日立 洗濯 機 エラー c04。 日立洗濯機エラーコード一覧と対処法【保存版】

【直った!】日立ドラム式洗濯機「ビッグドラム」でC02エラー

日立 洗濯 機 エラー c04

ドラム式洗濯機で困るのは、排水管つまりが起きやすいことだ。 ドラム式洗濯機は節水をうたっているだけに、使用水量が少なく、排水管を水流で洗い流す力も弱い。 従来の縦型洗濯機で排水管詰まりが起こりにくいのは使用水量が多いためだ。 つまり、よく節水して、洗浄力も強いという優れたドラム式洗濯機ほど排水管詰まりが置きやすいという宿命がある。 日立のビッグドラムはまさにこれで、我が家のビッグドラムも排水詰まりを示す「C-2エラー」が頻発するようになった。 しかし、本体重量80キロの巨体は動かせず、排水管を洗浄することができない。 排水管のつまりの主な原因は石鹸カスで、べたべたの石鹸カスに糸くずや髪の毛がくっついて絡まることによる。 つまり、石鹸カスを溶かせれば、糸くずはほどけて流れるので、多少の排水管つまりはメーカー修理を頼むことなく、自力で何とかできる。 使ったもの。 サンポール(200円ぐらい) 液体パイプクリーナー(300円ぐらい) (1)糸くずフィルターをはずす。 (C-2エラーが出なくなっていたら、槽洗濯コースを1回するのがベスト) パイプクリーナーやサンポールの標準放置時間の2倍ほど長く置くのがポイントだが、当然、自己責任で。 さて、これでたいていのつまりは解消できる。 多少の排水つまりなら液体パイプクリーナー(アルカリ性)だけでも何とかなるが、特に木綿の糸くずが多いとアルカリ液に強いので、酸性のサンポールを使わないとどうしようもない。 しつこい汚れなら(1)~(7)を2回繰り返す。 1回500円程度のコストでできるので、なにもエラーが出なくても 予防的に3ヶ月に1回ぐらいはやるとよい。 ただ、2回繰り返してもエラーが出るなら、ナイロンなど酸・アルカリに強い化学繊維のつまりや、別系統のつまりも考えられるので、電気屋さんに来てもらうしかないだろう。 そうなると、修理代は5千円~3万円ぐらいらしいので、ドラム式洗濯機には 5年以上の長期保障は必須ということだ。 そもそも、この状態に陥らないのが一番いい。 【ドラム式洗濯機で排水系のつまりを予防する心得】 1.スピードコース、すすぎ1回コースは極力使わない。 (大事!) ・・・すすぎ水が少ないと、石鹸カスがたまりやすくなる。 すすぎは2回以上で。 2.洗濯物は容量の8割まで。 (大事!) ・・・排水スピードが極端に遅くなり、石鹸カスがたまりやすくなる。 糸くずも一度に大量に出る。 たとえば、洗濯容量6キロの洗濯機なら4キロまでというように。 洗濯物の重さを見る目安として、最近のドラム式は投入する洗剤の量が示されるが、どの社でも 0.8杯を越えないのが8割の目安。 3.なるべく毛布は洗わない。 ・・・上記2と同じ理由。 糸くずの量が半端ない。 乾燥までするとえらいことに。 もし毛布を洗濯・乾燥したら、その後は槽洗浄コースを必ず1回やるぐらいの用心が必要。 4.月1回は槽洗浄コース。 ・・・水量が多く、排水管のつまりを押し流せる。 洗濯槽クリーナーは排水系の石鹸カスもある程度分解するので使ったほうがよい。 クリーナーは市販のものでもよいが、排水エラーがよく出る洗濯機では、メーカー純正品を。 アルカリ成分の濃度が段違いに高く、石鹸カスの分解力が高いため。 5.3ヶ月に1回はパイプクリーナー。 ・・・上記4だけでは分解できなかった排水管の石鹸カスにはやはりパイプクリーナー。 粉末のものは投入しにくいので液体で。 6.糸くずフィルターは 毎回掃除する。 ・・・基本中の基本。 フィルターにたまった糸くずは濡れてベタベタしていて「なんだかヘドロみたい」と嫌う向きもあるが、あれは洗濯してすすいだ糸くずなので、生物学的には無菌に近い衛生的な糸くず。 予防的にこれだけやっていれば、電気屋さんのお世話になる確率はグッと減るわけだが、せっかく節水で節約した分が、クリーナー代や電気代で消し飛んでしまうのでは??という疑問を、パナソニックの町の電気屋をやっている親戚にメールで投げたところ。 「ドラム式のメリットはボタンを押せば乾燥まで終わってることだから(笑)」 という1行メールが返ってきた。 ・・・・なるほど。

次の

日立の公式サポートにビッグドラムのドラム式洗濯乾燥機の点検と修理お願いしたら今回は格安でした。ノウハウですが、日立のドラム式で C06 のエラーが出たら洗濯から洗濯槽洗浄を行うと良く、そうでなくても月1で洗濯槽洗浄が推奨らしいです。

日立 洗濯 機 エラー c04

日立の洗濯機「ビッグドラムスリムBDS3800」を購入しました 以前つかっていたシャープのドラム型洗濯機が壊れそうになったので、洗濯機を買い替えることにしました。 パナソニックのドラム型洗濯機と迷いに迷った結果、日立のドラム型洗濯機を購入することに決めました。 決めた理由は、日立はモーターに強いとの口コミを見たからです。 「モーターの日立」とも呼ばれているらしく、それなら「モーターに強い=壊れにくい」と考えて日立の洗濯機を選ぶことにしたんです。 置き場所のサイズだけではないという現実 買ってから、まず最初に気になったのはドラム型洗濯機の扉のことです。 開くとこうなります。 この状態で困る家庭は少ないと思いますが、実は我が家は洗面所のスペースの関係で、洗濯機の向かい側にタオル等を入れる棚を置いていたんです。 以前使っていたシャープのドラム型洗濯機の場合、ドアを下にスライドして開けるタイプだったので、扉を「開けるためのスペース」は、ほとんど要らなかったんです。 縦型洗濯機も、洗濯機さえ置ければドアを開けるスペースのことなんて考えずに使えますよね。 しかし、日立のドラム型洗濯機に変えたら、この「ドアを開けるためのスペース」が大きくとられてしまうために、タオル等を入れる棚が置けなくなってしまいました。 ちょっと考えればわかったことなんですが、購入時のサイズを測るときに「洗濯機が置けるかどうか」ということしか考えていなかったので、このようになってしまいました。 それと、当たり前のことですが、右開きと左開きを間違えるとさらに悲惨なことになりますのでご注意ください。 我が家の場合、左開きを購入しましたが、これがもし間違えて右開きを購入していたらとんでもないストレスを抱えることになります。 洗濯後に水が垂れる 洗濯が終わって、ドアを開けるといつも水滴が垂れてくるんです。 良く見ると水滴が! この部分に必ず水滴が残っているので、ドアを開けると2~3滴の水滴が床にこぼれます。 「ドアを開けると同時にタオルで水滴をキャッチする」という作業が発生します。 これは困ったと思い、説明書を見てみるとこんな表記が。 「気になる場合はタオルなどで拭き取ってください」 あ、やっぱりそうするしかないんですね。 ごみが付きすぎ。 見えすぎ。 乾燥機能を使わない人には関係ない話なのですが、日立のドラム型洗濯機を買うということは乾燥機能も使いますよね? 使った後に毎回こうなります。 もう、拭かなきゃ洗濯物が取り出せないような場所に乾燥後のごみがくっついています。 乾燥機能を使う以上は仕方のないことですが。 このごみをどうすればいいかというと、こんなシールが張ってありました。 「ドアのまわりやドアパッキン周辺や裏側、ドラム内に付いた糸くずなどは毎回ふき取る」 そうですよね。 拭き取らずにはいられない場所にごみがついてますからね。 という訳でこのごみは毎回ティッシュで拭き取っています。 乾燥機能を使うと他にもお手入れをしなければいけない場所があります。 それは「乾燥フィルター」です。 ここにもごみが溜まっているんですね。 1回の乾燥だけでもフィルターが目詰まりしています。 これもティッシュでササッと掃除します。 ここは取り外しができるし、ごみもサーっと集まって捨てられるので簡単に掃除できます。 難関はこの奥なんです。 ホースのような付属品を掃除機に接続して掃除をします。 奥が見えないので、若干手探りで。 ホースが長いからあんまり吸い込んでいる感じがしません。 あと、どうしても端の角の部分に埃がたまっているよう。 仕方ないので、手作りの掃除用具を準備。 竹串2本をガムテープでくっつけて作りました。 奥まで入れてもよく見えないので、これも手探り。 こんなに手間がかかるなら、もっと掃除しやすい構造にしてくれたらいいのに。 せめて掃除する部分は取り外しができればいいのに、と毎回思ってます。 乾燥フィルターがに汚れが溜まったり、乾燥機能を20回運転すると、「掃除してください」と言わんばかりの表示が点灯。 これがでると、掃除しなくてはというプレッシャーが。 洗濯乾燥機を良い状態で使うためには必要なことだとはわかっているんですが、正直めんどくさい。 まぁ、仕方がないですね。 毎日のメンテナンスこそ、電化製品を長持ちさせる秘訣ということなんですね。 変なところに靴下がひっかかる なぜか洗濯(乾燥では無い)のたびに、特定の靴下だけがパッキンにひっかかっているんです。 黒い靴下なので見えずらいですが、この靴下だけ、毎回ここにひっかかるんです。 しかも、ここに引っかかったら脱水がされないみたいで、毎回この靴下だけびちょびちょなんです。 引っかかるのは靴下の片方だけ。 1度だけ、小さいダオルが引っかかっていたことがあるので、小さい何かが引っかかる可能性が高いようです。 洗濯が終わると、この靴下だけ手でしぼっています。 いつも引っかかるような靴下やタオルは、洗濯物を入れる時に先に奥の方に入れるか、ネットに入れて洗えばいいそうです。 日立のビッグドラムで乾燥すると臭いのか? 人によると思いますが、確かに洗剤の匂いはしなくなりますね。 熱で洗剤の匂いが消えたという感じでしょうか。 でも私は気になりません。 臭いという訳では無いです。 関連記事 もしかしたら、洗い上がりの匂いが嫌いな人もいるかもしれませんが、家庭ごとに使っている洗剤や柔軟剤が違うので、その洗剤や柔軟剤によっても変わってくると思います。 説明書には「購入後しばらくの間はゴム製品のにおいがすることがあります。 使用するにつれて、においはなくなります」と書いてあるので、臭いと感じる人は、これが原因かもしれませんね。 まとめ 買った後の問題点ばかりを書いてしまった感もありますが、これは日立洗濯機ビッグドラムだけに当てはまるものでは無いのかな、とも思います。 特に乾燥機能(乾燥後の掃除)については、どのメーカーのものを買っても、長く使おうとしたらお手入れは必要になると思います。 日立のドラム型洗濯機「ビッグドラム」は人気があるし、洗濯や乾燥の機能も満足できるものです。 いろいろ書いてしまいましたが、私が買った3800モデルは13万円程度と当時としては最安値に近かったし、総合的にはとても満足しています。 買った当時、とても人気の機種だったようで配送までに1か月かかりました。 しかし、私もそうでしたが買う時って洗濯機を置くスペースに置けるか、価格は予算内か、デザインはどうか、省エネか、などパンフレットに載っているような部分しか考えないで買ってしまいますよね? もし、これから洗濯機を買う予定の人は「買った後どうか」「メンテナンスはどうやるのか」など、パンフレットには載っていないことも情報収集してから買ったほうが、満足度が高いと思うので、参考にしてみてください。

次の

日立の公式サポートにビッグドラムのドラム式洗濯乾燥機の点検と修理お願いしたら今回は格安でした。ノウハウですが、日立のドラム式で C06 のエラーが出たら洗濯から洗濯槽洗浄を行うと良く、そうでなくても月1で洗濯槽洗浄が推奨らしいです。

日立 洗濯 機 エラー c04

こんにちは、イエローハットです。 我が家では、エマールを使ったりするドライマークの着いた服や乾燥機を使えない服などを先に洗濯して、お風呂場のカワック(浴室乾燥機)で干しています。 うちの嫁様は、とっても鼻が利くほうなので、もう怒り心頭です。 この問題をなんとかせなアカンので調べてみました。 もくじ• 価格コムで洗濯機・日立ビッグドラムBD-SV110Aの悪臭やニオイを口コミでをチェックからスタート 今回買ったうちのドラム式洗濯機は、 日立のビッグドラムBD-SV110A。 年末に赤ん坊が生まれるから、家族が増えれば洗濯物も増える!ってことで、洗濯11キロ、乾燥6キロのなかなか大容量系の洗濯機に買い替えたんよ。 やっぱ、家電製品なんかの不具合やレビューやったら、ぎょーさん書いてるのは価格コムの掲示板やからね。 ってことで、価格コムの検索窓に「日立ビッグドラムBD-SV110A」と入力して調べてみると、こんな書き込みが・・・ このカキコのリンク先はbbs. 色々読んでみたけど、うちと同じように乾燥機で乾かした衣類やタオルが臭いという相談がばっかり。 さすがは価格コムだけあって、日立のビッグドラムシリーズに関する「臭い」や「下水臭」、「悪臭」なんかの相談に対しての回答やアドバイスがけっこう載ってる。 よし、原因を学んで対策を考えるでー 日立ビッグドラムBD-SV110Aの乾燥後の臭い(下水臭)の原因は? もう、日立の洗濯機は買わないな。 まず、「下水臭」で検索した時の口コミのまとめを読んでいって驚いたことが2点ある。 日立は、乾燥時の湿った空気を排水トラップへ捨てる空冷仕組みになっており 排水トラップの何かしらの原因で下水臭が戻ってきてしまうようです。 普通は、乾燥終了後に一定の水を流し込み封水し臭いがあがりません。 家の排水管は下水管と繋がってるから、管の口が開いたまま=空気が通る状態やと、下水の臭いや管の中の雑菌や汚物の臭いがモロに上がってきて臭い。 たまに、長期で家を空けて帰ってくると、キッチンのシンクや風呂の排水溝が臭いときあるやろ?あんな感じや。 で、そのニオイを解消するために使うのが 「排水トラップ」。 ようは、 排水管の空気の流れを、「水でフタをする」役目をしてくれる部品みたいなもん。 けど、長いこと家を離れたりして、風呂場やキッチンで水を全く使わないのでいると、排水トラップの内の水が干上がってしまうワケ。 ビッグドラムの排水トラップに水が無くなる原因は? で、価格コムの掲示板にあった日立ビッグドラムシリーズが臭う原因の話に戻るけど、 ふつう毎日洗濯機を使っていれば、洗う時の排水が流れるワケやから排水トラップの水が干上がることなんてないねん。 ただ、日立のビッグドラムシリーズの乾燥方式は、乾燥時の(湿った空気を逃がす)排熱を排水管にしているというところ。 排水管に向けて熱い空気を送り続けているから、当然、排水トラップの水が乾いてしまうのだ。 日立ビッグドラム(BD-SV110A)の乾燥機を使った時に衣類が臭う仕組み ざっと、「なんで乾燥した後の洗濯物が臭いのか?」をまとめてみる。 家事を時短したい、少しでも負担をなくしたいから寝ている間に乾燥機を使ってんのに、時間をおけばおくほど臭くなるって!www まぁ、もう2度と日立の洗濯機を買わないにしても、15万も20万も出して買ったもんをスグに買い替えるわけにもいかんから、対策を考えてみたわ。 SV110A(日立ビッグドラムシリーズ)の臭い対策 この日立ビッグドラムという洗濯機の乾燥機を使ったあとの衣類の臭いを対策する方法を調べていると、こんなものを見つけた。 の臭い逃がしのシステム 排水管に別の管を繋いで、 その管を延長していって、 直接、換気扇に突っ込む! Oh! YEAH!!!!!!!!!!!!!!! って、これで臭いが収まるかもしれんけど、これを自前でやらなアカンの? 手間はかかるわ、金もかかるわ、見栄えも悪いわでやる気起こらんじゃん。 で、さらに調べていくと、 空冷除湿を水冷除湿に切り替えで「臭い」をなくす! 日立ビッグドラムの乾燥方式はデフォルト(標準)では、空冷除湿やと。 その空冷除湿を水冷除湿に切り替える方法があるらしい。 そもそも、空冷と水冷の違いとか、なんで臭いをなくすのに関係あんの?ってことだと思うので解説します。 (てか、マジこの記事長くてしんどいわw) 1.水冷式 ・埃が減る 除湿の水にキャッチされ排水として捨てられる。 ・乾燥に水を消費する。 ・排水ホースに湿気を捨てる必要が無い。 2.空冷式のメリット ・乾燥で水を使わない。 ・実際には、湿気を除湿せず排水ホースから捨ててしまうので電気代が安い。 空冷式はヒーター式とも言うんやけど、これは水を使わない=節水・省エネってことで、今は主流のひとつになっているだよね。 でも、日立のヒーター式は前にも行った様に、熱い湿気を排水ホースから捨ててしまので、排水トラップがどんどん乾燥していってしまい、それが臭いの原因となる。 水冷式(水冷除湿)だと、乾燥機を使用中にも水が使われて、排水もされる。 よし!これで解決やで! ネットで、「日立 洗濯機 ビッグドラム 乾燥機 水冷 空冷 切り替え 方法」(メチャ長いw)で調べたけど、なかなか出てこないから、取扱い説明書を順番に見ていくと・・・ あった! ありましたー! トリセツを見にくい人は下記を読んでください。 はじめまして。 私も日立のビッグドラムを使っていましたが、洗濯物だけではなく洗面所一帯に漂う下水の臭いに悩まされ、メーカーの人を数回呼んで苦情を言っても結局解決しませんでした。 そのほかにも排水できなくなったり、排水溝が詰まったり、他の不具合も重なったので、ついに諦めて買い換えました。 私の推測ですが、排水溝に廃棄するという方式自体に無理があるのではないかと思います。 と言うのは、排水溝って他の部分 洗面所やお風呂 と管でつながっているわけで、仮に洗濯機の排水口に水がたまっていてそこから臭いが上がって来なくても、排水管の臭いが他の排水口から上がってきていたのではないかと思います。 洗濯機を変えてからはまったくそのような臭いはしなくなり快適です。 欠陥商品だと思いますが、メーカーと交渉するのに疲れたので諦めて捨てました。

次の