料理 酒 代用 焼酎。 料理酒がない? 代用品としての焼酎やワインについて。

料理酒がない? 代用品としての焼酎やワインについて。

料理 酒 代用 焼酎

com たとえば、日本酒には「清酒」表示ができない商品があります。 「料理酒」と呼ばれるものは、ふつうに飲まれる日本酒と違って塩分が添加され、酒税が免除されているため、その分割安になっています。 飲めないように塩分が入っているんですね。 また、もっと安価な料理酒のなかには、水アメなどの甘味料や酸味料などで味を整えているものも。 この場合、できあがった料理の味は少し落ちるかもしれませんが、安く購入できるので、大量に必要なときは助かります。 飲んでもおいしい日本酒やワインなどを使って調理をするレストランもありますが、お家で調理する場合は比較的安価なものでも大丈夫。 使うと使わないでは、お料理の味わいに大きな差が出ますので、料理酒を上手に活用したいものです。 com もし、手元に焼酎しかない場合は料理に使ってよいものでしょうか? 本格焼酎は日本酒やワイン、ビールに比べ、アルコール度数の高いお酒です。 食材の臭みをとるにはいいかもしれませんが、クセがあるので使う料理を選んだほうがよさそうです。 もし焼酎を使う場合は、その味わいを考慮して、出汁やみりん、調味料などの量を少し多めに加えるとほどよく仕上がります。 また、天ぷらの衣を作るときに水のかわりに焼酎を使うとサクサクの衣ができるといわれています。 水と焼酎を半々で入れてください。 また、から揚げを作るときに、片栗粉の上から霧吹きでふきかけるとカラッと仕上がります。 com 飲み切れない焼酎があったら、おつまみや調味料作りに利用してみてはいかがでしょう。 焼酎、砂糖、塩、好みで鷹の爪を袋に入れ、封をして軽くもみ込みます。 冷蔵庫に半日から1日ほど入れたらできあがります。 ほのかな焼酎のコクと甘味、絶妙な塩加減でおつまみにぴったりです。 タマネギ、こんにゃく、豆腐も食べやすい大きさに切ります。 すべての調味料をあわせた鍋に、牛スジなどを入れ30分ほど煮込みます。 火を止め、1時間ほど放置して味を浸み込ませます。 焼酎が牛スジの臭みを消してくれるので味わいのある煮込みになります。 1週間ほどすると辛味の利いた調味料に! 唐辛子を泡盛で漬け込んだ、沖縄の調味料「コーレーグース」のイメージです。 なかなか、料理酒としては馴染みのない焼酎ですが、手元に残った焼酎があったら一度試してみてください。 おすすめ情報• 関連情報.

次の

焼酎は料理酒として使える?!|たのしいお酒.jp

料理 酒 代用 焼酎

もともと「料理酒」は、日本酒に塩分が添加されたものです。 なので「日本酒」は「料理酒」の代用品としてはもっともふさわしいと言えるでしょう。 「日本酒」は食材独特の臭みをとったり、料理の仕上がりを早めてくれるので、大変重宝します。 ぜひ利用してください。 しかし注意が必要です。 「本みりん」にはアルコールが含まれていませんので、「日本酒」のように料理や食材の臭みを消したりすることができません。 「白ワイン」や「赤ワイン」は、西洋料理で大活躍しますよね。 「白ワイン」はたとえば魚料理などでよく用いられます。 一方の「赤ワイン」は肉料理で活躍します。 このように、西洋料理では常連のワインですが、じつは「和食の料理酒」としての代用を考えるときは注意が必要です。 ワインは白・赤問わず「酸味」と「渋み」のあるお酒です。 日本酒はコックリ甘味が強みのお酒。 その点で考えると、ワインは和食と相性が悪いケースが多いのです。 自分がこれから作る和食料理と代用料理酒としてのワインが、どれほど相性が合うかを事前に見定める必要がありますね。 基本的に「焼酎」は、非常にクセの強い蒸留酒です。 これを料理に使ってしまうと、かえって「焼酎」の風味が主張しすぎて、料理そのものの風味をおかしくしてしまいます。 料理に使えないことはありませんが、極力使用は控えたいところです。 とくに「肉料理」と相性は抜群。 「手羽先のビール煮」や「豚の角煮のビール煮」などがその代表例ですね。 料理酒の代用として「ビール」を使うと、お肉がやわらかくなって深いコクがでるのです。 食材独特の風味を打ち消す作用もあるので、臭みのある肉料理などで重宝します。 はたしてこれは、料理酒の代用として使えるのでしょうか? 結論を言うと、かなりキビシイです。 なにしろ甘味も風味も主張が激しいですからね。 これを料理酒の代用品として使うのは、やや無理があるでしょう。 しかし、果実酒に火をかけてアルコール分を飛ばし、他の調味料と混ぜ合わせて「ソース」を作ることは可能です。 料理酒の役割 ここでもう一度「料理酒」の基礎知識を確認しましょう。 「料理酒」には、さまざまな役割があります。 食材の臭みを消す 食材によっては、独特の臭みを持ったものがありますよね。 生魚や肉がその典型です。 これをそのまま調理すると、料理全体がそれら食材の臭みを伴ってしまい、味も風味も台無しになってしまう恐れがあります。 そんなときに、料理酒が活躍するわけです。 アルコール分が臭みを打ち消してくれる働きをしてくれるのです。 コクをうみだす お酒には「うまみ成分」がもともと含まれています。 西洋料理のワイン、日本料理の日本酒、中華料理の紹興酒は、それら料理の良さを存分に引き出しつつ「うまみ」を演出する大切な役割があるのです。 料理酒を使う場合は、十分に火をかけてうまみと香りだけを残すように注意してください。 中途半端な火力で調理すると、味がヘンになってしまいます。 アルコール濃度は10%~15%。 食材をやわらかくして味の沁み込みを促進する とくに「肉料理」は、料理酒なくして語れません。 料理酒は、お肉などの食材をやわらかくして味を沁みこみやすくしてくれます。 なぜ料理酒は、食材(特に肉)をやわらかくしてくれるのでしょう? じつはアルコールには、肉の筋繊維に入り込んでほぐす効果があるのです。 だから料理酒が肉をやわらかくしてくれるわけですね。 料理の保存性を良くする 料理酒を使った料理は、日持ちが良くなります。 アルコール成分が腐敗を遅らせてくれるからです。 たくさん作って何日も楽しむような料理(たとえば煮物など)は、積極的に料理酒を使うようにしましょう。 みりん代わりに使える 蜂蜜は、みりんと同様に料理にコクを出す効果があります。 食材の匂い消しに役立つ 蜂蜜は、魚の独特な生臭さを打ち消す作用があります。 肉をやわらかくする 意外なことに、蜂蜜にも肉をやわらかくする効果があります。 蜂蜜に含まれるブドウ糖が肉に浸透して筋繊維をほぐすと言われています。 玉ねぎをすりおろしたものを肉にかけて炒めると、うまい具合にやわらかくなりますのでオススメです。 料理の出汁もまた、ときには料理酒の代用として活躍できます。 出汁はなんといっても、「うまみ成分」のカタマリみたいなものですからね。 そのまま捨てるのはじつにもったいない。 ぜひとも「うまみ」を引き立たせる演出として出汁を積極的に使っていきましょう。 単純に食材の臭みを消したいだけなら、料理酒を使わなくとも「ニンニク」や「生姜」で十分です。 そもそもこれらの食材自体が料理のアクセントとして有能です。 料理酒の代用品の注意点 さきほども言ったように、料理酒の代用には、これから自分が作る料理と代用品がどれだけ相性がいいかを予想することが求めれます。 もともと料理酒はアルコール度数が低いお酒です。 そのため、度数の高い蒸留酒(ブランデーやウィスキー)はクセと風味が強すぎて料理酒の代用には向いていません。 また、赤ワインや果実酒などは独特の色合いがあるため、料理の仕上がりの色味を意識して使いこなしましょう。 最後に さてみなさん、いかがでしょうか。 料理酒の代用品って、なかなか奥が深いんですよね。 もしも、「じつはこれまで料理酒を使ってこなかった」というのであれば、今度からは積極的に料理酒を取り入れて料理してみてください。 コクや風味、料理の仕上がりに明らかな違いがみられるはずですよ。 料理は一味も二味も変わるので、モチベーションも上がるはずです。 料理酒を使ったレシピを覚えると、幅が広がりますよ。

次の

料理酒を切らしていても大丈夫!代用できて料理を美味しくする調味料

料理 酒 代用 焼酎

和食などを作る際、お酒を使うことがあると思います。 レシピにお酒と書いてあるときは、どんな種類の日本酒が良いのか、または料理酒を使う方が良いのかと、悩んだことはありませんか? そこで今回は、日本酒と料理酒の違いや、料理酒で代用する際の注意点、料理をより引き立てる日本酒の使い方などを解説します。 日本酒の調理効果と料理酒との違い 和食のレシピの常連、「酒」。 まずは、料理に日本酒を活用することで得られる効果を知り、そこから、日本酒と料理酒の違いについて見てみましょう。 料理に日本酒を活用するメリット 料理に日本酒を入れると、「お酒の香気成分や有機酸によって、素材の臭みが取れる」というメリットがあります。 それ以外にも、「アミノ酸により、旨味・コクを出す」「素材を柔らかくする」「調理の一番はじめに使うことで、味のしみ込みをよくする」「香ばしい香りがつく」などの調理効果があるため、調味料としてお酒は積極的に使われているのです。 料理酒には塩や副原料が加えられている 料理酒が日本酒と違う一番のポイントは「塩が添加されているものが多い」ということ。 また、塩だけではなく甘味料などの副原料が含まれている料理酒もあり、使うことで料理の味を調える効果を持っています。 それ以外にも、一般的な料理酒の原料となるお米は日本酒と比べて磨きが少ないことや、アルコールが抑えられている場合があることも特徴です。 料理酒を舐めてみると塩味・甘味が強く、日本酒のようなお米の風味はあまり感じられないでしょう。 また、酒税法上、塩を添加して飲めないようにすることで、酒類販売免許を持たないお店でも販売ができるという面もあります。 料理酒で代用する場合の注意点 一般的な料理酒には、海水とほぼ同じ3%ほどの塩が加えられています。 そのため、あらかじめ塩分が含まれている料理酒を使うときは、塩加減に注意しないと予想以上に味が濃くなってしまいます。 同様に、水アメなどの甘味料が入っている場合は、 砂糖やみりんの量を調整することが必要です。 料理酒を使うときは「日本酒と同じ」と思わずに、原材料の欄をよく見て、味付けのバランスを取るようにしてください。 料理酒に向く、日本酒の種類 日本酒といっても、造り方からその味わいまでタイプはさまざま。 それでは、「料理に向いている日本酒」とは、どのようなものでしょうか。 お米の旨味がある純米酒がおすすめ 吟醸酒や大吟醸酒のように、精米歩合が高い日本酒は料理酒には向かないとされています。 酒米は、磨けば磨くほどに味わいがシャープになり、雑味が少なくなります。 そのため、飲む場合には上品でキリッとした味わいを楽しめますが、お米の旨味も削られているため、 料理に複雑な旨味を加えるには少し不十分な場合があるのです。 料理に日本酒を使うなら、お米の旨味がある純米酒がおすすめです。 日本酒自体にどっしりとした程よいコクがあり、料理の味に深みを与えてくれるからです。 また、料理酒の塩や添加物が気になる方にとっても、純米酒を使えるなら安心ですね。 特にアサリの酒蒸しのように大量のお酒を使う料理では、シンプルで味わい深い日本酒を使うことで、料理のグレードを上げることができそうです。 おわりに 和食の味のベースとなる「旨味」。 日本酒を活用すると、素材の臭みを消すだけでなく、料理の旨味が増し、味わいを引き立ててくれます。 キッチンに純米酒がある日は、飲むだけでなく料理にも活用してみてください。 きっといつも以上に「おいしい一品」ができ上がり、晩酌がますます楽しくなるでしょう! 料理におすすめの純米酒「米だけの酒 糀2倍の純米酒」 料理に活用できる日本酒をお探しであれば、沢の鶴「米だけの酒 糀2倍の純米酒」をおすすめします。 その理由は、アミノ酸が通常の2倍以上含まれていること!「米だけの酒 糀2倍の純米酒」は通常の倍の量の麹を使用しています。 麹は、米のたんぱく質をアミノ酸に変えるため、料理の旨味・コクをじゅうぶんに引き出してくれるのです。 もちろん、料理酒としてだけでなくおいしく飲んでいただける日本酒です。 スッキリと飲みやすく、女性の方も親しみやすい味わい。 5」は「米だけの酒 糀2倍の純米酒」にリニューアルいたしました。 沢の鶴「」紹介ページ.

次の