深みのある詞 ・情緒豊かで繊細な歌詞 ・苦しみや悲しみを知った上での優しさが感じられるなどと各雑誌では評された。 また2003年には音楽ライターの渡辺淳が、バンドやボーカルが比較的穏やかな印象であるのに対し、歌詞には激しく揺れる思いや深い感情が描き出されているのではないか、との意見をAZUKI七に対して直接指摘した。 これに対してAZUKI七は、優柔不断な部分を抱えつつ物事を見ている点が歌詞に表れたのではないか、との旨を返答した。 サウンドの質や世界観については、全てを包み込むような独自のサウンドと世界観と評され 、またバンドサウンドなどの温もりと、クールな感覚との微妙なバランスがポイントであるとの指摘もされた。 楽曲の質に対しては、音楽ライターの森朋之が音楽雑誌『CDジャーナル』および『VA』誌上にて「楽曲至上主義」の語をもって評価した。 音楽的姿勢については、『WHAT's IN? 』ライターの竹内美保は、GARNET CROWがな世界観を創出しつつもなところに着地しているという独創性に着目し、ここから「GARNET CROWは音楽的姿勢が」説を唱えた。 GARNET CROWとの関連については、エンタテイメント評論家の麻生香太郞による次のような指摘がある。 レコード会社は、自社がCM枠を持つ番組については確実にタイアップを仕掛ける。 たとえば『』のスポンサーにはも名を連ねている。 そのためビーイング系であるGARNET CROWの楽曲が使用されるのは当然のことである。 しかしながらGARNET CROWの楽曲の水準は高いだけに、「単なるアニメ主題歌」として食わず嫌いの人間がいるなら残念、としている。 その他の評価 オリコンシングルチャートの最高順位の面からは、2002年発売のシングル「夢みたあとで」を画期に平均的な順位が上昇した。 2000年から2001年に発売された各シングルの順位は「」の47位から「」の19位の間であるが、2002年に「夢みたあとで」が最高順位6位を記録して以降の各シングルの順位は、最低でも「」が記録した17位である。 最高では2010年のシングル「」が記録した4位であり、「夢みたあとで」の記録を更新している。 著名人からの評価や関わりを示すものは数例ある。 まずのは、イラストを描く際のBGMのひとつとしてGARNET CROWを挙げている。 つぎにのは、「第11回 」(2006年8月2日開催)の本選選考時において、歌の題材としてGARNET CROWの「」を使用し、芸能界入りを決定づけた。 そして声優のは、インタビューの際に特に好きなアーティストとしてGARNET CROWを挙げた。 曲に物語性や深みがあることを指摘しており、実際に会いたいと述べた。 また、の、のは共に好きな歌手にGARNET CROWを、好きな曲に「夏の幻」を挙げている。 漫画家のいしいひさいちは、邦楽はGARNET CROWばかり聞くので娘に「ガネ男」と呼ばれると書いており、朝日新聞掲載の「ののちゃん」の吉川ロカシリーズのイメージは中村由利としている。 「ののちゃん」にはこの他にも「迷い道」の歌詞に似た台詞や「君 連れ去る時の訪れを」のタイトルがでている漫画がある。 ファンからの評価については、2005年にビーインググループのフリーペーパー『music freak magazine』誌上において、最も好きな曲のアンケート調査が行われており、当時の評価が明らかになっている。 この調査の結果において最も好きな曲の第1位は「夏の幻」、第2位は「夢みたあとで」、第3位は「君 連れ去る時の訪れを」であった。 関連メディア この節はのような記述内容になっています。 に沿ったの記述内容に、してください。 ( 2013年6月) 先述の通りGARNET CROWはメディアに露出することは少ないが、継続的にGARNET CROWに関する情報が提供されるメディアがいくつかある。 2009年9月現在、GARNET CROWについての情報が継続して提供されるメディアは公式ウェブサイトや『music freak magazine』、公式ファンクラブの会報などが挙げられる。 公式ウェブサイトでは、各人の日記や、主な雑誌掲載、テレビ出演等のスケジュールを確認することができる。 『music freak magazine』は主要レコード店で毎月配布されているグループによるであり、「word scope in M. M」と題されたメンバー自身による近況報告が毎月連載されている。 2001年9月号より連載を開始し、2005年には連載50回を越えた。 公式ファンクラブG-NETからは、会報『Garnet Scope』が年4回発行され、またファンクラブに加入することで、会員限定のイベントへの参加も可能となる。 現在では以上のような関連メディアが存在しているが、過去には『GARNET TIME』や、『J-groove magazine』における取材記事などが存在した。 『GARNET TIME』は2002年6月から2003年10月の間、 等 で放送されていた番組である。 この番組は岡本が主なナレーションを行い、『YURI's Night』『AZUKI's Night』と題して中村およびAZUKI七が各回交替で司会を務めていた。 古井もしばしばゲストで出演する等、メンバー全員が携わっているという点が特徴であったが、2003年10月に楽曲制作への専念を理由として番組が休止した。 『J-groove magazine』もグループから出版されていたが、こちらはフリーペーパーではなく有料の月刊誌であった。 定期連載はないものの、この雑誌専用に撮影されたメンバーの写真などがしばしば掲載されていた。 2006年5月号をもって休刊した。 また、の『BEING GIZA STUDIO Podcasting』では、毎回ではないが新曲の紹介やメンバーのコメントが配信されていた。 のネットラジオサービス、およびにおいて毎週無料で配信されていたが、2006年12月をもって新たな配信を終了した。 ただし、過去に放送された回は現在も聴取可能である。 ディスコグラフィ シングル 10th「夢みたあとで」で徐々に評価され始め、ヒットを放つようになる。 ) 僕らだけの未来 2004年 It's TV SHOW!! 2005年 GARNET CROW『GARNET CROW photoscope 2005 〜5th Anniversary〜』 C0073 2005年の活動5周年を記念して作成された写真集。 メンバー全員へのインタビュー、活動履歴、 作品リストなども収録されている。 2009年 music freak magazine Flash Back GARNET CROW 10th Memories 音楽情報フリーペーパー『music freak magazine』における編集企画「music freak magazine Flash Back Memoriesシリーズ」の第3弾作品。 同誌のGARNET CROWに関する掲載記事が全て収録されている。 同誌の2009年~2013までのGARNET CROWに関する掲載記事が全て収録されている。 「music freak magazine Flash Back GARNET CROW 10th Memories」は、その他は株式会社ジェイロックマガジン社が、それぞれ出版。 提供曲• 「」 - GARNET CROWと同じ形態で制作された唯一の提供曲である。 その他のメンバー各個人の提供作品は、、、のそれぞれのページに詳しい記述がある。 2010年12月12日 大阪府立国際会議場メインホール 2010年12月24日 大ホール 2010年12月26日 東京国際フォーラムホールA GARNET CROW Special Countdown Live 2010-2011 2010年12月31日 GARNET CROW Special Countdown Live 2011-2012 2011年12月31日 堂島リバーフォーラム GARNET CROW livescope 2012 〜the tales of memories〜 2012年3月4日 2012年3月17日 2012年3月18日 TOKYO DOME CITY HALL GARNET CROW livescope 2013 〜Terminus〜 2013年3月23・24日 堂島リバーフォーラム 2013年3月29・30日 TOKYO DOME CITY HALL GARNET CROW livescope 〜THE FINAL〜 2013年5月24日 東京国際フォーラムホールA 2013年6月8日 大阪府立国際会議場メインホール 2013年6月9日 大阪府立国際会議場メインホール OKAMOTO NIGHT名義 岡本仁志のソロライブのうち、結果としてメンバー4人が揃ったもののみを挙げる。 名前 日付 THURSDAY LIVE at "OKAMOTO NIGHT" 2004年1月22日・8月5日 2005年12月8日 2006年11月30日 参考文献・出典 [] 本ページのは、以下の音楽雑誌やウェブサイトなどがある。 2013年3月30日. 2013年3月30日閲覧。 music freak magazine編集部「GARNET CROW New Maxi Single「千以上の言葉を並べても... 」」『music freak magazine Vol. 70 2000年9月号』、株式会社エムアールエム、2000年。 GARNET CROW「古井弘人」(前掲CD『[[Best GARNET CROWのアルバム ]]』附属ブックレット所収)。 編「」 、2006年。 (参照:2007年1月27日)• (参照:2007年1月27日)• GARNET CROW「古井弘人」(前掲『』付属ブックレット)• 前掲書 GARNET CROW「born Yuri Nakamura」『GARNET CROW photoscope 2005 〜5th Anniversary〜』。 010』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2005年。 74 2001年1月号』、株式会社エムアールエム、2000年。 keiko murata(インタビュー)「Can you feel? 」『J-groove magazine 12月号』、株式会社ジェイロックマガジン社、2003年。 田中大「NEW CD INTERVIEW GARNET CROW」『WHAT's IN 2006 JULY No. 229』株式会社ソニー・マガジンズ、2006年7月15日。 前原雅子「GARNET CROW」『月刊ソングス 2006年7月号』ドレミ楽譜出版社、2006年7月15日。 NEWS 2009年10月4日. 2013年3月31日00:06閲覧。 G-NET編集部「shooting report GARNET TIME TV」『GARNET SCOPE vol. 004』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2003年、13ページ。 2020年3月29日閲覧。 2020年6月5日閲覧。 E「GPD Talk with GARNET CROW」(『ハイパーホビー』2008年5月号、、2008年、135ページ。 133(通算170号)、、2008年、136ページ。 G-NET編集部「sixth profile 01」(『GARNET SCOPE vol. 006』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2004年、4ページ。 G-NET編集部「seventh profile 01」(『GARNET SCOPE vol. 007』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2004年、4ページ。 森恵美「GARNET CROW interview」 『music freak magazine Vol. 155 2007年11月号』株式会社エムアールエム、2007年、9ページ。 (参照:2008年3月23日)• 槫林史章(文)「pick up artist-2」『WO 2003 vol. 25 no30-1207』オリコン・エンタテイメント株式会社、2003年。 G-NET編集部「member crow's up HIROHITO FURUI」『GARNET SCOPE vol. 004』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2003年、22ページ。 G-NET編集部「sixth profile 03」『GARNET SCOPE vol. 006』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2004年。 89 2002年4月号』、株式会社エムアールエム、2002年。 槫林史章(文)「pick up artist」『WO 2004 vol. 26 no23-1249』、オリコン・エンタテイメント株式会社、2004年。 keiko murata(インタビュー)「Can you feel? 」『J-groove magazine 2005年1月号』、株式会社ジェイロックマガジン社、2004年。 斉田才(インタビュー・文)「GARNET CROW interview」『music freak magazine Vol. 110 2004年1月号』、株式会社エムアールエム、2004年。 G-NET編集部「member crow's up」『GARNET SCOPE vol. 002』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2003年。 高橋栄理子(取材・文)「PICK UP」『CDでーた 2005年12月15日・1月14日号 vol. 17 No. 1』、2004年。 AZUKI七「ESSAY 音楽家が本と出会うとき」『ダ・ヴィンチ April 2007年4月号』メディアファクトリー、2007年。 前掲書 GARNET CROW「improving Yuri Nakamura」『GARNET CROW photoscope 2005 〜5th Anniversary〜』。 G-NET編集部「GARNET history 05」『GARNET SCOPE vol. 004』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2003年、8ページ。 014』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2006年。 森恵美(インタビュー)「GARNET CROW interview」『music freak magazine Vol. 139』株式会社ジェイロックマガジン社、2006年、11ページ。 中村美里(取材・文)「NEW DISC TALKING」『CD HITS! 2004年3月号』、2004年。 2003年12月号』、、2003年。 前掲書 GARNET CROW「future Yuri Nakamura」『GARNET CROW photoscope 2005 〜5th Anniversary〜』。 014』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2006年。 中島顕夫「「LOCKS」INTERVIEW Mixing Engineer "中島 顕夫" 〜 「LOCKS」liner notes 〜」『GARNET SCOPE vol. 022』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2008年。 GARNET CROW(広告)「NEW SINGLE 君という光」『J-groove magazine 2003年10月号』株式会社ジェイロックマガジン社、2003年。 高橋栄理子(取材・文)「PICK UP! 」『CDでーた 2003年10月20日・11月20日号 vol. 15 No. 18』、2003年。 16 No. 1』、、2003年。 G-NET編集部「「籟・来・也」 SHOOTING REPORT」『GARNET SCOPE vol. 014』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2006年、8ページ。 G-NET編集部「夢・花火 Promotion Video Shooting REPORT」『GARNET SCOPE vol. 015』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2006年、4ページ。 GARNET CROW「AZUKI七」(前掲CD『』附属ブックレット所収)。 G-NET編集部「SHOOTING REPORT」『GARNET SCOPE vol. 015』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2006年、6ページ。 music freak magazine編集部「岡本仁志インタビュー」『music freak magazine Vol. 79 2001年6月号』、株式会社エムアールエム、2001年。 斉田才(インタビュー)「GARNET CROW interview」『music freak magazine Vol. 106 2003年9月号』、株式会社エムアールエム、2003年。 川崎直子(取材・文)「Release Interview」『ザッピィ 2004年2月号』、、2004年。 渡辺淳(インタビュー・文)「MODERN VOICE」『WHAT's IN? 2004 FEBRUARY No. 200』株式会社、2004年。 編「」 、2006年。 (参照:2007年1月27日)• 川崎直子(文)「MUSIC」『NEWTYPE JUNE 2005』、2005年。 槫林史章(文)「pick up artist」『WO 2003 vol. 25 no35-1212』オリコン・エンタテイメント株式会社、2003年。 安西信行「」 、2007年1月20日。 (参照:2007年3月10日、消滅確認:2007年3月28日)• 週刊少年サンデー編集部「サンデー情報スタジアム」『週刊少年サンデー Vol. 74 2007年2月28日号』小学館、2007年。 music freak magazine編集部「GARNET CROW interview」『music freak magazine Vol. 143 2006年10月号』株式会社エムアールエム、2006年。 斉田才(インタビュー)「GARNET CROW interview」『music freak magazine Vol. 104 2003年7月号』株式会社エムアールエム、2003年。 music freak magazine編集部「GARNET CROW」『music freak magazine Vol. 64 2000年3月号』株式会社エムアールエム、2000年。 古井弘人「HIROHITO's Essay」『GARNET SCOPE vol. 013』GARNET CROW オフィシャルファンクラブ「G-NET」、2006年。 2003 NOVEMBER No. 197』、株式会社、2003年。 2005 JANUARY No. 211』株式会社、2004年。 My Birthday編集部「GIZA studio Valentine Concert」『My Birthday 2003 APRIL』実業之日本社、2003年。 長尾泰「LIVE SHUTTLE "GIZA studio バレンタインコンサート"」『WHAT's IN? 2003 APRIL No. 180』、株式会社、2003年。 星野彩乃「GIZA studio Valentine Concert」『ザッピィ 2003年4月号』メディアファクトリー、2003年。 柴那典「GARNET CROW interview」『GYAO Magazine No008 2007. March』株式会社USEN、2007年。 川島佳奈子「BRAND NEW CD」『WHAT's IN? 2004 JUNE No. 204』、株式会社、2004年、129ページ。 田中隆信「what's new? disc」『Barfout! 2005年1月号 Volume 113』、株式会社ティー・アール・シー、2004年。 渡辺淳「NEW DISC SPECIAL」『WHAT's IN? 2005 JANUARY No. 211』、株式会社、2004年、129ページ。 渡辺淳「NEW DISC SPECIAL」『WHAT's IN? 2003 NOVEMBER No. 197』株式会社、2003年、137ページ。 渡辺淳(インタビュー・文)「NEW DISC INTERVIEW MODERN VOICE」『WHAT's IN? 2003 NOVEMBER No. 197』株式会社、2003年、172ページ。 森朋之(取材・文)「Artists Interview」『CDジャーナル 2006年10月号』音楽出版社、2006年。 TOMOYUKI MORI「HOT INTERVIEW GARNETCROW」『VA JULY 2007 vol. 61』株式会社TSUTAYA、2007年。 竹内美保(インタビュー・文)「NEW DISC SPECIAL GARNET CROW」『WHAT's IN? 2007 MARCH No. 237』株式会社、2007年。 協力・GIZA studio「アーティスト解剖 GARNET CROW 本格クリエイター集団の仕事術とめざすもの」(『日経エンタテイメント!』2008年4月号 No. 133(通算170号)、、2008年、137ページ。 (参照:2007年8月14日)• ORICON STYLE「」 オリコンDD株式会社、2006年8月2日。 (参照:2007年9月16日)• ORICON STYLE「」 株式会社アニメイト、2007年10月19日。 (参照:2008年2月3日)• J-CAST編集部「」 J-CAST、2008年1月1日。 (参照:2008年2月3日)• 「」、2010年6月3日。 (参照:2011年1月13日)• 『文藝別冊 [総特集]いしいひさいち 仁義なきお笑い』河出書房新社、2012年• music freak magazine編集部「MF RANKING GARNET CROW SPECIAL」『music freak magazine Vol. 130 2005年9月号』株式会社エムアールエム、2005年。 外部リンク• - メンバーのの公式サイト• - メンバーによる連載、過去のインタビュー記事の閲覧可能• Official Music Video• (英語) - サポートスタッフのCYBERSOUNDの公式サイト.

次の

GARNET CROWのボーカルと声優の高山みなみさんは姉妹?

ガーネット クロウ コナン

こんにちは! みなさんがおっしゃるように私も否定派です。 声が似ていると言う件ですが、TWO-MIXの時の高山さんの声とGARNETのヴォーカル中村由利さんの声は、個人的にはそんなに似ていないと思います。 私はGARNETのファンであり、TWO-MIXも聴いたことは何度かありますが、nekokkoさんの質問見るまで声が似ていると感じたことはありませんでした。 言われてみれば似ている程度だと思います。 普段のときのしゃべりも中村さんはちょいちょい関西弁出ますし。 私の見た限り、お顔も全然似ていらっしゃらないですし。 高山さんのご結婚の時もなんの反応もありませんでしたし。 やっぱりputti-haijiさんのおっしゃるように連想ゲーム的勘違いだと思いますよ。 ですが、中村さんのプロフィールは京都出身以外はほとんど謎ですし、中村という苗字もおそらく本名じゃないと思います。 (噂では井上とか・・・) ので完全に否定は出来ませんが、80、90%で姉妹では無いと思います。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 Q マンションの購入を考えています。 ところが、対象物件は大通り(明治通り)にバルコニー(西側)が面していて、2重サッシになっているので騒音はある程度カットされて、慣れてもくるのであまり気にしていないのですが、排気ガスについては凄く気になります。 まだ本申込みをしていないので、検討中ですが、かなり買いたい気持ちが高まっています。 物件は6階にあり、売主に聞いたところ「1階~2階は排気ガスの影響は強いです。 3階は電線は目線にあるので価格を下げてます。 しかし、4階以上は眺望ということで価格設定がされているので、6階の空気も10階の空気もたいして変わりはありません。 」という返事がありました。 もし上の階層にして排気ガスの影響を受けないなら、それもいいのかなと思っております。 都内のマンションで幹線道路沿いにお住まいの方がいらっしゃいましたらご意見お聞かせ願えませんか?子供が喘息になってしまったりしないか不安です。 A ベストアンサー 私は喘息の持病を持つものです。 ue34さんのお子さんは今は喘息ではないんですよね? でも、今大人になって喘息になる人がとても増えているんですよ。 正直な話、喘息だけでなく気管支が弱い人には本当に空気の問題は大きくなります。 親戚の人で都内明治通り沿いに住んでいた叔母は大人になってから喘息になりました。 マンションの7階に住んでいます。 マンションからの眺めは抜群なんですけどね。。。 ) もし、少しでもリスクを考えていらっしゃるなら辞めておいた方が良いと思います。 マンションはこれからたくさん建ちますし、何年後かには余ってくるとも思います。 私もマンション購入で探している時は「これを逃したらもうこんなに気に入る物件はないかも・・」と思いましたが、住む場所がなくなるという事はないと思うのです。 それとディベロッパーの言う話は100%信じない方が良いですよ。 もちろん中には良い人もいますが、6階と10階の空気に差がないなんて事はありえないと思います。 それを裏づける数値を元にue34さんに話されているなら納得ですが、「たいして変わりが・・」の「たいして」は個人差があり非常に曖昧な言い方でこういう責任のないような言い方をするのが得意な人は業界には多いです。 それと契約をかなり早急にさせるのも、気が変わらないようにです。 でも、冷静に考えてみて欲しいのは、リスクと思っていたものが現実になってしまったら・・・・です。 取り返しの付かない事になります。 喘息を風邪と似たようなものと思う人は多いですが、喘息になるとアトピーになる場合もあり、ストレスを感じただけで発作を起こしたりするようになります。 私は社会人になって本当に喘息で苦労をしましたし、会社を辞めた事もありました。 この時は責任の強い仕事をしていてストレスで毎月発作が起きて、起きてしまうと1週間以上治らない状態にまでなってしまい、正直息が出来なくなり死にそうになりました。 すみません・・・おどしているわけでは決してないです。 下の階は確実に空気が汚いわけで、必ずそこを通ってお子さんは学校に行き、家族は買い物に行き、通勤をします。 マンションを購入するのであれば大袈裟な話かもしれませんが一生住むつもりで・・・となるので、慎重に冷静に考えてみてください。 それと、こうなった場合簡単に明治通り沿いの物件が売れるかどうかという点です。 駅近(徒歩5分以内)なら少しは需要があるかもしれませんが、明治通り沿いというのは誰でも悩む点ですよね。 誰でも悩むという事は、売れるかどうかという時に高く売れないかもしれないと考えておいた方が良いという事にもなります。 かくいう私もマンション購入時点では最初はいろんな夢を見て、でも周りの反対で1度あきらめ、その2年後に冷静になって今のマンションを納得して買っています。 デベロッパーは「今が買い時」やら「これを逃すと」といいますが、本当にここで後悔はしない!と思うくらいの物件の方が良いと思います。 あきらめるのって辛いですが、私はあの時あきらめて2年後に買って良かったと思っています。 いろいろとえらそうに言ってしまい申し訳ありません。 あくまでも個人的な意見なので参考程度に読んで下さい。。 それとURL参考にしてみてください。 たぶん役に立つ情報が沢山あると思います。 知っていたらごめんなさい。 sakurajimusyo. a-lab. ue34さんのお子さんは今は喘息ではないんですよね? でも、今大人になって喘息になる人がとても増えているんですよ。 正直な話、喘息だけでなく気管支が弱い人には本当に空気の問題は大きくなります。 親戚の人で都内明治通り沿いに住んでいた叔母は大人になってから喘息になりました。 マンションの7階に住んでいます。 マンションからの眺めは抜群なんですけどね。。。 ) もし、少しでもリスクを考えていらっしゃるなら辞めておいた方が良いと思います。 マンションはこ... Q TVオリジナルの回は別にして、コナンのTV版って、結構、原作に忠実に作っている気がします。 シナリオとかキャラの表情とか。 もちろん、長さの都合で場面や台詞が増減することはよくありますけど、それ以外で(長さ調整が目的じゃなさそうなのに)両者が「違うもの」になってしまってる箇所って、何があるでしょうか。 ちょっと気になったので質問させてください。 今思いつくのは、バスジャック事件での灰原を脱出させる場面で、 原作:拳銃を撃ってリアウィンドウを割って脱出 TV:消火器を蹴り込んでリアウィンドウを割って脱出 と、使う道具を変えてあった件くらいです。 「コナンが拳銃を撃つ」という映像が問題にされたのかなー、と勝手に想像してます。 (でもそれ言ったら『十四番目の標的』は…?) A ベストアンサー ストーリー上でも重大な話では、灰原の姉とコナンの絡みが変更されています。 当時はまだ原作にも灰原が登場してなかったので……。 そのため、アニメで灰原を登場させる直前(128話)に、宮野明美とコナンの接点を描くために「黒の組織10億円強奪事件」というオリジナル話を入れました。 後半の展開は原作寄りですが、内容的には原作の宮野明美と違った形で事件に入っていきます。 コナンのアニメ史上、同じ名前のキャラは第12話と128話の「宮野明美」だけです。 ito-ya. 夏目漱石始め文豪もこだわりを求めて足を運んだ老舗。 hands-net. html (ご存じハンズ。 sekaido. yurindo. stationers. 通好みで融通も利く) でも上記のところはもうチェックされているでしょうね...。 あとは楽天などの通販でこだわりの商品を扱っている店舗があるかもしれませんので、検索されてみては どう堂でしょうか? お役に立てずスミマセン。 ito-ya. 夏目漱石始め文豪もこだわりを求めて足を運んだ老舗。 hands-net. html (ご存じハンズ。 sekaido. yurindo. A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 Q 最近我が家のDVDプレーヤーが不調です。 TMY社の『 GAIAM 品番:DVP-C910 』という商品を使用しています。 誕生日のプレゼントに旦那からいただいたのですが、半年程でディスクの読み込みができなくなりました。 1年の保証書がついていたので、お店に持って行くと、店長さんが接客してくれたのですが、『壊れるには早すぎるな・・・』とボソボソと言いながら確認し、新しい同じ商品と交換してくれたのですが・・・ 新しく交換してもらった商品も1年1ヶ月程でまたしても同じく読み込みができなくなってしまいました。 タバコのヤニなどで機器は壊れやすくなると聞いたことはありましたが、家は禁煙なのでそういう訳でもないし・・・ チビにいじられないように手の届かない所に置いていたり、ホコリ等の掃除もマメにしていました。 1年の保証期間は過ぎてしまったので、持って行っても無理だろうな~とは思うものの、なんだかバカらしく思えてきてしまいました><; 同じ商品を使っている方はいかがでしょうか?? 皆さんも同じですか?? TMY社の『 GAIAM 品番:DVP-C910 』という商品を使用しています。 誕生日のプレゼントに旦那からいただいたのですが、半年程でディスクの読み込みができなくなりました。 1年の保証書がついていたので、お店に持って行くと、店長さんが接客してくれたのですが、『壊れるには早すぎるな・・・』とボソボソと言いながら確認し、新しい同じ商品と交換してくれたのですが・・・ 新しく交換してもらった商品も1年1ヶ月程でまたしても同じく読み込みができなくなってし... A ベストアンサー はじめまして。 CD・DVDレンズクリーナーでクリーニングしてみましたか。 レンズの汚れの原因はタバコの煙やヤニ、眼に見えるホコリだけではありません。 眼に見えない微細なホコリはどれだけ部屋を丁寧に掃除していても漂っています。 人間そのものがホコリの塊なのでこれはどうしようもありません。 トレイを開けるとホコリは侵入します。 トレイを開けなくてもホコリは侵入します。 またディスクも静電気を帯びる性質があるのでホコリを吸い寄せます。 レンズもプラスチック素材なのでホコリを吸い寄せます。 大抵はディスクの回転時に発生する風で吹き飛ばされますが、ホコリは徐々に付着していきます。 また設置場所がリビングダイニングキッチンで、開放型のキッチンの場合などは眼に見えない油煙も散乱します。 1年も放置するとTVの画面は真っ黒、壁も若干黄ばみます。 これはタバコのヤニと同等です。 徐々に進行するのでほとんど気付きません。 とにかくCD・DVDレンズクリーナーでクリーニングをお試しください。 湿式と乾式があります。 クリーニング効果が高いのは湿式ですが、大抵は乾式でもOKです。 湿式は乾式でも取れないしつこい汚れをとる場合にのみ使用します。 但し使用上の注意と手順は順守してください。 特に湿式の場合クリーニング液の付けすぎは逆にレンズに致命傷を与える場合があります。 またクリーニングは連続して3回程度が限度です。 それ以上クリーニングディスクを動作させてもクリーニング効果は全くありません。 レンズが痛むだけです。 症状が変わらない場合は修理、交換、買い替えとなります。 クリーニングは頻繁にする必要はありません。 認識不良が発生したらで構いません。 逆に神経質になって頻繁にクリーニングするとレンズを痛めるだけです。 我が家の場合一番酷使しているPCの光学ドライブは1年に1度ほどディスクの認識不良を発生します。 もっとも当方が喫煙者のせいもあります。 ちなみに当方は自分の部屋以外ではタバコは吸いません。 それ以外のDVDプレイヤーやレコーダー、他の部屋のものも1~2年程度で最低一回はクリーニングとなります。 もっとも使用頻度にかなり左右され、頻繁にトレイの開け閉めをしているものほど汚れやすい傾向はあります。 いずれにしてもメンテナンスは必要です。 >安い商品 4,000円程 だと1年くらいで壊れてしまうもの? 確かに中国製の安物ではありますし、電子機器にはどうしても当たり外れがあります。 製造段階で部材の検査はしていますが、大抵は通電すればOKなのでその個体差までは判明しません。 なので製品の寿命にバラ付きが生じるのはやむ得ません。 中国製の大半は格安の部品で低賃金で組み立てるので製品自体も格安になります。 これらはメーカーで修理はしません。 販売メーカーは中国の製造メーカーに委託して製造する方式ですので、日本国内に修理を担当できるサービスもいなければ、部材も手元にないのでメーカー送りになっても大抵が新品交換となります。 国内有名メーカー製のものでも、現在では高級機を除いて大半が中国組み立てです。 部品の大半は日本からの輸出ですが、格安で良い部品があれば中国、韓国、台湾等から購入し、中国の組み立て工場で組み立てる方式です。 純粋中国製よりは程度の良いパーツを使用しているし、工場での品質管理も徹底されているので製品の質は上です。 また部材の大半は日本国内で確保しているので、サービスが修理します。 その分どうしても販売価格が高めになります。 我が家の一番古いDVDプレイヤーソニーDVP-F31(2003年・マレーシア製)は喫煙者の当方の部屋にありますが、まだ現役で正常に動作します。 レンズクリーニングは8年間に3度ほどです。 はじめまして。 CD・DVDレンズクリーナーでクリーニングしてみましたか。 レンズの汚れの原因はタバコの煙やヤニ、眼に見えるホコリだけではありません。 眼に見えない微細なホコリはどれだけ部屋を丁寧に掃除していても漂っています。 人間そのものがホコリの塊なのでこれはどうしようもありません。 トレイを開けるとホコリは侵入します。 トレイを開けなくてもホコリは侵入します。 またディスクも静電気を帯びる性質があるのでホコリを吸い寄せます。 レンズもプラスチック素材なのでホコリを吸い寄せます...

次の