ごめんなさい を 言わ なかっ た こと 題名 読み方。 拙くて幼い。だが、獄中からの手紙はまぎれもない「真実の声」だった|#供述弱者を知る

NEWゆらってみないすか?

ごめんなさい を 言わ なかっ た こと 題名 読み方

衆生誰しもいつか死ぬのだけれどそれはあまりにも近いところにいるようだとようやっと気がついた。 少し前まではコロナコロナうるさいなと思っていた。 買い占めもロックダウンも別に困ることはなくて、一度トイレットペーペーがなくなりかけてちょっと動揺したけれど、3日くらい朝一で近所のスーパーを回ったら見つかった。 オンライン授業最高じゃんって思ってた。 そりゃ自分が辛くなるのはもちろんのこと他人に感染させたら嫌だなあとは思ってた。 無駄に出歩いたりパーティとかしてたわけでもない。 それでもわりと楽観視してた。 死ぬひとは死ぬけどまあそりゃ仕方ないよねって、どこか他人事だった。 母親は介護施設で働いている。 父親は糖尿病持ちだ。 死ぬ可能性が、十分にある。 冗談でも考えすぎでもなんでもない。 月末には身寄りがなくなっていてもおかしくない。 一ヶ月ほど前だろうか、ベルギーやその辺で10代の子が死んでいた。 だから、誰だって死ぬっぽいな、他人事じゃないな、私も死ぬのかな、まあそれはそれでいいけど、と思った。 そりゃやり残したことはあるし、せっかく生きようと足掻き始めたのになとかはあるけどさ。 けど、自分が死ぬのはまあ受け入れられるじゃん。 そうじゃない、わたしにとって問題なのは、わたしじゃなくて、親だった。 四年前のまさに今頃、私は入院していた。 家がつらくて生きる意味がなくて、つらくてつらくてつらくて何度も死のうとした、その学生生活が幕をおろしてすぐ、やっぱり家も生きるのも自分の存在も全部つらくて苦しくて、嫌で、嫌いで、逃げたくて、ゴールデンウィーク明けに死のうとした。 そしたら措置入院になった。 措置入院っていうのは、なんか自傷他害の恐れがあるとかいう、つまり強制的にさせられる入院。 実に四年ぶりの入院だったあれはちょうど二ヶ月続いた。 五月半ばはまだ三度も厳重にロックされた保護室にいたはずだ。 4階北病棟の右から二つ目。 何もない、薄暗い部屋。 Netflixでみる独房となにも変わらないような、いや入院中に首吊って死のうとしてからはベッドが撤去されてマットレスだけが床に置かれた。 シーツもなし。 持ち込めたのは時計とティッシュだけ。 ペンは、腕に線をいっぱい書いたら取り上げられた。 税金で入院してるし、自傷他害の恐れってつまり逮捕なんだな、と知った。 お馴染みの隔離をまさにされていた。 入院中、初期は親が揃って見舞いにきた。 見舞いというかあるいは調査みたいなものだった。 医療者が私だけでなく親も調べた。 医者、看護師、福祉士、みんながみんな異口同音に「お母さんやばいね」って言った。 もちろん言葉は選んだけど。 何人かは、お父さんもやばいねって言った。 やばいっていうのは、お母さんこそちょっと普通じゃない症状があるよねっていうようなことで、医者も困ってたんだけど、それでも彼女は自傷他害の恐れがないからって普通に出歩いていた。 病識がないと誰も何もできない。 他害ってなに?私はここでこうして泣いてるのに?なんで誰も彼女に何もしてくれないの?って憤った。 父親に一番憤って、でも私が頼れるのは父親しかいなかった。 定収入があって、意思疎通ができて、時間に多少の融通がきいて、何より私の世話をする気のある人は、父親以外にいなかった。 だから、まあお母さんと連絡取るのはやめなよ、お父さんも嫌なら電話番号変えちゃいなよ、離れた方がいいよって、まあまあ言われても、できなかった。 父親のすることを全部自分でやるのは無理だって思ったし、お金くれたし。 けど、母親はもうすぐにブロックした。 面会にこられても怖くてたまらなかった。 何を言っていいかわからないし、何も通じないし、なんか、もう。 わかんない。 わかんないけど、ただただ怖かった。 両親揃ってベッドの向かいの椅子に座られるといたたまれなさでなんで死ねなかったんだろうってそればっかり思った。 なんで死ねなかったんだろう。 二人でも無理だけど一人でも無理で、父親はまだかろうじて喋れたけど、それでも本当は結構無理で、で、無理したから母親がもっと無理になった。 何言ってるかわかんないんだもん。 こわいよ。 そんな調子だったから、程なくして母親とは面会禁止になった。 ありがとうあの時の主治医。 看護師。 みんな元気にしてますか。 そんなわけないね。 大変だと思う。 けど、どうか、あなたとあなたとあなたは無事でいて。 それから、今に至るまで、母親とは一度も会話をしていない。 連絡もとっていない。 ドイツに来る前はキャリアメールが何度か届いて、その度に具合が悪くなって、まじやっぱ死のうかなって死ぬ場所とか死に方とか探した。 実家に荷物を取りに行った時に、二回くらい見かけたりすれ違ったりしたことがある。 その時もなんとも形容しがたい悲しみと憎しみと苦しみ、あとごめんなさいという気持ちに襲われた。 ごめんなさい、何がかわからないけど、ちゃんとしてないこと、逃げてること、働いてないこと、被害者ぶってること、楽しそうにしてること、あなたができなかったことしてること、わかんないけど、ごめんなさい。 それは、親が元気だからできたことだった。 単純に逃げて避けて自分の行く末だけ考えていられたけれど、今、急に、親死ぬんじゃないかって思った。 ら、怖くなった。 ドイツに来る前からわかってた。 親が死ぬ前に自分の中の親を殺さねばならないということ、それには現実の親が必要だということ、いつかは対峙せねばならないということ。 それを怠ると私は生涯苦しむだろうということ。 わかってたというか、全て憶測だけれど。 だってまだみんな生きてるから。 彼ら、わたしも。 こっちに来て一年目の秋、母親の誕生日、小さな小さな荷物を送った。 ひとことふたことのメッセージを添えて。 それが限界だった。 それからはやっぱり何かしようとしても怖くてつらくて何もできなかった。 下書きばかりが溜まった。 恨まれてるのはわかってるから。 なんでだろう。 勝手に産んだくせに。 なんなら産みたくもなかったくせに。 仮に、親が、特に母親が、一週間後に死ぬとして、私は今、彼女に電話をかけるべきなのか?なにか、ねぎらいの言葉なんかじゃなくても、何かしら伝えるべきなのか?何か、なにか、すべきなのか?わからない。 何もわからない。 泣いている。 一人で、もう4時間も泣いている。 夜中だ。 明日は朝からオンラインで授業を率いるほうなのに。 先生するのに。 一人になるって、親が死んだら一人になるって、怯えて泣いてる。 何もできないまま、何者にもなれないまま、何の解決もできず、恨み、恨まれ、憎まれ、憎しみ、苦しみながら、死なれて一人になったら、どうしよう。 けど、電話なんてできない。 こわい。 何が待っているのだろう。 こわい、見たくない、知りたくない。 残されたくない。 一人になるってだけでこわいのに、彼らとの、彼女とのあれやこれやを、何も解けないまま生きていくなんて、末恐ろしい。 でもやっぱり連絡なんてできない。 私は彼女が、母親が、自分のお母さんが、すごくこわい。 お母さんなんて呼んだことない。 こわい。 嫌いだ。 嫌いだ嫌いだ大嫌いだ。 でも死なないで、絶対に死なないで。 私は一人になりたくないから。 このままの関係性で死なれたら困るから。 だから、お願い、気をつけて。 どうか気をつけて、手を洗って、マスクして、栄養のあるもの食べて、ちゃんと寝て。 お願いだから、まだ死なないで。 私があなたに連絡できるようになるまで、まだまだ時間がかかりそうだから。 お願いします。 わたしを産んだ責任だと思って、生きて。

次の

「ごめん、同級会には行けません。今、シンガポールにいます」にモヤっとする理由|眞野いるか|note

ごめんなさい を 言わ なかっ た こと 題名 読み方

ブログにもらったすごい数のコメントをぜんぶ読むのがせいいっぱいで、ぜんぜん返信コメント出来なくなっててごめんなさい。 ブログじゃなくてブックマークとかツイッターとかのコメントも、今はもう自分でぜんぜん読み切れなくなってる気がする。 言及されました、っていう通知もすごい増えてるし、はてな以外の他の会社のブログでも言及されてるの見つけて、ぜんぶ探しきれない、って思った。 返信できないコメントも、ブログにもらったのはちゃんと承認するときに読んでるし、返信しなくてもいろいろ考えて勉強します。 私が読めるだけいろいろ読んで、また誤解されてるって焦ったものがあった。 「私のいる世界」って記事を「ここは退屈迎えに来て」っていう本の感想だと思われてるコメントをいくつか読んだ。 私のブログの書き方がダメだったんだと思うけど、あの記事は本の内容とはぜんぜん関係ないです。 本はコメントで勧められて、それで買った、ってことを最初に書いちゃったんだけど、本はまだぜんぶ読めてないです。 あの記事を書いたのは、アクセスを増やしたかったわけじゃないし、「低学歴の世界」論をネットに広めようとしたわけでもないし、創作をわざと書いたわけでもなかった。 好きなブログ読んで、それで自分も考えたこと書いただけだった。 だから、すごいアクセスになって、すごい焦った。 ウソ書いて人を騙してアクセス増やして注目されたい、なんて私はほんとにぜんぜん思ってない。 ネットのアクセスは書いた自分じゃ計算できない、って頭でわかってるけど、アクセスが増えると嬉しい、って私は思わない。 ごめんなさい、ってすごい焦る。 ちゃんとしたこと書いてるブログじゃないから、読みにきてくれた人たちにすごい悪い気がする。 あの記事でいろいろすごいことになって、自分で思ってなかった反応もいろいろ見て、反省しなくちゃいけないことにも気づかされた。 「低学歴の世界」って言葉が、私のブログから発生したって思ってるコメントをいくつも見た。 焦った。 これは私の言葉じゃないです。 この世には「低学歴の世界」というものがある。 ネットからは非常に可視化されにくい場所だ。 私が好きなブログで、こういう記事を読んで、それで、「低学歴の世界」って言葉に自分がすごい反応した。 自分がいろいろ思ってきた「なんでなの?」っていういろんな疑問が、この「低学歴の世界」って言葉で解決できると思った。 私自身が低学歴の世界にいるけど、でも私もその中で、すごいモヤモヤがある。 すごい悩みもある。 ストレスもある。 「なんでなんでなんでなんで」 って、私にはすごいわかんない考え方の世界がある。 でも、自分と違う「低学歴じゃない」世界の人と、私がなんとなく思ってた愚痴みたいな話した時、ほんとにその人は私が言った話に呆れてた。 「そんなことあるの?」 って、すごい軽蔑の反応された。 私はその時、自分がこういう愚痴に悩む世界そのものが、その人には軽蔑なんだ、ってわかった。 私は最初、24時間残念営業のブログをコンビニの店長の人が書いてるってぜんぜん知らなくて、はてなのトップで見た某遊園地(こう書いたほうがいーのかな)の記事に興味もって、それからこのブログのこと知った。 私の知り合いがふたり、そこに関係した施設で働いてるから。 ひとりはパーク内で、もうひとりはオフィシャルホテル。 すごいいい職場だって聞いてて、それで勧められたから私も働きたくなった。 その記事で、店長さんのブログの記事に興味もって、それからいろいろ違う記事も読んで、それ書いてるのコンビニの店長さんって知った。 私はこの店長さんの考え方がいろいろすごい好き。 だからこのブログの読者になったけど、読者になる、っていうボタンがなかったから読者の登録はできなかった。 はてなを少しずつわかってくるようになって、この店長さんのブログがすごい人気ブログだって知った。 だから、店長さんの記事読んで、それで思ったことがあって、自分も関係した記事書こうって思った時、リンクするのに悩んだ。 私はちゃんと言及するっていうより、店長さんのブログ読んで自分のこと書きたくなっただけだから。 私はただの便乗だから、って思ったからリンクは張らなかった。 でもそのせいで、「低学歴の世界」って言葉が私のところから発生したって誤解されてるコメントもあったし、この「低学歴」の話題を作った一人、みたいに書かれてるの見て、ものすごい焦った。 ごめんなさい。 ちゃんと私が引用って形にして、言葉をほかのブログから借りたことをはっきり書かなかったばかりに、すごい図々しい誤解を生んでしまった。 アイスケースの炎上で、私は「それが悪いこともわからないのか」っていう批判をいろいろ見て、「わからない人もいるんだよー」って思った。 ぜんぜんわかってない人には叩くより教えてあげてー、って思った。 前にも自己責任の話を自分のはてなで書いたけど、ちゃんとした人から見れば「自己責任でしょ」って思うことも、それがわからないままバカなことしちゃう人もいる。 自分がバカってこともわからない「バカ」が、ぜんぶ自己責任だとして、その責任をぜんぶ取らされてしまうんだったら、「バカ」が「バカ」だって気づけなかったことも自己責任なの?って悲しく思った。 私も自分だってすごいバカだけど、そういう自分でも「なんでそんなことがわからないの?」って思うことが、私の生活にいろいろある。 自分の職場のおばさんたちが、今の総理大臣がだれかもわかってないのを知った時、40歳すぎてもそーなんだー、ってすごいおどろいた。 ネットをバカにして、テレビの話ばかりしてて、テレビでよかったって言ってた情報にすぐ飛びついて盛り上がって、がなにかも知らない。 そんな世界はぜんぜんフツーじゃなくて、私のまわりしかないのかもしれないけど、私は現実にそういう世界にいる。 ハーレムデブの話はウソ臭いってコメントをいくつも見たけど、ウソ臭い、って思われるぐらいウソ臭い現実なんだ、って思った。 でも、私がいる現実の世界っていうのは、あのハーレムを知った先生やハーレムにいる女子の親たちだって、だれもそれが異常だって騒いで問題にしなかった。 だから今でも続いてる。 女子の親たちも、自分の娘がハーレムの生活してるって知ってるけど、でも助けようともしないし放置してる。 ハーレムデブの親がハーレムアパートを契約してるし。 あのハーレムには私の小学校からの仲のいい友達も入ってる。 友達のことはいろいろすごい話もあるから、それ書くと、また創作って言われるかもしれないし、友達のことはそう言われると私もすごいつらくなるから書かない。 私のブログがウソって思われても、私はそれでもいい。 私は同情ひきたくて書いたわけじゃないし、自分の世界を可哀相って言ってもらいたかったわけでもなかった。 ただ、書いてみただけだった。 ブログでわざとウソ書いても、それは私のなんの得にもならないし。 だから、ぜったいぜったいこのブログでお金は一円も稼がない、って約束するし。 アクセスなんて最初の頃みたいな100以下でぜんぜんいいし。 友達のこととか、すごいいろいろ思ったことがあって、 「なんでなんでなんでなんでなんでなんで」 って叫びたかった気持ち。 私たちバカがいくらより集まっても、バカから知恵は生まれない、って思った悲しい気持ち。 私もゴスちゃんも知恵も力もなさすぎて、ハーレムに入っちゃって抜け出せない友達になにもできなかった。 なんかいろんなことが自分の中にあった。 そういう「いろんなぐちゃぐちゃ」が、「低学歴の世界」って言葉をみた時、ぐちゃぐちゃの自分の気持ちが綺麗に箱におさまった感じになった。 私は、あの店長さんのブログにすごい感動した。 ああいうことを言ってくれる大人なんて、私の世界にいなかったから。 私のお母さんがああいうようなこと私にいろいろ言ってたけど、店長さんのブログで、私のお母さんが言ってたこともちゃんと理解できた。 でも店長さんは、ちゃんと全体的なことを見て書いてたけど、私のは自分の話だから、言及ってわけじゃなくて、言葉だけ借りて自分の書きたいこと書いてリンクは張らなかった。 それでいろんな誤解をつくったことに気づいた。 ごめんなさい。 私がとても考えさせられた記事を読んで、それで自分の話を書きたくなって書きました。 私が書いたことは、ウソ、って思ってる人もいる。 そういう評価を受けるような記事で、人の書いた記事を利用したみたいになって迷惑かけたことに気づいた。 リンクもちゃんと貼らないで言葉だけ借りて、それがここから発生したような図々しい誤解つくったことは、ブログの書き方として間違ってた、って気づいた。 リンクも貼らないで言葉だけ借りてしまって、「24時間残念営業」を書いた店長さんと、ここを読んで誤解を抱かせてしまった人たちにお詫びします。 本の感想みたいに紛らわしい書き方したこともお詫びします。 ごめんなさい。 これから書き方にもっと気をつけます。 でもつけきれてないのが多くてごめんなさい。 できなかったコメントは、返信したくなくてしてないわけではないです。 これからもぜんぶのコメントに返信できないと思いますが、いただいたコメントはぜんぶちゃんと読みます。 ブログのコメント以外では返信はできないので、メールアドレスなどほかの連絡先はいれてこないでください。 luvlife.

次の

贖罪 (Shokuzai)

ごめんなさい を 言わ なかっ た こと 題名 読み方

衆生誰しもいつか死ぬのだけれどそれはあまりにも近いところにいるようだとようやっと気がついた。 少し前まではコロナコロナうるさいなと思っていた。 買い占めもロックダウンも別に困ることはなくて、一度トイレットペーペーがなくなりかけてちょっと動揺したけれど、3日くらい朝一で近所のスーパーを回ったら見つかった。 オンライン授業最高じゃんって思ってた。 そりゃ自分が辛くなるのはもちろんのこと他人に感染させたら嫌だなあとは思ってた。 無駄に出歩いたりパーティとかしてたわけでもない。 それでもわりと楽観視してた。 死ぬひとは死ぬけどまあそりゃ仕方ないよねって、どこか他人事だった。 母親は介護施設で働いている。 父親は糖尿病持ちだ。 死ぬ可能性が、十分にある。 冗談でも考えすぎでもなんでもない。 月末には身寄りがなくなっていてもおかしくない。 一ヶ月ほど前だろうか、ベルギーやその辺で10代の子が死んでいた。 だから、誰だって死ぬっぽいな、他人事じゃないな、私も死ぬのかな、まあそれはそれでいいけど、と思った。 そりゃやり残したことはあるし、せっかく生きようと足掻き始めたのになとかはあるけどさ。 けど、自分が死ぬのはまあ受け入れられるじゃん。 そうじゃない、わたしにとって問題なのは、わたしじゃなくて、親だった。 四年前のまさに今頃、私は入院していた。 家がつらくて生きる意味がなくて、つらくてつらくてつらくて何度も死のうとした、その学生生活が幕をおろしてすぐ、やっぱり家も生きるのも自分の存在も全部つらくて苦しくて、嫌で、嫌いで、逃げたくて、ゴールデンウィーク明けに死のうとした。 そしたら措置入院になった。 措置入院っていうのは、なんか自傷他害の恐れがあるとかいう、つまり強制的にさせられる入院。 実に四年ぶりの入院だったあれはちょうど二ヶ月続いた。 五月半ばはまだ三度も厳重にロックされた保護室にいたはずだ。 4階北病棟の右から二つ目。 何もない、薄暗い部屋。 Netflixでみる独房となにも変わらないような、いや入院中に首吊って死のうとしてからはベッドが撤去されてマットレスだけが床に置かれた。 シーツもなし。 持ち込めたのは時計とティッシュだけ。 ペンは、腕に線をいっぱい書いたら取り上げられた。 税金で入院してるし、自傷他害の恐れってつまり逮捕なんだな、と知った。 お馴染みの隔離をまさにされていた。 入院中、初期は親が揃って見舞いにきた。 見舞いというかあるいは調査みたいなものだった。 医療者が私だけでなく親も調べた。 医者、看護師、福祉士、みんながみんな異口同音に「お母さんやばいね」って言った。 もちろん言葉は選んだけど。 何人かは、お父さんもやばいねって言った。 やばいっていうのは、お母さんこそちょっと普通じゃない症状があるよねっていうようなことで、医者も困ってたんだけど、それでも彼女は自傷他害の恐れがないからって普通に出歩いていた。 病識がないと誰も何もできない。 他害ってなに?私はここでこうして泣いてるのに?なんで誰も彼女に何もしてくれないの?って憤った。 父親に一番憤って、でも私が頼れるのは父親しかいなかった。 定収入があって、意思疎通ができて、時間に多少の融通がきいて、何より私の世話をする気のある人は、父親以外にいなかった。 だから、まあお母さんと連絡取るのはやめなよ、お父さんも嫌なら電話番号変えちゃいなよ、離れた方がいいよって、まあまあ言われても、できなかった。 父親のすることを全部自分でやるのは無理だって思ったし、お金くれたし。 けど、母親はもうすぐにブロックした。 面会にこられても怖くてたまらなかった。 何を言っていいかわからないし、何も通じないし、なんか、もう。 わかんない。 わかんないけど、ただただ怖かった。 両親揃ってベッドの向かいの椅子に座られるといたたまれなさでなんで死ねなかったんだろうってそればっかり思った。 なんで死ねなかったんだろう。 二人でも無理だけど一人でも無理で、父親はまだかろうじて喋れたけど、それでも本当は結構無理で、で、無理したから母親がもっと無理になった。 何言ってるかわかんないんだもん。 こわいよ。 そんな調子だったから、程なくして母親とは面会禁止になった。 ありがとうあの時の主治医。 看護師。 みんな元気にしてますか。 そんなわけないね。 大変だと思う。 けど、どうか、あなたとあなたとあなたは無事でいて。 それから、今に至るまで、母親とは一度も会話をしていない。 連絡もとっていない。 ドイツに来る前はキャリアメールが何度か届いて、その度に具合が悪くなって、まじやっぱ死のうかなって死ぬ場所とか死に方とか探した。 実家に荷物を取りに行った時に、二回くらい見かけたりすれ違ったりしたことがある。 その時もなんとも形容しがたい悲しみと憎しみと苦しみ、あとごめんなさいという気持ちに襲われた。 ごめんなさい、何がかわからないけど、ちゃんとしてないこと、逃げてること、働いてないこと、被害者ぶってること、楽しそうにしてること、あなたができなかったことしてること、わかんないけど、ごめんなさい。 それは、親が元気だからできたことだった。 単純に逃げて避けて自分の行く末だけ考えていられたけれど、今、急に、親死ぬんじゃないかって思った。 ら、怖くなった。 ドイツに来る前からわかってた。 親が死ぬ前に自分の中の親を殺さねばならないということ、それには現実の親が必要だということ、いつかは対峙せねばならないということ。 それを怠ると私は生涯苦しむだろうということ。 わかってたというか、全て憶測だけれど。 だってまだみんな生きてるから。 彼ら、わたしも。 こっちに来て一年目の秋、母親の誕生日、小さな小さな荷物を送った。 ひとことふたことのメッセージを添えて。 それが限界だった。 それからはやっぱり何かしようとしても怖くてつらくて何もできなかった。 下書きばかりが溜まった。 恨まれてるのはわかってるから。 なんでだろう。 勝手に産んだくせに。 なんなら産みたくもなかったくせに。 仮に、親が、特に母親が、一週間後に死ぬとして、私は今、彼女に電話をかけるべきなのか?なにか、ねぎらいの言葉なんかじゃなくても、何かしら伝えるべきなのか?何か、なにか、すべきなのか?わからない。 何もわからない。 泣いている。 一人で、もう4時間も泣いている。 夜中だ。 明日は朝からオンラインで授業を率いるほうなのに。 先生するのに。 一人になるって、親が死んだら一人になるって、怯えて泣いてる。 何もできないまま、何者にもなれないまま、何の解決もできず、恨み、恨まれ、憎まれ、憎しみ、苦しみながら、死なれて一人になったら、どうしよう。 けど、電話なんてできない。 こわい。 何が待っているのだろう。 こわい、見たくない、知りたくない。 残されたくない。 一人になるってだけでこわいのに、彼らとの、彼女とのあれやこれやを、何も解けないまま生きていくなんて、末恐ろしい。 でもやっぱり連絡なんてできない。 私は彼女が、母親が、自分のお母さんが、すごくこわい。 お母さんなんて呼んだことない。 こわい。 嫌いだ。 嫌いだ嫌いだ大嫌いだ。 でも死なないで、絶対に死なないで。 私は一人になりたくないから。 このままの関係性で死なれたら困るから。 だから、お願い、気をつけて。 どうか気をつけて、手を洗って、マスクして、栄養のあるもの食べて、ちゃんと寝て。 お願いだから、まだ死なないで。 私があなたに連絡できるようになるまで、まだまだ時間がかかりそうだから。 お願いします。 わたしを産んだ責任だと思って、生きて。

次の