ご祈祷 服装 夏。 お宮参りの服装は、夏だとカジュアルでも大丈夫?ママ・パパも暑い時期の参拝

神社での厄払い・ご祈祷の服装とは?年祝いにふさわしい格好!

ご祈祷 服装 夏

お宮参りの夏の服装は?着物を選ぶ人もいる?真夏は避けるのが一般的? 2019年5月6日 こそだてハック 生後1ヶ月を目処に、氏神様に赤ちゃんの健康を祈祷しに行く「お宮参り」。 地域によって、男の子は生後30~32日目、女の子は生後31~33日目など差がありますが、生まれた時期によってはそれが夏にあたる場合があります。 正装をするのが一般的ですが、夏場は暑さ対策も必要ですよね。 そこで今回は、夏場のお宮参りにおすすめの服装や、真夏に行う場合のコツを含めてご紹介します。 お宮参りの服装とは? お宮参りの赤ちゃんの服装は、「祝い着(産着・初着)」という着物を着用するのが一般的です。 男の子なら、羽二重地に5つ紋つきで、鷹・兜・松・鶴・武者をあしらったものを。 この祝い着は、お宮参りでは実際に赤ちゃんが袖を通して着るものではなく、白羽二重(しろはぶたえ)という内着の上に掛けて、抱っこしているママやおばあちゃんごと包むように、背中で留めるのが正式な方法です。 ママは、着物であれば黒留袖、紋付の色無地、訪問着、付け下げ、江戸小紋などを選びますが、スーツやワンピースを着る人も。 パパは、最近はスーツを着ることが一般的になってきています。 礼服が良いですが、なければ色が暗めのビジネススーツで、できれば無地のものを選びましょう。 関連記事 お宮参りを夏にするときの服装は?正装でないとダメ? お宮参りをするときの服装は、必ずしも正装でないといけないわけではありません。 親族を呼んで食事会をしたり、記念写真を撮影したりする場合に正装することが多いですが、前述のとおり、略式の礼装(スーツスタイル)というケースも増えてきています。 この時期は、まだママの体調が回復しきっておらず、赤ちゃんも体温調整が上手にできません。 特に、夏場の暑い気候はママや赤ちゃんの体に負担となるため、無理に正装をするよりも、過ごしやすさを優先しましょう。 ここでは、夏でも過ごしやすいお宮参りの服装をご紹介します。 夏のお宮参りにおすすめの赤ちゃんの服装 内着には、足元が開いたセレモニードレスや、普段使いできるカバーオール・ツーウェイオールを選びましょう。 肌着は肌触りが良く、乾きやすいガーゼや吸湿性の高いフライス素材が良いですよ。 セレモニードレスは長袖タイプが多いので、夏用の薄手の素材を選んでください。 カバーオールやツーウェイオールは、普段使いのものより少し華やかなデザインにすると良いでしょう。 薄手の天竺素材がおすすめです。 関連記事 お宮参りは夏を避けた方がいい? お宮参りを行う生後1ヶ月が真夏にあたる場合、ママや赤ちゃんの体調を優先して、時期をずらすケースも少なくありません。 なかには3ヶ月ほどずらして、過ごしやすい秋に行うケースも。 しかし最近は、祈祷を行う神社やお寺に冷房が完備されていることもよくあります。 環境に合わせて判断するようにしてくださいね。 夏場にお宮参りをする場合は、以下のようなコツを参考にしてみてください。 夏にお宮参りをするときのコツ ・祈祷や写真撮影のとき以外、赤ちゃんは短肌着と薄いベビードレスで過ごさせる ・車移動にして、炎天下を長時間かけて移動しない ・こまめに水分補給できるよう、授乳室の下調べをしておく ・冷房完備の神社やお寺を選ぶ ・祈祷を延期して、スタジオなど涼しい場所で行える写真撮影だけ先に行う ・汗をかいたらママも赤ちゃんもこまめに着替える ・冷房対策用の薄手のショールや羽織りものを用意する.

次の

戌の日の服装はスーツ?ワンピース?夏冬女性&男性コーデ

ご祈祷 服装 夏

Contents• 祖父におすすめのお宮参りの服装 パパが洋装の場合は、祖父も洋装に合わせるのが一般的です。 白いワイシャツに、ブラックや紺などの落ち着いた色のフォーマルスーツに、ネクタイをつけるよいいですね。 落ち着きのあるスーツに合ったオシャレなネクタイを付けると良いですね。 いつも仕事で使うようなネクタイよりも、高級感のあるネクタイを付ける人も多いですね。 ネクタイが苦手な人は、祈祷時や写真撮影のときのみ着用でも問題ありません。 それ以外ではネクタイをとっても大丈夫ですよ。 ジャケットやコートは気候に合わせて羽織りましょう。 お宮参り【夏】の祖父の服装 夏場の正装は、暑い季節なので、半袖のシャツを着てもいいですね。 スポンサードリンク 祖母におすすめのお宮参りの服装 祖父の服装は、パパの服装とあまり変わらないので、正装に困ることは少ないですが、祖母の場合は、祖父に比べて服装に迷われるのではないかと思います。 洋装の場合は、目立ち過ぎない色のスーツやワンピースがおすすめです。 赤ちゃんや両親よりも目立ちすぎないように心がけると良いですね。 ジャケットやコートは、気候に合わせて、羽織りましょう。 ママが和装を着る場合には、祖母も和装を着る事があります。 その場合は、淡い色の色留袖や訪問着がおすすめです。 あまり派手でない柄物をチョイスするといいですね。 気候に合わせてショールや和装コートを羽織りましょう。 ママが洋装の場合は、着物ではなくスーツやワンピースを着ます。 落ち着きのある色味が理想です。 お宮参りでは、昔からの習わしで父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするケースが多いので、赤ちゃんを抱っこしやすいスタイルがおすすめです。 万が一、赤ちゃんが傷つかないように、結婚指輪以外のアクセサリーは控えるようにすると良いですね。 自分の身なりを考えつつ、赤ちゃんを抱っこした時に、動きやすい格好であること、歩きやすい靴を履いていくことを心がけるようにしましょう。 赤ちゃんのことを一番に優先してくださいね。 お宮参り【夏】の祖母の服装 夏に着物を着るのは悪くはないのですが、暑いからと半袖のワンピースにする人も多いです。 ママと事前に服装について話し合ってみるのもいいですね。 また、ママが和装の場合でも、必ずしも合わせて和装にしなければいけないと決まっておらず、洋装でも大丈夫です。 ママと赤ちゃんよりも目立たないように気を付けることが大事です。 スポンサードリンク お宮参りに着る祖父母の服装まとめ 祖父母の服装は、祖父に比べて、赤ちゃんを抱っこするといった重要な役割を持った祖母の方が悩まされるのではないかと思います。 祖母の場合は、和装で参加してもOKですが、夏は着ているだけで暑くてしんどくなります。 着馴れない人は、長時間の着物姿に疲れてしまうことでしょう。 着馴れない着物姿で、長時間赤ちゃんを抱っこするのも大きな負担になります。 和装をするときは、気候や自分の体調などを考えて選択をするようにしましょう。 当日の体調がすぐれない場合は、和装は避け、洋装で参加することをおすすめします。 可愛い孫の晴れ舞台です。 服装に悩まされなきように、早めに準備に取り組むことが大事です。 服装にこだわるのも良いですが、可愛い孫をお祝いする気持ちが最も大事になっていきます。 可愛い孫と、久しぶりに集まる家族で、良い1日を過ごしていただきたいですね。 当日になってバタバタしないように、早めに決めておきましょう。

次の

伊勢神宮参拝の服装や靴は?ご祈祷は内宮外宮のどっちでする?

ご祈祷 服装 夏

2017. 25 神社 amon 神社参拝の服装まとめ!夏服やネクタイ色は?女性の場合も詳しく みなさんは 神社に参拝する際の 服装について 普段から意識して 気を付けていることは ありますか? 日本に住んでいれば 神社に参拝する機会も 年に何度かはありますよね。 実は神社参拝には ちゃんとした作法や 服装マナーがあるのです。 お出掛けだからといって ただオシャレをするのではなく 大人として 日本人として 正しいマナーを身に着けて おきたいですよね。 そういう作法やマナーは 案外教えてもらう機会もなく 今まで何も考えずに 参拝してきたという方も 多いのではないでしょうか。 そこで今回は 神社参拝の服装マナーについて ご紹介したいと思います。 神様に失礼のないように それに 相応しい服装選びが出来る かっこいい大人になってみませんか? スポンサーリンク 目次• 神社参拝の正装 神社を参拝に訪れるのは 1年の初めか人生の節目など 大切な時が多いと思います。 神社の参拝には 初詣のように 拝殿前の賽銭箱にお賽銭を入れて 柏手 かしわで を打ち参拝する 一般参拝 社頭参拝とも言う と 七五三や厄除けなどのように 初穂料を納め祈祷をお願いして 拝殿に上がって参拝する 正式参拝 昇殿参拝とも言う の 2種類があります。 一般参拝の場合は 正装までする必要はなく 常識の範囲内であれば 大抵は問題ありません。 ただ、正式参拝となると そうはいかず 最低限、クリアしておかなければならない 服装マナーがあります。 参拝時の服装選びに困った時 まず、覚えておけば助かるのは やってはいけない事です。 タブーをしっかりと頭に入れておけば それさえ避ければ 大抵の事はクリアできます。 ということで、ここでは これだけは守っておきたい タブーの服装について ご紹介しておきましょう。 まず一つ目は 露出の多い服装は避けること。 夏場は特に どうしても露出が多くなりがちですが 必要以上に露出の多い服装 具体的に言うと 肩の出るキャミソールや タンクトップ オフショルダーの服 また、ミニスカートやホットパンツ サンダルなど足や足元の露出にも 注意が必要です。 冬場に気を付ける服装は 革製のミニスカートや網タイツ ブーツもふさわしくはありません。 2つ目は だらしない服装はしないこと。 休日に家で寛いでいるような恰好 具体的に言うと ジャージや部屋着 ダメージ加工のある服などは 神様に対して失礼にあたります。 3つ目は 派手な色使いや装飾品は避けること。 カラフルな色使いの服や 奇抜なプリントが施されたシャツなど また、キラキラした装飾のついた バッグやアクセサリーも 相応しくはありません。 大きくわけて 以上の 3点に注意しておくと いいでしょう。 こだわるべきは オシャレではなく また、 目的も遊びではない ということさえしっかりと 認識しておけば 大丈夫です。 神社参拝時の女性の服装 では、 女性の場合 どんな服装が相応しいのかを 具体的にご紹介しましょう。 一般参拝の場合は 先ほどのタブー3点を 守っておけば スーツほどかしこまる必要も ないと思います。 しかし、 正式参拝となると 少し変わってきます。 正式参拝は 普段は立ち入ることのできない 神域に昇殿し参拝するということです。 スーツを義務付けられている 場合もありますが そうでなくても正装が基本です。 スーツもしくは 冠婚葬祭用の服が 良いでしょう。 派手でなければ ワンピースでも大丈夫かと 思いますが 丈の短いものや 落ち着きのない感じのものは 避けましょう。 そして、 足元にも配慮が必要です。 濃紺や黒であれば良いと思いますが 神社は石畳や石段も多いので 歩きにくさも考えて ハイヒールは避けた方が良いと 思われます。 また、 装飾品にも 注意する点があります。 ベルトや鞄、アクセサリーなども パーティーに行くような キラキラしたものは避け 身に着けるならば 大人らしい落ち着きのあるものに しておきましょう。 神社参拝時の子供服 子どもの正式参拝の場合は 就学児に関しては 制服で問題ありません。 また、学校に制服がない場合や 未就学児の場合には 入学式や七五三で 着用できるような 落ち着いたフォーマルが オススメです。 最近の子ども服は デザイン性が高く ステージ衣装風なものも 多く販売されいてますが 参拝の目的を考慮して 派手なものよりも シンプルなデザインのものを 選びましょう。 また、七五三の正式参拝の場合は 男女とも基本的には和装です。 男の子の場合は 羽織袴が基本のスタイルです。 成長のお祝いに 大人の礼儀を模した 袴を身に着ける儀式とも 言われており 服装には気を付けたいところです。 また、女の子は 着物ですが 3歳の場合は 着物に袖の無い 被布 ひふ を着用し 7歳で初めて付紐をとり 帯を締めて一人前の 着付けをする 「帯解きの儀」を行い 振袖に変わります。 最近の七五三事情を見ると 洋装での参拝も多く見かけます。 絶対に 和装でなければならないという 決まりはありませんので もちろん洋装でも大丈夫です。 ですが 着物は、世界に誇れる 日本の伝統文化です。 洋服文化の強い現代では 中々身に着ける機会もないですよね。 この機会にぜひ 和装を身に着けていただきたいという 思いもあります。 七五三は 子どもにとっても家族にとっても 記念に残る大きなイベントです。 素敵な思い出作りの一つとして 着物を着て、家族で写真を残すのも 素敵ですね。 男性の場合は スーツに白シャツ ネクタイ、黒の革靴が 一般的です。 女性ほど、 服装に困ることは 少ないでしょう。 全体的に 紺や黒、グレーなど 派手な色でなければ 大丈夫です。 そして、 ネクタイは必ず 着用しましょう。 ネクタイの色については 絶対にこれでなくてはダメという はっきりとした線引きがなく そこが逆に難しい所ではあるのですが 色々と調べた結果では やはり派手なものではなく 落ち着いた色合いのものが 無難とのことでした。 色使いデザイン共に ファッション性を重視した ものは避けた方がいいでしょう。 グレーやモノトーンなど 落ち着いた雰囲気のものが オススメです。 お祝い事である場合は 黒はタブーで 逆に 白やシルバーグレーなど お祝いに相応しい色が 好ましいです。 白は穢れの無い色で 神聖な神前でも 好まれる色なのだそうです。 スポンサーリンク 神社参拝時の夏服について 先ほど 露出の多い恰好はタブー。 というお話をしましたが では、暑い夏の場合には どのような服装で参拝すると 良いのでしょうか。 やはり、いくら暑いからと言っても 露出の高い服装は 避けた方がいいでしょう。 サンダル、裸足も厳禁です。 靴下を持参しておくなどして おきましょう。 肩やつま先を見せることのないように 気を付けましょう。 正式参拝の場合も同様に 夏だからと言って シャツとネクタイだけにしたり また、ネクタイを付けなかったり ということは避けるべきです。 基本的には 年間を通して ラフな格好はタブーと 言うことです。 スポンサーリンク 最後に いかがでしたでしょうか。 ご紹介したのは 一般的な神社の場合です。 ほとんどの場合は 服装についてそこまでの 細かい指示はなく 参拝する側の気持ちと 礼儀の問題としての マナーとなります。 中には 服装が細かく指定されていて 服装や振る舞い次第では 参拝を断られる 格式高い神社もあるようです。 自分の感覚が本当に正しいのか。 自分のしている事は本当に 常識の範囲内なのか。 そんな時 ちょっとした知識があれば 慌てたり迷ったりすることなく 落ち着いて振舞うことができますね。 ただ、ご利益をいただきに行くだけではなく 神様に願いを聞いていただく。 ということに対しての 感謝と敬意の気持ちを大切に。 神様の近くに行くという認識さえあれば 自ずと身についてくるものなのかも しれません。 神様に対しての礼儀をわきまえた 素敵な大人になりたいですね。 神社の参拝作法についてはこちらをどうぞ。

次の