木 本 奈津子 会社。 会社概要

株式会社双葉社

木 本 奈津子 会社

経歴 [ ] (現在の)に生まれたが、1歳で父が戦死、母の実家の東京に転居する。 そのため、出身。 を経て学芸学部英文学科を卒業し、生命保険会社の秘書の仕事につくが、約1年半で退社。 映画字幕については字幕翻訳家に師事した。 清水の紹介でのアルバイトとして採用され、翻訳などの雑用をしていたところ、同社の宣伝部長をしていたから海外映画人の通訳を要請され 、現在でも数々の俳優、監督の通訳を担当している。 (昭和45年)、清水のアドバイスのもと『』で初めて字幕翻訳を任される。 ほぼ同時期に字幕翻訳した『』は(昭和48年)に公開された。 それ以降の数年間、年に2,3本のペースで字幕翻訳の仕事をするほかは、翻訳や通訳のアルバイトを続ける。 その中で、の来日時の通訳を務め、『』で音楽を担当する予定だったの通訳として、現地ロケにも同行する。 (昭和54年)に『』本編が完成した際に、彼女にをやらせてはどうか、との監督の推薦で字幕を担当。 この仕事で字幕翻訳家と広く認められ、年間50本、1週間に1本のペースで字幕翻訳を手がけるようになる。 以降、『』、『』などの映画字幕を担当。 著名な字幕翻訳者の一人となる。 吹き替え翻訳を担当している作品もある。 1987年(昭和62年)には、監督作『』を担当するが、監督が戸田の日本語字幕を気に入らず、日本支社は映画監督のに字幕を要請する。 戸田の翻訳への指摘 [ ]• 上では意訳・誤訳が多いことが指摘されている。 『』劇場公開版で字幕を担当したが、『』のファンがの修正や戸田奈津子の交代を求め、をする騒動となった。 詳細は「」を参照• のは「戸田奈津子の日本語字幕の誤訳の多さについて。 今ここに自分が字幕監修する3月公開の映画の原語台本があるが、固有名詞、歴史的背景、専門用語、英語独特の言い回し、ジョークや反語的表現、暗喩について製作側による英語の注釈がついている。 これが通常。 戸田さんはこの注釈を読んでないとしか思えない」と非難している。 一方のは、との対談で、戸田奈津子のにおかしながあるとの鑑賞者の指摘に対し、「限られた時間で翻訳を行っており、完璧じゃない字幕があるのはやむを得ない」「努力を評価する」と語っている。 映画評論家のは戸田が大御所なゆえ原作が有名な作品を担当することも多く、そこで誤訳をしてしまったことで批判者が増え、21世紀になるとインターネットの普及で過去の些細なミスまで掘り返されて過剰に槍玉に挙げられた印象で気の毒であり、1980年代の洋画黄金期の第一人者であった空気が今でも残っていることで仕事の依頼も続き、来るものは引き受ける姿勢でいたら得意分野ではないSF、ファンタジー、ミリタリー作品で綻びがばれる時代になったと考え、中には『』や『』のように戸田のおかげで楽しく鑑賞できた作品もあり、他の直訳傾向の翻訳者が80点を出しているなら戸田は満点もあれば20点の作品もある振れ幅が大きい翻訳者で、『』や『』でキャプションの追加が多くなされたことは観客にはありがたく、戸田ばかり批判するのはおばあちゃんをいじめているようで彼女ほどの地位の人物に頭を下げろと要求しても無理な話で今更謝罪でどうにかなるものではなく、年間500本以上大小問わず洋画が公開されている中で限られた翻訳者の手によるならミスも起こり得るし人を増やせばそれも減らせるが入場料に跳ね返ってくる可能性もあり、多少のミスはおおらかに見守った方がいいと、辛口と言われる前田の映画評論のスタンスとは違う諦観のようなコメントをした。 戸田の反応 [ ]• 2005年の取材で戸田は、「あら、そう、知らなかったわ。 初めて聞きました。 でも、そもそも映画の翻訳というのは字数やいろんな制約があって、そのまま直訳しても文章にならないし、意味が通じないの。 だから、やっぱりある程度の意訳は必要なのよ。 それぞれの意見はあるでしょうけど、私たちのような、ものを書く仕事はあっち立てればこっち立たずで、意見が合うことはなかなかないですから」と発言した。 2015年のインタビューでは映画字幕の翻訳と普通の翻訳は別で、字幕が文字数が限られていることを知らない人から誤訳と批判されても気にしてはいないものの、もちろん間違った訳や下手な意訳はいけないとした。 2017年の取材ではネット上の批判は見ていないので知らないが『ロード・オブ・ザ・リング』の騒動について、抗議した人たちは数十年以上前の本の翻訳を「聖書」と思っており、日々変化する言葉がそれだけの時間があればどれだけ変化するのか、今の観客が違和感を抱かない字幕にするのが当然だと話し 、自分の批判者に対しては制約があることを知った上で鑑賞してほしく批判するならそれを踏まえた翻訳を試して、制約を満たす素晴らしい出来ならもちろん評価するとした。 2ヶ月 2週間 この他に独特の言い回しとして原文では疑問形でないものへ疑問符をつける、小さな声に感嘆符をつける、「~せにゃ」「~かもだ」「~かもけど」「コトだ」など特徴的な前時代的な語尾がみられる。 主な字幕作品 [ ]• (1979年)• (1982年)• (1984年)• (1986年)• (1988年)• (1990年)• (1990年)• (1990年)• (1991年)• (1993年)• (1993年)• (1994年)• (1994年)• (1994年)• (1994年)• (1995年)• (1995年)• (1995年)• (1996年)• (1996年)• (1997年)• (1997年)• (1998年)• (新3部作)• (2001年)• 2001年 - 2005年• (2002年)• (2004年)• (2006年)• (2006年)• (2007年)• (2007年)• (2007年)• (2009年)• 2010年• 2012年• 2013年• 2015年• 2015年• 2016年• 2016年• 2016年• 2016年• 2017年• 2018年• 2018年 受賞歴 [ ]• :第1回• :第4回・特別賞• :第36回・特別賞• : 特別功労章 著書 [ ]• 『男と女のスリリング - 字幕スーパーで英会話レッスン』集英社 1994年• 『字幕の中に人生』白水社 1997年• 『男と女のスリリング - 映画で覚える恋愛英会話』集英社 1999年• 『スターと私の映会話! 』集英社 2003年• 『字幕の花園』集英社 2009年• 『映画字幕は翻訳ではない』清水 俊二(著)、戸田 奈津子・上野 たま子(編集) 早川書房 1992年• 『KEEP ON DREAMING』戸田奈津子 金子裕子(著) 双葉社 2014年 翻訳 [ ]• パッカード著作集 第5 ダイヤモンド社 1964• 去勢された女 著,, 戸田奈津子 訳 ダイヤモンド社 1976• vol. 11-20 Jim・Davis 作,戸田奈津子 訳 研究社 1991• グリーングリーンの国から : ふしぎな子どもたちの伝説 アラン・マークス 絵,ケビン・クロスリー-ホランド 作,戸田奈津子 訳 太平社 1995• コーラスライン : ピアノ弾き語り集 編著,戸田奈津子 訳 ドレミ楽譜出版社 2005 ミュージカル・サウンド・シリーズ 出演 [ ]• 第二期2015年1月13日 脚注 [ ]• 内閣メールマガジン. 2016年7月6日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年10月5日. 2014年10月5日閲覧。 BuzzFeed News 2017年1月4日. 2019年5月20日閲覧。 twitter 3:54 - 2017年1月5日• logmi (2017年8月22日)• ビジネスジャーナル. 2016年1月15日. 2019年7月6日閲覧。 ビジネスジャーナル. 2016年1月15日. 2019年7月6日閲覧。 『週刊新潮』2005年5月5・12日号 p. 54~55記事『また「誤訳騒ぎ」だよ「字幕の女王」戸田奈津子』より• 「」『産経新聞』、2015年8月23日。 2019年7月6日閲覧。 原作の日本語訳は1992年に推敲が行われている。 2014年3月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年7月6日閲覧。 ビジネスジャーナル. 2016年1月15日. 2019年7月6日閲覧。 シアターガイド 2015年2月13日. 2015年2月16日閲覧。 com 2015年12月2日. 2015年12月2日閲覧。 外部リンク [ ]• (2003年8月8日時点のアーカイブ).

次の

近所や知人も呆れていた喜本奈津子の「乱暴・暴言」夜中に母親を家から閉め出し: J

木 本 奈津子 会社

事件概要 茨城県守谷市の常磐自動車道で、男性があおり運転された上に暴行された事件で、県警は18日、傷害容疑で逮捕状を取り全国に指名手配していた住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)を大阪市内で逮捕した。 捜査関係者によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、守谷市の常磐道上り線で白の乗用車を運転し、茨城県阿見町の男性会社員(24)が運転する車に後方から接近。 前方に回り込んで停車させた上、乗用車を降りて男性の車に迫り、男性を「殺すぞ」などと脅迫して顔を数発殴り、けがを負わせた疑いが持たれている。 被害男性の車のドライブレコーダーが一部始終を捉えていた。 宮崎容疑者の車に同乗していた女も一緒に降車し、携帯電話で状況を撮影するなどしており、県警は女についても捜査を進めている。 宮崎容疑者は男性にあおり運転したほかにも、7月23日に静岡県内や愛知県内で同様の行為を繰り返していたとみられ、両県警も捜査を進めている。 関係者によると、宮崎容疑者が使用していた白の乗用車は横浜市内のディーラーが修理の代車として7月21日に3日間の約束で貸していたものだった。 しかし宮崎容疑者は「気に入ったので買うつもりだ」「仕事の都合で時間がかかる」などと応じなかったという。 ただ、茨城の事件翌日の8月11日、代理人が乗用車を返却してきた。 県警は15日、この乗用車を押収。 ディーラー側の貸し出し時の記録などから宮崎容疑者の身元を特定するとともにドライブレコーダーの映像分析を進めるなどしていた。

次の

企業情報 | 金沢・ぶどうの木

木 本 奈津子 会社

社員数30名にも満たないインドの小さな出版社が、いま世界の注目を集めている。 その名もタラブックス。 「タラ」とはインドの言葉で「星」を意味するそうだ。 「有名なのは手漉きの紙にシルクスクリーンで印刷し、製本まで職人が手がけるハンドメイドの絵本。 『夜の木』は世界中の言語に翻訳されて80万部以上も売れています。 もちろん通常のオフセット印刷の本もあれば、最近はリトグラフにもトライしているんです」 野瀬奈津子さんが、持参したさまざまな本を見せてくれた。 どれも洗練されたデザインで、色使いに深みがあり、絵本といっても大人でも楽しめる内容だ。 「『夜の木』はゴンドというインド中部に暮らす少数民族の神話を題材にしていながら、人類の深層心理にまで届くような物語性、普遍性があります。 だから世界中で受け入れられているんでしょうね」 ゴンドの村を訪ねて取材した松岡宏大さんは話す。 こうしたクリエイティブな側面はタラブックスの特筆すべき点だが、この出版社をさらに特別なものにしているのは、彼らの働き方、会社としてのあり方だ、と二人は口を揃える。 「経営者である二人の女性は、いいものを丁寧に作るという、シンプルでブレない考え方を持っています。 もっと設備投資をして社員を増やせば、もっと利益を上げることは可能でしょう。 でもタラブックスはあえてそれをしない。 目が行き届く程度に小さくあることを大事にしています」(野瀬さん) 「生活を犠牲にして朝から晩まで働くようなことはしない。 本作りもすごいスローペース。 企画の段階から何度もミーティングし、試行錯誤をしながら進めていく。 だから僕らもこの本をゆっくり作ろうねって言ってたら、3年もかかっちゃった(笑)」(松岡さん) タラブックスには編集者、デザイナーから印刷工、警備や掃除をする人などさまざまな職種の人が働いている。 そのひとりひとりがお互いの仕事に敬意を払いつつ、平等を意識して働いているという。 「経営者の一人V・ギータは『小さな会社だから、取るに足らないことをしていると思わせる余裕はない』と言います。 一冊の本をみんなで作っているという感覚、自分もこの一部であるということを社員に実感してほしいという意味だと思うんです」(野瀬さん) 「この本はものづくり、特に出版に携わる人たちにぜひ読んでほしい。 3・11以来、地に足をつけて仕事をしていこうという人が増えていますが、タラブックスはその思想を先取りしていると思います」.

次の