富士 フイルム 株価 pts。 富士フイルムホールディングス 株価 2ch 掲示板 4901 【株ドラゴン】

モーニングスター [ PTS価格 富士フイルムホールディングス株式会社 ]

富士 フイルム 株価 pts

クラリオン<7201>• 同社グループの抗インフルエンザ薬「アビガン」について、中国科学技術省が新型コロナへの有効性が確認されたと17日に発表した。 これを受け、富士フイルムの株価がPTS(私設市場)取引でストップ高水準の5238円(16日終値比15.4%高)まで買われている。 <ウイルスの遺伝子複製阻害> アビガンは富士フイルムの子会社の富山化学が開発し、14年に日本で承認された。 「RNAポリメラーゼ」と呼ばれる、ウイルスの遺伝子複製を阻害し体内で増殖するのを防ぐ作用を持つ。 新型コロナをめぐっては、日本政府もエボラ出血熱治療薬「レムデシビル」などとともに、アビガンの肺炎患者の治療に試験導入している。 中国では湖北省などで200人を対象に臨床試験が行われ、アビガンを投与した患者の肺炎症状が短期間で改善する効果がみられたという。 富士フイルムと16年にアビガンの有効成分「ファビピラビル」に関する特許ライセンス契約を結んだ中国の大手製薬会社・「浙江海正薬業」が、後発品を量産する見通しだ。 契約時の富士フイルムの発表によれば、同社は浙江海正薬業が中国でファビピラビルを販売する際にロイヤリティを受け取れる。 富士フイルムの株価は17日のADR(米国預託証券)でも急騰している。 日本でアビガンが新型コロナ患者に投与されることを受け、2月25日には上場来高値の5890円を付けていた。 アビガンは日本政府が200万人分の備蓄を持つ。 新型コロナは米国や欧州でも感染が爆発的に拡大しており、富士フイルムの存在感が世界的に高まる可能性もある。 <PCR検査関連株に思惑も> アビガン投与へ向けたPCR検査の活発化を想定すると、関連銘柄としてはタカラバイオ、キョーリン製薬ホールディングス、東洋紡、クラボウ、日水製薬、医学生物学研究所、プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)などが浮上する。 提供:モーニングスター社.

次の

富士フイルムの配当金と株価推移まとめ【配当利回りと今後の予想見通し】

富士 フイルム 株価 pts

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 <ウイルスの遺伝子複製阻害> アビガンは富士フイルムの子会社の富山化学が開発し、14年に日本で承認された。 富士フイルムホールディングスのみんかぶ目標株価は「5,185円」で【買い】と評価されています。 15 9. 76 4. 写真フィルムで培った技術を核に事業を多角化 写真フィルム事業で培った化学、光学、エレクトロニクスなどさまざまな技術を生かしてヘルスケア、高機能材料などに多角化展開。 アビガンは富士フイルムの子会社の富山化学が開発し、2014年に日本で承認された。 当社およびジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 モーニングスター [ PTS価格 富士フイルムホールディングス株式会社 ] 83 ROE % 6. そしてその後気に入っていただき、継続的に利用いただく方が増えています」というのは、経営企画部 コーポレートコミュニケーション室の野垣内(のがいと)真紀氏。 「RNAポリメラーゼ」と呼ばれる、ウイルスの遺伝子複製を阻害し、体内で増殖するのを防ぐ作用を持つ。 著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 63 当該企業 業種平均 市場平均 売上高 増減率 % -4. 富士フイルムの株価は17日のADR(米国預託証券)でも急騰している。 65 46. 24 1. 94 42. 株価は前日に全体相場が波乱展開となるなかマドを開けて買われ5300円近辺を横に走る75日移動平均線をクリア、きょうも目先筋の利食いを吸収して戻り足鮮明。 77 665. 同社グループの抗インフルエンザ薬「アビガン」について、中国科学技術省が新型コロナへの有効性が確認されたと17日に発表した。 8 EPS 円 242. 今後インターネットをこれまで以上に活用し、企業情報をより積極的に発信していき、当社への関心を高めて欲しいと考えています」と野垣内氏。 ・為替情報はSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。 78 44. また、「日経平均株価」は20分以上遅れた値を表示しています。 契約時の富士フイルムの発表によれば、同社は浙江海正薬業が中国でファビピラビルを販売する際にロイヤリティを受け取れる。 個人株主向け説明会を年10回以上 富士フイルムホールディングスは、企業情報の収集にインターネットを活用している50代以下の個人株主とのコミュニケーション強化が課題と考えている。 中国では湖北省などで200人を対象に臨床試験が行われ、アビガンを投与した患者の肺炎症状が短期間で改善する効果がみられたという。 ある男性株主は、株主優待の化粧品を奥さんや娘さんへプレゼントし、喜ばれている。 株主増加の要因の一つとして、株主優待もあげられるが、主な要因は同社の事業そのものの将来性だ。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 26 0. 81㌦ -0. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 みんかぶリサーチによる株価診断では【妥当】 理論株価 4,723円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 5,942円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 3,988円 と判断されています。 富士フイルムと16年にアビガンの有効成分「ファビピラビル」に関する特許ライセンス契約を結んだ中国の大手製薬会社・「浙江海正薬業」が、後発品を量産する見通しだ。 イメージングソリューションは、カラーフィルム、デジタルカメラ、写真プリント用カラーペーパーなど。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 94 3. ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 そして、2019年3月からは、長期保有の株主をさらに優遇する内容に改定する。

次の

富士フイルムホールディングス (4901) : 株価診断・理論株価 [FUJIFILM Holdings]

富士 フイルム 株価 pts

28日午後2時15分時点の日経平均株価は、前日比16円78銭安の2万2699円07銭。 後場は、上げ幅を縮小して始まった。 昼休みの時間帯に「東京都で28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに270人程度確認(前日は131人)された」と報じられ、重しとして意識され、一時はこの日の安値となる2万2681円77銭(前日比34円08銭安)まで軟化した。 その後、小幅高に戻す場面もあったが、買いは続かず、小安い水準で推移している。 午後2時15分時点で、東証1部の騰落銘柄数は値上がり586、値下がり1488。 東証業種別株価指数では全33業種中、値下がりは24業種。 値下がり率上位3業種は、空運、電気ガス、不動産。 値上がり率上位3業種は、医薬品、非鉄金属、海運。 午後2時10分ごろの出来高上位銘柄 ・みずほ ・三菱UFJ ・三菱自 ・日産自 ・ソフバンG 午後2時10分ごろの売買代金上位銘柄 ・ソフバンG ・第一三共 ・任天堂 ・富士フイルム ・ソニー 提供:モーニングスター社• PTSマーケット情報はジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、ジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものでは ありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の