恋する 小惑星。 【悲報】今期アニメ「恋する小惑星」がまちカドまぞくに比べて全く人気が無い理由

『恋する小惑星』イベントビジュアル公開!各種限定グッズはオンライン販売で | ガジェット通信 GetNews

恋する 小惑星

天文班、地質班にちなんで星図や地質図をデザインしたクリアファイル。 Aセットはみらとあおの星座・ふたご座や夏の大三角が見える春と夏の星図(天文班)と、12か月それぞれの誕生石デザイン(地質班)、Bセットの星図(天文班)には冬のダイヤモンドやくじら座が見える秋冬の空を、地質班のデザインは部室に飾ってあった「真壁」の地質図を、それぞれ天文班と地質班の2枚で1セットになっています。 予めご了承ください。 」 2週目 『緋弾のアリアAA』 1弾「もう一人のA」 3週目 『NEW GAME! 』 第1話「なんだかホントに入社した気分です!」 4週目 『ガヴリールドロップアウト』 第1話 「もう戻れないと知ったあの日」 5週目 『多田くんは恋をしない』 第1話「ほっとけないだろ」 6週目 『うちのメイドがウザすぎる!』 第1話「うちのメイドがウザすぎる!」 7週目 『私に天使が舞い降りた!』 第1話「もにょっとした気持ち」 8週目 『世話やきキツネの仙狐さん』 第1話「存分に甘やかしてくれよう」 9週目 『ダンベル何キロ持てる?』 1. 「筋トレやってみる?」 10週目 『恋する小惑星(アステロイド)』 01. 「二人の約束」 新型コロナウイルス感染症の広がりに伴い、ご来場者・本イベントに関わる関係者の安全を鑑み、 「みらとあおのKiRA KiRADIO in プラネタリウム」 の開催中止を決定いたしました。 楽しみにしてくださった皆様におかれましては誠に申し訳ございません。 何卒ご理解の程お願いいたします。 チケットに当選された皆さまにおかれましては、チケットの払い戻しの対応をさせていただきます。 払い戻しの開始時期につきましては調整中のため、追って公式サイト等でお知らせいたします。 またチケットの一般発売は中止とさせていただきます。 <チケットに関する問い合わせ> ローソンチケットインフォメーション 10:00~18:00 0570-000-777 また、「みらとあおのKiRA KiRADIO in プラネタリウム」開催中止に伴いまして、 当日実施を予定しておりました「恋する小惑星」KiraKiraミュージアム in プラネタリム出張所の開催も 中止とさせていただきます。

次の

#恋する小惑星 X 恋アス

恋する 小惑星

恋する小惑星(こいする)とは、で連載中のQoによる作品である。 は「恋アス」。 発売のット号でが発表され、から放送された。 概要 号から連載開始。 にしたは、「を見つける」という幼い頃にあるとしたを果たすべく文部に入部しようとしていた。 今年から文部は地質研究会と合併して「部」となったことを知り、部の門戸をいたみら。 しかしそこにはがを交わした、ではなくがいて……? 登場人物 地学部 (たみら) :。 文班の。 昔参加したであおに出い、「」というがあるのに「アオ」というがないことを知り、そこから2人でアオのを見つけるべく新しいを発見したいという夢をする。 明るく邪気で、深く考えずに行動する。 (まなかあお) : 文班の。 一緒にを見つけるというをみらと交わした本人だが、で再会するまでみらにだと思われていた。 昔は話しやすいな感じだったがでは物静かである。 それでも内に秘めたみらへの想いは変わっていない。 (いのせまい) : 地質班の2年生。 同じ地質班ののことを尊敬している。 が好きで、でに紹介された地質図がきっかけで入部した。 (いみかげ) : 地質班の3年生で副。 地質やに対するは強く、面で勝気な性格。 だがなせいでが回りし少々引かれてしまうことも。 (もりのまり) : 文班の3年生で。 通称モンロー。 普段はとした性格で部をまとめているがたまにしたたかになる。 合併前の文部ではで人を集めたりもしていた。 (ゆう) : 部の新。 の苦い経験から気学で人々の役に立ちたいと思っている。 千(げ) : 部の新。 やに関心がある。 その他 (やもえ) : みらので。 通称ちゃん。 は屋で、のが忙しいため部には入っていない。 みらのことを想うあまりかつてはに寄ってくる人に対して嫌がしたこともあったようだが、なのでとのこと。 木ノみさ(たみさ) : みらの。 3年生で。 思いで、に憧れられている。 幸(えんどう) : 部顧問。 勝手にをするなどのには不面なように映ることもあるが、根は面で努なである。 部(いべ) : 新聞部の2年生。 刺的でなことが好き。 通称ちゃん。 (み) : 新聞部の。 あおの。 である部のことを慕っている。 テレビアニメ から同年まで放送された。 全12話。 関連リンク•

次の

【悲報】今期アニメ「恋する小惑星」がまちカドまぞくに比べて全く人気が無い理由

恋する 小惑星

一言でいうとエモいです。 きらららしい女の子同士の百合百合した日常を描くと共に、「小惑星」を見つけて幼い頃に誓った名前を付けるという目標もある(ここがエモ)。 きららと言えば、わちゃわちゃした百合百合してる日常のワンカットを抜き出して、視聴者がぐへぐへ紳士の反応を見せるのが一般的な感じですが、ここまで明確にやることが示されているのは珍しいです。 しかも題材が地学ってのも稀有です。 まぁ、私が一瞬で心を掴まれたのは「ベランダで星空を見上げて、電話で星を語り合う」というシチュエーションに途轍もないエモさ流星群が降ってきたからです。 思わず、うあああああああって言葉にできないぐちゃぐちゃした奔流が脳内をかけめぐりましたね。 まぁ、一話しか見てないレビューなんてゴミ同然なんで聞き流してください。 でも、恋する小惑星は見た方がいいです(おわり) 第一話をみての感想レビューです。 事前の情報なしで見ましたが、今期個人的には最も期待できる作品ではないかと思っています。 子供の時に星空観測会に出かけ、そこで出会った男の子によって星の世界に興味を持ち、高校で地学部(人数減のため天文部との合併)に入った女子高生の物語です。 その地学部には子供の頃に出会ったあの男の子 実は女子 が在籍していたことから物語が動き出します。 物語内では一つの目標があります。 「自分が見つけた小惑星に名前を付けたい」というものです。 さてこれからどうなるのか。 最後まで見届けたい作品ができました。 調べてみると、様々な機関が協力しており、表現される星座の位置関係も科学的根拠に基づいた作画になっていることを知りました。 知的好奇心をくすぐられることも楽しみにしたいと思っています。 そういうわけでこの作品ある程度の基礎的な知識も必要になりそうです。 もしかしたら万人向けではないかもしれません。 私自身は全然専門ではありませんが地学的な知識のおかげで下に書くぐらいのことは分かります。 ・天気図は何となく分かり、高気圧、低気圧。 気流や海流の動きと天候との関係。 台風のメカニズムや動き。 そこからの自分の居住地への影響などの予測は自分で行い、テレビの情報などより自分の判断を信じています。 ・天文学的知識には乏しいと思いますが、月の満ち欠け(上弦、下弦)、日食や月食、太陽と地球の位置関係と地軸の傾きが影響する四季、北半球と南半球の気象現象の違い、白夜、極夜などは分かります。 ・星座盤を使えば星の位置を見分けることはできますが、星座の位置については覚えていません。 ・地学は基本的な岩石の成分分析や深成岩、火成岩などは言われれば理解できますが、自分では見分けは付きません。 何となくある程度の知識はないと物語について行けそうな気がするのは心配な点ですが、そういうことに興味と少しばかりの下地としての知識がおありならお勧めできる作品になるかも知れません。 途中で視聴を切らなかったら追記を書き込みたいと思っています。 【追記:最終話視聴後】 一応全話を見通しました。 何となく飛ばし見的な見方でです。 これはアルキメデスが浴槽の中でアルキメデスの法則を発見したときに発した言葉だそうです。 「分かった!」という意味です。 本作はこういうエウレカ路線を打ち出せるのでは?と期待していたのですが「きらら」中心の構成になっていたようで、個人的には今ひとつ乗り切れませんでした。 タモリ氏が出演する地学的知見に基づいた教養番組があります。 あれは比較的高いレベルの「エウレカ」がある番組です。 ああいう要素を入れられなかったのかなあ?という感じです。 「エウレカ」に至る経過がなければ現象としての結果を見せられても感動にはなかなか繋がらないのではないでしょうか。 天文学と地質学、さらには気象学まで一緒くたに扱おうとすれば何もかもが中途半端な表現に終わってしまいます。 気象に関しても「高気圧と低気圧」とは何かを知りそれが科学の基礎原理としての「対流」に関係していることを知り、そこに太陽高度の関係性から台風が発生するなどということと関連付けて考えられるようになると、学問としての地学への関心が高まっていきます。 「きらら」でも構いませんが、分野を絞り、もっと基礎的な知識を積み上げる形で物語を構成していったら「エウレカ」による評価が高まるような気がします。 「よりもい」的な期待に始まった作品の感想として全体を通して言えば「少し残念」というのが正直な気持ちです。

次の