スマホを落としただけなのに 映画 感想。 『スマホを落としただけなのに2囚われの殺人鬼』評価は?ネタバレ感想考察/真犯人の正体と動機は?前作のつながりは?

【みんなの口コミ】映画『スマホを落としただけなのに』の感想評価評判

スマホを落としただけなのに 映画 感想

スマホから始まる恐怖を描いた映画 『スマホを落としただけなのに』。 正直1作品としてはあまり好みではない映画でした。 ただ自分なりの考察をすることで面白さを見出せるような、 考察をすることで面白さが広がるような映画だったなと思います! なので考察がお好きな方、考察で自分なりの楽しみ方をしたい方におすすめな映画ですね。 映画『スマホを落としただけなのに』の作品情報 あらすじ 彼氏・富田が落としたスマホを受け取りに行ったOL・麻美。 親切な人が拾ってくれたスマホを受け取りに行き、富田本人にスマホを返すことができたことで一安心…すぐにいつもと変わらない日常へと戻りました。 しかしそんな日常の裏で麻美に迫る影が…。 そして麻美と富田の周りで、不可解な出来事が起こるようになります。 時を同じくして、人里離れた山中から次々と若い女性の遺体が見つかるという事件も発生します。 若い刑事・加賀谷は独自の視点から犯人を探っていくことになるのですが…。 予告動画 動画リンク 映画『スマホを落としただけなのに』の感想 【面白ポイント】• 主人公たちの脇を固めるキャスト陣• 自分なりの考察をすると面白い! 主人公たちの脇を固めるキャスト陣 今作は3人の主人公の側に親しみやすいキャスト陣を配置することによって主人公たちの独特さを抑えて、 全体のバランスが取れるようになっていて良かったですね。 富田くんの側にはバカリズムさん、麻美の側には高橋メアリージュンさん、加賀谷刑事の側には原田泰造さん。 自然な空気感を持つ演技派の方々が独特な主人公たちの側にいることで、 親しみやすさと共感しやすさが生まれていました。 原田泰造さんは映画『ボクの妻と結婚してください。 』に出演されていた時から演技がスゴイ自然だな…と思っていたので、何とも言えない 安心感と安定感がありましたね。 高橋メアリージュンさんが映画に出演されているのは初めて拝見しましたが、テンション高めなSNS系女子!って感じがとても自然でしっくりきました。 また画面映えする存在感がある方なので、すごく良かったです! ただキャスト陣でバランスを取っているといっても主人公が独特であることに変わりはないので、独特な主人公が苦手という方には不向きな映画かもしれませんね…。 自分なりの考察をすると面白い! 映画への感想に関しては以前視聴した時と同じく、個人的にはあまり好きじゃないかな…という感じでしたが、視聴後の考察は楽しかったです! 考察をすることで犯人について、主人公についての印象が変わっていき、 考え方次第ではイヤミスっぽいエンディングと捉えることもできるので…。 自分なりの考え方で映画を楽しみたい方や、考察好きな方にとっては嬉しいゆとりというか、キッチリし過ぎていない要素が多くて良かったと思います。 考察次第で自分なりのエンディングを楽しめる感じは、以前記事にした映画『らせん』と似ていました。 自分好みの映画ではなかったけれども、考察することで自分好みの映画に変えていくというか、 自分だけの楽しみ方をできるのはやはり考察の面白いところですよね。 今作はまさにそんな楽しみ方がピッタリな映画だったと思います。 なので今作は考察がお好きな方、『らせん』のように自分なりの考察で映画を楽しみたい方におすすめの映画です! 映画『スマホを落としただけなのに』の考察 【考察ポイント】• 犯人が被害者の黒髪を切る理由• ラストで犯人が刑事に言っていたセリフの意味• 美奈代が麻美に整形して成り代わった理由• 犯人が遊園地にいた理由 犯人が被害者の黒髪を切る理由 長い黒髪に対して母親のイメージを持っている犯人は、母親に見立てた被害者の黒髪を切ることによって 『母親の欠片』を集めていたのだと思います。 そしてそんな母親のかけらを集めて、カツラをつくって被ることによって、 自分自身が母親になろうとしていたのではないでしょうか。 どんなに酷い扱いを受けていようとも世界に1人だけしかいない自分を産んでくれた母親だからこそ…。 母親の気持ちを理解しようとしたのか、自分を愛してくれる母親をつくろうとしていたのかもしれませんね。 ちなみに被害者の腹を執拗に刺していたのもそのためだと思います。 正確には腹ではなく 子宮ですね。 母親・女性の象徴である子宮の一部も実は集めていて、 子宮を取り出すために被害者の腹を重点的に狙っていたのだと思います。 コレクションしているのか食べているのかは分かりませんが…。 ただどんなに母親の欠片を集めようとも母親になれるわけでも、母親の気持ちを理解できるわけでもありません。 しかし諦めきれずに犯行を繰り返していく内に、 犯人自身もなぜ犯行を行っているのか目的が不明瞭になっていったのではないかな。 そして目的を忘れた後に、「長い黒髪を切る」「腹を刺す」「白い服を着せる」という形式のようなものだけが残ってしまったのではないかなと思います。 ラストで犯人が刑事に言ったセリフの意味 ラストで犯人が加賀谷刑事に言った「同じ種類の人間」というセリフには、 「きっと加賀谷刑事も自分と同じ行動を起こす」という意味が込められていたのではないかな。 母親から「産まなきゃよかった」と言われた経験がある者同士だからこそ。 加賀谷刑事は犯人が遊園地にいることも分かったし、犯人が1番言われたくないセリフも言い当てることができました。 だからこそ… 犯人の気持ちが分かってしまう加賀谷刑事も犯人側に回る可能性がある。 自分と同じ想いから似たような犯行に及ぶ可能性があるという意味を含めて、自分と同じ種類の人間だと言ったのではないかなと思います。 美奈代が麻美に整形して成り代わった理由 美奈代の人生には武井との交際・別れ、子供のこと、麻美のつくった多額の借金が付いて回るから、 自分の人生を捨てたいと思っていたためだと思います。 麻美 本物 は美奈代に成り代わって自らの命を絶つことによって、自分の人生をプレゼントしようとしました。 突然のことに驚きながらも、自分の人生に嫌気がさしていた美奈代はそのプレゼントを受け入れ、整形して 麻美 偽物 として生きていくことにしたのだと思います。 しかし美奈代名義で多額の借金をつくるほど切羽詰まっていたのであれば、 麻美名義の借金もかなりの額があると思うのですが…。 そこは闇金からの借金に返済義務はないとか言って警察に助けを求めて処理してもらったのでしょうか? もしくは 借金があろうとも新しい人生を歩めれば借金のことはどうでも良いと思い、麻美名義の借金は被ったのかな? もし借金がまだあるのだとすれば、彼女は整形して麻美に成りすましていること以外に 借金のことも富田に内緒にしているのかもしれませんね。 麻美 偽物 がそのことを結婚前に打ち明けるのか、整形の時のように窮地に立たされるまで隠すつもりなのかは分かりませんが…。 そう考えると結婚というハッピーエンドにもイヤミス感が漂ってきて、個人的には良いなと思います! 犯人が遊園地にいた理由 犯人は母親に虐げられていた 子供時代のまま大人になっているからだと思います。 子供に冷たい母親でも機嫌の良い時には子供を遊園地に連れていっていたとか、幼い頃には母親らしいことをしていたという場合もあると思うので。 その頃の思い出から、遊園地という子供が大好きな場所に大人になった今でも執着していたのではないでしょうか。 もしくはそういったところにも一切連れていってもらえなかったから、 子供の頃から憧れていた場所にアジトをつくったのかもしれませんね。 ただ子供時代の思い出から遊園地にいたのは間違いないと思います。 同じ境遇で育った加賀谷刑事が遊園地にいることを言い当てていますから、おそらく同じ境遇の子供時代を送っていた者にだけ分かる、共通するものがあったのでしょうね。 マンガ版『スマホを落としただけなのに』が無料 Amazon会員の方なら、 kindleでマンガ版『スマホを落としただけなのに』を無料で試し読みすることが出来ます。 映画では映像で魅せるサイコホラーだったけど、 マンガ版は心理描写から魅せるサイコホラーという感じで、結構面白そうでしたね。 映画版がお好きだった方にはぜひマンガ版もチェックしてみていただきたいです! 試し読みなら 無料の会員登録をするだけでOKなので、映画が面白かった・マンガ版にも興味があるという方はぜひチェックしてみてください!.

次の

映画「スマホを落としただけなのに2」ネタバレとあらすじと感想、前作地上波初登場

スマホを落としただけなのに 映画 感想

スマホから始まる恐怖を描いた映画 『スマホを落としただけなのに』。 正直1作品としてはあまり好みではない映画でした。 ただ自分なりの考察をすることで面白さを見出せるような、 考察をすることで面白さが広がるような映画だったなと思います! なので考察がお好きな方、考察で自分なりの楽しみ方をしたい方におすすめな映画ですね。 映画『スマホを落としただけなのに』の作品情報 あらすじ 彼氏・富田が落としたスマホを受け取りに行ったOL・麻美。 親切な人が拾ってくれたスマホを受け取りに行き、富田本人にスマホを返すことができたことで一安心…すぐにいつもと変わらない日常へと戻りました。 しかしそんな日常の裏で麻美に迫る影が…。 そして麻美と富田の周りで、不可解な出来事が起こるようになります。 時を同じくして、人里離れた山中から次々と若い女性の遺体が見つかるという事件も発生します。 若い刑事・加賀谷は独自の視点から犯人を探っていくことになるのですが…。 予告動画 動画リンク 映画『スマホを落としただけなのに』の感想 【面白ポイント】• 主人公たちの脇を固めるキャスト陣• 自分なりの考察をすると面白い! 主人公たちの脇を固めるキャスト陣 今作は3人の主人公の側に親しみやすいキャスト陣を配置することによって主人公たちの独特さを抑えて、 全体のバランスが取れるようになっていて良かったですね。 富田くんの側にはバカリズムさん、麻美の側には高橋メアリージュンさん、加賀谷刑事の側には原田泰造さん。 自然な空気感を持つ演技派の方々が独特な主人公たちの側にいることで、 親しみやすさと共感しやすさが生まれていました。 原田泰造さんは映画『ボクの妻と結婚してください。 』に出演されていた時から演技がスゴイ自然だな…と思っていたので、何とも言えない 安心感と安定感がありましたね。 高橋メアリージュンさんが映画に出演されているのは初めて拝見しましたが、テンション高めなSNS系女子!って感じがとても自然でしっくりきました。 また画面映えする存在感がある方なので、すごく良かったです! ただキャスト陣でバランスを取っているといっても主人公が独特であることに変わりはないので、独特な主人公が苦手という方には不向きな映画かもしれませんね…。 自分なりの考察をすると面白い! 映画への感想に関しては以前視聴した時と同じく、個人的にはあまり好きじゃないかな…という感じでしたが、視聴後の考察は楽しかったです! 考察をすることで犯人について、主人公についての印象が変わっていき、 考え方次第ではイヤミスっぽいエンディングと捉えることもできるので…。 自分なりの考え方で映画を楽しみたい方や、考察好きな方にとっては嬉しいゆとりというか、キッチリし過ぎていない要素が多くて良かったと思います。 考察次第で自分なりのエンディングを楽しめる感じは、以前記事にした映画『らせん』と似ていました。 自分好みの映画ではなかったけれども、考察することで自分好みの映画に変えていくというか、 自分だけの楽しみ方をできるのはやはり考察の面白いところですよね。 今作はまさにそんな楽しみ方がピッタリな映画だったと思います。 なので今作は考察がお好きな方、『らせん』のように自分なりの考察で映画を楽しみたい方におすすめの映画です! 映画『スマホを落としただけなのに』の考察 【考察ポイント】• 犯人が被害者の黒髪を切る理由• ラストで犯人が刑事に言っていたセリフの意味• 美奈代が麻美に整形して成り代わった理由• 犯人が遊園地にいた理由 犯人が被害者の黒髪を切る理由 長い黒髪に対して母親のイメージを持っている犯人は、母親に見立てた被害者の黒髪を切ることによって 『母親の欠片』を集めていたのだと思います。 そしてそんな母親のかけらを集めて、カツラをつくって被ることによって、 自分自身が母親になろうとしていたのではないでしょうか。 どんなに酷い扱いを受けていようとも世界に1人だけしかいない自分を産んでくれた母親だからこそ…。 母親の気持ちを理解しようとしたのか、自分を愛してくれる母親をつくろうとしていたのかもしれませんね。 ちなみに被害者の腹を執拗に刺していたのもそのためだと思います。 正確には腹ではなく 子宮ですね。 母親・女性の象徴である子宮の一部も実は集めていて、 子宮を取り出すために被害者の腹を重点的に狙っていたのだと思います。 コレクションしているのか食べているのかは分かりませんが…。 ただどんなに母親の欠片を集めようとも母親になれるわけでも、母親の気持ちを理解できるわけでもありません。 しかし諦めきれずに犯行を繰り返していく内に、 犯人自身もなぜ犯行を行っているのか目的が不明瞭になっていったのではないかな。 そして目的を忘れた後に、「長い黒髪を切る」「腹を刺す」「白い服を着せる」という形式のようなものだけが残ってしまったのではないかなと思います。 ラストで犯人が刑事に言ったセリフの意味 ラストで犯人が加賀谷刑事に言った「同じ種類の人間」というセリフには、 「きっと加賀谷刑事も自分と同じ行動を起こす」という意味が込められていたのではないかな。 母親から「産まなきゃよかった」と言われた経験がある者同士だからこそ。 加賀谷刑事は犯人が遊園地にいることも分かったし、犯人が1番言われたくないセリフも言い当てることができました。 だからこそ… 犯人の気持ちが分かってしまう加賀谷刑事も犯人側に回る可能性がある。 自分と同じ想いから似たような犯行に及ぶ可能性があるという意味を含めて、自分と同じ種類の人間だと言ったのではないかなと思います。 美奈代が麻美に整形して成り代わった理由 美奈代の人生には武井との交際・別れ、子供のこと、麻美のつくった多額の借金が付いて回るから、 自分の人生を捨てたいと思っていたためだと思います。 麻美 本物 は美奈代に成り代わって自らの命を絶つことによって、自分の人生をプレゼントしようとしました。 突然のことに驚きながらも、自分の人生に嫌気がさしていた美奈代はそのプレゼントを受け入れ、整形して 麻美 偽物 として生きていくことにしたのだと思います。 しかし美奈代名義で多額の借金をつくるほど切羽詰まっていたのであれば、 麻美名義の借金もかなりの額があると思うのですが…。 そこは闇金からの借金に返済義務はないとか言って警察に助けを求めて処理してもらったのでしょうか? もしくは 借金があろうとも新しい人生を歩めれば借金のことはどうでも良いと思い、麻美名義の借金は被ったのかな? もし借金がまだあるのだとすれば、彼女は整形して麻美に成りすましていること以外に 借金のことも富田に内緒にしているのかもしれませんね。 麻美 偽物 がそのことを結婚前に打ち明けるのか、整形の時のように窮地に立たされるまで隠すつもりなのかは分かりませんが…。 そう考えると結婚というハッピーエンドにもイヤミス感が漂ってきて、個人的には良いなと思います! 犯人が遊園地にいた理由 犯人は母親に虐げられていた 子供時代のまま大人になっているからだと思います。 子供に冷たい母親でも機嫌の良い時には子供を遊園地に連れていっていたとか、幼い頃には母親らしいことをしていたという場合もあると思うので。 その頃の思い出から、遊園地という子供が大好きな場所に大人になった今でも執着していたのではないでしょうか。 もしくはそういったところにも一切連れていってもらえなかったから、 子供の頃から憧れていた場所にアジトをつくったのかもしれませんね。 ただ子供時代の思い出から遊園地にいたのは間違いないと思います。 同じ境遇で育った加賀谷刑事が遊園地にいることを言い当てていますから、おそらく同じ境遇の子供時代を送っていた者にだけ分かる、共通するものがあったのでしょうね。 マンガ版『スマホを落としただけなのに』が無料 Amazon会員の方なら、 kindleでマンガ版『スマホを落としただけなのに』を無料で試し読みすることが出来ます。 映画では映像で魅せるサイコホラーだったけど、 マンガ版は心理描写から魅せるサイコホラーという感じで、結構面白そうでしたね。 映画版がお好きだった方にはぜひマンガ版もチェックしてみていただきたいです! 試し読みなら 無料の会員登録をするだけでOKなので、映画が面白かった・マンガ版にも興味があるという方はぜひチェックしてみてください!.

次の

『スマホを落としただけなのに』はサスペンス映画かコメディ映画か?【あらすじネタバレ感想評価】|ひろとんの脱力タイムズ

スマホを落としただけなのに 映画 感想

映画『スマホを落としただけなのに』評価は? 1更新 『スマホを落としただけなのに』あらすじ概要 原作は志駕晃のミステリー小説。 スマホを落とした富田の代わりに、恋人の麻美が受け取りました。 しかしその後、2人には誤請求やストーカー被害やSNS乗っ取りなどが重なり…。 他の映画はも参考にしてください。 本作『スマホを落としただけなのに』はミステリーだけど、ホラー演出も期待できそうです。 主演の 北川景子は、モデル出身なので整った美しい顔や容姿スタイルは女優の中でもトップレベルです。 女優としては演技面や棒読みぶりにツッコまれがちですが、本作では多いセリフや顔芸などにも挑戦し、成長が見られます。 北川景子の恋人役の 田中圭は、頼りない雰囲気が登場キャラにぴったりです。 キレる刑事役の千葉雄大は、ITにくわしい設定ですが具体的なシーンが少ないし、オタクっぽく演技きれてないです。 ITセキュリティの専門家役の 成田凌は、パソコンの使い方や服装や雰囲気で存在感を発揮しています。 終盤の展開を見ても、今後の活躍が楽しみな俳優です。 続編『』でも登場するようです。 スマホの恐ろしさを警鐘?もはや体の一部 スマートフォン(以下スマホ)は、携帯電話とインターネットを融合させたデバイスです。 今では電話というより秘書のような、カメラ付きの外部記憶装置兼コミュニケーション端末です。 脳の記憶も補完してくれ、体の一部になりつつあります。 だから、スマホを落としただけでスケジュールがわからなくなったり、友人知人との連絡手段を失います。 また、 個人情報・人生情報・知り合い情報の宝庫にもなってるため、誰かに拾われると致命的な情報流出におちいる危険性もあります。 映画『スマホを落としただけなのに』では、序盤は 危機意識の低い主人公カップルの言動に歯がゆさを感じますが、逆に視聴者側の危機意識を目覚めさせてくれます。 そして後半は、スマホを誰かに拾われた時の恐ろしさを見せてくれます。 本作は現代社会だからこそ生まれたテーマを取り扱っています。 また、終盤で明らかになる 真相には古いタイプの犯罪も含まれてるので、新旧の個人情報への警鐘をミックスさせた新時代ミステリーです。 真犯人の候補者一覧は? 映画『スマホを落としただけなのに』は 犯人探しのミステリー要素もあるので、あやしい人物が何人も登場します。 ここではまだ犯人名は伏せたままで、真犯人候補者たちを一覧にします。 スマホを拾った真犯人候補一覧• 加賀谷学(千葉雄大)ITにくわしい刑事• 小柳守(バカリズム)麻美のストーカー• 杉本加奈子(高橋メアリージュン)麻美の友人• 武井雄哉(要潤)麻美の大学の先輩• 浦野善治(成田凌)セキュリティ専門家• 天城千尋(筧美和子)富田の元教え子• みなよ?麻美の大学時代の友人 小柳のストーカーぶりは逆に犯人に思えないので、 序盤での真犯人の第一候補者は加賀谷刑事です。 そこに、大学時代の先輩プレイボーイや友人や、恋人の富田に近づく女性やセキュリティ専門家も現れ、みんなあやしい状態になってきます。 真犯人の正体は?動機や目的は? 映画『スマホを落としただけなのに』では、主人公カップルの麻美(北川景子)と富田(田中圭)に「スマホを拾った犯人」が迫ります。 同時並行的に、山中で女性の遺体が発見され、連続殺人事件の捜査も進みます。 黒髪ロングストレート女性の連続殺人犯と、麻美らに迫るのは同一人物で、その 真犯人の正体は、ITセキュリティ専門家と偽って麻美らに近づいた浦野(成田凌)です。 黒の長髪のかつらの狂人男です。 なぜかハワイアン・ミュージックが流れます。 浦野善治は幼少時、母親の育児放棄(ネグレクト)や児童虐待を受けていました。 その影響で人格形成に問題が生じ、精神的にも病んでしまい、 母のような黒髪ロングストレートの若い女性を捕らえ、復讐するように殺害を繰り返しています。 犯人の動機である「ネグレクトへの復讐」は使い古されたネタだし、犯人候補である加賀谷刑事の回想シーンや小柳(バカリズム)のストーカーぶりの見せ方もテレビドラマのようなので、真犯人は消去法的にしぼれてしまいます。 真犯人役の 成田凌は、麻美に睡眠薬をのませた後の豹変ぶりがすさまじくて熱演でレビューでも称賛されています。 整った顔で大人しそうなイケメンは数多くいるけど、狂人も演じられればブレイクの可能性は高まりそうです。 麻美の秘密とは?友人の自殺理由は? 映画『スマホを落としただけなのに』は、現代人に刺さるキャッチーなタイトルですが、スマホを落としたことにより発生する恐ろしさは軽くしか描かれません。 それよりも、麻美の過去に関する闇や真相こそが意外性となっています。 稲葉麻美の正体は、山本美奈代です。 美奈代は大学時代のルームメイト麻美の顔に整形して麻美として暮らしてきました。 本物の稲葉麻美は株のデイトレーダーで失敗し、友人の美奈代名義で借金を重ねたことを悔み自殺しました。 本物の麻美は美奈代へ「今後の人生は、借金に追われない麻美として暮らしてほしい」と遺書を残しました。 真犯人の浦野が麻美の正体を見破れた理由は、写真で見つけた美奈代の背中の3つのホクロが麻美にもあったからです。 その写真を撮影した武井(要潤)は、麻美と美奈代の大学時代の先輩でした。 美奈代は武井とつきあった後に失恋し、その子をおろしました。 つまり 武井が口説こうとした麻美は、実は以前に自分が捨てた美奈代だったのです。 こんなドンデン返しがあることは予想できなかったので驚きましたが、他人に成り代わって生きるという結末は見慣れた感があります。 美奈代が両親や家族との関係を切り捨ててまで、麻美として生きる覚悟が描かれてない点は残念です。 『スマホを落としただけなのに』私の評価と続編 スマホは現代社会ではなくてはならない、失うと生活や仕事にさえ支障を及ぼしかねないほどのインフラになっています。 本作は、そんなスマホを落としただけで犯罪に巻き込まれる可能性を、警鐘してくれるミステリ映画です。 ただ、スマホを落とした後の恐ろしさを感じさせてくれるシーンは少なくて、物足りなかったです。 主人公カップルの問題意識が低いのも気になったけど、 ITにうとい一般人の対応を客観的に見せることにより、視聴者の危機意識をあおる手法だと考えればよく出来ています。 スマホを拾った犯人と女性の連続殺人犯が判明した後、明かされた麻美の過去の秘密には驚いたけど、「スマホを落とした」ことによる問題にもっと焦点を当てて、テーマを深掘りしてほしかったです。 メリーゴーランド前で犯人がペラペラしゃべったり、富田が立ち上がらなかったり、ニセ麻美の長い回想シーン等は邦画実写やTVドラマにありがちな悪いクセです。 ラストで富田がプラネタリウムの麻美に求婚したのも蛇足感あるけど 「新しい戸籍でやり直そう」は好みです。 写真が「宝箱」というのは安易ですが。 サスペンス要素も濃い社会派ミステリとしては評価したい映画です。 原作の志駕晃のミステリ小説には続編があり、2020年には『』として公開されるので更なる恐怖が楽しみです! 他の映画はも参考にしてください。 『スマホを落としただけなのに』含む映画ランキングや映画賞•

次の