胡蝶蘭 3本立て 相場。 【胡蝶蘭・通販サイト】群馬や栃木・埼玉への当日発送はできる?

胡蝶蘭のお祝い相場価格は?ギフト・プレゼントのマナー解説

胡蝶蘭 3本立て 相場

大きさとは花の大きさのことで大輪・中輪(ミディ)・小輪とあります。 大輪は約11〜15cm、中輪(ミディ)は3〜6cm、小輪(マイクロ)は2〜4cmと大きさがかなり異なります。 本数とは一つの鉢植えに入っている茎数のことで、主流なものは 3本立て、5本立てがあり ます。 もちろん7本立て以上の立派なものもありますよ! 胡蝶蘭は大きさで値段が変わる 花の大きさ、輪数、本数の3つと伝えましたが、もちろんボリュームが大きいもの・数が多いものが値段が高くなります。 また希少な色のものを選ぶ場合はプラスアルファもあるでしょう。 輪数とは花の総数のことで、胡蝶蘭によって数が異なります。 同じ茎数の胡蝶蘭でも、輪数が多いものはスマートで迫力のある圧巻の高貴な存在感があります。 一茎あたり7〜10輪くらいが目安でしょう。 胡蝶蘭の大きさ・本数別価格比較表 代表的なものを比較してみましょう。 輪数 価格帯 約20〜25輪 10,000〜20,000円 約35〜40輪 20,000〜25,000円 約25〜35輪 15,000〜20,000円 約40輪以上 30,000円以上 5本立ての予算は30,000円以上と考えたほうが良いでしょう。 色別の比較 本数、花の大きさ以外で 色による値段の違いはあるのでしょうか。 市場に出回っていないめずらしい色だと高価になることもあります。 希少な色や品種だと高価になる 白がもっとも定番です。 白に比較すると、次いで人気の ピンクや赤リップは少し高価になります。 他には紫や青、いろんな色の株を寄せ植えしたミックスなど は珍しい色なのでお高めです。 しかし、その分他の方とかぶらずにわざわざ考えて珍しいものを選んでくれた、という気持ちに感動されることも多いですよ。 豪華なミックス胡蝶蘭ならこの紅白10本立てはいかがでしょうか。 この迫力に圧巻されること間違いなしです。 パーティや、特別な取引先の特別な贈り物として。 何よりも目立ち印象に残ることでしょう。 同じ輪数や大きさでもお店によっては少しお値段が異なったりします。 それは仕入れの問題などによったり品質が異なるものもありますので、高品質でリーズナブルな単価のお店を選べると良いですね。 また、サービスの範囲として 配送料の有無、ラッピングは選べるのか、立て札やメッセージカードは付けられるのか、即日配送の可否などはお店によって有料であったり無料であったりしますので検討材料の一つにするといいでしょう。 独自のサービスとして胡蝶蘭のお花にお名前を刻印してくれるようなユニークなお店もあるので調べてみるといいですね! お店によって価格が異なる 代表的なところでいうと 実店舗とネットショップの違いでしょう。 もちろん一概には言えませんが、一般的には ネットショップのほうが間接費がかからないためお安く入手できる場合が多いです。 他にもこんなメリットがあります。 24時間365日発注ができるので自分の都合に合わせられる• 店舗に行く交通費もかからない• 気兼ねなく自分の予算でオーダーできる• 間接費がかからないので安価に高品質なお花が手に入る• 産地直送で鮮度が高い これは一例であり、すべてのネットショップがこれらに対応しているわけではありませんが、総じてネットショップの方がお得と言えますね。 商品の一例ではなく、実際に贈る花を見て選びたい、贈り先に自分で持っていきたいなどの場合は、実店舗のほうが適している場合もあります。 ラッピングはお花の一部と色別比較 お花のことばかりでしたが、 ラッピングも見栄えとして大事な要素のひとつです。 選び方としては、コーポレートカラーに合わせたり、お好みにあわせたり、豪華に見せる色にしたりと様々です。 お祝いに合わせたタブーの色でなければ選んでいただいて大丈夫です。 お店によって選べるラッピングの色数が変わりますのでこだわりがある場合は先に確認してみるといいでしょう! 豪華な色味や特殊なラッピングの場合は有料の場合もありますのでご注意ください。 配達やアフターサービスも大切 さていよいよ配達です!画像を見たり相談をしていてもやっぱり どんなものが実際に贈られるのか不安なもの。 最近ネットショップでは配送前に 実際に贈られるお花の画像を無料でメール配信してくれるサービスが増えてます! 配送にかかる料金は、各社様々で送料無料の場合でも北海道や沖縄、離島などは 別途料金が発生する場合もあります。 確認しておくといいですね。 発送後は、 特定のエリア内ならメンテナンスや鉢の引き下げまで行ってくれるお店もあります!こういうお店を選ぶと贈り先の相手を思いやる気持ちがより伝わりますし負担も少なくてよいですね。 胡蝶蘭のショップ別サービス比較表 胡蝶蘭を販売する主なネットショップのサービスについて比較してみましょう。 hibiyakadan. prrr. green-road. 胡蝶蘭に実績のあるお店であれば親身になって相談に乗ってくれると思います。 自分の用途に合ったベストな胡蝶蘭を見つけて、お花を贈ってみてくださいね。

次の

胡蝶蘭の価格と相場

胡蝶蘭 3本立て 相場

「お祝いのお花」と言えば 胡蝶蘭が一番に挙げられると思いますが、 近所のお花屋さんにも置いてあるし、ネットショップでもたくさん売られている昨今、 「どの胡蝶蘭を贈れば良いかわからない・・・」と言うお客様の声をいただきます。 確かに、年々胡蝶蘭の種類も増えてきましたし、サイズも本数もマチマチです。 特に、初めてお祝いのお花を贈られる方は何を基準に選んで良いのかわかりにくいですよね。 ここでまず押さえていただきたいポイントは、開店祝いや開業祝い、移転祝いなどのご用途であれば、胡蝶蘭の色は「白」をお選びください。 最近ではピンクや黄色、真ん中が赤いリップなども出てきてバリエーションが増えました。 実は、当店でも随時取り扱いはしておりますが、やはりお祝いの際のお花としては 「白」が一番ふさわしいと言えます。 「白」の胡蝶蘭は、その姿がとても美しいです。 何色にも染まっていないその姿は、新しいスタートを切られる方にふさわしい 清々しいイメージを与えます。 また真っ白ですと膨張色になりますので、 印象がより大きく感じられます。 開店祝いなどですと、多くの取引先などからお祝いのお花が届くと思いますので、 やはりその中で 目立つ事が大切ですよね。 そんなポイントからも、ぜひ純白の「白」をお選びください。 さて、一般的なお祝いの品ですと相場はいくらくらいになると思いますか? これは相手との関係性によって変わってくると思います。 贈り先が 一般的な取引先の場合、10,000~30,000円、 重要な取引先の場合は 30,000~50,000円が妥当だと言われています。 ここでまた重要となるポイントは、贈った相手にアピールしたいかどうかです。 純粋に、ただお祝いの気持ちを届けるだけでしたら、上記の相場で充分だと思いますが、 特に重要な取引先であれば、やはりアピールしたいところだと思います。 その場合は、ぜひ もう1ランク上の胡蝶蘭をお選びください。 と言うのも、開店祝いや開業祝いでは、ほとんどが胡蝶蘭を贈られると思います。 その中ではやはり 埋もれてしまう確率が高いです。 目立とうとして違う花や、カラーの胡蝶蘭を贈った場合、配置のバランスを考えて 隅っこや別の場所に置かれる恐れがあります。 それではお祝いのお花を贈った意味が半減してしまいます。 正統派に攻めるのであれば、 相場よりも1ランク上の胡蝶蘭をお選びください。 ただここで問題なのが、お店によってランクと価格の差があることです。 同じ3本立ちでも輪数が違っていたり、そもそも花の大きさが違う場合があります。 胡蝶蘭の花の大きさはだいたい、 「大輪」と 「ミディ」の2タイプに分けられます。 当店でもこの2種類を主に取り扱っておりますが、花の咲き方が不揃いに咲くタイプも ありますので、それぞれのお店のイメージ写真を良く確認してください。 ちなみに当店は独自の技術を更に駆使した生育方法で、すべての花が綺麗に 正面を向くようになっております。 「不揃い」と言う言葉自体が門出には不向きだと思いますので、 やはりこちらも 正面を綺麗に向いているものをお選びいただきたいと思います。 さて、この2タイプの胡蝶蘭で比べる場合、もうすでにお分かりだと思いますが、 「大輪」が大切な贈り先へ、「ミディ」はお身内などの親しい間柄の方に贈られるのが 良いかと思います。 次にお選びいただく指標として、本数と輪数があります。 先ほどの相場ランクで言えば、 一般的な取引先の場合、3本~5本、 重要な取引先の場合は5本~7本が妥当です。 輪数で言えば3本の場合35輪前後、5本であれば55輪前後、7本は70輪前後が 良いでしょう。

次の

大輪5本立胡蝶蘭の用途と価格比較|胡蝶蘭ステーション

胡蝶蘭 3本立て 相場

「お祝いのお花」と言えば 胡蝶蘭が一番に挙げられると思いますが、 近所のお花屋さんにも置いてあるし、ネットショップでもたくさん売られている昨今、 「どの胡蝶蘭を贈れば良いかわからない・・・」と言うお客様の声をいただきます。 確かに、年々胡蝶蘭の種類も増えてきましたし、サイズも本数もマチマチです。 特に、初めてお祝いのお花を贈られる方は何を基準に選んで良いのかわかりにくいですよね。 ここでまず押さえていただきたいポイントは、開店祝いや開業祝い、移転祝いなどのご用途であれば、胡蝶蘭の色は「白」をお選びください。 最近ではピンクや黄色、真ん中が赤いリップなども出てきてバリエーションが増えました。 実は、当店でも随時取り扱いはしておりますが、やはりお祝いの際のお花としては 「白」が一番ふさわしいと言えます。 「白」の胡蝶蘭は、その姿がとても美しいです。 何色にも染まっていないその姿は、新しいスタートを切られる方にふさわしい 清々しいイメージを与えます。 また真っ白ですと膨張色になりますので、 印象がより大きく感じられます。 開店祝いなどですと、多くの取引先などからお祝いのお花が届くと思いますので、 やはりその中で 目立つ事が大切ですよね。 そんなポイントからも、ぜひ純白の「白」をお選びください。 さて、一般的なお祝いの品ですと相場はいくらくらいになると思いますか? これは相手との関係性によって変わってくると思います。 贈り先が 一般的な取引先の場合、10,000~30,000円、 重要な取引先の場合は 30,000~50,000円が妥当だと言われています。 ここでまた重要となるポイントは、贈った相手にアピールしたいかどうかです。 純粋に、ただお祝いの気持ちを届けるだけでしたら、上記の相場で充分だと思いますが、 特に重要な取引先であれば、やはりアピールしたいところだと思います。 その場合は、ぜひ もう1ランク上の胡蝶蘭をお選びください。 と言うのも、開店祝いや開業祝いでは、ほとんどが胡蝶蘭を贈られると思います。 その中ではやはり 埋もれてしまう確率が高いです。 目立とうとして違う花や、カラーの胡蝶蘭を贈った場合、配置のバランスを考えて 隅っこや別の場所に置かれる恐れがあります。 それではお祝いのお花を贈った意味が半減してしまいます。 正統派に攻めるのであれば、 相場よりも1ランク上の胡蝶蘭をお選びください。 ただここで問題なのが、お店によってランクと価格の差があることです。 同じ3本立ちでも輪数が違っていたり、そもそも花の大きさが違う場合があります。 胡蝶蘭の花の大きさはだいたい、 「大輪」と 「ミディ」の2タイプに分けられます。 当店でもこの2種類を主に取り扱っておりますが、花の咲き方が不揃いに咲くタイプも ありますので、それぞれのお店のイメージ写真を良く確認してください。 ちなみに当店は独自の技術を更に駆使した生育方法で、すべての花が綺麗に 正面を向くようになっております。 「不揃い」と言う言葉自体が門出には不向きだと思いますので、 やはりこちらも 正面を綺麗に向いているものをお選びいただきたいと思います。 さて、この2タイプの胡蝶蘭で比べる場合、もうすでにお分かりだと思いますが、 「大輪」が大切な贈り先へ、「ミディ」はお身内などの親しい間柄の方に贈られるのが 良いかと思います。 次にお選びいただく指標として、本数と輪数があります。 先ほどの相場ランクで言えば、 一般的な取引先の場合、3本~5本、 重要な取引先の場合は5本~7本が妥当です。 輪数で言えば3本の場合35輪前後、5本であれば55輪前後、7本は70輪前後が 良いでしょう。

次の