インスタ gif おしゃれ。 【ブクマ推奨】インスタ用の“お洒落ストーリー”が作れる無料加工アプリ6選♡

楽しすぎてハマってしまう! インスタストーリーの新機能でGIF動画が作れるぞ♩

インスタ gif おしゃれ

もくじ• インスタでグリッド投稿するとおしゃれ?うざい? 通常、インスタのギャラリー(自分や誰かのプロフィールページ)には正方形の写真が3列で並んでいます。 たとえ長方形で投稿してもギャラリーでは自動的に正方形に切り取られてしまい、小さいサムネイルとなって一覧表示されるのです。 それがグリッド加工をして1枚1枚投稿することで、1枚だけ見るとよくわからない写真ですが、 ギャラリーで全体を見ると1枚の大きな写真のように見るため「おしゃれ」という声が多数! 個人のインスタユーザーだけでなく、企業のインスタアカウント、特にファッションや芸術関連のアカウントもグリッド加工をして投稿することがあります。 しかし、やはりユーザーが最初に見るのはタイムライン。 タイムラインによくわからない写真がいくつも並んでいると「うざい」「邪魔」と感じる人がいるのも事実です。 グリッド加工された写真を投稿するとおしゃれに感じる人、逆にうざいと感じる人両方がいるので難しいですよね。 もし、インスタのフォロワーを減らしたくない場合はグリッド加工せずに1枚のおしゃれな写真を投稿し続けた方がいいでしょう。 しかし、ギャラリーを見たユーザーにインパクトを与えたいときや、ひと味違ったおしゃれさを見せたいときにはぜひグリッドに挑戦してみてください! ユーザーの中には 「1枚だけ見るとよくわからないけど、これがグリッドだと気付いてギャラリーで全体像を見たときの感動が好き」という人もいるのです。 インスタでの2分割グリッド加工はiPhoneでどう映るか グリッド加工といっても様々な分割方法があります。 2分割のグリッド加工 こちらの画像は3分割されたグリッド加工なのですが、投稿数によって今2分割分だけ見えて今す。 確かに分割数が多い写真よりかはインパクトが小さくなりますが、1枚で載せるよりかはインパクトがありますよね。 グリッドの特徴を活かして、グリッド加工する前提で写真を撮り、インスタに投稿してみると面白いかもしれません。 よくあるのがカップルがお揃いのスマホ待ち受け画面にしているところ。 お互い向かい合っている写真を撮り、あえて半分に切り取り、それぞれの待ち受けにしています。 インスタでもそういった面白い使い方ができるのです! インスタの投稿用のグリッド加工のやり方 それではいよいよグリッド加工のやり方を解説しましょう! グリッド加工はインスタアプリからは行えず、専用のアプリをインストールする必要があります。 グリッドされた写真 カメラロールに保存して確認して見ると、先ほどの写真がパーツごとに保管されていました。 1パーツごとに加工もできますが、カメラロールから投稿するときは下のパーツから投稿しないと完成形が崩れてしまうので注意です。 インスタに投稿する動画もグリッド加工できる? インスタには写真だけでなく動画を投稿することもありますよね。 この動画もグリッド加工して、ギャラリーで大きく表示させたい!…ところですが、現在のグリッドアプリでは動画の分割はできません。 また、インスタでも動画をタップしないと再生されないため、ギャラリーで動画を自動再生することはできません。 ただし、その代わり動画と写真を組み合わせてグリッドコラージュすることは可能です!.

次の

もうみんなの常識!?おしゃれインスタストーリーズテクまとめ♡

インスタ gif おしゃれ

【Instagram】インスタアプリのみで簡単に加工してオシャレな写真にできる! 公開日時 : 2020-01-16 17:35 更新日時 : 2020-01-18 12:17 インスタグラム(Instagram)にはオシャレな写真を投稿したいと思うもの。 そんなおしゃれな写真には加工が必要不可欠です。 しかし、いざ加工アプリを使っておしゃれな写真を作ろうとしても、「どの加工アプリを使えばいいのか分からない…」「複数のアプリを使って加工するのは面倒…」といったことから、なかなか写真加工に手が付けられない人もいるのではないでしょうか。 そういった方には、インスタグラムに標準で搭載されている 写真編集機能を使うことをオススメします。 今回は、加工アプリは使わずにインスタグラムの編集機能だけで簡単に写真加工できることを解説していきます。 インスタグラムだけで簡単に写真加工できる インスタグラムには写真を投稿するだけでなく、写真を編集する機能が標準で搭載されています。 フィルターをかけたり、明るさや彩度、色などを細かく調整したりすることができるので、好みのオシャレな写真加工が可能です。 そのため、インスタグラムの 編集機能をうまく活用することができれば、他の加工アプリを複数使い分けたり、有料アプリを購入して写真の加工をする必要が無くなるでしょう。 インスタグラムの編集機能 では早速インスタグラムに搭載されている編集機能を解説していきます。 まずはアプリを起動し、写真の編集画面を開きましょう。 加工したい写真を選択すると編集画面が表示されます。 それでは編集画面から使える編集機能を細かくみていきます。 Lux(照度)の調整 Lux(ルクス)とは照度を意味していて、その名の通り照度を調整する機能です。 Luxの調整を活用すると、写真の色味をぼかして優しい雰囲気の写真にしたり、色味をはっきりさせて色鮮やかにすることが簡単にできます。 Luxの調整は、編集画面の上にあるアイコンをタップして使います。 アイコンをタップするとLuxの調整画面に移り、写真が自動的に「50」の状態で表示されます。 加工する前よりハッキリとした写真になっていることでしょう。 Luxでは「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて色味がハッキリとした写真に仕上がります。 違いがわかるようにLuxが「-100」のとき、「50」のとき、「100」のときの写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは、色味がぼんやりとし、ふんわりとした写真になっていることがわかります。 「100」のときは、「-100」とは対照的に色味や陰影がハッキリとした写真になっていることがわかります。 Luxの数値を変えるだけで、これだけ印象の違った写真に仕上がることが分かっていただけたでしょうか。 40種類のフィルター フィルターは、簡単に 写真を加工することができる便利な機能の一つです。 フィルターを使うと、写真の彩度や質感などをワンタッチで変えることができます。 そんな便利なフィルターがインスタグラムには豊富にあり、その数はなんと40種類にもなります。 編集画面の下に表示されているものをタップすると写真を加工することができます。 この記事では例として、フィルター「Clarendon」を使っていきます。 フィルターをタップすると写真の雰囲気が変化したことがわかります。 より細かく効果を調整したい場合は、もう一度同じフィルターをタップしましょう。 タップしたフィルターの詳細画面が表示されます。 この画面では「0」〜「100」の間で効果を調整することができるので、数字を変えて好みの写真に仕上げましょう。 また、フィルターを調整するところの右側にある「枠マーク」をタップすると写真に枠をつけることができます。 フィルターの種類が40種類もあると、使わないものもでてくるでしょう。 そういうときに便利なのが「フィルターの管理」機能です。 表示させるフィルターを並び替えたり、使わないフィルターを非表示にすることができます。 フィルターの管理は、フィルターの一番右側にある「管理」から使用可能です。 「管理」をタップするとフィルターの管理画面が表示されるので、お好きな順に並び替え、使わないフィルターはチェックを外して非表示にしましょう。 フィルターは、細かい編集をすることなく簡単におしゃれな写真に加工することができるので、編集が面倒な方にもオススメです。 13種類の編集ツール 写真の 細かい加工をしたいときは、編集ツールを使うといいでしょう。 編集ツールは編集画面の右下にある「編集」から使うことができます。 インスタグラムでは下記13種類の編集が可能です。 それぞれのツールを詳しく解説していきます。 調整 「調整」では、写真を回転させたり、縦や横の傾きを調整することができます。 「調整」の編集画面を開いて使い方を解説します。 画面の右上にある「回転マーク」をタップすると、写真を90度回転させることができます。 画面の下にある3つのマークでは、写真の縦や横の傾きを調整することができます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 左のマークと右のマークを調整すると、縦・横方向の傾きが変わり奥行きがでてきます。 真ん中のマークを調整すると、写真が回転するように傾いていることがわかります。 写真に傾きを加えるときは、写真が並行なのか、どのくらい傾いているのかを見やすくするために、グリッドを使うといいでしょう。 明るさ 「明るさ」では、文字通り明るさを調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて写真が明るくなっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときに写真が暗くなり、「100」のときに明るくなっていることがわかります。 コントラスト 「コントラスト」では、写真の明るい部分と暗い部分の差を調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて写真の陰影がはっきりとしていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは、明るい部分と暗い部分の差が小さいので全体的にぼんやりとした写真になります。 対して「100」のときは、陰影がハッキリとした写真になります。 ストラクチャ 「ストラクチャ」では、写真に写るモノをハッキリとさせることができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて輪郭が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは輪郭が強調され、モノの形がハッキリとしていることがわかります。 暖かさ 「暖かさ」では、写真の暖かみを調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて寒色(ブルー系)から暖色(オレンジ系)に変化していきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときはブルーの色味が強くなり、「100」のときはオレンジの色味が強くなっていることがわかります。 彩度 「彩度」では、写真の鮮やかさを調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて色鮮やかになっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは、色味がなくなりモノクロになっていることがわかります。 対して「100」のときは、色味が強く鮮やかな仕上がりになっています。 色 「色」では、写真の暗い部分(シャドウ)と明るい部分(ハイライト)にそれぞれ色をつけることができます。 シャドウに黄色を選択したので比較写真を見てみましょう。 つづいて、ハイライトに黄色を選択したので比較を見てみましょう。 選択した色を再びタップすると、色味を細かく変えることができるので、好みの色に調整してみましょう。 フェード 「フェード」では、写真のくすみを調整することができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて陰影の差が弱くなっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは、色あせた仕上がりになっています。 ハイライト 「ハイライト」では、明るい部分の強弱を調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて明るい部分が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは明るさが弱くなっているのに対し、「100」のときは明るさがより強調されていることがわかります。 上記で説明した「明るさ」は写真全体の明るさを変わっていましたが、「ハイライト」では明るい部分のみを調整することができます。 シャドウ 「シャドウ」では、暗い部分の強弱を調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が小さくなるにつれて暗い部分が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは暗い部分がハッキリと強調されていることがわかります。 対して「100」のときは影が明るくなっています。 ビネット 「ビネット」では、写真の四隅を暗くすることができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて四隅が暗くなっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは、四隅が暗くなり写真の中央が目立った仕上がりになっています。 ティルトシフト 「ティルトシフト」では、写真の選択した箇所以外のピントをボケさせることができます。 ティルトシフトは「円形」と「直線」の2種類から選択が可能です。 「円形」を選択すると円の範囲外はピントがボケて、「直線」を選択すると横の直線で囲まれているところ以外はボケた状態になります。 写真中央の被写体を目立たせたいときに有効な編集です。 シャープ 「シャープ」では、写真の輪郭をハッキリとさせることができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて写真の輪郭が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは、写真のボヤけている部分がハッキリとした仕上がりになっています。 インスタグラム上で撮影した写真の加工 インスタグラムのホーム画面で「右にスワイプ」するとカメラが起動します。 そこでも写真の加工ができるので、どのような編集機能があるかご紹介していきます。 では実際にカメラを起動してみましょう。 インスタグラムのカメラには、シャッターボタンの右隣に様々なフィルターが用意されています。 好きなフィルターを選択してシャッターボタンをタップすると、加工された状態で写真を撮影することができます。 写真は撮影後も加工することができます。 撮影後の画面で左右にスワイプするとフィルターがかけられます。 この記事では例として「Rio De Janeiro」のフィルターをかけました。 また、そのほかにも4種類の編集ツールが用意されていて、画面の右上のマークをタップすると使うことができます。 各マーク編集機能は下記のとおりです。 それぞれどのようなことができるかご紹介します。 エフェクト編集 エフェクト編集では、画面の下にあるエフェクトを選択するだけで簡単に写真の雰囲気を変えることができます。 エフェクトは、写真全体のイメージを変えるものや、顔認識をして写っている顔を加工するものなど様々です。 GIF編集 GIF編集では、動きのあるGIF画像を写真に貼り付けて加工することができます。 検索フォームから写真に貼り付けたいGIF画像を検索して使うことも可能です。 ペン編集 ペン編集では、画面の上にある4種類のペンを使って写真を加工することができます。 画面左側のバーを調節するとペンの太さが変わり、画面の下にある色をタップするとペンの色が変わります。 ペンの種類は、左から「通常のペン」、「蛍光ペン」、「ネオン風のペン」、「消しゴム」になります。 また、ペンを選択した状態で画面を長押しすると、そのペンで写真全体を塗りつぶすことができます。 テキスト編集 テキスト編集では、入力したテキストを写真に貼り付けることができます。 画面の上にあるテキストの種類をタップすると、違ったタイプのテキストに変わります。 貼り付けたテキストをタップすると、編集が可能です。 また、テキストをドラッグすると画面下にゴミ箱マークが表示されます。 ゴミ箱までテキストをドラッグしてもっていくと画面から削除することができます。 貼り付けたGIF画像も同じ手順で削除可能です。 まとめ 今回は、インスタグラムで使える編集機能をご紹介しました。 ほかの加工アプリを使わなくてもインスタグラムで写真加工するできることができます。 インスタグラムを始めたばかりの方や、写真加工の経験があまりない方は、この記事を参考にインスタグラムを使った加工からはじめてみてはいかがでしょうか。 関連記事はこちら.

次の

【ブクマ推奨】インスタ用の“お洒落ストーリー”が作れる無料加工アプリ6選♡

インスタ gif おしゃれ

インスタのストーリーにGIFをつけてみよう! インスタのストーリーを投稿して、フォロワーにどのようなリアルタイムを送っているか知ってもらうことができますよね。 ただ撮影するだけではなく、 撮影した画像や動画に「GIF」をつけて、投稿画像(動画)をさらに盛ることもできます! インスタのストーリーをかわいくデコレーションできれば、 それだけ多くの人がチェックしてくれる可能性が高くなります。 例えば、上記画像は「ブラックジャック」というトランプを使って遊ぶゲームをモチーフに撮影したストーリー画像です。 ブラックジャック(21)が揃ったので、レインボーを使ってデコレーションして 「ブラックジャックで勝利した」ということを演出したつもりです。 このように ストーリーにGIFを盛り込むのは、自身の創造性を刺激され、非常に面白いです! インスタでGIFを付ける方法・検索する方法に関しては、下記の記事を参考にしてください。 かわいいおすすめGIF紹介!有名イラストレーター編 インスタのGIFには、有名イラストレーターが描いたものもあります。 その中で特に有名で人気のあるGIFスタンプを、下記で徹底解説していきます! どちらかというとキャラクターのようなGIFが多いのですが、手描きで描いたような素朴な印象のあるGIFスタンプも多いです。 検索する場合は、 イラストレーターの名前(ID)で検索すれば一発で出てくるので、紹介するワードを検索してみてください。 これらのGIFは「RiLiさん(Twitterアカウントはです)」という女性向けファッションメディアが作成したGIFスタンプで、主に女性のユーザーから高い人気を誇っています。 女性ファッションのプロが作るGIFは 非常に女子力が高く、イ ン スタのストーリーを調べてみると、たくさんの人がRiLiのスタンプを利用していました。 うさぎ型GIFイラストレーター「minecoさん(Twitterアカウントはです)」が作成したインスタGIFスタンプで、 うさぎはもちろん、うさぎの着ぐるみを着た女の子のスタンプもあります。 ピンク(薄いピンク)が主軸で作られているGIFスタンプなので、このGIFスタンプを使うだけで、自身の女子力をアピールできることは間違いなし! イラストレーターが描いたインスタのGIFスタンプの中では、種類も豊富です。 犬のイラストレーターである「mosaoさん(Twitterアカウントはです)」が作成しているのですが、 犬の中でももっさりしたタイプの犬のイラストが多いです。 色に関しても白が基本で、犬らしい茶色や黒といったスタンプは少なくなっています。 犬が好きであれば検索してほしいGIFですが、汎用性も非常に高いので、「とにかく盛りたい」と思っている場合も検索してみてはいかがでしょうか。 こちらは「白水桃花さん(インスタアカウントはです)」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 こちらは「パントビスコさん(インスタアカウントはです)」というイラストレーターが描いたGIFスタンプです。 顔が大きいかわいらしいキャラクターが魅力的で、こちらもインスタのストーリーに盛り込みやすいですよね。 こちらは「ポメラニアンもちさん(インスタアカウントはです)」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 では、グッズの紹介なども行っているので、気になった方はチェックしてみて下さい。 こちらは「シロクマナナミンさん(インスタアカウントはです)」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 などでGIFの作成風景を投稿したりしているので、気になった方はチェックしてみて下さい。 こちらは「tttan. (てぃてぃたん)さん(公式HPはです)」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 可愛いキャラが色んな表情を見せてくれるので、様々な場面で使いやすいと好評です。 こちらは「chiroruさん(インスタアカウントはです)」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 GIFやインスタの投稿の独特なタッチが気に入った方は、も覗いてみて下さい。 こちらは「やさうさちゃんさん(インスタアカウントはです)」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 LINEスタンプなども用意されており、日常会話などにも使えます。 気になった方は、コチラも覗いてみて下さい。 こちらは「nanamojiさん」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 こちらは「kinuposさん(インスタアカウントはです)」というイラストレーターが作成したGIFスタンプで、インスタでも利用することができます。 kinuposさんはGIFスタンプだけでなく、お気に入りのお菓子や場所を投稿していたりします。 世界観が気に入った方は、も覗いてみると楽しいかも知れません。 かわいいおすすめGIF紹介!おすすめワード編 イラストレーターさんが描いたインスタストーリーのGIFスタンプも魅力的ですが、おすすめワードを検索して出てきたGIFスタンプも同じくらいおすすめです! 検索ワードに関しては日本語で入力してもいいのですが、英語で入力したほうが検索にたくさん出てきます。 下記で紹介するワードを、インスタストーリーのGIFで検索してみてください。 どのようなワードに素敵なGIFが揃っているのか、見ていきましょう。 検索してみると汎用性の高いものも多いですし、ピンク色ならではのかわいらしいGIFも多かったのが特徴でしょう。 他の人とは違ったストーリーでフォロワーを増やしたいと考えているのでしたら、GIFも他の人と違った意味で目立つものにしたいですよね。 そんなとき、青いタイプのスタンプがぴったりで、例えば今は夏なので、ホラーな感じのストーリーを撮影したい場合は、積極的に使ってみましょう。 検索した時、上の方に表示されているのはただの絵文字になっていますが、下にスクロールしていくと、個性的な青系のGIFがたくさん表示されます。 ただのキャンディーだけでなく、 スタンプならではのファンタスティックなキャンディーから、一見キャンディーと関係なさそうなかわいらしいキャラクターまで、たくさん揃っています! 「おやつを作ってみた!」というストーリーにはピッタリであることは間違いないですし、自分を撮影して口元にペロペロキャンディーを持ってきてもいいでしょう。 オシャレでかわいいストーリーになることは間違いありません! candy関連、「cake」「cookie」もおすすめ! candyに関連したワードですが 「cake」や「cookie」もおすすめです! どちらもおやつ関連のGIFなので、candyと同じような使い方ができますよね。 例えば、いつもcandyばかり使っていたらワンパターンになってしまうので、たまにはcakeやcookieを使ってみることをおすすめします。 カップルでストーリーを撮影した場合は当然使っておきたいGIFですし、自分の好きなものを撮影した時にも役に立つGIFですよね。 ハート系のスタンプも多いのですが、一風変わったキャラクターのスタンプも多く、様々なスタンプの中から適切なものを選択する必要があります。 シンプルなスタンプも多く「love」と一言書かれているだけでもとてもかわいらしいGIFもありました! 直接ハートを使いたいなら「heart」もおすすめ loveのワードでもハートタイプのGIFはたくさん出てきますが、 ハートをそのまま使いたいのであれば「heart」と検索してみましょう。 様々な色、形のハートが出てくるので、自分が気に入ったハートを探して、ストーリーに組み込んでみてください。 こちらは本当にハート型GIFしかないので、好きな物やかわいらしい物を撮影した場合に使ってみてください。 これらはシンプルなので、1つ1つが主張し過ぎません。 画像をメインで見て貰いたい時にワンポイントに使ったり、幾つか組み合わせてみたりと、色んな用途で重宝します。 そんな時は、 シンプルに「かわいい」と検索してみて下さい。 様々な可愛いスタンプが出てくるので、お気に入りのスタンプが見付かるかも知れません。 「かわいい」は次々に新しいスタンプが出てきます。 検索するだけでも楽しいのですが、気に入ったモノがすぐに流れてしまう場合があるので気を付けて下さい。 検索上位に出ているトレンドGIFも充分かわいい! 魅力的なスタンプが多すぎてどのスタンプを使えばいいかわからない場合は、 ストーリー編集のGIFスタンプを選択して出てくる「トレンドスタンプ」を使ってみてはいかがでしょうか。 検索上位に入っているということは、客観的に見て人気の高いGIFばかりが揃っているということですよね。 多くのインスタユーザーから愛されているGIFスタンプにはずれがなく、 どれを使ったとしても、ストーリーを魅力的に盛り込むことができるでしょう。 ただし、ワードに関係なく表示されているので、あらかじめ「〇〇のようなGIFがいい」と考えている人には向かないかもしれません。

次の