洒落にならない怖い話 まとめ。 【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話まとめ【殿堂入り】

【死ぬ程洒落にならない怖い話】リンフォン

洒落にならない怖い話 まとめ

七人心中の池 20年以上前、小学校低学年の頃の体験談。 両親の田舎が瀬戸内海にある島なんだけど、毎年夏休みになると帰省してた。 東京育ちの自分には、綺麗な海やら山やらで遊ぶのが物凄く楽しかった。 一番楽しみだったのは、東京ではデパートくらいでしかお目にかかれないカブトムシやらクワガタやらを、近くの山でザクザク捕まえられる事。 その山には結構大きめの池があって、子供だけで行く事を禁止されてたんだけど、貴重なお盆休みの、しかも早朝から虫取りなんかに付き合ってくれるような大人がいなかったんで、その日も朝4時前から、一つ年上の従兄弟と一緒に山に突撃。 暫く二人で夢中になって虫取りしてたら、どこからかシュッシュッて感じの音が聞こえる。 最初はなんか虫とか鳥の声だろと気にしてなかったけど、よく聞いてみると、どうも子供のすすり泣きっぽい。 同じように虫取りにきた子供かな?まだ薄暗いから転んでケガでもしたのかな? と思って、従兄弟と一緒に泣き声のする方向に向かっていったら、池の淵で、3~4歳くらいの子供がシクシク泣いてる。 周りには誰もいない。 流石にこんな小さい子が一人でいるっておかしいだろ? と子供心に思ったんだけど、それより妙だったのが、 その子の腰の辺りに括られた帯みたいなヒモが、池の中にまで延びてる。 そのヒモを目で追ってみると、何かがプカプカ浮いてる。 そこからもヒモが延びてて、少し先に同じように浮いてる物に繋がってる。 そんな感じで、数珠繋ぎに1. 5m間隔くらいで、合計6個の何だかわからん物が連なって池に浮いてる。 なんだこりゃ?と思ってたら、それまで弛んでたヒモがピン!と張って、子供が池に引っ張られてく。 あっ!と思ったその瞬間、体が動かなくなった。 視界の端で、従兄弟も同じように固まってるのが分かる。 金縛りとかって概念がなかったから、軽くパニクってた。 人間が歩く時って当然足が動くはずなのに、その子は一切足を動かしてない。 氷の上を滑るように、ゆっくり池に向かってる。 アホな自分は、やっぱ妖怪パワーで引っ張られてる!という結論に達したんだけど、流石に従兄弟は一つ年上だけあって、リアルでこの世の者じゃないと気付いたんだろう。 「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と唱え始めてた。 結局、子供が完全に池の中に消えたと同時に体が動くようになり、一目散に山を下りてった。 家に帰って、大人達にさっき見た光景を話したんだけど、興奮してるもんだから要領を得ない。 大人達も、最初はどっかの子供が溺れたんじゃないかと思って、慌てて消防団とかに連絡しかけたんだけど、オレが「妖怪の仕業だ妖怪の仕業だ」って妙な事言うから、少し落ち着かせて、オレから細かい話を聞き出した。 そしたら信じられないって顔しながらも、何か思いあたる節があるのか、オレと従兄弟を庭に連れ出して、塩を振りかけ始めた。 一応消防団には連絡して人を見に行かせたらしいけど、特に何もなかったらしい。 結局その後は、大人達にどうだったか聞いても、寝ぼけて夢でも見たんだろってはぐらかされるだけ。 何年も後にようやく聞き出したのは、件の池で何十年も前に、ある一家が入水自殺をしたって事。 時間帯はやっぱり3時~4時位だった事。 (近くの民家の人が、子供の泣き声を聞いたらしい)その人数が7人だった事。 その際に、全員がヒモで体を繋いでた事。 地元の人達の間では、その池は別名『七人心中の池』って呼ばれてる事。

次の

見えた人

洒落にならない怖い話 まとめ

33 ID:5bhGXyAe0. 所属していたのは、心霊DVDなどを作ったりしてるプロダクションで、 業界でもそれほど胡散臭くはないところです。 他にもお守りや、 占いグッズの通販もしています。 有名どころでもちろん今もあります。 私が担当していたのは、ヴードゥ系の呪いで、 依頼者から呪う相手の爪や髪の毛を送ってもらい、 ブードゥの泥人形に入れて呪文を唱えながら針で刺す、というものです。 これはその過程をきちんと写真に撮り、依頼者に送ります。 料金は3段階あってそれなりに高額ですが、 3ヶ月たって効果がなかった場合はきちんと返金します。 ・・・返金率は7割くらいでしょうか。 81 ID:5bhGXyAe0. 発疹は病院で診断を受けましたが、内臓からきているものといわれました。 それからは私の身の回りで奇妙なことが続きました。 まず、飼い猫が私を避けるようになったのですが、 これはまあ元々可愛がってはいませんでした。 ある日突然、熱帯魚の水槽が濁って全滅する。 庭の一本の木が立ち枯れる。 周囲にゴキブリや蠅などの虫が増える・・・ 一度などは開いた本の間に大きなムカデが挟まっていたこともありました。 でもまあ、家は郊外にあるので、 偶然が続いてるだけかもしれないとも思っていました。 63 ID:5bhGXyAe0. 父はまだ五十代で、固いところに勤めているサラリーマンなのですが、 夜中の3時過ぎに、パジャマのまま家の外に出て行くようになりました。 そして1時間ほどして帰ってくると、 泥まみれで爪の間などにびっしりと土が入り込んでいるのです。 しかも大きな音を立てて出て行くのに、 朝に聞いてみると本人はどこへも行っていない、と言うのです。 94 ID:5bhGXyAe0. もちろんこれらはすべて偶然でかたずけられることでしょうが、 その頃から私は毎晩同じ夢を見るようになりました。 それは・・・自分は部屋のベッドに寝ていて、その周りをぐるっと (ここが少し現実とは違って、ベッドは壁にくっついてる) 7人の人が取り囲んでいるのです。 まったく見たことのない人たちなのですが、 みな和服の寝巻きのようなものを着て、私を見下ろし、 何も言わずに首を振ったりしています。 この夢は2週間ほど続けて見ました。 76 ID:5bhGXyAe0. 友達にこの話をしたら、知り合いに占いをやっているという人がいて、 能力が高い?から見てもらったら、と言われ、ビルの一室で会いました。 そしたらやはり、呪詛のためにどんどん悪い気が集まってきていて、 特にヴードゥ系は、自分よりも、 自分の大切にしているものに災いが降りかかるのだそうです。 私を夢の中で見下ろしている7人は「みさき」といって、 私を守っている7人の先祖ではないか、とのことでした。 54 ID:5bhGXyAe0. ・・・その後お盆になり、家族で近くにある菩提寺に墓参りにいきました。 すると、奥まったところにある墓の周囲が、納骨する空間(何というか知らない) が見えるほど周囲の土が掘り返されていました。 ・・・これで終わりです。 あまり怖くはなくてすみません。

次の

怖い話~怪談百貨店~ : 【怖い話 2410話】「呪詛代行」のアルバイトをしていた時の話【洒落にならない怖い話 洒落怖】

洒落にならない怖い話 まとめ

後編 土曜日。 携帯ショップに行ったが大した原因は分からずじまいだった。 そして、話の流れで気分転換に「占いでもしてもらおうか」って事になった。 市内でも「当たる」と有名な「猫おばさん」と呼ばれる占いのおばさんがいる。 自宅に何匹も猫を飼っており、占いも自宅でするのだ。 所が予約がいるらしく、 電話すると、運よく翌日の日曜にアポが取れた。 その日は適当に買い物などして、外泊した。 日曜日。 昼過ぎに猫おばさんの家についた。 チャイムを押す。 「はい」 「予約したた00ですが」 「開いてます、どうぞ」 玄関を開けると、廊下に猫がいた。 俺たちを見ると、ギャッと威嚇をし、 奥へ逃げていった。 廊下を進むと、洋間に猫おばさんがいた。 文字通り猫に囲まれている。 俺たちが入った瞬間、一斉に「ギャーォ!」と親の敵でも見たような声で威嚇し、 散り散りに逃げていった。 流石に感じが悪い。 彼女と困ったように顔を見合わせていると、 「すみませんが、帰って下さい」 と猫おばさんがいった。 ちょっとムッとした俺は、どういう事か聞くと、 「私が猫をたくさん飼ってるのはね、そういうモノに敏感に反応してるからです。 猫たちがね、占って良い人と悪い人を選り分けてくれてるんですよ。 こんな反応をしたのは始めてです」 俺は何故か閃くものがあって、彼女への妙な電話、俺の見た悪夢をおばさんに話した。 すると、 「彼女さんの後ろに、、動物のオブジェの様な物が見えます。 今すぐ捨てなさい」と渋々おばさんは答えた。 それがどうかしたのか、と聞くと 「お願いですから帰って下さい、それ以上は言いたくもないし見たくもありません」とそっぽを向いた。 彼女も顔が蒼白になってきている。 俺が執拗に食い下がり、 「あれは何なんですか?呪われてるとか、良くアンティークにありがちなヤツですか?」 おばさんが答えるまで、何度も何度も聞き続けた。 するとおばさんは立ち上がり、 「あれは凝縮された極小サイズの地獄です!!地獄の門です、捨てなさい!!帰りなさい!!」 「あのお金は…」 「入 り ま せ ん ! !」 この時の絶叫したおばさんの顔が、何より怖かった。 その日彼女の家に帰った俺たちは、 すぐさまリンフォンと黄ばんだ説明書を新聞紙に包み、ガムテープでぐるぐる巻きにして、 ゴミ置き場に投げ捨てた。 やがてゴミは回収され、それ以来これといった怪異は起きていない。 数週間後、彼女の家に行った時、アナグラム好きでもある彼女が、紙とペンを持ち、こういい始めた。 「あの、リンフォンってRINFONEの綴りだよね。 偶然と言うか、こじ付けかもしれないけど、 これを並べ替えるとINFERNO(地 獄)とも読めるんだけど…」 「…ハハハ、まさか偶然偶然」 「魚、完成してたら一体どうなってたんだろうね」 「ハハハ…」 俺は乾いた笑いしか出来なかった。 あれがゴミ処理場で処分されていること、 そして2つ目がないことを、俺は無意識に祈っていた。

次の