アステラス アムジェン バイオ ファーマ 株式 会社。 アステラス製薬、「アステラス・アムジェン・バイオファーマ」がアムジェン社の完全子会社に-商号を「アムジェン」に変更 :日本経済新聞

アステラス製薬、「アステラス・アムジェン・バイオファーマ」がアムジェン社の完全子会社に-商号を「アムジェン」に変更 :日本経済新聞

アステラス アムジェン バイオ ファーマ 株式 会社

略称 アステラス 本社所在地 〒103-8411 二丁目5番1号 設立 (14年) (山之内製薬株式会社)(創業:(12年)、(藤沢薬品工業株式会社)(創業:(27年) 事業内容 医薬品の製造・販売および輸出入など () 代表者 (兼) (代表取締役兼) (代表取締役) 資本金 1,030億円 発行済株式総数 21億5,382万3,175株 (現在) 売上高 連結:1兆3,063億48百万円 単体:6,073億21百万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:2,439億12百万円 単体:726億85百万円 (2019年3月期) 純利益 連結:2,222億65百万円 単体:1,786億79百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:1兆2,583億96百万円 単体:5,146億09百万円 (2019年3月期) 総資産 連結:1兆8,976億48百万円 単体:1兆2,332億86百万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:16,243名 単体:5,034名 (2019年3月31日現在) 決算期 3月 会計監査人 主要株主 株式会社(信託口)7. )は、のである。 にとがし発足した。 及びの構成銘柄の一つ。 概要 [ ] 国内最大規模の営業体制と、両社の強みを融合した研究陣を擁し、2012年医薬品売上高順位で世界18位であり、(同14位)・(同19位)・(同20位)・(同25位)とともに国内製薬メーカー大手5社の1つである。 2014年10月6日には、医薬品2位のアステラス製薬が、首位の武田薬品工業を時価総額で追い抜いた。 旧・山之内製薬から引き継いだ 領域の医薬(ハルナール・ベシケア)、旧・藤沢薬品から受け継いだ免疫抑制剤(プログラフ)などを主力商品とする。 (平成19年)からはコミュニケーションとして、「 明日は変えられる。 」を制定している。 自社製品「セフゾン」にちなむ「ゾン太」「セフ美」というが存在する。 社名・社章 [ ] 社名の由来は「」を表す「stella」、「aster」、「stellar」などからの造語で、「先進の星」「大志の星」を表現し、また「 明日を 照らす」という意味を掛けている。 星をイメージしたデザインの社章は「フライングスター」と称し、山之内の「山」とフジサワの「フ」のリガチュアともなっている。 沿革 [ ] との沿革については各項目を参照。 (平成17年)• - 山之内製薬と藤沢薬品工業が合併し、 アステラス製薬株式会社に改称。 併せて、山之内製薬・藤沢薬品工業のグループ会社の統合や業務移管による再編、社名変更を行った(なお、富山フジサワ株式会社(後のアステラス富山株式会社)と静岡フジサワ株式会社(後のアステラス静岡株式会社)の社名変更は同年10月1日に行われた)。 - 旧・藤沢薬品工業から展開していた医療関連製品(研究用・用試薬)事業からの撤退を発表(保存液「ビアスパン」の取り扱いは継続)。 - 医療関連製品事業撤退に伴い、研究用試薬の販売を製品毎に日本社並びにへそれぞれ移管。 (平成18年)• 4月1日 - 原薬関連事業を分社化し、アステラスファーマケミカルズ株式会社を設立(2011年(平成23年)4月にアステラス富山株式会社と共にアステラス東海株式会社へ合併され、アステラス東海株式会社はアステラスファーマテック株式会社に商号変更)。 - をに譲渡、医療用医薬品に特化(ゼファーマ株式会社は(平成19年)にへ吸収合併)。 (平成20年) - つくば研究センター 御幸が丘 新研究棟竣工。 (平成25年) - 世界最大の独立バイオテクノロジー企業である社との間で、日本国内における戦略的提携に関する契約を締結。 合併・アステラス製薬誕生 [ ] 1990年代から加速した海外製薬企業の大型合併劇に合わせ、日本でも製薬業界の再編の必要性は早くから叫ばれていた。 各社が方向性を手探りする中、藤沢薬品の青木初夫社長(当時)と山之内製薬の竹中登一社長は互いを合併のメリットを引き出せるパートナーとして認め、交渉を進めてきた。 アメリカに販路を持つ藤沢とヨーロッパに強い山之内、からの創薬を得意とする藤沢と合成医薬に強みを持つ山之内の組み合わせは、重点地域や主力医薬品が重複しないこともあり早くから合併には最適という観測が成されていた。 まず(平成16年)に山之内製薬と藤沢薬品工業の一般家庭向け医薬品事業を統合し、「」として分社化した((平成18年)にゼファーマはへ売却され、翌(平成19年)にに合併され消滅した)。 さらに(平成17年)には本体同士が合併、アステラス製薬としてスタートを切った。 法律上は山之内製薬を存続会社とするの形をとり、本社ビルも旧・山之内製薬の本社ビル(二丁目3番11号)をそのまま用いているが、精神としてはあくまでという建前をとり、社名も古いブランドを捨てて新しい名称を名乗っている。 もともと業界3位であった山之内と5位であった藤沢は、合併によって武田薬品に次ぐ2位に浮上した(ただしその後の第一三共の誕生によって再び3位に)。 初代社長には旧山之内の竹中登一が就任、旧藤沢の青木初夫は会長に納まった。 (平成18年)には新社長に藤沢出身の野木森雅郁が就任している。 (平成19年)にはの技術を持つアメリカの「アジェンシス(Agensys)社」を3億8700万ドルで買収した。 (平成21年)には、同じくアメリカのバイオベンチャー「CVセラピューティクス(CV Therapeutics)社」に対して1株16ドル・総額約10億ドルの買収提案を行ったがCV社は拒否。 アステラスは1株16ドルでを強行しに乗り出す。 しかし同年3月12日、アメリカの大手バイオ製薬企業であるが、アステラスを上回る1株20ドル・総額約14億ドルを提示してCV社と友好的に合意()。 アステラスは3月16日付でTOBを中止、買収を断念した。 (平成22年)には、がん領域に強みを持つ同じくアメリカのバイオ製薬企業「OSIファーマシューティカルズ(OSI Pharmaceuticals)社」に対して1株52ドル・総額約35億ドルの買収提案を行った。 当初OSI社は提案を拒否、アステラスは同年3月から1株52ドルでTOBを強行するなど、一時は敵対的買収の様相を見せていた。 しかし同年5月17日にアステラス側がTOB価格を1株57. 5ドル(総額40億ドル)に引き上げたことで、両社は友好的買収で合意。 同年6月8日のTOB成立、翌9日の略式合併により買収が完了した。 2019年12月3日、医療系スタートアップの米オーデンテス・セラピューティクス(カリフォルニア州)を約30億ドル(約3200億円)で買収すると発表した。 事業所 [ ] ((平成24年)現在) 本社 [ ]• 本社(本店)() 事業所 [ ]• 蓮根事業所()• 清須事業所()• 加島事業所() - 2016年3月閉鎖 研究所 [ ]• 札幌支店• 東北支店• 関越支店• 埼玉・千葉支店• 東京支店• 横浜支店• 名古屋支店• 京都支店• 大阪支店• 中国支店• 四国支店• 九州支店 工場 [ ] いずれも子会社のアステラス ファーマ テック株式会社の事業所• 高萩技術センター()• 富山技術センター()• 焼津技術センター(静岡県焼津市)• 高岡工場(富山県)• 西根工場()• 国内 [ ]• 株式会社(人事総務設備部門) 藤沢ビジネスサービス株式会社を存続会社として、藤沢設備サービス株式会社を吸収合併し、旧山之内製薬の関連会社4社(山之内東京テクノビジネス株式会社・山之内筑波テクノビジネス株式会社・山之内ライフビジネス株式会社・山之内情報センター株式会社)の人事総務設備関連部門を継承。 株式会社(研修部門) 株式会社フジサワプログロースが山之内東京テクノビジネス株式会社の研修部門を継承し、アステラス人材開発サポート株式会社に商号変更。 後に現在の社名に変更。 株式会社(研究サポート部門) 藤沢テクニス株式会社が山之内東京テクノビジネス株式会社と山之内筑波テクノビジネス株式会社の研究サポート部門を継承し、アステラスリサーチサービス株式会社となる。 (平成19年)10月に現在の社名に変更。 株式会社(営業サポート部門) 山之内情報センター株式会社を存続会社として、旧・藤沢薬品工業の関連子会社2社(ビジネスフォース株式会社・株式会社 診療新社)を吸収合併。 株式会社(生産部門) (平成23年)4月にアステラス東海株式会社(元々は東北山之内製薬株式会社で、旧・山之内製薬の2工場を継承の上、山之内東海ビジネスを吸収合併。 さらに、(平成19年)4月にはアステラス静岡株式会社(旧・静岡フジサワ株式会社)とアステラスクリニカルサプライ株式会社(旧・藤沢クリニカルサプライ株式会社)を吸収合併)を存続会社として、アステラスファーマケミカルズ株式会社((平成18年)4月に当社の原薬関連事業を新設分割により設立)とアステラス富山株式会社(旧・富山フジサワ株式会社)を吸収合併し、商号変更。 株式会社(不動産部門)• 株式会社(分析部門)• 株式会社 2013年(平成25年)5月に当社とアムジェン社との戦略的提携に基づいて同年10月に事業を開始した当社とアムジェン社の協同によるバイオ医薬品の開発を行う合弁会社。 海外 [ ] 米州地区• アステラス US ホールディング Inc. アステラス US LLC(アメリカ合衆国)• アステラス ファーマ US, Inc. (アメリカ合衆国)• アステラスファーマ グローバル ディベロップメント Inc. (アメリカ合衆国)• アステラス US テクノロジーズ Inc. (アメリカ合衆国)• アステラス ファーマ テクノロジーズ Inc. (アメリカ合衆国)• アステラス リサーチ インスティチュート オブ アメリカ LLC(アメリカ合衆国)• アステラス ベンチャー マネジメント LLC(アメリカ合衆国)• アジェンシス Inc. (アメリカ合衆国)• OSI ファーマシューティカルズ LLC(アメリカ合衆国)• アステラス ファーマ カナダ Inc. アステラス ファーマ ブラジル Ltda. () 欧州地区• アステラス B. アステラス ファーマ ヨーロッパ B. (オランダ)• アステラス ファーマ ヨーロッパ Ltd. アステラス アイルランド Co. , Ltd. () アジア・オセアニア地区• アステラス製薬(中国)有限公司()• 香港アステラス製薬有限公司()• 韓国アステラス製薬株式会社()• 台湾アステラス製薬股有限公司()• アステラス ファーマ タイランド Co. , Ltd. アステラス ファーマ フィリピン Inc. アステラス ファーマ インドネシア()• アステラス ファーマ インディア Pvt,Ltd. アステラス ファーマ オーストラリア Pty Ltd. アステラス ファーマ シンガポール Pte. Ltd. () 過去のグループ企業 [ ]• アステラスメディカルケア株式会社(在宅医療関連部門) 藤沢ホームケア株式会社から商号変更。 在宅医療関連業務をに委託するため、(平成17年)5月で解散。 アステラスシステムズ株式会社(情報システム部門) 藤沢システムテクノロジー株式会社から商号変更。 情報システム運用業務をに委託するため、(平成18年)3月で解散。 株式会社FMS(医療ソリューションビジネス部門) (平成18年)1月にキヤノンシステムソリューションズ株式会社(現・)へ譲渡。 (平成21年)にへ商号変更。 (一般用医薬品部門) 2006年4月にへ譲渡。 (平成19年)4月に同社の一般用医薬品事業を手掛けるへ吸収合併される。 アステラス保険サービス株式会社(保険代理店部門) 山之内ライフビジネス株式会社を存続会社として、藤沢ライフサポート株式会社を吸収合併。 (平成19年)1月に保険代理店事業をへ事業譲渡された為、同年4月で解散。 ホシエヌ製薬株式会社(生産子会社) (平成19年)3月にへ譲渡されたあと、(平成25年)にへ再譲渡され、(平成30年)4月に同社へ吸収合併された。 藤沢サノフィ・アベンティス株式会社 サノフィ・アベンティス社(現・社)との合弁で設立された藤沢薬品側の合弁会社。 (平成19年)12月で合弁関係を解消。 山之内サノフィ・アベンティス製薬株式会社 前述の藤沢サノフィ・アベンティス株式会社と同じく、サノフィ・アベンティス社(現・サノフィ社)との合弁で、こちらは1986年に設立された山之内製薬側の合弁会社である。 2012年(平成24年)に主要商品が当社へ製造・販売を直接許諾して行う形態に変化し、取扱商品が無くなり役割を終えたことから解散。 主な製品 [ ] ワクチン ビームゲン• スーグラ SGLT-2阻害薬、2型治療薬• アコファイド 塩酸塩水和物、治療薬• シムジア皮下注 、化抗抗体、治療薬• プログラフ(、)• グラセプター(タクロリムス経口徐方性製剤、免疫抑制剤)• ハルナール(塩酸、排尿障害治療剤)• スターシス(、速効型食後血糖降下剤)• ベシケア(、治療剤)• (、スタチン系治療薬、からの導入)• ミカルディス(テルミサルタン、薬、からの導入)• ミコンビ(テルミサルタンととの合剤、治療薬)• タゴシッド注(抗MRSA抗生物質、サノフィからの導入)• セフゾン(セフェム系)• イリボー(、向け治療薬)• ジェニナック(、抗生物質、からの導入)• アドバフェロン(遺伝子組み換え、C型慢性治療剤)• セレコックス(、COX-2選択性NSAID鎮痛薬、からの導入)• ドグマチール(、、)• ドルミカム(、系麻酔導入・鎮静薬)• ・タービュヘイラー 治療薬、との合剤、からの導入、(平成22年)1月13日発売• ガスター(、、2018年10月1日)• ナゼア(ラモセトロン塩酸塩、5-HT3受容体拮抗型制吐剤、2018年4月1日)• セファメジン(セファゾリンナトリウム水和物、合成セファロスポリン製剤、2018年10月1日)• セフゾン(セフジニル、セフェム系抗生物質製剤、未定)• ジョサマイシン(ジョサマイシン、マクロライド系抗生物質製剤、2018年10月1日)• ジョサマイ(ジョサマイシン、マクロライド系抗生物質製剤、2018年10月1日)• サワシリン(アモキシシリン水和物、ペニシリン製剤、未定)• ヒポカ(バルニジピン塩酸塩、持効性Ca拮抗剤、2018年10月1日)• ローガン(アモスラロール塩酸塩、血行動態改善型降圧剤、2017年10月1日)• ニバジール(ニルバジピン、高血圧治療剤、2017年10月1日)• ペルジピン(ニカルジピン塩酸塩、Ca拮抗性降圧剤、未定)• エミレース(ネモナプリド、抗精神病剤、2018年4月1日)• ロドピン(ゾテピン、統合失調症治療剤、2018年4月1日)• ソランタール(チアラミド塩酸塩、鎮痛・抗炎症剤、2017年10月1日)• ノイロビタン(オクトチアミン等、混合ビタミン剤、2018年4月1日)• スポンゼル(ゼラチン、止血用ゼラチンスポンジ、2018年10月1日) 以下の製品は株式会社三和化学研究所に販売移管(かっこ内の日付は移管日)• セロシオン(プロパゲルマニウム、経口B型慢性肝炎治療剤、2012年10月1日) 以下の製品は丸石製薬株式会社に販売移管(かっこ内の日付は移管日)• バランス(クロルジアゼポキシド、2011年10月1日)• ソセゴン(塩酸ペンタゾシン、鎮痛剤、2012年10月1日)• ホリゾン(ジアゼパム、抗不安薬、2012年10月1日)• スキサメトニウム(スキサメトニウム塩化物水和物、筋弛緩剤、2015年10月1日) 以下の製品はファイザー株式会社に販売移管(かっこ内の日付は移管日)• シナシッド(キヌプリスチン・ダルホプリスチン、ストレプトグラミン系抗生物質製剤、2013年7月1日)• カデュエット(アムロジピンベシル酸塩・アトルバスタチンカルシウム水和物配合剤、持続性Ca拮抗薬、2015年4月1日) 以下の製品は株式会社オーファンパシフィックに販売移管(かっこ内の日付は移管日)• アストミン(ジメモルファンリン酸塩、鎮咳剤、2015年10月1日)• ソマゾン(メカセルミン、ヒト ソマトメジンC製剤、2015年4月1日)• ダントリウム(ダントロレンナトリウム水和物、痙性麻痺緩下剤・悪性症候群治療剤、2015年10月1日) テレビCM出演者 [ ]• - 啓発キャンペーン(との共同)• - 同上• - 啓発キャンペーン• - 同上• - 啓発キャンペーン• - 同上• - 同上• - 「120文字のアステラス」(朗読・ナレーション)• - 同上• - 同上 提供番組 [ ] テレビ [ ] (平成29年)4月現在• ():2007年3月26日付けで降板したが2007年10月3日より復帰。 2009年3月末で降板。 (テレビ朝日):2007年3月25日付けで降板。 (テレビ朝日)• (・):2007年10月7日より提供。 (かつて旧・時代に『』の番組スポンサーだった縁で新規に提供へついたと見られる。 ():2008年10月4日より提供、2009年3月28日付けで降板。 (TBS):2009年4月11日より提供。 隔週で前半・後半入れ替え。 2009年9月末で降板。 (TBS):2009年10月より隔日で提供。 2013年3月末で降板。 また、開催中にはTBS系列・にて集中的にコマーシャルが放映された。 (報道ステーションの提供を降りていた時期と重複している。 (テレビ東京):番組。 (テレビ東京):2015年4月のみ。 ():2015年10月より2016年3月まで。 ():2016年10月7日より2017年3月25日まで。 ラジオ [ ] 現在• 無し 過去• (・・)• (・)• () 脚注 [ ] []• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

アムジェン【AMGN】は世界一のバイオテクノロジー企業

アステラス アムジェン バイオ ファーマ 株式 会社

バイオロジー・ファーストのアプローチで、 日本の患者さんのために、今できるすべてを 4月1日、アステラス・アムジェンバイオファーマは、米アムジェンが同社のすべての株式を取得し、日本における完全子会社「アムジェン株式会社」として生まれ変わった。 企業としての立ち位置や目指す方向性について、スティーブ・スギノ社長に話を伺った。 アムジェンの企業としての特色についてご紹介ください。 まず、会社についてご紹介させていただく前に、新型コロナウィルスの感染拡大が進行する中、最前線で活動しておられる医療従事者の皆さまに、敬意と感謝の意を表したいと思います。 私たちも、「To Serve Patients - 患者さんのために、今できるすべてを」という使命をもっています。 地域社会における感染抑制の努力を支えるために、私たちの製品とその情報を届けることはもちろん、できる限りのことに取り組んでいきます。 特にこのような状況下においても、医療者が患者さんのリスク・ベネフィットのバランスを最大化することに貢献することは製薬企業の責務であり、医療現場のニーズに適した形で適正使用活動を継続する必要があります。 アムジェンのミッションに照らして、これが今最も重要なことであると考えています。 アムジェンは1980年、米国カリフォルニア州ロサンゼルス近郊にて創業しました。 バイオテクノロジーの黎明期に産声を上げたアムジェンは、この新しい科学技術を患者さんのために役立てることを決意し、試行錯誤と探求を重ねてきました。 40年を経た現在、アムジェンは世界最大規模のバイオテクノロジー企業へと成長しました。 「バイオテクノロジーを、世界中で重篤な疾患と向き合う患者さんに治療を提供するために役立てる」というアムジェンの決意は、創業当初から今日に至るまで常に一貫しています。 アムジェンが掲げるミッション「To Serve Patients - 患者さんのために、今できるすべてを」は、世界中の22,000人の従業員全員にとって日々の活動と判断の指針となっています。 「未だ充たされていない治療ニーズに一日でも早くお応えしたい」。 それが、日々私たちを突き動かす原動力です。 これまでアムジェンが日本の患者さんと医療現場に対して取り組んできた活動についてご紹介ください。 どのような貢献を果たしてきたと考えますか。 また、日本という市場をどのように位置付けていますか。 アムジェンの日本における活動の歴史は、米国での創業時近くまで遡ることができます。 創業から4年後の1984年、アムジェンは日本のキリンと合弁会社「キリン・アムジェン」を設立し、1990年、前年にアムジェンがFDA承認を取得した貧血の治療薬「エスポー(英語名EPOGEN)」を発売しました。 これは、貧血に苦しむ多くの患者さんに寄与したブレークスルーの製品となりました。 エスポー発売から30年。 今日ではアムジェンの18品目の医薬品が日本で薬事承認され、毎日推定50万人の日本の患者さんの健康を支えています。 2020年4月1日に、アムジェンはAABPのすべての株式を取得し、日本における完全子会社「アムジェン株式会社」が誕生しました。 私たちの目標は、すべてのアムジェンの医薬品を米国と同時に日本の患者さんに届けることです。 日本は、アムジェンの成長を牽引する極めて重要な地域の一つです。 完全子会社化によってアムジェンのグローバル・パイプラインを日本の患者さん向けの開発や製品化に向けて強力に推進していく姿勢や、2019年に発売された骨粗鬆症治療薬イベニティがグローバルの中で最も早く日本で承認された事実は、アムジェンが日本を重視する表れと言えるでしょう。 今回の新生アムジェン発足により、どのようなベネフィットを患者さんや医療現場に対して提供できるようになるのでしょうか。 日本の患者さんと医療専門家の皆様に約束できることは、私たちの視座の中心に常に患者さんがいること、私たちのミッション「患者さんのために、今できるすべてを」を常に徹底していくことです。 アムジェンのバイオロジーとヒト遺伝学における優れた基礎研究、世界的な臨床開発専門知識、および最先端のバイオ製造技術は、患者さんがより長く、より健康的に、より活発な生活を送ることを手助けするためにのみ存在します。 私たちの生み出した成果を迅速かつ確実に医療現場にお届けし、適正に使用していただくことが私たちのコミットメントであり、日本を含む世界中のすべての患者さんに対する貢献です。 日本の患者さんと医療現場にさらなる貢献を果たしていく意気込みをお聞かせください。 日本の患者さんに対し、最新かつ世界標準のケアを持続的に提供していく上で、アムジェンは、幾分かの役割を担うことができると信じています。 私たちは、疾患を発症してから治療を施す従来の医療のあり方を超えて、高リスクの状態を予見し疾患の発症や悪化を抑制する「予見と予防」のモデルを見出すべく、活動を続けています。 同じビジョンを共有するパートナーと協力して、現在の日本の医療システム内で新たなパラダイムの実現を目指してまいります。 弊社製品に関する有害事象もしくは安全性に関連する問題、または製品もしくはデバイスの品質問題が生じた場合は、弊社MRまたは以下メディカルインフォメーションセンターまでご連絡くださいますよう、ご協力の程よろしくお願いいたします。 アムジェン株式会社 メディカルインフォメーションセンター TEL: 0120-790-549 受付時間:平日 9:00 — 17:30 (土日・祝日・会社休日を除く) アムジェン株式会社 代表取締役社長 スティーブ スギノ m3. com インタビュー PR (2020年4月1日より、m3. comで掲載中のインタビュー記事を再掲しています。

次の

アムジェン【AMGN】は世界一のバイオテクノロジー企業

アステラス アムジェン バイオ ファーマ 株式 会社

アステラス・アムジェンは米アムジェンの完全子会社となり、社名を「アムジェン株式会社」に変更。 社長はアステラス・アムジェン社長のスティーブ・スギノ氏が務める。 アステラス・アムジェンはアステラスと米アムジェンの合弁会社として2013年10月に事業を開始。 高コレステロール血症治療薬「レパーサ」、白血病治療薬「ビーリンサイト」、骨粗鬆症治療薬「イベニティ」については、4月1日以降もアステラスが流通と販売を担い、両社でコ・プロモーションを行う。 JT「コレクチム」が承認、初のアトピー向けJAK阻害薬 日本たばこ産業(JT)は1月23日、アトピー性皮膚炎治療薬「コレクチム」(一般名・デルゴシチニブ)の承認を取得したと発表した。 軟膏剤の同薬はJAK阻害薬としては初の外用剤で、アトピー性皮膚炎に対する初のJAK阻害薬。 販売は子会社の鳥居薬品が行う。 エーザイ 不眠症治療薬「デエビゴ」の承認取得 エーザイは1月23日、不眠症治療薬「デエビゴ」(レンボレキサント)の承認を取得したと発表した。 同薬はエーザイが創製したオレキシン受容体拮抗薬。 米国でも昨年12月に承認されている。 アッヴィ、JAK阻害薬「リンヴォック」が承認 アッヴィは1月23日、JAK阻害薬「リンヴォック」(ウパダシチニブ水和物)が「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(間接の構造的損傷の防止を含む)」の適応で承認を取得したと発表した。 1日1回投与の経口製剤。 関節リウマチを対象とするJAK阻害薬は国内4剤目となる。 バイエル、前立腺がん治療薬「ニュベクオ」の承認を取得 バイエル薬品は1月23日、前立腺がん治療薬「ニュベクオ」(ダロルタミド)の承認を取得したと発表した。 同薬はアンドロゲン受容体阻害薬で、適応は「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺がん」。 MSD、深在性真菌症治療薬「ノクサフィル」が承認 MSDは1月23日、潜在性真菌症治療薬「ノクサフィル」(ポサコナゾール)の承認を取得したと発表した。 適応は「造血幹細胞移植患者または好中球減少が予測される血液悪性腫瘍患者における深在性真菌症の予防」と「真菌症(フサリウム症、ムーコル症、コクシジオイデス症、クロモブラストミコーシス、菌腫)の治療」。 剤形は錠剤と点滴静注剤の2種類。 富士薬品、高尿酸血症治療薬「ユリス」が承認 富士薬品は1月23日、高尿酸血症治療薬「ユリス」(ドチヌラド)の承認を取得したと発表した。 同薬は富士薬品が創製。 腎臓での尿酸の再吸収に関与するトランスポーターを阻害することで、尿酸の再吸収を抑制する。 開発は持田製薬と共同で行っており、販促も両社で行う。 CACクロアのライブラリー事業にエーザイが参加 医薬品開発支援を手掛けるCACクロアは1月22日、同社の化合物共有ライブラリー事業にエーザイが参加すると発表した。 エーザイは化合物ライブラリーの管理やハイスループットスクリーニングを行うためのプレートの作製を委託し、コスト削減を図る。 同事業にはエーザイのほか、塩野義製薬や田辺三菱製薬が参加しており、CACクロアは将来的にライブラリーを企業やアカデミアが相互利用できるシステムの構築を目指している。 決算 米ジョンソン・エンド・ジョンソン(19年12月期、1月22日発表) 医薬品事業は売上高421億9800万ドル(約4兆6400億円、前期比3. 乾癬・クローン病治療薬「ステラーラ」(63億6100万ドル、23. 4%増)などが好調で、後発医薬品の影響を受けた関節リウマチ治療薬「レミケード」や前立腺がん治療薬「ザイティガ」の落ち込みをカバーした。 他事業を含む全社の売上高は820億5900万ドル(0. 20年12月期は売上高854~862億ドルと増収を見込む。

次の