溺れる ナイフ 考察。 映画「溺れるナイフ」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

映画「溺れるナイフ 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

溺れる ナイフ 考察

退屈な田舎の生活で出会ったのは、地元の郷士の跡取りである長谷川航一朗(菅田将暉)でした。 強烈な個性を持つコウと夏芽はしだいに惹かれあいますが、そんな時にある事件が起こります・・・ 「溺れるナイフ」ネタバレ モデルとして活躍する夏芽(小松菜奈)は、父の仕事の関係で東京から浮雲町に越してきます。 海辺を散策していた夏芽は、金髪の少年コウ(菅田将暉)と出逢います。 コウがいたのは、鳥居のある場所、神様のいる場所として立ち入り禁止になっている場所でした。 転校初日、モデルとして有名だった夏芽はクラスで騒がれます。 そこでコウと同じクラスであることが判明しますが、コウに冷たい態度を取られた夏芽は、立ち入り禁止の海で泳いでいたことをみんなにバラしてしまいます。 また、あの海で会う2人。 コウは夏芽を海に一緒に落とし、この町のものはみんな俺の好きにしていい、と言います。 それは間違っているわけではなく、実際コウは町一番の権力者の息子なのでした。 ある日、夏芽に電話がかかってきます。 有名な写真家・広能晶吾(志磨遼平)が写真集を撮り下ろしたい、とオファーが入ったのでした。 夏目はコウに勝ちたくて写真集のオファーを受けます。 撮影中、森で写真を撮っているところに現れ、みんなに石を投げるコウ。 そうして逃げたコウを夏芽は追いかけます。 「 コウに 勝てるかな?」と言う夏芽に、広能晶悟はこたえます。 「勝てるよ。 君のものって言ってたでしょ?」と。 夏芽は写真集ができたことをコウに伝えます。 伝えてすぐコウから逃げる夏芽は、写真集を見せろと迫られます。 「わたしじゃないみたい」と言った夏芽にコウは「こういう目をいつもしてる」と。 映画に声かけられたことを伝える夏芽。 コウちゃんが一緒にいてくれればそれで良い、という夏芽に、 「つまらんのー。 力があったら使いたいんちゃうか?」とコウは言います。 「おもしろくなるよ。 」と夏芽。 コウにお守りもらい、夏芽は自分のお守りをあげ、2人は付き合うことになります。 お祭りで、浴衣デートする2人。 見つめあおうよ、という夏芽に、見つめ合うってこういうこと、と止まっているバスの中でキスをするコウ。 いよいよ火祭りがはじまります。 その時、おじいさんが倒れた、と言われ夏芽は男に連れて行かれます。 しかしそれは嘘で、夏芽を連れ去ったのは旅館「あづまや」に泊まりにきていた蓮目匠(嶺 豪一)という男でした。 車で山奥まで連れ去られ、レイプされそうになる夏芽。 コウのお守りが弾け、異変に気付いたコウは夏目を探しに行きます。 夏芽を見つけますが、蓮目に見つかり殴られてしまうのです。 蓮目がまた夏芽を襲おうとしているところに、町の男たちが助けに来てくれてなんとかレイプは未遂に終わります。 時が経ち、高校生になった夏芽。 同じ高校に進学した大友(重岡大毅)は、いつも一人でお昼を食べる夏芽を誘い、一緒にお昼を食べます。 そこでコウと別れた話をします。 夏芽は、コウと別れた理由は離れることがお互い傷つかない唯一の方法だったから、別れたのでした。 夏芽は大友と帰る道で、コウと出くわし思わずバイクで走り去るコウを目で追ってしまいます。 ある日の帰り道、夏芽はコウを見つけて追いかけます。 港でコウに追いつき、コウの乗る小舟に飛び乗る夏芽。 ずっと待っていたことを夏芽はコウに伝えますが、コウは関わらないでくれと夏芽を突き放します。 コウと会った後、夏芽は大友と遭遇し、バッティングセンターに連れていってもらうことになります。 好きになれないよ、と伝える夏芽。 おぉ、友達でええよー。 という大友。 ふたりは一緒に映画を観に行く約束をします。 しかし映画当日に寝込んでしまった夏芽のお見舞いに、大友が家まで来ます。 そこで夏芽と大友は付き合うことになるのでした。 ある日、夏芽にまたオファーの電話がかかってきます。 それは、あの写真家・広能晶吾からの映画主演のオファーでした。 しかしそれを、もう晒し者になりたくないと夏芽は断ります。 広能晶吾は学校前で待ち伏せしていました。 しかし、夏芽にあったら撮る気なくなった、といいます。 夏芽は、大友と帰るのを断りひとりで帰ります。 夏芽は、森でコウと会います。 森の中の作業小屋で、結ばれるふたり。 そして、もう会わなくなります。 大友のバイト先のスナックで開店前にカラオケデートするふたり。 夏芽は別れ話を切り出します。 理由は、映画に出ることにしたからでした。 東京へ行くから、と別れを告げます。 大友はカラオケで熱唱し、ふたりは友達に戻ることになりました。 「溺れるナイフ」ラスト最後の結末 また、火祭りの日。 見慣れないお面をつけた男を不審に思ったカナ(上白石萌音)はコウに、夏芽ちゃんは災いの元だ、と言います。 そのお面をつけた男は蓮目でした。 今年も夏芽を襲いにきたのです。 森の作業小屋にいた夏芽は蓮目に襲われそうになりますが、コウが助けにきます。 そこにカナもやってきます。 気絶した夏芽にナイフを突きつけ、蓮目は自分で自分の喉を切り裂き自殺します。 そうして新聞に自分と夏芽の写真が載ることで、夏芽に一生消えない影を残そうとしたのです。 しかし、コウとカナは証拠を隠滅するため、蓮目の遺体を海に沈めます。 カナは夏芽に、もうコウに会うなと言います。 数年後、東京へ出た夏芽は映画の授賞式に出ていました。 広能の撮った映画で最優秀主演女優賞を獲得したのです。 自分が前に進み続ける限りコウの後ろ姿が見える、そうやって夏芽はコウのことを一生忘れないのです。 最後に映画のワンシーンが流れ、幕を閉じます。

次の

『溺れるナイフ』映画版の感想やネタバレ、あらすじをわかりやすく紹介

溺れる ナイフ 考察

「溺れるナイフ」について 映画版『溺れるナイフ』の原作はジョージ朝倉による少女漫画で、2005年-2014年にかけ講談社別冊フレンドにて掲載されました。 単行本は17巻までです。 そして、2016年に菅田将暉、小松菜奈という豪華キャストにより映像化されました! この記事は、映画『溺れるナイフ』の見どころについての考察や感想、あらすじ、キャストなどを紹介しています。 映画『溺れるナイフ』が気になっているあなたはぜひご覧になってみてください。 『溺れるナイフ』登場人物 望月 夏芽(もちづき なつめ) — 小松菜奈 東京で人気ティーンモデルとして活躍していたが、田舎で旅館を営む祖父を継ぐため家族で浮雲町に引っ越してくる。 何もない田舎で、刺激を求める日々。 そんな時出会った美しい顔立ち、どこか他の人とは違うオーラを発するコウに出会い、惹かれていく。 長谷川 航一朗(はせがわ こういちろう)- 菅田将暉 浮雲町の元大地主「長谷川家」の跡取り息子。 通称コウ、コウちゃん。 跡取りのプレッシャーもあり、少し乱暴で荒れているところがある。 綺麗なものは何でも自分の物にしたい、と夏芽同様、コウも夏芽に惹かれていく。 しかし夏芽が襲われた際に自分が守れなかったことを責め夏芽から離れていく。 悪い友達とつるむようになり、暴力的になっていく。 大友 勝利(おおとも かつとし)- 重岡大毅(ジャニーズWEST) 夏芽、コウのクラスメイト。 コウのことが好きと知っていたも夏芽に好意を寄せ想いを伝える。 いつも笑顔で優しく、落ち込んでいる夏芽を励ましてあげたりと、夏芽も少しずつ大友に想いを寄せるようになる。 松永 カナ(まつなが カナ)- 上白石萌音 夏芽、コウのクラスメイト。 夏芽が転校してくる前から夏芽のファンだった。 夏芽とは一番最初に友達になり、夏芽とコウをお似合いというが実はコウのことが好き。 広能晶吾(ひろのう しょうご)- 志磨遼平(ドレスコーズ) 一流カメラマン。 夏芽のどこか他とは違う雰囲気を気に入り、夏芽の写真集を出す。 事件のあと、芸能界に戻ることに億劫になっていた夏芽に再度映画のオファーを出す。 自由で傲慢で強く、それでいてどこか不安定なコウに惹かれていく夏芽。 コウも同様に夏芽の美しさに惹かれ二人は反発しながらも付き合うことに。 しかし、町の夏祭りの夜、夏芽のファンが彼女を拉致して暴行を加えろうとします。 未遂で済みますが、コウは自分が夏芽を守れなかったことに責任を感じ夏芽から離れていきます。 高校生になり、悪い友達と付き合うようになったコウはさらに凶暴になっていきます。 無敵だった二人はお互いに傷つき、どんどん変わっていきます。 夏芽はその中で優しい大友に心を許し恋人にもなりますが、やはりどこか満足しない毎日。 そんな中、再びカメラマン広能から今度は映画のオファーを受けます。 しかも内容が男性から暴行を受けるという、まさに夏祭りの夜の事件がフラッシュバックしてしまうようなものでした。 夏芽は最初断りますが、直接依頼しにきた広能から 「なんだかオーラがなくなっちゃったね、君とならもっと遠くに行けると思ったのに」 と言われ、映画に出ることを決意。 そしてやはりどうしてもコウに見ていて欲しい、コウへの想いが消えていないことを再認識し、大友とも別れることになります。 そして訪れた夏祭り。 なんとそこに、以前夏芽を襲った夏芽のファンが再び現れ夏芽を襲おうとします。 男の姿を目撃していたカナから報告を受けたコウは急いで夏芽を助けにいきますが、なんとその場で男は首を切って自殺。 コウは夏芽の今後の女優業の活動に支障がでないよう、死体を神さまの海へ沈ませます。 カナから「夏芽ちゃんはコウちゃんにとって害を及ぼす人だから、もう近づかないで」と言われたこともあり、 夏芽はそのあとコウには会わず女優業に専念します。 数年後、夏芽は東京へ出て、女優として結果をだしていました。 広能と共にジパング国際映画祭の最優秀主演女優賞を獲るシーンで映画は終了です。 『溺れるナイフ』の考察と感想 まず、原作とは全く違いました! そりゃ17巻もあるので、全部を表現するのは難しいとは思いますが、登場人物も結構カットされたいたなぁという印象です。 原作とは全く別物という気持ちで見た方が良いかもしれませんね。 そしてこの映画の見所は、なんといっても 「映像が綺麗!」 「1つ1つのシーンがお洒落で美しい」 というところです。 2人で海の中に落ちて見つめ合うシーン 海の中に落ちて見つめあったり、じゃれあったりするシーンが多々あるんですが、全部本当に綺麗でした! 特に、コウが立ち入り禁止の鳥居のある海で泳いでいたことを、クラスメイトにバラした夏芽を海に落として一緒に笑い合うシーン。 キラキラする二人の姿に引き込まれました。 森の中で追いかけっこをするシーン 広能と森で写真集のために撮影していると、コウが広能に石を投げ 「この森は俺のもんだ、そいつも俺のもんだ」と夏芽を指して言います。 そしてその場を走って立ち去るのですが、夏芽もあとを追います。 二人で森の中をただ追いかけっこするシーンなのですが、言葉はなくても二人が引かれあっていることが感じられる素敵なシーンだと思いました。 コウを捕まえられず倒れこむ夏芽。 「コウに認められたい、コウに勝ちたい」と悔しがる姿を何も言わず撮影する広能、コウと一緒にいることで輝きを持つ夏芽を表していて好きなシーンです。 口についたソーダを舐めるシーン 誰しもが見ていてドキドキしたシーンだと思います! やっと完成した写真集をコウに見せようとするのですが、恥ずかしくなって走って逃げた夏芽を追いかけるコウ。 二人よく追いかけっこしてるな、て思いもしたんですが(笑) ついに夏芽は捕まりコウに写真集を見せます。 こんなの自分じゃないみたいだよね、やっぱり広能さんはすごいな、と話す夏芽に 「そうか?お前いつもこんな目して俺見てるで」とコウ。 そこで夏芽に缶ジュースを渡すのですが走ってきた後なので泡がプシューっと夏芽の顔にかかります。 びしょびしょになりながらそれを飲む夏芽、そこでなんとコウは夏芽の口についたソーダを舐め、見つめあってキスをします。 二人の初キスで、ここから二人は恋人関係になるのですがコウ演じる菅田将暉、夏芽演じる小松菜奈が美しすぎてお似合いすぎて本当に最高のシーンでした! このように書いていたらキリがないのですが、、、。 全体的にセリフがなく表情や目線、行動で感情が表現されているシーンが多かったように感じます。 まとめ 今回は映画版『溺れるナイフ』について、見どころについての考察や感想、あらすじ、キャストなどを紹介しました。 この映画は、ほんとに映像が綺麗で美しく引き込まれるシーンが多い作品です。 特に二人が引かれあっていく感情が溢れていくシーンが芸術的に表されていて、原作とは違った楽しみ方ができるなと思いますので、是非見てみてください! 映画版『溺れるナイフ』はAmazonプライムビデオで視聴できます。

次の

溺れるナイフ 結末がわからない!最後の意味をわかるように解説

溺れる ナイフ 考察

Contents• 「溺れるナイフ」のネタバレ! まずは、あらすじ部分から見ていきましょう。 小学6年生の望月夏芽 (ナツメ)は親の都合で東京から浮雲町 (ド田舎)へ引っ越すことになった。 東京では雑誌モデルもしていた夏芽は刺激のない田舎への引っ越しに落ち込むが、1人の同級生との出会いがそんな夏芽を変える。 地元の元大地主「長谷川家」の跡取り息子で、比類ないカリスマ性を持つ男子・長谷川航一朗 (コウ) 2人は強く惹かれあっていくが…。 あらすじ補足 主人公とヒロインが最初に出会ったのはなんと小学6年生の頃! ここから単行本全17巻かけて中学生時代、高校生時代と成長していく2人の姿が描かれています。 先生いわく、原作タイトルの「ナイフ」が意味するものは「10代の自意識」 ジョージ朝倉作品らしい、むき出しの感情やダークな展開が描かれる「溺れるナイフ」は、いわゆる少女漫画とは一線を画する作品です。 漫画を読んでいる読者まで疲れさせてしまうほどの、生々しい10代の感情・エネルギー。 それが「溺れるナイフ」の魅力なんですね。 では、次からは物語のネタバレについて! 事件 中学生になった夏芽は、有名カメラマンの目に留まり写真集を出した。 美しく特別感のある夏芽。 その写真集がきっかけとなり、夏芽とコウは付き合うことになった。 夏芽はさらに芸能活動を続ける。 そして、全てをぶち壊しにするあの事件が起こった。 夏芽の熱狂的なファンである蓮目(27)がついに行動を起こし、夏芽を拉致!暴行に及ぼうとしたのだ。 夏芽は恐怖の中でコウの助けを信じ、そして本当にコウはその場に現れた。 しかし、中学生1年生が大の男に敵うわけもなく、コウは大怪我を負い蓮目に敗北してしまう。 その後、蓮目は逮捕されたが事件を機に夏芽とコウは破局。 何より決定的だったのは「助けられなかった」という事実ではなく、子どもなりの万能感から「神さん」として神聖視されていたコウが敗北してしまったこと。 どんなに周りから特別だと思われていても、コウも夏芽も所詮はただの無力な子供に過ぎない。 2人はそのことに気づいてしまった。 大友 破局してからというもの、コウは素行不良となり荒れ、夏芽は事件のトラウマからふさぎ込むようになってしまった。 コウは暴力的な性格となり、後輩いびりやタバコにまで手を出して親友の大友とさえも疎遠になってしまう。 そして2年の月日が過ぎ、中学3年生の夏。 夏芽は大友から告白され、2人は付き合うことになる。 思いやりにあふれ、優しく接してくれる大友。 夏芽はそんな大友にどんどん惹かれていき、いつしか本来の明るさを取り戻すこともできた。 そんな中、夏芽は事件のせいで退いていた芸能界から再び声をかけられる。 さんざん悩んだ夏芽だったが、ドラマ出演を決意したのだった。 コウの渇望 今や夏芽たちは高校生。 このまま大友と夏芽はずっと幸せに過ごしていく、かのように思われていた。 しかし、コウも夏芽も心の最奥ではお互いを想いあっている気持ちを失くしてはいなかった。 コウはついに実力行使に出る。 コウはまるで暴行のような形で夏芽を手籠めにしようとし、そのまま2人は身体を重ねた。 そして、これをきっかけに夏芽もまたコウへの気持ちを取り戻す。 夏芽と大友は破局した。 コウの劣等感 しかし、夏芽とコウはかつてのような関係に戻ることはできなかった。 夏芽はますます芸能界で活躍している一方で、コウは「あの事件」でかつての万能感(自信)を失ったまま夏芽に劣等感を抱いてしまう。 浮雲町の絶対的なカリスマであり、王であり、神であり、「本物」であったコウは夏芽に告げる。 「【本物】のお前の目に映るのが…しんどい」 夏芽はコウにかつての自信を取り戻させるため町の「火付け祭り」に出させるように仕組み、コウには「祭りに出てくれたら2度と会わない」と引き換え条件を出す。 祭りの日の真実 そして「火付け祭り」当日。 夏芽は現実か夢か判別できない体験をする。 山の小屋にいた夏芽の前に現れたのは、「あの事件」の犯人・蓮目。 蓮目は再び夏芽に暴行しようとするが、またしてもそこにコウが現れる。 ただし、結果はあの時とは違った。 コウは蓮目を一方的に痛めつけ、ついには息の根を止めてしまったのだ。 夏芽は思った「ああ…私の神さんがもどってきた」 しかし、後になって確認してみるとコウは「火付け祭り」に参加していたという。 そして、コウとカナが祭りの翌日に産婦人科に行っていたことから2人は付き合っているとも…。 コウを神聖視していて何かと行動を起こす。 夏芽はカナを問い詰め、真実の出来事を耳にする。 あの日、コウは確かに蓮目を手にかけていた。 いや、正確に言えば最後に蓮目は自らガソリンをかぶり燃えながら身投げしたためコウにそこまでの罪はない。 しかし、コウは蓮目の身投げを目撃していたカナに「遺体隠しを手伝ってほしい」と頼む。 蓮目の目的が「何であれ夏芽の経歴に傷をつけることだった」と読んだコウは事件の隠ぺいを目論み、それと引き換えにカナに「一生お前のモノだ」と約束する。 コウの真意を知った夏芽は、コウの意向を汲み取り、涙ながらにカナに告げた。 「ずっと…コウちゃんをよろしくおねがいします」 最終話 あれから2年が過ぎた。 コウにとっても、夏芽にとっても、それは空虚な日々。 そんな中、夏芽は「コウが海に身投げした」と聞き浮雲町へ戻る。 「もう2度と会わない」といったけど、コウを失うことはなによりも恐ろしいと告げる夏芽。 対するコウも、初めて会った時から夏芽に惹かれていたと告げ、約束は撤回された。 …それからさらに歳月が経過する。 コウと夏芽はその後別々の道を歩んでいたが、2人が38歳になる年に再会。 翌年には夏芽がコウの子供を産んだ。 そして2人が55歳になる年、ようやくコウと夏芽は結婚したのであった。 補足と感想 というわけで2人が迎えた結末は「 (熟年?)結婚」! まさか最終話で何十年も時が経過するとは思いませんでした。 「溺れるナイフ」の最終話については「読者の想像に託す」のような余地があり、しっかりと再会・出産・結婚の経緯が描かれているわけではありません。 しかし、全17巻分のコウと夏芽の物語を読んだ後ならいくらでも年月を埋めるような想像もできるというものです(笑) 今回はネタバレとして作品の内容、そして最終回の展開までを大筋で追ってきましたが、未読の方はぜひ原作漫画の方もチェックして下さいね。 繊細で丁寧な絵や、登場人物たちの複雑かつ生々しい感情を表現する表情など、ストーリー以外の部分の魅力の方が「溺れるナイフ」の本質だと思われます。 しかし、いざ最終回までのネタバレを見てしまうと、気になるのは実写映画の展開・結末。 果たして原作漫画に忠実な形でまとめられるのか、映画オリジナルになるのか、はたまた漫画最終話で描かれなかったエピソードが登場するのか! 公開が待ち遠しいですね。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作でも 課金なしで見ることができます。 単行本全17巻、ジョージ朝倉作品史上最も長編な「溺れるナイフ」は熱心なファンも多い人気作品。 「10代の自意識」を意味するタイトル通り、思春期特有の思考や、汚い部分も含めたリアルな人間描写が話題になりました。

次の