ウマニティ。 競馬予想のウマニティ!今週はエプソムカップG3

ウマニティの口コミ・評判と裏側は?実際に登録して検証

ウマニティ

3歳牝馬限定の唯一のダートグレードとなる。 は、2012年に川崎のアスカリーブルが中央の強豪を抑えて優勝するなど、地方勢の活躍が目立ちます。 2016年は船橋のミスミランダー 7番人気 が2着に食い込んで波乱。 2018年も川崎のゴールドパテック 5番人気 、大井のクレイジーアクセル 3番人気 が2着、3着に食い込み、また、1着馬が中央勢ではもっとも人気のないハービンマオ 6番人気 だったこともあり、3連単10万越えの高配当決着となりました。 地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着1回、2着4回、3着7回。 中央馬が1~3着を独占した年は、2013年しかありません。 中央馬の活躍ばかりが目につくダートグレードで、地方馬のこの成績は驚くほど優秀です。 これは地方競馬が牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を目的として、2010年よりグランダムジャパン 対象レースの競走成績に応じてポイントを付与し、上位3頭の地方馬はボーナスがもらえる を開催するなど、牝馬の番組が充実していることが一番の理由でしょう。 現在のグランダムジャパンの3歳シーズン対象レースは、最終戦のを除くと、桜花賞 浦和 、若草賞 名古屋 、ル・プランタン賞 佐賀 、東海クイーンカップ 名古屋 、留守杯日高賞 水沢 、東京プリンセス賞 大井 、のじぎく賞 園田 の計7レース。 地区にもよりますが、成長合戦の3歳戦らしく、後半戦になるにつれてレベルが高くなります。 実際に過去10年で連対した地方馬5頭中3頭は、東京プリンセス賞で2着以内の馬か、のじぎく賞の勝ち馬です。 特に東京プリンセス賞組は有力で、2012年のこのレースの優勝馬アスカリーブルは同レースを圧勝した馬。 2018年のこのレースの2着馬ゴールドパテックも東京プリンセス賞の3着馬です。 他、このレース3着のマニエリスム 2011年 、シラヤマヒメ 2012年 、ステップオブダンス 2016年 、トーセンガーネット 2019年 も東京プリンセス賞で3着以内だった馬です。 東京プリンセス賞組は4着以下からも巻き返して来る場合もありますが、それらは3着までが精一杯。 あくまでも連対馬を狙うのであれば、東京プリンセス賞3着以内までと絞ったほうがいいでしょう。 この2頭はともにグランダムジャパンの3歳シーズンの対象レースには出走していなかった馬。 デビューから短い距離を主体に使われ、ダ1700m戦までの距離経験しかなかったことが共通項です。 つまり、地方馬の連対を狙うのであれば、東京プリンセス賞やのじぎく賞で凡退した馬を狙うよりも、隠れステイヤータイプを狙うほうが好ましいということ。 現時点では、このパターンがの最強穴パターンとなっています。 他では、2016年のタイニーダンサーが近2走のオープン6着以下から巻き返していますが、同馬は前年のと北海道2歳優駿を連勝した実績馬。 スランプ状態から復活する形での優勝でした。 また、2019年のハービンマオは、前走500万下では9着に敗れていますが、初ダートの前々走の未勝利戦では勝利していました。 つまり、ダートグレードを優勝したことのない、前走オープン特別6着以下の馬や、1勝クラスを何戦かして前走1勝クラスをやっと勝ったような馬は、狙いづらいことになります。 実際に2017年に前走の青竜Sの7着馬サクレエクスプレスがこのレースでは2番人気に支持されましたが結果は6着でした。 また、2016年には500万下を2戦して前走500万下を0. 2秒差で勝利したブライトリビングが3番人気に支持されましたが、結果は5着でした。 このように前走オープン特別で6着以下の馬や1勝クラスを辛勝した馬は、人気に応えられていません。 むしろ消してこそ馬券妙味でしょう。 また、初ダートの馬も確かに2010年のシンメイフジのように勝つこともありますが、2015年ののように断然の人気でコケることが多いので、このあたりも嫌って妙味。 2014年にこのレースで7馬身差の圧勝Vを決めたエスメラルディーナでさえも、初ダートのでは、断然人気に応えられずに3着に凡退ています。 では、逆に中央勢ではどのタイプを狙えばいいのかというと、一番は、前走ので3着以内の馬です。 このタイプは滅多に出走してこないですが、2014年のエスメラルディーナ、2015年のポムフィリア、2017年のクイーンマンボ、遡れば2006年のグレイスティアラも連対。 第1回まで遡っても、で3着以内の馬は、このレースで連対率100%を誇ります。 次点は、牝馬ながら前走中央のダ1700m以上のオープン特別で5着以内の実績がある馬。 このレースでの成績は、過去10年で【2・1・0・0】。 1着の該当馬は2013年アムールブリエ、2019年の、2着の該当馬は。 遡れば、2009年のラヴェリータも1着です。 しかし、有力なのは前走中央のダ1700m以上ばかりではなく、前走のダ1600m以下のオープン特別で5着以内の実績がある馬も有力。 その成績は【2・1・0・1】です。 1着の該当馬は2010年のカラフルデイズ、2015年のホワイトフーガ、2着の該当馬は2012年サトノジョリーです。 2016年のディーズプラネットこそ4着に敗れているものの、前走のオープンで5着以内の馬は信頼できるでしょう。 ・前走の中央オープン特別で5着以内の馬。 ・のじぎく賞の勝ち馬。 ・距離1800m以上が未経験の地方馬。 山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想は からご覧いただけます!! 1着 14 6. 3倍(4人気) 2. 7 2着 13 2. 1倍(1人気) 2. 1 3着 6 3. 7倍(2人気) 2. 1倍 6 JRA 2. 9倍 1 JRA 2. 1倍 2 JRA 2. 9倍 2 JRA 2. 8倍 1 JRA 2. 0倍 2 JRA 2. 4倍 3 船橋 2. 1965年に南関東地区所属馬による競走として創設。 南関東牝馬三冠路線の締めくくりで、芝の()に相当するダートにおける3歳牝馬の根幹競走でもある。 本競走で優勝した地方競馬所属馬にはの、上位2着までに入った地方競馬所属馬にはの優先出走権が与えられる。 過去の優勝馬には、タイニーダンサー、ホワイトフーガ、ラヴェリータなどが名を連ねる。 執筆者:ウマニティ競馬研究所 略してウマケン 口コミ情報 ~関東オークス2020~.

次の

競馬予想サイト「ウマニティ」は大手メディアと提携していて安心して利用できます!

ウマニティ

3歳牝馬限定の唯一のダートグレードとなる。 は、2012年に川崎のアスカリーブルが中央の強豪を抑えて優勝するなど、地方勢の活躍が目立ちます。 2016年は船橋のミスミランダー 7番人気 が2着に食い込んで波乱。 2018年も川崎のゴールドパテック 5番人気 、大井のクレイジーアクセル 3番人気 が2着、3着に食い込み、また、1着馬が中央勢ではもっとも人気のないハービンマオ 6番人気 だったこともあり、3連単10万越えの高配当決着となりました。 地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着1回、2着4回、3着7回。 中央馬が1~3着を独占した年は、2013年しかありません。 中央馬の活躍ばかりが目につくダートグレードで、地方馬のこの成績は驚くほど優秀です。 これは地方競馬が牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を目的として、2010年よりグランダムジャパン 対象レースの競走成績に応じてポイントを付与し、上位3頭の地方馬はボーナスがもらえる を開催するなど、牝馬の番組が充実していることが一番の理由でしょう。 現在のグランダムジャパンの3歳シーズン対象レースは、最終戦のを除くと、桜花賞 浦和 、若草賞 名古屋 、ル・プランタン賞 佐賀 、東海クイーンカップ 名古屋 、留守杯日高賞 水沢 、東京プリンセス賞 大井 、のじぎく賞 園田 の計7レース。 地区にもよりますが、成長合戦の3歳戦らしく、後半戦になるにつれてレベルが高くなります。 実際に過去10年で連対した地方馬5頭中3頭は、東京プリンセス賞で2着以内の馬か、のじぎく賞の勝ち馬です。 特に東京プリンセス賞組は有力で、2012年のこのレースの優勝馬アスカリーブルは同レースを圧勝した馬。 2018年のこのレースの2着馬ゴールドパテックも東京プリンセス賞の3着馬です。 他、このレース3着のマニエリスム 2011年 、シラヤマヒメ 2012年 、ステップオブダンス 2016年 、トーセンガーネット 2019年 も東京プリンセス賞で3着以内だった馬です。 東京プリンセス賞組は4着以下からも巻き返して来る場合もありますが、それらは3着までが精一杯。 あくまでも連対馬を狙うのであれば、東京プリンセス賞3着以内までと絞ったほうがいいでしょう。 この2頭はともにグランダムジャパンの3歳シーズンの対象レースには出走していなかった馬。 デビューから短い距離を主体に使われ、ダ1700m戦までの距離経験しかなかったことが共通項です。 つまり、地方馬の連対を狙うのであれば、東京プリンセス賞やのじぎく賞で凡退した馬を狙うよりも、隠れステイヤータイプを狙うほうが好ましいということ。 現時点では、このパターンがの最強穴パターンとなっています。 他では、2016年のタイニーダンサーが近2走のオープン6着以下から巻き返していますが、同馬は前年のと北海道2歳優駿を連勝した実績馬。 スランプ状態から復活する形での優勝でした。 また、2019年のハービンマオは、前走500万下では9着に敗れていますが、初ダートの前々走の未勝利戦では勝利していました。 つまり、ダートグレードを優勝したことのない、前走オープン特別6着以下の馬や、1勝クラスを何戦かして前走1勝クラスをやっと勝ったような馬は、狙いづらいことになります。 実際に2017年に前走の青竜Sの7着馬サクレエクスプレスがこのレースでは2番人気に支持されましたが結果は6着でした。 また、2016年には500万下を2戦して前走500万下を0. 2秒差で勝利したブライトリビングが3番人気に支持されましたが、結果は5着でした。 このように前走オープン特別で6着以下の馬や1勝クラスを辛勝した馬は、人気に応えられていません。 むしろ消してこそ馬券妙味でしょう。 また、初ダートの馬も確かに2010年のシンメイフジのように勝つこともありますが、2015年ののように断然の人気でコケることが多いので、このあたりも嫌って妙味。 2014年にこのレースで7馬身差の圧勝Vを決めたエスメラルディーナでさえも、初ダートのでは、断然人気に応えられずに3着に凡退ています。 では、逆に中央勢ではどのタイプを狙えばいいのかというと、一番は、前走ので3着以内の馬です。 このタイプは滅多に出走してこないですが、2014年のエスメラルディーナ、2015年のポムフィリア、2017年のクイーンマンボ、遡れば2006年のグレイスティアラも連対。 第1回まで遡っても、で3着以内の馬は、このレースで連対率100%を誇ります。 次点は、牝馬ながら前走中央のダ1700m以上のオープン特別で5着以内の実績がある馬。 このレースでの成績は、過去10年で【2・1・0・0】。 1着の該当馬は2013年アムールブリエ、2019年の、2着の該当馬は。 遡れば、2009年のラヴェリータも1着です。 しかし、有力なのは前走中央のダ1700m以上ばかりではなく、前走のダ1600m以下のオープン特別で5着以内の実績がある馬も有力。 その成績は【2・1・0・1】です。 1着の該当馬は2010年のカラフルデイズ、2015年のホワイトフーガ、2着の該当馬は2012年サトノジョリーです。 2016年のディーズプラネットこそ4着に敗れているものの、前走のオープンで5着以内の馬は信頼できるでしょう。 ・前走の中央オープン特別で5着以内の馬。 ・のじぎく賞の勝ち馬。 ・距離1800m以上が未経験の地方馬。 山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想は からご覧いただけます!! 1着 14 6. 3倍(4人気) 2. 7 2着 13 2. 1倍(1人気) 2. 1 3着 6 3. 7倍(2人気) 2. 1倍 6 JRA 2. 9倍 1 JRA 2. 1倍 2 JRA 2. 9倍 2 JRA 2. 8倍 1 JRA 2. 0倍 2 JRA 2. 4倍 3 船橋 2. 1965年に南関東地区所属馬による競走として創設。 南関東牝馬三冠路線の締めくくりで、芝の()に相当するダートにおける3歳牝馬の根幹競走でもある。 本競走で優勝した地方競馬所属馬にはの、上位2着までに入った地方競馬所属馬にはの優先出走権が与えられる。 過去の優勝馬には、タイニーダンサー、ホワイトフーガ、ラヴェリータなどが名を連ねる。 執筆者:ウマニティ競馬研究所 略してウマケン 口コミ情報 ~関東オークス2020~.

次の

ウマニティは当たる競馬予想サイトか?口コミから検証!

ウマニティ

競馬予想サイトウマニティの会員数が凄い! 今回は競馬予想サイトウマニティについて検証していきます。 ウマニティでは有料情報を提供しているのですが、レースなどの情報を無料で提供しています。 なので、競馬予想サイトウマニティを自分の予想の材料の為に、データベースサイトとして使っている方も少なくないかと思います。 競馬予想サイトは2008年7月にリリースされ、11年もの長い間運営されています。 その長い間に閉鎖することなく、現在のユーザー数約240,000人と多くのユーザーを集める大規模な競馬予想サイトと言えるでしょう。 競馬予想サイトウマニティが他の違う競馬予想サイトと違う部分としては、無料で利用できるコンテンツが豊富ということと、サンケイスポーツ、競馬エイト、週間Gallopといった有名な大手メディアからサポートを受けています。 また、ニッポン放送とも提携しているので、競馬予想サイトとしては信頼性が高く、安心して利用できるのではないでしょうか。 サイト内に簡単な説明があったので下記に引用します。 根拠となる部分を紹介します。 ウマニティは、産経新聞社が発行する『サンケイスポーツ』、『競馬エイト』、『週刊Gallop』の3媒体から公式にサポートされ、ニッポン放送との提携により『日曜競馬ニッポン』などの番組からバックアップを受けている競馬予想サイトです。 2008年のサイトオープンより、従来の競馬サイトにはない新たなサービスを次々と提供することで、多くの競馬ファンにご利用頂き、現在では登録会員数が24万人を超える日本最大の競馬予想コミュニティへと成長しました。 基本的には、大手のメディアは競馬予想サイトと関係を持つとリスクになることが多い為、関連性を持つことはありません。 そのような点からも競馬予想サイトウマニティが大手メディアと関連性を持っているので、かなり信頼性のある競馬予想サイトと判断できると思います。 豊富な無料コンテンツがあります 競馬予想サイトウマニティでは残念ながら無料会員登録特典はないようです。 しかし、無料会員登録を行うことで豊富な様々なコンテンツを利用することができます。 以下に無料コンテンツを紹介していきます。 重賞レースの予想を提供 競馬予想サイトウマニティでは重賞レースの予想を公開しています。 競馬予想コラム「四天王の決断!」では、ウマニティが誇る精鋭競馬プロ予想家軍団「競馬プロ予想MAX」トッププロ4名が渾身の競馬予想を公開! 提供している無料予想では競馬予想サイトウマニティに在籍している4人ものプロが予想をしているとなれば、信頼できるものかもしれない。 無料コンテンツで楽しむ事もできる! 競馬予想サイトウマニティでは無料予想とは別に【体験系サービス】【情報系サービス】の提供があります。 JRA登録の本物の競走馬を仮想購入し、所持馬の獲得賞金合計でランキングを競うゲーム。 POG史上初の入札システム導入で競走馬のセリがヒートアップ! 実際に馬券を買って予想をするだけではなく、仮想のお金で賞金金額を競い合うゲームなどがあり、他の競馬予想サイトと違いサイト内でも楽しむことができるはとても魅力的に感じます。 開催全レースの出馬表、オッズや馬体重の増減などのリアルタイム情報、過去約30年間の競馬データベース、そして貴方の競馬予想を強力にサポートするウマニティ独自の競走馬能力値「U指数」を提供。 ウマニティ公認プロ競馬予想家や競馬ライター、競馬評論家などの競馬予想に役立つコラムを提供。 全開催場全レースの出馬表やオッズなどのレース情報、だれでも競馬予想を登録・公開できる予想コロシアムの地方競馬版、競馬プロ予想家や特定の競馬場で成績の良い達人の競馬予想の販売所などのサービスを提供。 競馬予想サイトウマニティの【情報系サービス】に関して口コミでは「無料で競馬情報が見られる」という内容が多くありました。 しかも、レース情報はJRAの公式データを基に配信しています。 また、競馬ニュース&コラムはサンケイスポーツのニュースを配信しており、地方競馬もNARの公式データを使っているので情報の信憑性がかなり高いと言えます。 悪徳競馬予想サイトのような、情報の出どころが分からない情報と比べたら信用できる情報となってきますが、あくまでも大手のメディアからの引用の情報となるので裏情報を求める方などには物足りないかもしれません。 U指数というものは競馬予想サイトウマニティが独自で過去30年間の競馬データベースから算出したデータを数値化したものなので、完全にオリジナルの内容となっています。 月額制の会員もある! 競馬予想サイトウマニティには「ウマニティVIPクラブ」といった有料の会員制度があります。 競馬予想サイトウマニティの登録は無料で、無料で利用できるコンテンツも多く存在していますが、王冠のマークが付いているコンテンツに関しては「ウマニティVIPクラブ」に加入することによって利用できるようになります。 ちなみに「ウマニティVIPクラブ」の料金は税別月額934円となっています。 インターネットプロバイダー決済で支払いを行った場合は、月の途中から申し込んでも日割り計算が行われず、1ヶ月分の料金がかかってしまうので注意してください。 「ウマニティVIPクラブ」に入会した際の特典は以下となっています。 ・全ての予想を通常価格の半額で購入できる ・「U指数」が全レースで閲覧できる ・競馬エイト&Gallopの調教・取材記事 ・G1有力馬評コラムを先行公開 ・全レース・式別リアルタイムオッズ ・20以上の特典が開催日あたり約120円! 月額1000円程度の金額なので、この金額で上記の情報を得る事ができるのなら安いのではないでしょうか? また、1レースごとに予想を買う事も可能なようです。 ・プロ予想家 参加費用:1レースごとに最大10,000円 ・個人予想 参加費用:1レースごとに最大10,000円 競馬予想サイトウマニティの評価 競馬予想サイトウマニティの検証を行いましたがいかがでしたでしょうか? 一番の良いところは、やはり競馬予想サイトウマニティがサンケイスポーツなどの大手メディアと提携していることでしょう。 他の競馬予想サイトが大手メディアと手を組むという事は考えられないので、他のサイトと比べかなり信頼度が高いと思われます。 また、11年もの長い間運営を続け、現在24万人ものユーザーを抱え込めるというのは、それなりにサイトとしての質も高い事が伺えます。 競馬予想サイトウマニティには有料コンテンツもいくつかありますが、口コミなどを見ていても無料で利用できるデータベースで十分という方が多くみられました。 以上の事からも競馬予想サイトウマニティは総合的に信頼できる競馬予想サイトといえると思います。

次の