遊戯王 メガリス。 メガリス・フール【デッキから儀式召喚】

【遊戯王】神格宿りし像の奇跡「メガリス」デッキ紹介

遊戯王 メガリス

その中からめくったカードの枚数以下のレベルを持つ岩石族モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分は岩石族モンスターしか特殊召喚できない。 フィールドにモンスターがいなくても発動できるはずです。 フィールドレスで発動しても下級はハンドに加えられそうなのが良い感じです。 岩石族モリモリ状態で使うとヒット率も選択肢も広がリングですな。 回った後は問題ないですが、初動にうつ場合は注意が必要でしょうね。 「アダマシア」以外でも使えるデッキが多そうです 「メガリス」 「トラミッド」 「ジェムナイト」 「アダマシア」以外でもここら辺なら上手に使える様な気がしますね! 特に「メガリス」は自分ターンは岩石族にとどめて、相手ターンに他種族出すって事も出来るから相性良さそう! 「ジェムナイト」は岩石族以外も結構多いので気を付けながら回す必要があるかなぁ? 縛りはあるけど初動安定としては相当強いかも? 初動で使うと先行制圧が《魔救の奇跡-ドラガイト》頼みになってしまいそうですが、初動安定としては相当良いカードな気がします。 また、先攻だと困る事があっても攻める際は岩石族縛りも問題になりにくいと思うので、オフェンス時はかなり心強い存在になってくれるんじゃないでしょうか? 「アダマシア」以外でも便利そうだし…これは良いカードだと思います。 とりあえず管理人は「メガリス」で採用してみたいです。

次の

メガリス・オク

遊戯王 メガリス

特に強力な要素が満載されていると考える《》のほうから、その強さの理由を4つに分けてご説明していきます。 儀式召喚の安定性向上 儀式ギミックを良く知る方ならわかると思いますが、このカードは儀式召喚したとしても何一つ損をしない夢のようなカードなのです。 更に回収したモンスターのレベル分《》のレベルを上げるというオプションまでついています。 このオプションにより、《》を儀式召喚するために支払った儀式モンスターを回収すれば、元々自分が抱えていたモンスターの合計レベルを墓地から回収したモンスターのレベルと《》とのレベルの差の分だけ得する事ができます。 この効果によって本来手札に揃えなくてはいけない儀式モンスターを手札に揃えなくて良くなるので、アドバンテージの計算では1プラスになり、安定性も向上します。 更に、より状況に合わせた使い方ができるよう相手のメインフェイズ中でも儀式召喚効果が使用可能なのです。 これによって、過去に収録された【メガリス】で最も重要だったカード《》を簡単に相手ターン中に儀式召喚する事ができるようになりました。 トリッキーなレベル変動効果 このカードは回収した儀式モンスターと同じレベルになる事ができるので、エクシーズ召喚との相性が良いです。 《》や《》とレベル4儀式モンスターを回収したこのカードで《》に繋げる事や、レベル8儀式モンスターを回収し、このカードと使い終わった《》で《》に繋げる事も可能であり、使い方やエクストラの採用カード次第では非常に幅広い活躍が見込めます。 他メガリス効果より優秀な儀式効果 皆さんお気づきでしょうか。 なので、後述する《》によって相手ターン中にこのカードを儀式召喚し、このカードの儀式召喚効果を使用する時にこのカードをリリースしなければ、返しの自分のターンでもう1度このカードの儀式召喚効果を使用する事ができるのです。 更にこのカードは下級モンスターでありながら守備力2000となっており、生存する可能性も高い為、この点は頭の片隅に置いておいてもらえるときっと役に立つ時が来るはずです。 速攻魔法による儀式召喚なので、相手ターン中に儀式召喚が行えます。 しかし、その点だけで言ったら上述した《》でも可能です。 《》は相手のメインフェイズ中でしか儀式召喚が行えない為、《》を最大限活かすには少し物足りません。 また、このカードは魔法カードである為、セットしていれば相手から想定されづらいという利点もあります。 《》の場合、フィールドに召喚されている必要がある為、どうしても相手に警戒されてしまいます。 更にこのカードには単に儀式召喚を行うだけではなく、自分フィールドの儀式モンスターの数だけすべての相手モンスターの攻撃力を500ポイント下げる効果もあります。 勿論《》を使えば総体的に攻撃力を向上させられるのですが、如何せん攻撃力を上昇させる為だけの儀式モンスターを複数枚入れるわけにもいかず… 何なら入れたくなかったくらい なので、この攻撃力をダウンさせる効果はおまけとしてはかなり優秀な効果です。

次の

【遊戯王】メガリスデッキが2020年4月新制限で優勝!|海外大会TCG【オンライン環境情報】

遊戯王 メガリス

特に強力な要素が満載されていると考える《》のほうから、その強さの理由を4つに分けてご説明していきます。 儀式召喚の安定性向上 儀式ギミックを良く知る方ならわかると思いますが、このカードは儀式召喚したとしても何一つ損をしない夢のようなカードなのです。 更に回収したモンスターのレベル分《》のレベルを上げるというオプションまでついています。 このオプションにより、《》を儀式召喚するために支払った儀式モンスターを回収すれば、元々自分が抱えていたモンスターの合計レベルを墓地から回収したモンスターのレベルと《》とのレベルの差の分だけ得する事ができます。 この効果によって本来手札に揃えなくてはいけない儀式モンスターを手札に揃えなくて良くなるので、アドバンテージの計算では1プラスになり、安定性も向上します。 更に、より状況に合わせた使い方ができるよう相手のメインフェイズ中でも儀式召喚効果が使用可能なのです。 これによって、過去に収録された【メガリス】で最も重要だったカード《》を簡単に相手ターン中に儀式召喚する事ができるようになりました。 トリッキーなレベル変動効果 このカードは回収した儀式モンスターと同じレベルになる事ができるので、エクシーズ召喚との相性が良いです。 《》や《》とレベル4儀式モンスターを回収したこのカードで《》に繋げる事や、レベル8儀式モンスターを回収し、このカードと使い終わった《》で《》に繋げる事も可能であり、使い方やエクストラの採用カード次第では非常に幅広い活躍が見込めます。 他メガリス効果より優秀な儀式効果 皆さんお気づきでしょうか。 なので、後述する《》によって相手ターン中にこのカードを儀式召喚し、このカードの儀式召喚効果を使用する時にこのカードをリリースしなければ、返しの自分のターンでもう1度このカードの儀式召喚効果を使用する事ができるのです。 更にこのカードは下級モンスターでありながら守備力2000となっており、生存する可能性も高い為、この点は頭の片隅に置いておいてもらえるときっと役に立つ時が来るはずです。 速攻魔法による儀式召喚なので、相手ターン中に儀式召喚が行えます。 しかし、その点だけで言ったら上述した《》でも可能です。 《》は相手のメインフェイズ中でしか儀式召喚が行えない為、《》を最大限活かすには少し物足りません。 また、このカードは魔法カードである為、セットしていれば相手から想定されづらいという利点もあります。 《》の場合、フィールドに召喚されている必要がある為、どうしても相手に警戒されてしまいます。 更にこのカードには単に儀式召喚を行うだけではなく、自分フィールドの儀式モンスターの数だけすべての相手モンスターの攻撃力を500ポイント下げる効果もあります。 勿論《》を使えば総体的に攻撃力を向上させられるのですが、如何せん攻撃力を上昇させる為だけの儀式モンスターを複数枚入れるわけにもいかず… 何なら入れたくなかったくらい なので、この攻撃力をダウンさせる効果はおまけとしてはかなり優秀な効果です。

次の