車検 延長 保証。 Honda|Hondaの延長保証マモル

日産:延長保証|グッドプラスⅠ(初回車検時)

車検 延長 保証

令和2年 5月26日 追記 車検が7月1日まで延長猶予されるという情報を上に追記しております。 車検期間は申請によって数日から最大1か月伸長することもできるので追記しておきます。 例えば6月1日に車検を受けるとします。 その場合7月1日まで車検期間を伸長することができます。 車検時に提出するOCRシートに赤い文字で『7月1まで伸長』と書けば、この場合ですと車検期間が令和4年7月1日ということになります 2年車検の場合 車検伸長フローチャート 下の画像は6月のものですが、OCRシートに赤文字で「7月1日伸長」と記入すると車検期間は7月1日満了日となります。 ユーザー車検ならばOCRにご自身で記入してください。 また、業者に頼む場合は「7月1日まで伸長してほしい」ことを伝えればOKです。 伸長にかかる追加費用はありません。 ただし自賠責保険は7月2日までの加入になります。 陸運支局での告知 陸運局と自賠責保険の取り扱い保険会社に直接聞いてきた情報を追記しています。 必ず合わせてお読みください。 車検期間延長を詳しく解説 車検延長措置の対象車両の車検証 今回の 車検期間延長の対象車両は 令和2年 2月28日 から 3月31日 に車検の満期を迎える車両が対象となります。 車検証で確認してください。 車検期間の最大延長は4月30日までなので、最大延長期間の対象車両は2か月となります。 どういうことか詳しく解説します。 令和2年3月1日に車検が切れる車両があります。 3月2日からは車検が切れている状態なので、そのまま乗ると『無車検車』ということで違反になります。 通常であれば、この日までに車検を受けることになるので令和4年3月1日が満期となります。 今回の措置によって、3月1日に車検が切れるこの対象車両は令和2年4月30日に受けたとすれば約2か月間車検期間が延長されます。 もちろん4月30日になるまでに車検を受ければいいので4月30日に受けなければならないというわけではありません。 あくまでも、車検対象車両を分散させることが目的です。 できるだけ早めに車検は受けてください。 4月30日を過ぎてしまうと無車検無保険ということになり重い罰則が科せられます。 延長措置で車検のことをすっかり忘れてしまうことがないようにしてください。 車検満期期間が延長されたからといって、車検そのものがズレこむことは無いと思います。 あくまでも満期期間の延長で、受験を4月30日までとしただけなので、車検期間が変わることは無いはずです。 つまり・・・ 令和2年3月1日で満期になる車両が4月30日に受験したとします。 通常であれば、約2か月間の車検切れを経ての受験になるのでこの車両の場合は、令和4年4月29日の満期となります。 今回の場合は、受検期間の延長なので3月1日に車検が切れる車両を4月30日に受検したとしても満期は令和4年3月1日となります。 車検期間がズレることはありません。 きちんと整備された車両であれば2か月くらいの検査の遅れで事故がおこったり故障したりすることはまずありません。 ですが、本来の検査 点検 時期を過ぎているわけですから安全のために早めに車検を受けるようにしましょう。 お付き合いのある整備工場の担当者と相談して検査を受けるようにしてください。 自賠責保険はどうなる 4月30日までは保険期限が足りません これがいちばんの問題ですね。 なんといっても万が一の時の賠償ができないようなことがあってはいけません。 自動車の自賠責保険では多くの車両は車検の満期に合わせた自賠責保険期間となっています。 令和2年3月1日に車検が満了する場合は3月2日の保険期間になります。 このことから、今回の特例措置の間は無保険車ということになります。 これでは、多くの車両が無保険となるので 自賠責保険も特例措置となっています。 保険期間の延長ではありませんので注意してください。 今回の措置で、車検が切れた状態での使用は認められているので、その間に万が一の 事故が起こった場合でも自賠責保険は適用されます。 無保険にはなりませんので安心してください。 無保険にはならないけど免除じゃないからね ただし、車検切れで使用している間の保険料が免除になるということではありません。 車検を受ける時には3月1日分からの保険料を支払うことになります。 4月30日に車検を受ける場合の保険始期は3月1日ということです。 保険に関しては、国土交通省 運輸局ではなくても保険屋さんであったり整備工場でも扱っているので運輸局の混雑緩和とは関係ありません。 どうせ支払わなければならない自賠責保険になるので継続しておきましょう。 継続する場合は車検を受ける予定日をある程度決めた方がいいです。 3月1日に車検が切れる車であれば26か月の加入がお得です。 令和4年5月1日までの保険期間ですね。 例 3月15日に車検が切れる車で4月15日までに検査を受ける場合であれば25か月でいいですね。 令和4年4月16日までの満期で25か月です。 猶予期間が過ぎてしまう前に受検を 4月30日までは猶予期間なので車検切れおよび保険切れに関する罰則はありません。 ですが、5月1日になると罰則が科せられてしまうので忘れずに車検を受検するようにしてください。 自賠責保険未加入で車を運行した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。 同時に違反点数 6点 となるので即免許停止となります。 これに加えて車検切れの違反点数6点および罰金が科せられます。 また、自賠責保険に加入していても『保険証明書』を車に乗せずに走行した場合これだけで30万円以下の罰金となります。 前もって加入していた場合は車検証と一緒に車に保管しておいてください。 車検時の二重契約を防ぐことにもなります。 検査の受検期間の延長措置だから 免除じゃないからね。 今回の措置は、全国の運輸局の混雑の緩和を図るのが目的の道路運送車両法による特例措置です。 これまでも地震や台風などの災害で地域限定で実施したことはあります。 あくまでも被災地に限定した措置でした。 今回のように全国的にこういった措置がされるのは車検制度が始まって初めてのことです。 車検が免除になるわけではないので、できるだけ期限内に検査を受けるようにしましょう。 猶予期間だということを忘れて乗ってると大変なことになります。 少なくとも自賠責保険の継続だけはやっておきましょう。 今回の措置で得するということはありません。 普通に車検を受けるのと同じ金額が後回しにされるというだけのことです。 確かに年度末の車検場は大変混雑します。 車検整備を依頼される業者の方ときちんと相談して、できれば期限内に受けるようにしましょう。 非常に関係各所が混乱しています。 読んでいただきありがとうございます。 車検期間を過ぎて、今回の延長措置を利用した場合の保険料は改正前の金額になるはずです。 理由は「保険期間が失効してる期間を作らない」ということになります。 自動車を運用している間は自賠責保険がかかっていると【みなし】ていると言えます。 3月1日に車検期間が切れた車両を4月30日に受けた場合、自賠責保険は令和2年3月2日から令和4年の5月2日までの保険期間で加入することになります。 ご質問の『値下げ前』の料金になりますね。 保険会社に問い合わせたところによると『災害申請』の承認書類を加入者に書いてもらって「災害によって加入が遅れた」ことを証明する必要があるそうです。 書類を保険会社に送って認められるまで時間がかかるなど、少し面倒なので自賠責保険だけは先に加入しておいた方がいいと思います。

次の

日産:延長保証|グッドプラスⅡ

車検 延長 保証

必要はないでしょうね。 ただ、保証書がありますか? ホンダ車だと、オートテラスという新車ディーラー:ホンダ・カーズの中古車専門店があります。 1年保証ほっと保証は、無料、加えて続く2年の延長保証ほっと保証プラスで有料ですが、走行距離無制限、初回登録時から10年11ヶ月まで、全国のホンダ・ディーラー・サイトで、少額の保証金でサポートしてくれます。 ホンダのこのアフター・サービスは、輸入車の優良認定中古車販売をまねたようです。 ホンダ中古車を買うなら、オートテラスが、ベストです。 でも、車検は、サポートの必須条件では、ありません。 ただ、節目節目に、1000km無料点検とか、半年点検・車検など案内が郵送されてきます。 顧客管理がしっかりしているので、ホンダ車なら、車検は、通すだけの車検をしておいて、肝心要のときは、保証期間での保証という、ちょっと気の引ける方法もあります。 中古車といえども、保証が付くなる保証書なり、一筆貰っておくべきでしょうね。 参考URL: 元ディーラーでメカニックしてました。 保証内容はあくまで、記載されている事項のみです。 担当者が転勤したとの事ですが、中古車の場合はメンテやお知らせに関してはサービスにまかせっきりなので、連携が上手く取れてないのでしょう。 あと代車に関してですが、日本全国全てのディーラーがそうだと思いますが、対人・対物の2つの保険は掛けてますが車両保険に関しては掛けません、理由は各営業所に配車される代車でも保険は本社が一括して掛けます、台数にしたらかなりになりますねこれを年齢制限なしで掛けたらとんでもない掛け金になるのが理由です。 ですから万が一代車を傷つけたりぶつけた場合は自腹で修理代を出すことだけはお忘れなく、ディーラーによっては確約書を書いて貰ってる所もあるみたいです。 基本代車は申告と用意しません。 系列ディーラーであればOKとか。 多分中古車の補償なので、車検が条件になっていることは無いと思いますが。 どの部品が補償されるかは、保証書に記載されているはずです。 代車に関しては、言わない限り用意しないところも多いんじゃないでしょうか? 最短1日 1時間程度 、2日もあれば終わるので、自分の場合逆に空けることが出来る都合の良い日を聞かれますから。 まぁ通勤に使ってないので、1週間預けちゃいますけどね。 A ベストアンサー これは私の経験です。 どういうわけか一時期私の探していた車が他県のトヨタ系ディーラーにあったため、まずその車を置いているお店に問い合わせました。 回答は「基本的に県外(遠方)納車はしない。 」とのつれない回答。 それでもなんとかならないか粘っておおよその見積額を聞くと、個人で頼む場合の2倍近い陸送費を出され、ばかばかしくなってやめました。 次に、自宅近くの同社ディーラーに電話や直接出向きお願いをしましたが、どこもできないとの返事…某店などは、せっかく出向いたのにもかかわらず、店頭でそのような話を持ち出したとたん門前払い同然の扱いを受け非常に不快な思いをしました。 前述の回答にもありますが、同じトヨタの看板を上げていても、他県では販売会社も異なりつながりがありません。 同県内でも数社の販売会社があり、これも同様につながりはないのです。 それどころか競争相手だったりしますから…。 ですから、このような話にはあまり乗ってこないと思います。 GazooのサイトではUVISという全国のトヨタディーラーから在庫車を検索できるシステムがあるのですが、あくまで検索できるだけで遠方のディーラーから車を購入できるわけではないという何の意味があるのかわからないものになっています。 それより、なぜトヨタ系列でないといけないのでしょう? たとえば、日産ではGet-Uというシステムがあり、別途陸送費がかかりますが、全国の同社ディーラーの在庫車からお近くのディーラーで納車可能なシステムがあります。 こちらの方が便利だと思います。 他にも、某買取チェーンでも同様のシステムがあります。 まずはお店に問い合わせてみて、反応が悪いようなら(お探しの車が希少車でなければ)希望条件を言って探してもらった方がよいでしょうね。 これは私の経験です。 どういうわけか一時期私の探していた車が他県のトヨタ系ディーラーにあったため、まずその車を置いているお店に問い合わせました。 回答は「基本的に県外(遠方)納車はしない。 」とのつれない回答。 それでもなんとかならないか粘っておおよその見積額を聞くと、個人で頼む場合の2倍近い陸送費を出され、ばかばかしくなってやめました。 次に、自宅近くの同社ディーラーに電話や直接出向きお願いをしましたが、どこもできないとの返事…某店などは、せっかく出向いたのにもかかわらず... Q みなさんこんにちは。 よろしくお願いします。 早速ですが、単刀直入に。 車検間近なんですが、ホンダの延長保障サービス【まもるくん】は加入した方がいいですかね? どなたか、『ウチはXX年目で故障したんだけど、入っていて助かった!』とか、『XX年目だけど、一度も使ったこと無いよ!』とかの意見を聞きたくて質問してます。 当方、ステップワゴンに5年乗っています。 今度、2回目の車検に出す直前で、ほかの車検業者と費用、内容を比べて、ほとんど遜色ないので、ディーラーで出すことにしました。 で、その際にディーラーから【まもるくん】という保障延長サービスの加入を強く勧められて迷っています。 まもるくんの2.3万は入っといた方が得ですよ』とのこと。 予算削減のおり(世間一般的にはもう違うか)、できれば回収する可能性の低い費用は節約したいと思っています。 回答期限が短くて恐縮ですが、みなさん何か知っていたら教えてください。 よろしくお願いします。 みなさんこんにちは。 よろしくお願いします。 早速ですが、単刀直入に。 車検間近なんですが、ホンダの延長保障サービス【まもるくん】は加入した方がいいですかね? どなたか、『ウチはXX年目で故障したんだけど、入っていて助かった!』とか、『XX年目だけど、一度も使ったこと無いよ!』とかの意見を聞きたくて質問してます。 当方、ステップワゴンに5年乗っています。 今度、2回目の車検に出す直前で、ほかの車検業者と費用、内容を比べて、ほとんど遜色ないので、ディーラーで出すことにしま... A ベストアンサー つい先日中古車を購入したんですが、普通に値引き交渉はしましたよ。 当方もディーラー系の販売店で購入したんですが、 車体価格から約6万程ですが引いてもらいました。 微々たる額ですが、オプションの3年保障もタダにしてもらいましたんで トータル10万ぐらいは引いてもらったことになりますかね。 純正のCDナビが付いていたので、最新版の地図ソフトも付けてもらいました。 自分の買った車の平均的な相場をかなり割った価格で購入できたので かなり満足できる買い物ができました。 新車ほどの値引きを期待するのは不可能だと思いますが、 多少は交渉に応じてくれると思いますよ。 高圧的にならずにニコニコしながら交渉すれば、きっと多少の値引きは 引き出せると思います。 ただ、ガソリン満タンだけは引き出せませんでした。 しつこく粘ってもこれだけは無理と判断して諦めました。 あまり無理強いしないのも大切だと思います。 納車費用、車庫証明費用は自分で行ったのでカットしました。 車庫証明はちょっとめんどくさかったんですが、 購入費用を少しでも減らすためにはこの辺を「自分でやる」と交渉する のも必要だと思います。 つい先日中古車を購入したんですが、普通に値引き交渉はしましたよ。 当方もディーラー系の販売店で購入したんですが、 車体価格から約6万程ですが引いてもらいました。 微々たる額ですが、オプションの3年保障もタダにしてもらいましたんで トータル10万ぐらいは引いてもらったことになりますかね。 純正のCDナビが付いていたので、最新版の地図ソフトも付けてもらいました。 自分の買った車の平均的な相場をかなり割った価格で購入できたので かなり満足できる買い物ができました。 新車ほど... A ベストアンサー 元・消費者相談窓口担当です。 保証の前提はディーラーでの定期点検ということになっております。 エンジンオイルやフィルター等の交換有無で壊れる場合 ボディーブローのようにダメージが蓄積する場合 もありますのでメンテナンスレコードがしっかり証明できることを前提としております。 他の方が言っているように前提や建前よりもお客様との付き合いを重視して、定期点検に入ってきていなくてもよほどのことが無い限り、保証期間内は面倒見てくれますよ。 ただし、上記のようにダメージが蓄積していくようなものにより壊れた場合には保証を拒否されることがあります この案件を仲介したことがあります おまけとしてですが、保証は車についているものではないのです。 "保有者"に対して付いているものです。 これは保有者のメンテナンス状況に左右されるために規定されている項目です 保証書に書いてありますヨ。 法律でも規定されており、また教習所でも習うとおり、定期メンテナンスと運行前点検は保有者の責任です。 A ベストアンサー こんにちは。 ディーラーの定期点検は受ける必要があるのでしょうか? ありません。 ディーラーで点検を受けることのメリットはあるのでしょうか? あると思っています。 ディーラーで点検をしないとして、最低限やっておいた方がよい 点検項目はどんなことがありますか? 法定点検は必須です。 オイル交換ぐらいで十分でしょうか? 3. の通りで、NGです。 私は、20年前初めての車を購入してから、ディーラーの定期点検 6ヶ月、12ヶ月)を欠かしたことはありません。 その車をどのくらい、どの様に乗って、どの様に手放すか、によりますが、私は大体3~5年乗り、出来るだけ良い状態で高く手放す、というポリシーなので、キチンとディーラーの点検を受け、メンテナンスノートもキチンと記録しています。 自分は整備士の資格を持っていないのでディーラーにすべてお任せしています。 私は比較的、車を大事に乗る方だと思っています。 定期的に点検しているおかげで、自分が乗っている間も不調などはなく、またあったとしてもすべてディーラーで無償で見てもらえますし、下取りしてもらう時の査定でも良い評価をもらえます。 5年間のメンテナンスパックなどだと消耗品含めて全部込みなので、最初に支払った費用で全部賄えるので、トータルでは得かな?と考えています。 イメージとしては自分の車の主治医がいるというところでしょうか。 あとは質問者殿がその車を、どのくらい、どの様に乗って、どの様に手離すか、という考え方によると思います。 ご参考に。 こんにちは。 ディーラーの定期点検は受ける必要があるのでしょうか? ありません。 ディーラーで点検を受けることのメリットはあるのでしょうか? あると思っています。 ディーラーで点検をしないとして、最低限やっておいた方がよい 点検項目はどんなことがありますか? 法定点検は必須です。 オイル交換ぐらいで十分でしょうか? 3. の通りで、NGです。 私は、20年前初めての車を購入してから、ディーラーの定期点検 6ヶ月、12ヶ月)を欠かしたことはありま... A ベストアンサー 私はこれまでに6回数種の車をユーザー車検で車検を通していますが、一度も法令点検を行ったことはありませんので、あまり参考にはならないかもしれませんが、体験談としてお読みください。 まず24ヶ月点検ですが、点検といっても特に目立って不具合のありそうな箇所や、実際に今まで乗っていて違和感を感じるような音や振動などが無い限り、つまり普通に乗っていた車なら、ほとんどのショップは、まさに点検だけ、つまり目で見て普通ならそのまま何もしないことがほとんどと言ってもいいと思います。 ブレーキオイルにしても、エンジンオイルとは違って注ぎ足しが効くオイルですから、交換は勿体ないと思います。 私はそう頻繁にはありませんでしたが、車検のためではなく、たまたまエンジンルームを見たりして、エンジンオイルが減っているときは、いつも注ぎ足しで済ませており、いままでに何の不都合もありませんでした。 ブレーキにしても、車の知識はかなりあるような方ですので、ご自分でパッドの減り具合も確認できるはずでしょうし、交換にしてもそれほど難しいものではありません。 私は車検そのものが普通に乗っている車を、翌日そのまま車検場に持っていくという感じで済ませていましたので、いつも最低限の費用で済ませられました。 点検簿も車検場に用意されている用紙にチェックを事務的に入れるだけでOKでした。 あなたの手に負えない故障や異変が車にあるのなら、当然修理をすべきですが、そうではないようなので、正直2万円の料金は内容から見ても高いと思いますし、ちょっと勿体ないのではないかと考えたりもします。 車検証の裏に書いてあるとおり、車は車検を受けたからといって今までより調子がよくなるわけではないのですから、不具合が出始めてから対処しても今の車は十分持ちこたえてくれるはずです。 ただ光軸はユーザー車検を受ける人の多くがはねられていましたので、7年目の車でしたら車検を受ける前に、陸運局の近くにあるはずのテスター屋で先に対応しておいたほうが時間の無駄が省けると思います。 これは私が住んでいるところの話ですが、これも通常のショップで頼めば5千円前後取られますが、テスター屋なら1200円で済みました。 それと、もし点検を省かれるならですが、ブーツの劣化状況とエンジンのオイル漏れだけは確認しておいた方がいいかと思います。 7年目くらいでしたら、まず心配はないかと思いますが。 う~ん、あまり参考にならない回答になってしまいました。 お許しください。 私はこれまでに6回数種の車をユーザー車検で車検を通していますが、一度も法令点検を行ったことはありませんので、あまり参考にはならないかもしれませんが、体験談としてお読みください。 まず24ヶ月点検ですが、点検といっても特に目立って不具合のありそうな箇所や、実際に今まで乗っていて違和感を感じるような音や振動などが無い限り、つまり普通に乗っていた車なら、ほとんどのショップは、まさに点検だけ、つまり目で見て普通ならそのまま何もしないことがほとんどと言ってもいいと思います。 A ベストアンサー >全くの他店で買った車をディーラーへ修理依頼することは、あまり歓迎されないことでしょうか。 昔は、同一ディーラー間でも競争が激しく、歓迎しない事もありましたね。 しかし、今は気にする事はありません。 皆さんの回答にあるように、国産車の場合「同一メーカー系列」だと喜んで点検修理して貰う事が出来ます。 ディーラー内に整備工場があっても、新車・中古車販売とは「別会計」になっている販社多いです。 点検整備に関しては、板金塗装・各種オイル交換・プラグ交換等(純正部品に拘らない)は「他メーカー車でも喜んで!」というディーラー系整備工場も増えてきています。 町の整備工場、大手カー用品店整備工場と同じ感覚になっています。 (当店購入車以外はお断り!では、商売が成り立ちません) >修理代金とか違ってくるでしょうか。 こればかりは、ディーラー次第です。 基本的に、購入した営業担当者が居る場合と居ない場合では多少の差がでます。 お得意様と一見さんが、同じ待遇になる事は難しいでしよう。 が、基本料金以上に高くなる事はありません。 値引きの範囲が異なるだけです。 質問者さまも、徐々にお得意さんになればいいのです。 >全くの他店で買った車をディーラーへ修理依頼することは、あまり歓迎されないことでしょうか。 昔は、同一ディーラー間でも競争が激しく、歓迎しない事もありましたね。 しかし、今は気にする事はありません。 皆さんの回答にあるように、国産車の場合「同一メーカー系列」だと喜んで点検修理して貰う事が出来ます。 ディーラー内に整備工場があっても、新車・中古車販売とは「別会計」になっている販社多いです。 点検整備に関しては、板金塗装・各種オイル交換・プラグ交換等(純正部品に拘らない)は「他メ... Q こんにちは。 現在ある中古車の購入を考えています。 近所の中古屋さんでとてもいい値段の車 VW ゴルフ)を見つけたのですが、よく調べてみると「修復歴あり」の車でした。 その他の状態、状態はよいものであり、エンジンルームも開けてもらい中を確認してみましたが素人の私が見たところ、フレームのゆがみ等は全くわかりませんでした。 別にゴルフで峠を攻めるわけでもないし、たまーに少し遠いところに出かけるかもしれませんが町乗り用ですし、「修復歴あり」という理由だけでお買い得の値段であるのならば、これでもよいのかなという気がしています。 店員さんは感じのよい人で残念ながらどのような事故であったかは店の方で把握できるわけではなく、車にどの程度の影響があるかはまちまちだろうが、店としては変な車は売りに出すことはない、しかし最終的には本人が試乗してみて影響がないことを確認するといいだろうと教えてくれました。 一般的に「修復歴あり」の車の中古車の購入は素人は避けたほうが賢明なのでしょうか?それともこだわる必要はありませんか? またどのような点に注意をすればよいでしょうか? 教えてください。 こんにちは。 現在ある中古車の購入を考えています。 近所の中古屋さんでとてもいい値段の車 VW ゴルフ)を見つけたのですが、よく調べてみると「修復歴あり」の車でした。 その他の状態、状態はよいものであり、エンジンルームも開けてもらい中を確認してみましたが素人の私が見たところ、フレームのゆがみ等は全くわかりませんでした。 別にゴルフで峠を攻めるわけでもないし、たまーに少し遠いところに出かけるかもしれませんが町乗り用ですし、「修復歴あり」という理由だけでお買い得の値段であるのならば... A ベストアンサー 単刀直入に…今回はパス。。。 初めから"アリ"ときちんと表示されている事からお店自体はそんなに悪そうな印象は受けませんね しかし今回の事例ですと、1. 事故 修復内容 が不明である。 これは非常に痛いです 修復内容によって千差万別ですからね ちなみに中古車の修復歴とは、フロア・ルーフ・ピラー・フレーム…等のいわゆるモノコックの部分に交換、修復などが入っている車を指します。 ですので、ドアやフェンダー 前)、ボンネット等の交換や修復は含まれません 要するに、修復歴アリ=それなりに大きくぶつけていると判断できます ただ、例えば私の車の場合ですと、ほんの少しぶつけただけですが、当りどころが悪く不幸にも修復歴アリになってしまっています ぶつけたのは私です…)しかし、走行上あまり関係のない部分であることや事故自体が小さかった事や事故後すぐに修理を行っている事などから実用上は全く問題のないレベルになっています もし、このような車両でしたら"買い"かも知れませんが、普通に考えてこのようなケースは極稀だと思います。 普通は、ボディまでダメージが及ぶような事故は"それなり"にやっていると判断した方が賢明でしょう 修復内容がハッキリすれば判断もしやすいですが、内容が判らないのはちょっと恐い気がします 車に相当詳しい方でしたら程度の判断も付くでしょうが。。。 もちろん、"ナシ"であっても修復歴の定義から考えると、両手を上げて安心と言う訳ではないのですが 単刀直入に…今回はパス。。。 初めから"アリ"ときちんと表示されている事からお店自体はそんなに悪そうな印象は受けませんね しかし今回の事例ですと、1. 事故 修復内容 が不明である。 これは非常に痛いです 修復内容によって千差万別ですからね ちなみに中古車の修復歴とは、フロア・ルーフ・ピラー・フレーム…等のいわゆるモノコックの部分に交換、修復などが入っている車を指します。 ですので、ドアやフェンダー 前)、ボンネット等の交換や修復は含まれません 要するに、修復歴アリ=それな...

次の

トヨタの保証がつくしプラン(延長保証)の内容と必要

車検 延長 保証

車検業者のホームページ、また店頭看板では整備保証付という表記があるところが多いと思います。 わかったようで案外わからないのがこの整備保証ですが、保証内容はどのようなものかについて説明をしておきたいと思います。 車検の整備保証 車検というのは安全に故障なく次の車検まで走行ができるというものではありません。 あくまでも公道を走る資格を得たということにすぎません。 故障予防という観点でいいますと24ヶ月点検という点検を法律的に行う義務がありますが、車検業者に出せばこの点検も同時に行ってもらっていることが多いです。 参照 「」 もちろん車検での検査、点検と万全を期している車検業者がほとんどですが、中には整備の不具合で故障をするということもありえることです。 このような場合、 整備不良で故障した箇所について再度無料で整備をしなおしてくれるというのがこの車検の整備保証という制度です。 整備保証期間には限度もある 基本的には次の車検まで2年という期間がありますが、このすべての期間を網羅した整備保証かどうかは業者によって違います。 整備後の経過した期間• 走行距離 とで整備保証は切れるように規定されているのが普通です。 期間としては6ヶ月、1年といったところがよくある相場で、また走行距離としては5000キロや1万キロというような数字が相場となっています。 期間と走行距離はどちらかでも早く到達すれば整備保証は切れることになりあます。 つまり仕事や通勤などで毎日よく走行する車であれば2ヶ月で5000キロを走行したというような場合には、期間はまだ経過していませんが距離条件によってこの段階で整備保証は切れると考えなければいけません。 車検業者の整備保証の実際 このように見てくれば• 整備保証は期間が長いところが安心• 整備保証から車検業者を選べば良い というような考えになるのですが、案外整備保証は信用できないこともあります。 というのもドライバーからすれば明らかに車検や点検の不備で故障となったときでも、車検業者にいっていくと 自分の整備不良を認めないということも多いからです。 契約違反ではないかと思う方もいるかもしれませんが、整備保証書をよく読んでみてほしいと思います。 「整備不良があり、 当社が認めたものについて再度整備を行う」 というような規定などがあることも多いです。 当社が認めたというのは、認めない場合には再度の整備はしないということであり、契約書では他にもいくつか抜け穴のような規定となっていることが多いです。 また車検業者からすれば6ヶ月など中途半端な整備保証期間を設定しているところもありますが、これにも理由があります。 通常この整備保証期間が経過してから故障することが多く、実際に整備不良があっても車検業者に整備保証を言ってくるドライバーは驚くほど少ないです。 つまりこのようにしてみれば車検業者の整備保証をどの程度目安にして選ぶべきかはわかってもらえるかと思います。 正直いってホームページなどで整備補償が長いから安心というような表記をしている車検業者は多いのですが、それに従って車検業者を選ぶのはどうかと思います。 車検業者の中で本当に整備保証をするところとは? では整備保証はまったく目安にして選んではいけないのかということですが、そうでもありません。 たとえばディーラー車検は費用が高いと敬遠されがちですが、結構本気で整備保証をします。 知り合いで車検から次の車検の2年間にディーラーに整備保証を7回ほど言った人を知っていますが、すべてに対応してもらえたという人もいます。 この点整備保証でもっとも 信用できるのはやはりディーラーだと考えて良いと思います。 あとは• フランチャイズ車検• スタンド• カー用品店 とありますが、業態ではなく 要はその会社や店舗の姿勢が重要です。 もちろんこのような業態で有名な大手企業もありますが、まったく営業としての姿勢が褒められたものではないところも1つ2つはあります。 (知恵袋などでも悪い口コミはかなり書かれていますが) このような車検業者については整備保証の契約書とともに、その店舗の姿勢というのが大きく影響してくるといって良いでしょう。 参照 「」 <スポンサード リンク> 車検サービスについて 整備能力の高さと、リーズナブルな費用とを兼ね備えた大手車検専門フランチャイズです。 立ち合い車検、整備士による説明とで明瞭会計を実現しています。 元整備工場が加盟しているので整備能力には定評があります。 最大級の車検業者検索サイトです。 車検費用が 最大82%オフの特典もあります。 車検とともに整備点検もついているので安心できる業者が多いです。 元ディーラー整備士が公開する車検業者の選び方.

次の