リリアナ・マスカレード。 第三章69 时光的碎片 · Re_Life_in_a_different_world_from_zero

Re:ゼロから始める異世界生活

リリアナ・マスカレード

ようやく一行の前に、王都セントラルの西門が見えて来た。 すでに、王都への到着は先ぶれによって数日前には王宮に知らされており、王宮からの迎えの者と警備隊の警備員だけでなく、王宮警備隊からも人員が派遣されて勇者一行の到着を待っていた。 王宮から西門に続く大通りは、一般の馬車の通行は禁止されており、勇者親善使節団の帰還の知らせを聞いた人たちが大勢道端に出て一行が通るのを待ち構えている。 西門の前で、勇者一行とマリア王女は、今まで乗っていた馬車を降り、王宮から運ばれたパレード用の 天蓋 ( てんがい )のない馬車に乗換え王宮を目指すことになる。 道端で出迎える人たちに笑顔で手を振る勇者たち3人とマリア王女。 勇者が笑顔で手を振るたびに道端から黄色い声援が上がる。 ヨシュアも興味があるだろうと誘ったが、自分が表通りを歩くわけにはいかないと 頑 ( かたく )なに遠慮していたので強要するのもへんな話なので置いていくことにした。 イエロー4人娘の訓練は、今日はお休みでいいだろう。 アスカが止めるので4人娘はマスカレードイエローの 変身 ( 変装 )はしていない。 俺も智謀のマスカレードブルーになろうと思っていたが、多数の人前に現れると、マスカレード仮面の秘密が 露見 ( ろけん )する可能性が高まるといって、これもアスカに止められてしまった。 アスカのヤツ自分だけ 変身 ( 変装 )を俺に勧められなかったのでスネたのだろうか? そういえば最近、無敵のマスカレードレッドの姿を見てないな。 シャーリーはかわいそうに今日も学校だ。 シローはお留守番だが、女性陣で一人屋敷に残ったヨシュアを相手に遊んでいるか、屋敷の中でボールを追いかけてプープー、バタバタやっているのだろう。 ゆっくりと、勇者たちを乗せた馬車が近づいて来る。 人垣が邪魔なので、俺たちは少し後ろに下がってそのパレードを見ているのだが、思った通り、パレード用の馬車に乗って手を振る勇者は俺を嵌めた勇者でもないし、勇者の脇に立つ二人の女性も、あの賢者でも聖女でもなかった。 本物なのはマリア王女だけだった。 『アスカ、王女以外はみんな偽物だ。 どう思う?』 『マスター、あの手を振っている3人は、キルンの冒険者ギルドの受付で新人登録の時、ランクが低すぎるとか言って騒いでいた連中ですよ』 『道理で、どっかで見たようなイケメンだと思った。 それでそのイケメンが何で勇者をやってんだ?』 『マスターの話ですと、本物の勇者というのが人前に出せないくらいひどい勇者だからではないでしょうか。 それで、こういったパレードや他国への親善のための代役を務めているのでしょう』 『確かに、あれは人前に出せないものな』 おっ、だいぶ近づいてきたな、俺も妙な仕事をさせられる君たちに同情するよ。 「頑張れー! 勇者様ー! 頑張れー。 期待してるぞー! 賢者様ー! 聖女様ー! 頑張れー!」 俺が急に大きな声で勇者一行を声援し始めたので、ハート姉妹と4人娘は驚いていたが、すぐに一緒になって声援し始めた。 まあ、若い女の子にはイケメンだよね。 確かに俺から見てもあの連中には華がある。 さすがはマリア王女、人選に狂いはなかったようだ。 狂いがあったのは勇者召喚だけだ。 親善使節団一行が通り過ぎて行ったので、みんなを引き連れて屋敷に帰った。 アスカと俺はこのあと王宮で開かれる使節団慰労会に招かれているので、例の礼服に着替えて、サージェントさんが操る箱馬車に乗って王宮に向かった。 マリア王女はいったん影武者勇者たちとは別れ、使節団副団長のネイピアとともに、父親でもある国王の元に無事帰還のあいさつと親善使節団の成功の報告を行っている。 リリアナ王女が、姉のマリアを待っている。 元気になった姿を早く見せようとパーティーの始まる前から会場にやって来て見回すがまだ主賓の勇者一行もマリア王女も当然会場に現れていない。 これまで、病弱だったため初めてのパーティーだ。 リリアナはダンスなど全くできないので、近づいて来る男性を排除するため、侍女が2人ほど付き添っている。 今日は、ショウタとアスカに招待状が届いているはずなので、リリアナは久しぶりに2人に会うのも楽しみにしている。 もしもショウタが自分のところにやって来てダンスを誘ってくれたら侍女に邪魔をしないよう言い含めている。 リリアナはダンスはできないが、ショウタなら自分をうまくリードしてくれて自分もなんとか踊れるのではないかと妙な期待と信頼を寄せているのだ。 「ほう、ここが会場か」 王宮で招待状を見せ、係りの人に案内された慰労会の会場は、王宮の中庭に面した天井の高い大広間で、シャンデリアが何個もきらめき天井には天井画が描かれている。 こういう世界もあるんだな。 百人や2百人ではきかない人が既に会場に集まっていた。 「随分広い場所ですね。 マスター、おいしそうな料理が並んでますよ」 「料理もいいが、最初にだれか偉い人があいさつかなんかするんじゃないか? 食事に手を出すのは普通その後だろう」 「貴族になった時は、かなり緊張していたマスターが今回はリラックスしていますね」 「そりゃあ、今回の俺は群衆の中の1人だからな。 全然違うよ」 「全然違うのなら大丈夫です。 冷めないうちにおいしそうなものから食べてしまいましょう」 それでいいのかよ。 おまえをガチで止めれるやつはこの世にいないもんな。 最初は食べ物の味も知らなかったアスカが進歩したものだ。 アスカは、さっさと料理が並ぶテーブルに突撃し、取り皿に山盛りにして料理を食べ始めてしまった。 ここは他人の振りか? 「みなさま、わが国との親善を深めるため北方諸国を歴訪していただいていた勇者さま一行が王都に帰還されました。 本日はご案内のようにその労をねぎらうための慰労会でございます。 みなさま、まもなく勇者さま一行が会場にお見えになりますので、盛大な拍手でお迎えください」 勇者一行が会場に現れて、大きな拍手が会場にあふれた。 奥の方の一段高くなったステージの方に歩いてゆく。 これじゃまるで、結婚式みたいだ。 それについて特に含むこともなく、面倒ごとを引き受けてくれた代役のおかげで王宮で何不自由なく生活できて助かったと思っていた。 「ねえ、サヤカ。 あたしたちの代役がどんな人だか見てみない?」 「うーん。 あんまり興味ないかな。 人は人、自分は自分。 こっちにいてもおいしいものも食べられるし別にどうでもいいんじゃん?」 「そう言えばそうかも知れないけど、ほんとに気にならない?」 「モエ、そんなに興味があるなら、見に行ってくれば?」 「そう。 それじゃあ、今から着がえて見に行ってくる」 「それじゃあ、やっぱりあたしも行く」 あまりフラフラ王宮内を出歩いていると、係りの侍女がうるさいので、ここぞという時以外おとなしくしている賢者と聖女だったが、今がここぞという時だと、与えられた王宮の一角からこっそり忍び出て、パーティーが開かれている大広間にやって来た。 聖女に祝福された賢者による 隠蔽 ( いんぺい )魔法を駆使しての行動である。 この二人は、スペックが高い上にちゃんと訓練もこなしているため大抵のことが人並み以上にこなせるようになっている。 柱の陰からのぞいてみると、ちょうど勇者の代役があいさつしているところだった。 「モエ、あたしに目が良く見えるようになる祝福してちょうだい」 「了解。 私も自分に」 「「うそ! なに、あの人カッコいいじゃない」」 自分たちも勇者一行代理パーティーに入りたくなった、本物の賢者と聖女だった。

次の

莉莉安娜·馬斯可芮德

リリアナ・マスカレード

Contents [] Appearance Liliana is a petite, brown skinned girl with bright yellow hair tied in two tails and big round eyes of the same color. She is mentioned to have lively features and wears revealing clothes, an orange cape, and decorates her hair and body with ornaments that use nuts and animal bones. Personality Contrary to how she is when she performs, Liliana is shown to be an eccentric person that's constantly excited and her words and actions are mentioned to deviate from the norm. She is interested in famous people, possibly due to her work, and tends to follow new trends. Liliana mentioned herself to be light headed, and not being made for the mental work. However, she still believes that once she's singing, everyone should be enthusiastic about her, and put all their focus on Liliana. History Liliana was born in a family of poets. She, and her parents, were extremely poor, with them barely caring about her. She always dreamed of becoming a traveling minstrel with freedom and independence. At the age of thirteen, she decided to run away from home. Her parents barely cared about her leaving, with her father saying that it would result into them having more food, and with her mother saying that they could get another kid. As she ran away, she could barely come by, and ended up falling sick after eating something not good. She eventually found her talent through her Divine Protection, and started performing, and that's when noticed her. Between and , she visited the and played for the. During , she resided at , even mentioning that it was a city that a bard would like. Eventually, she came in contact with and reunited with and the others. While in the park, Liliana was playing a song for her spectators, until Subaru suddenly storms off along with , to which followed, leaving only Liliana and Priscilla in the park. While sharing a little conversation, Liliana continues singing, until Priscilla notices that something is wrong. The first city broadcast was made by , causing Liliana to feel anxious. Instead of running to the shelters like Liliana intended to do, she followed Priscilla to confront the Sin Archbishops. After some rough circumstances, they finally arrive at the control tower where is. Being off-guard, Liliana was caught by the authority of wrath, losing control over herself. However, she snapped out of it thanks to Priscilla kissing her. As they start the battle against Sirius, the tower eventually collapses, causing all of them to fall of the tower. Luckily, Priscilla and Liliana survived the fall, and Sirius ended up captured. Abilities 加護 Kago : Liliana has the Divine Protection of Telepathy 伝心の加護 Denshin no Kago , which enables her to tell other people her thoughts telepathically. While it's normally used to tell close friends certain thoughts, she can combine it with her singing to increase the strength and effect range. Bard Domain 歌人領域 : According to Liliana, the Bard Domain is a place where people's consciousness resides once they are caught within Liliana's singing effect. She used it during the battle against Sirius, to wake everyone up from the authority of Wrath. However, it's also stated that it is impossible to enter the Bard Domain if you have too many worries or are not concentrating, yet it appeared to be powerful enough to cleanse the authority of Wrath effect. Equipment: Liliana performs using a musical instrument known as a lyulyre リュリーレ. Trivia• Liliana Masquerade is the first and only character so far with five chapters in her point of view, both the chapters and the narration. Navigation.

次の

Лилиана Маскарад

リリアナ・マスカレード

Contents [] Appearance Liliana is a petite, brown skinned girl with bright yellow hair tied in two tails and big round eyes of the same color. She is mentioned to have lively features and wears revealing clothes, an orange cape, and decorates her hair and body with ornaments that use nuts and animal bones. Personality Contrary to how she is when she performs, Liliana is shown to be an eccentric person that's constantly excited and her words and actions are mentioned to deviate from the norm. She is interested in famous people, possibly due to her work, and tends to follow new trends. Liliana mentioned herself to be light headed, and not being made for the mental work. However, she still believes that once she's singing, everyone should be enthusiastic about her, and put all their focus on Liliana. History Liliana was born in a family of poets. She, and her parents, were extremely poor, with them barely caring about her. She always dreamed of becoming a traveling minstrel with freedom and independence. At the age of thirteen, she decided to run away from home. Her parents barely cared about her leaving, with her father saying that it would result into them having more food, and with her mother saying that they could get another kid. As she ran away, she could barely come by, and ended up falling sick after eating something not good. She eventually found her talent through her Divine Protection, and started performing, and that's when noticed her. Between and , she visited the and played for the. During , she resided at , even mentioning that it was a city that a bard would like. Eventually, she came in contact with and reunited with and the others. While in the park, Liliana was playing a song for her spectators, until Subaru suddenly storms off along with , to which followed, leaving only Liliana and Priscilla in the park. While sharing a little conversation, Liliana continues singing, until Priscilla notices that something is wrong. The first city broadcast was made by , causing Liliana to feel anxious. Instead of running to the shelters like Liliana intended to do, she followed Priscilla to confront the Sin Archbishops. After some rough circumstances, they finally arrive at the control tower where is. Being off-guard, Liliana was caught by the authority of wrath, losing control over herself. However, she snapped out of it thanks to Priscilla kissing her. As they start the battle against Sirius, the tower eventually collapses, causing all of them to fall of the tower. Luckily, Priscilla and Liliana survived the fall, and Sirius ended up captured. Abilities 加護 Kago : Liliana has the Divine Protection of Telepathy 伝心の加護 Denshin no Kago , which enables her to tell other people her thoughts telepathically. While it's normally used to tell close friends certain thoughts, she can combine it with her singing to increase the strength and effect range. Bard Domain 歌人領域 : According to Liliana, the Bard Domain is a place where people's consciousness resides once they are caught within Liliana's singing effect. She used it during the battle against Sirius, to wake everyone up from the authority of Wrath. However, it's also stated that it is impossible to enter the Bard Domain if you have too many worries or are not concentrating, yet it appeared to be powerful enough to cleanse the authority of Wrath effect. Equipment: Liliana performs using a musical instrument known as a lyulyre リュリーレ. Trivia• Liliana Masquerade is the first and only character so far with five chapters in her point of view, both the chapters and the narration. Navigation.

次の