ペッパーフードサービス。 ペッパーランチ事件の真相とは?北山大輔・三宅正信や被害者のその後

ペッパーランチ事件の真実とは【北山大輔・三宅正信】

ペッパーフードサービス

ペッパーフードサービスの概要 社名・証券コード ペッパーフードサービス(3053) 本社所在地 東京都墨田区大平4-1-3 代表 一瀬邦夫代表取締役社長CEO 従業員数 947名 主要株主 一ノ瀬邦夫(17. 1%)SFOODS(11. 6%) 一瀬健作(2. 5%)(有)ケー・アイ(2. 3%) ペッパーフードサービスの株価・業績 (百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益 16年12月期 22,333 958 973 572 17年12月期 36,229 2,298 2,322 1,332 18年12月期 63,509 3,863 3,876 -121 19年12月期 67,513 -71 -34 -2,707 (円) 1株あたりの純利益 1株あたりの配当 16年12月期 29. 3円 10円 17年12月期 66. 1円 25円 18年12月期 -5. 9円 30円 19年12月期 ー129. 0円 15円 引用: 飛ぶ鳥を落とす勢いで純利益も16年から17年にかけては2倍以上の伸びを見せましたが、18年には一転して赤字転落となりました。 株価も一時7000円台に突入しましたが、2020年には10分の1以下の400円台まで下落しています。 急激に利益が落ち込んだ理由は店舗の急激な拡大です。 売上高を見てもらうと分かる通り売上自体は伸び続けています。 しかし無理な店舗の急拡大によってコストが増大して、それに見合うほどの売上のアップに繋がりませんでした。 その結果が17年12月期の大幅な増収増益から18年12月期の増収大幅減益という結果になったわけです。 ペッパーフードサービスの財務状態 (百万円) 19年12月期時点 総資本 23,459 自己資本・自己資本比率 459(2. 0%) 資本金 1,644 利益剰余金 -2,125 有利子負債 8,257 もともといきなりステーキが絶好調だった時から拡大路線にあった事で、自己資本比率は低めでした。 そこに18年12月期からの大幅減益で自己資本比率が2%まで低下しています。 自己資本比率がマイナスになれば債務超過に陥って上場廃止の可能性が出てきます。 業績に関係なく自己資本比率が10%を切る状態になると財務状態はかなり悪いと一般的に言われているので、2%という数字はかなり切迫した状態と言えます。 まだ業績の方が最低でも黒字は確実という状態ならば、これ以上の自己資本の目減りは防げます。 しかしペッパーフードサービスに関しては逆に赤字が急拡大している状態です。 直近の19年12月期で自己資本の5倍となる27億円以上の最終赤字を出しています。 当然このままだと20年本決算を迎える前に自己資本を食いつぶしそうな状況なので、ペッパーフードサービスも対策をしています。 1つめは不採算店舗の閉店です。 2つめは新株予約権を発行してSMBC日興証券に割り当てる形で資金調達をする事を決めています。 資金調達額は69億円を想定しているようですが、株価によって調達できる額は変動するので調達額は変わってくる可能性があります。 ここからこの2つの対策によってペッパーフードサービスは財務状態を健全化して、株価上昇に繋げていけるのかを考えていきます。 ペッパーフードサービスの今後の業績と株価は?? 19年12月期には債務超過寸前までに追い込まれたペッパーフードサービスですが、いきなりステーキの不採算店舗の整理と資金調達を発表しました。 これを踏まえて今後ペッパーフードサービスが復活して株価のV字回復があるのか??それとも心配されているように倒産するような事があるのかいくかつの視点で見ていきます。 資金調達による財務の健全化 新株予約権を行使して新たに株式を発行してそれを第三者に割当てる事で、ペッパーフードサービスは会社の推定で69億円ほどの自己資金を得る事ができます。 これによって既存の株主の持つ株式は希薄化するので、資産の目減りが起きます。 しかしながら債務超過に陥る寸前である以上はこうした資金調達策は必要な事です。 では69億円を調達できれば、とりあえず安心なのかというとそうではないと思います。 19年12月期の本決算時には27億円の赤字から20年12月期には黒字になるという会社予想を出しています。 不採算店舗の整理を進めて60店舗ほど整理されてはいるものの、それだけで今期27億円の赤字を一気に挽回できるほどのコストカットの効果があるかは疑問です。 個人的な見解としては上手くいっても20年12月期にすぐに黒字化は難しいのではないかと思います。 いきなりステーキ以外の業態も決して不調ではなく、いきなりステーキに続くペッパーランチは好調です。 しかしペッパーフードサービス全体の8割以上の売上がいきなりステーキの業態である以上はいきなりステーキの赤字を他の業態だけで補うのは難しいと言えます。 コロナウィルスの影響で20年12月会社予想を撤回 ペッパーフードサービスは19年12月期本決算で20年12月期の黒字化を会社予想として発表していましたが、業績予想の修正を2020年3月13日に出しました。 この業績修正によるとコロナウィルスの影響で、業績が不透明であるため業績予想を取り下げて未定として公表できる段階で改めて公表するとの事です。 公表していた業績をもともと実現できるのかという話はさておき、修正値を公表できない状況となると20年12月期はやはり赤字継続の可能性が高いと思われます。 こうなると追加で資金調達ができなければ、心配されているペッパーフードサービスの倒産の可能性もあると思います。 もし増資などで追加の資金調達ができても株式の希薄化が起きてどのみち株主にとっては良い状況ではなさそうです。 コロナウィルスによる業績悪化 財務状態が急激に悪化する中で不採算店舗の整理や資金調達をして債務超過をなんとか回避しようとする中で、コロナウィルスの感染拡大による影響で人が外に出ない事で飲食業界は大打撃を受けています。 ペッパーフードサービスが運営するいきなりステーキはじめその他の業態も営業時間の短縮等はあっても基本的には営業を続けています。 ただショッピングセンターなどに出店している店舗も多く、複合施設自体が休業する場合はいきなりステーキやペッパーランチも休業になっています。 それ以上に普段と比べて極端に人が街に出ないので、営業している店舗の売上を大きく落ち込んでいます。 ペッパーフードサービスは月次を公開しているので、2020年に入ってからの月次を確認してみます。 前年度月売上割合(%) 1月 2月 3月 1~3月 いきなりステーキ 78. 2 67. 5 54. 3 66. 6 ペッパーランチ 112. 0 104. 1 73. 1 96. 4 その他レストラン 100. 5 98. 6 65. 4 88. 1 1月は別としてコロナウィルスの影響が出始めた2月あたりから全ての業態で明らかな売上減が見て取れます。 3月でこれだけの落ち込みと考えると4月以降は休業店舗もありますし、緊急事態宣言でより入客が減って売上が減る可能性が高いと思います。 単純に1月から3月までのそれぞれの前年比売上比率を出して2019年12月期1Qの売上から計算すると以下のようになります。 推定売上高 百万円) いきなりステーキ 10,008 ペッパーランチ 1,955 その他レストラン 293 合計 12,256 単純計算なので誤差が出るかもしれませんが、1月から3月の第一四半期は前年と比べるとコロナウィルスの影響もあって3割ほど売上が落ちるのではないかと予想しています。 ちなみに去年の1Q決算時の5億8千5百万円の純利益を出していますが、第2四半期以降は赤字転落しています。 ちょうど1年前の1月から3月の時とでは新規出店されている店舗も多い一方で不採算店舗は2019年後半に大幅に閉店となりました。 そのため2020年1月から3月までの営業利益、純利益を予想するのは難しいです。 採算の厳しい店舗を閉めて会社全体の営業費用を抑えるという狙いを素直に受け取れば、営業費用は去年よりも削減できているはずです。 そうなると売上の減少と比べれば営業利益と純利益はそれほど悪くないのかもしれません。 ただ3月に撤回した2020年12月期会社業績予想では通期では黒字でも上半期の純利益は赤字になる予想になっていました。 それを考えると2020年12月期の上半期は店舗の大量閉店に伴う費用などでコスト高が続いている可能性があると思います。 これらを踏まえて個人的にペッパーフードサービスの2020年12月期1Q決算の純利益は引き続き赤字が継続されると思っています。 ペッパーフードサービスまとめ ・財務状況が悪く債務超過の可能性がある ・資金調達をしたがコロナウィルスの影響でまた経営危機 ・店舗の一斉整理を乗り切れば黒字化の可能性も高い 新株発行権を行使しての資金調達は実施したものの、財務状態の再建をしている最悪のタイミングでコロナウィルスによる緊急事態宣言が出ました。 これによって2020年12月期の上半期だけでなく、下半期の黒字化も難しくなってきました。 あくまで僕の予想になりますが、さらなる増資や場合によっては債務超過に陥る可能性もあるので 今は買いではないと僕は判断します。 ただ不採算店舗を整理しきって閉店にかかる費用が重しになる時期を乗り切れれば、再び営業益、純利益ともに黒字化していく可能性は高いのでペッパーフードサービスに投資を検討している人はしばらく動向に注目です。

次の

「いきなりステーキ」のペッパーフード、債務超過寸前で“個人から20億円借金”の異常状態

ペッパーフードサービス

2007年5月9日、「ペッパーランチ」心斎橋店内で営業時間中(深夜)に店長と従業員が共謀し一人で食事をしていた20代女性に対し、閉店作業を装い店舗のシャッターを閉めた上でスタンガンで脅迫、無理やり意識混濁する程の大量の睡眠薬を飲ませる。 被害者の携帯電話をチェック ペッパーランチ入店直前に誰と連絡していたか履歴を確認 した後にGPS機能があるおそれがあったため携帯電話を破壊する。 泉佐野市の貸しガレージに車で移動、拉致監禁のうえ強姦し、約55,000円の現金を奪った。 犯人たちは女性を翌日以降も強姦する予定で、全裸で手足を縛った状態でガレージに監禁した。 女性はその後午前9時半ごろ、監禁されていたガレージから全裸のまま自力で脱出して事件が発覚した。 犯人たちは自分たちの身元を隠しておらず、「ガレージに監禁し続け、開放するつもりがなかった」ことを意図するような供述をしており、最終的には女性を殺害する計画だったと考えられている。 「あの店長(犯人:北山大輔)も知ってるんですよ。 俺にあの店(心斎橋店)の店長やらせてくれ!って何故か言い出してね」 「それから一ヶ月もしないうちにあの事件を…」 「俺らより先にテレビ出て有名なりやがって」 笑 「僕らね、店(心斎橋店)の片付けの手伝いにも行ったんですよ」 「そしたらエロDVDが20本ぐらい出てきた」 「やっぱりそういう変態やったんですね」 「たらこ唇のええ人やったんですけどね」 「それでね、これはここだけの話」 「2ちゃんに書くなよ!」「ミクシィに書け!」 笑 「いやそれ皆やってるし!すぐ伝わるし!」 「あの、店長ともう一人と男二人で、女の人一人泉佐野まで連れてって、レイプしてたんですけど…」 「あれね、ホンマはね、女の人三人おったんですよ」 「三人泉佐野まで連れてって、睡眠薬飲まされて」 「で、一人脱出して見つかって・・・・・・あとの二人、まだ行方不明なんです」 (会場、えーーっとどよめき) ネットのウワサを徹底検証!!ペッパーランチ事件の真相はこうだ! 大阪・ミナミのステーキチェーン店「ペッパーランチ」心斎橋店で、オーナー店長らが女性客を拉致し、強姦した事件で、大阪地検はこう留期限が切れる5月30日、店長の北山大輔容疑者(25)=泉佐野市新安松2=と店員の三宅正信容疑者(25)を逮捕監禁致傷と強盗強姦の罪で起訴した。 捜査の結果、ほかに共犯者も被害者もなかったという結論に達しており、捜査を終結した。 南署によると、泉佐野市内の中学校で同級生だった2人は、同市内のゲームセンターで親しくなり、北山容疑者に誘われた三宅容疑者が同店で働くようになった。 ランチタイムなど忙しい短時間帯には別のアルバイトもいたものの、店はほとんど2人でやっていた。 店には若い女性客が多かった。 ムラムラしたという2人は「女をレイプしよう」と相談。 これが4月初めのことだった。 街を歩いている女性に車で近付き、そのまま拉致することを計画し、実際にその目的で浪速区内などを走っている。 しかし実際には難しかった。 そこで考えついたのが、客の少ない深夜に自分の店で女性を襲うことだった。 「それなら逃げられないようにしやすい」と一方が言えば、片方は「できるかもしれん」と納得したというから「頭の中で現実と妄想がごっちゃになっているところがある」(捜査員)男たちだったようだ。 スタンガンと睡眠薬、さらに革製の拘束具を携帯サイトで購入し、4月下旬には店内に常備し、標的の女性が現れるのを待った。 そして5月9日午前0時20分ごろ。 この日は客が少なく、閉店するつもりで、3枚シャッターのうち2枚をすでに下ろしていた。 そこへ入ってきたのが、20歳代前半の「かわいい」女性の1人客だった。 もちろん当時、店内には客はいなかった。 女性が食事を始めると、三宅容疑者が閉店準備を装い、残ったシャッターを閉めた。 北山容疑者が女性客の首筋にスタンガンを押し付けた。 「騒ぐと殺すぞ」と脅し、睡眠薬を無理に飲ませ、こん睡状態になった女性を拘束具で緊縛した。 おまけに5万6千円入りの財布まで奪った。 その後、三宅容疑者が泉佐野市内まで取りに帰った車で、女性を同市内の貸しガレージへと連れ去り、そこで女性を強姦している。 そのうえ強姦後も緊縛したまま、女性をガレージ内に監禁しておいて、2人は仕事をするために店に戻った。 監禁したのは、店の者だと知られているので「捕まる。 飼っておけばバレないと思った」からだとか。 女性は近くに住むガレージ利用の人に助けを求め、脱出。 泉佐野署に届け出た。 同署から連絡を受けた南署の刑事が店に行き、2人に任意同行を求め、その後、同署で通常逮捕した。 当初、睡眠薬でもうろうとした状態だったうえに、アイマスクもされていた女性の証言が頼りないものだっただけに、ほかにも犯人や被害者がいたとの疑いもあったが、血液検査やポリグラフなどの証拠で、その線はいずれも否定された。 またペッパーランチを全国に展開する「ペッパーフードサービス」は事件の翌日にオーナー店長の北山容疑者と営業委託契約を解消したという ネット上で事件についての討論が盛り上がっている最中、わたし自身もあらゆる情報を集めようとネット上で検索をかけまくった。 「組織ぐるみの陰謀論」「報道規制疑惑」に影響された。 「地元で起こった事件なのに、地元紙が取り上げないわけにはいかない」と単純な正義感にかられて取材したが、結局は自分の思い込み、先入観がいかに恐いものかを痛感させられた。 しかし今回の事件でインターネット掲示板の情報量、アクセス数からその関心の高さ、情報量には驚かされた。 「隠されたもの」「人が隠そうとしているもの」はよけいに見たい人間の欲望なのかもしれない。 そして人間の想像力は果てしないことを自分の身をもって思い知らされた。 ネットを検索している時、いつのまにか「事実」ではなく「自分の信じたいもの」を裏付けるために情報を検索している自分がいた。 納得のいく答えを探し続けるか、飽きるか、想像が一人歩きするのか。 今回わたしは「事実」ではなく「自分」を信じた。 冷静になるとそう考えさせられる一件だった。 問題の本質は「事実は決して1つだけではない」ということだろう。 マスコミは「客観的に事実のみを伝える」と一般には思われているが、そんなことは決してない。 記者が「それを書いたらおもしろい」「それは大事だ」と考えたからこそ記事にするのであって、まず「客観的」ではない。 さらに、字数の成約などもあって知り得たことの何分の一かしか実際には記事に書かない。 今回の事件は社会的反響が高いことが予想されたため、各新聞、テレビとも大きく報道した。 だが、実際には1行の記事にもならない殺人事件、強姦事件なども発生している。 それを取り上げて「マスコミは真実を伝えない」と批判することは簡単だが、情報の受け手(読者、視聴者)としてもマスコミの限界は頭においておくべきだろう。 一方、インターネット。 一般に言われているように、ネット社会では匿名で情報がやり取りされることが多く、情報の信頼性は決して高いとは言えない。 だが、多方面から寄せられる情報は大量で、その中から信頼に足る事実が出てくる可能性もある。 写メールが広く普及し、撮影された写真や動画が新聞やテレビでも使われる時代だ。 映像ばかりでなく、当事者やそれに近い人たちからの情報が寄せられる可能性も高く、マスコミ以上に「真実」に近い情報が流されることも確実にある。 大切なことは、情報の受け手がそれぞれのメディアの特性を知ってうまく情報を利用することだろう。 「ネットだから信じられない」「マスコミが流すからすべてを信じる」ではなく、情報に踊らされないで最終的にはそれぞれの「真実」を探り当てる力を養うことが一人一人に求められているのではないか。 「真実」はたった一つではないのだから。 2007年9月26日、大阪地裁(杉田宗久裁判長)にて判決公判。 元店長北山大輔被告(25)被告に懲役12年(求刑懲役10年)、元店員三宅正信(25)被告に同10年(同10年)の実刑判決。 ・北山被告には求刑よりも、重い懲役12年の判決。 判決理由で 「飲食店のスタッフが食事中の女性を襲うという、前代未聞の衝撃的な事件」「良質なサービスを提供する場にあり、場合によっては保護することさえある飲食店スタッフの立場で、あろうことかその立場を利用し、1人で来店した女性を襲う。 この事件が社会に与えた不安と影響は大きい」と断罪 2007年10月2日までに、元店長北山大輔被告(25)は、先月26日の大阪地裁判決を不服として大阪高裁に控訴。

次の

ペッパーフードサービス (3053) : 株主優待・優待利回り [PEPPER FOOD SERVICE]

ペッパーフードサービス

11 3,609,000 11. 69 2,466,000 2. 56 540,000 2. 33 492,000 日本トラスティ・サービス信託銀行 信託口5 1. 51 318,300 1. 48 312,600 1. 26 265,800 1. 00 210,300 日本トラスティ・サービス信託銀行 信託口1 0. 99 207,900 自社 自己株口 0. なお、持ち株比率の増減矢印は0. 1%以上の変動があった場合に表示します。

次の