ミナミ おかあさん。 第26回おかあさんの詩コンクール

第26回おかあさんの詩コンクール

ミナミ おかあさん

肝っ玉かあさん ジャンル 作 出演者 他 オープニング 「肝っ玉かあさん」 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 第1シリーズ - 第2シリーズ - 第3シリーズ - 放送時間 木曜20:00 - 20:56 放送枠 TBS木曜8時枠の連続ドラマ 放送分 56分 回数 全シリーズで117 特記事項: 第1・2シリーズはモノクロ作品。 第3シリーズからカラー作品。 『 肝っ玉かあさん』(きもったまかあさん)は、からまで系で全3シリーズにわたって放送された。 通算放送回数は全117回。 プロデューサーが主役に抜擢したが、太った体を生かし、少しおっちょこちょいだがしっかり者の母親を演じて大好評だった。 過去にはで第3シリーズの再放送があったが、2016年10月3日から11月23日までにて、唯一のカラー放送である第3シリーズが実に45年ぶりに再放送されていた(毎週月曜日から金曜日の20時〜)。 放送データ [ ]• 放送期間(回数)• 第1シリーズ:-(全35回、モノクロ)• 第2シリーズ:-(全44回、モノクロ)• 第3シリーズ:-(全38回、カラー)…クレジットタイトルでは第1シリーズからの通し回数の第80回から始まる。 放送時間:毎週木曜日 20:00-20:56• 放送形態: ドラマ 放送された当時はVTRが規格で、機器・テープとも大型・高価だったうえ、著作権法の影響などで番組の資料保存が安易にできなかった事情から、映像が現存しているのは製作分の第3シリーズのみである。 内容 [ ] 大正五三子()は、女手一つで原宿で蕎麦屋「大正庵」を切り盛りしている。 長男・一()は清田綾()と結婚し、長女・三三子()は看護学校に通っている。 清田家や大正庵の従業員たちも巻き込み、様々な騒動が起きるが、明るく前向きに解決していく姿を描いた。 出演・キャスト [ ] 大正家 [ ]• 大正五三子(京塚昌子)…名前は「 いさこ」と読む。 女手ひとつで子供二人を育てながら、蕎麦店「大正庵」を切り盛りしてきたことから「 肝っ玉かあさん」の異名をとる。 昔気質で頑固なところもあるが、人情味豊かで涙もろい性格から、大正庵の従業員たちにも「女将さん」と呼ばれ慕われている。 生きがいは仕事と孫。 夫とは戦後まもなく死別している。 大正一(山口崇)…五三子の長男。 会社員だったが、第3シリーズで脱サラして実家に同居し「大正庵」で働くように。 子煩悩である。 大正綾(長山藍子)…一の妻。 旧姓清田。 女性雑誌の編集者だったが後に編集長に昇進。 九子のことでは五三子ともめることが多いが、お互いに信頼しており五三子のことを頼りにしている。 一を慕っている節がある葉麻のことをあまり快く思っていない。 大正三三子(沢田雅美)…五三子の長女で一の妹。 名前は「 みみこ」と読む。 飾り気がなくさっぱりした性格。 難関を突破し大学試験に合格するが、看護師に憧れ、看護学校へ。 のちに「梅本病院」に就職する。 大正九子()…名前は「 ひさこ」と読む。 一・綾夫婦のひとり娘。 第3シリーズから市丸幼稚園に通う。 大正庵 [ ]• 堀川長吉()…「大正庵」の職人で、五三子の亡き夫の頃から働いているベテラン。 五三子や従業員からは「長さん」と呼ばれている。 典型的な江戸っ子気質で、妻であるとみとは年中喧嘩ばかりしているが、内心は大切に思っている。 堀川とみ()(第1シリーズのみの出演)()(第3シリーズからの出演)…「大正庵」の従業員で長吉の妻。 五三子の従姉妹でもあり、一番の理解者でもある。 五三子のことを「いさちゃん」と呼ぶ。 長吉とは夫婦喧嘩が絶えないが心底惚れている。 佐々木葉麻()…「大正庵」の従業員。 物腰柔らかな薄倖の美人。 仕事で多忙な綾の代わりに九子の面倒も見る。 一の幼馴染で一の結婚後も彼を慕っている節がある。 後に一平が新たに東京で出店するのを機にそちらへ移った。 近藤本子()… 第105回まで出演。 「大正庵」の従業員。 愛称は「ポンちゃん」。 楽天的かつ頑健で、仕事を終えた後は夜鳴きそばの屋台も出店。 信州出身で葉麻と共に「大正庵」に起居している。 のちに結婚を機に大正庵を退職し、帰郷する。 東北出身の孤児で堀川家に起居。 いつも肩から提げたをで聞いている。 調子が良くそそっかしい一面もあるが、明るく素直な性格から長吉夫婦や五三子たちに可愛がられている。 三三子に片想い中。 後に長吉夫婦の養子となる。 木下杖() … 第101回から出演。 名前は「まもる」と読む。 大正家の親戚で高松から上京し「大正庵」で働くことになるが、怠惰で「大正庵」の人々を困らせる。 勇子()… 第107回から出演。 杖の高松での子分で「大正庵」に居ついてしまうが、働き者で杖の分を補って余りある働きをする。 清田家 [ ]• 清田保文(千秋実)…綾の父。 大手銀行の日本橋支店長。 下北沢に住んでいることから「大正庵」の人間からは「下北沢のお父さん」と言われている。 職場や子供たちには良き上司・父親だが、気が短い上、極度の亭主関白であるため、八重とは四六時中喧嘩が絶えず、圭司夫婦、果ては「大正庵」にまでその被害が及んでいる。 喧嘩するときは舌打ちを頻発する。 口癖は(八重に対する)「バカモノ!」「何だ!」「ウルサイ!」• 清田八重()…綾の母。 典型的な山の手婦人。 天然ボケの入ったおっとりした性格で、まったく気が利かない。 保文との夫婦喧嘩ではよく圭司夫婦に泣きつく。 夫婦喧嘩や勘違いから、その度に五三子や綾にも迷惑をかけているが、本人はまるでその自覚がない。 口癖は「どっこいしょ」。 清田圭司()…綾の弟。 結婚後は妻の父が経営していた食事処「丸平」を引き継ぐ。 優しい性格で何よりも千津を愛している。 母の八重に四六時中振り回されており、辟易している。 結婚に際しては騒動もあったが現在は圭司とともに「丸平」を経営し、夫婦仲は良好。 悩みは姑である八重との関係、一平の老後、圭司との間に子供が授からないこと。 丸平 [ ]• 松下一平()…千津の実父。 千津が生まれた直後に徴兵され、戦死したと思われていた。 が、戦後復員したところ、すでに妻が実弟と結婚しており自ら身を引いたという哀しい過去を持つ。 そのため長らく千津と音信不通だった。 千津が圭司と結婚してからは自身が経営していた「丸平」を娘夫婦に譲り、京都で新たな事業を展開。 苦労人であるため人間が出来ており、また娘思いで人一倍涙もろい。 近藤松夫()…「丸平」の従業員で、一平が「丸平」を経営していた頃から勤めている。 「大正庵」の近藤本子は姉。 一平が新たに東京で出店した際にはそちらに移った。 梅本病院 [ ]• 梅本院長()…「大正庵」の近所で、三三子が勤める「梅本病院」の院長。 口は悪いが、気さくで憎めない人物。 五三子とは昔からの馴染であり「婆さん!」と呼んで何かと彼女の所へグチりに訪れる。 しかし五三子との再婚を勧められたときは「バカにするな」と本気で怒っていた。 娘婿の下元に対し、一人娘を取られた焼きもちから小言を言うことが多い。 特に『忍』と史朗が呼び捨てにすることを快く思っておらず、『さん』付けで呼ばせている。 下元忍()…梅本院長の一人娘。 父親の後を継ぎ小児科医になるが、梅本病院に勤務していた年下の医師・下元史朗と結婚。 やがて父親の反対を押し切って、下元と一緒に岩手へ赴任するも、第3シリーズでは夫婦揃って再び梅本病院に帰ってくる。 世話の焼ける父親と夫に気苦労が絶えない。 ハキハキとした性格で自分の意思をしっかりと通す。 下元史朗()…忍の夫。 忍と結婚後に、乞われて岩手の無医村に赴任する。 性格は明朗快活な体育会系だが配慮に欠けるところがある。 そのためか舅の嫌味に気付かない。 年上女房の忍には頭を抑えられがちである。 市丸幼稚園 [ ]• 市丸民三()(第3シリーズから登場)…楽天的な道楽者で、大学を8年かかって卒業した。 三十路を迎えた現在も学生気質が抜けず、妹から説教を食らうこと多数。 調子のいいところがあり、時折典子や妹にそこを利用される。 典子に惚れられ、本人はまんざらでもない様子だったが、結婚した。 市丸実美()(第3シリーズから登場)…体調を崩した母の後を継ぎ、市丸幼稚園を切り盛りしている。 兄・民三が悩みのタネ。 その他 [ ]• 名前は「のりこ」だが三三子や民三からはニックネームで「てんこ」と呼ばれる。 明るく行動的だが、少々そそっかしい一面も。 実は良家の子女である。 民三に惚れ、後に結婚した。 竹山光子()典子の母。 竹山泰三()典子の父。 堂本大吉()一平の兵隊時代の部下。 「丸平」の元職人。 昌子と結婚し、現在は仙台在住。 堂本昌子()一平の姪。 綾が勤務する出版社の編集長。 後に大吉と結婚し、仙台の実家(蒲鉾屋)へ。 田中公一()三三子のボーイフレンド。 田中春子()公一の母。 加藤伸子()綾が勤務する出版社の部下。 吉沢秀夫()勉の父。 妻とは死別。 死別した妻は典子の従姉妹。 吉沢勉()九子が通う幼稚園のクラスメイト。 品子()「クリーニング洗陽舎」を夫婦で切り盛りしている。 六助()「クリーニング洗陽舎」従業員。 健次の親友。 戸並先生()小説家。 文学賞受賞パーティを主催する。 特別出演。 エピソード [ ] (当時の本社は舞台と同じ渋谷区)がスポンサーで、劇中ではカルピスが頻繁に登場した。 梅本院長が蕎麦を食べながらカルピスを飲むという場面だけでなく九子がカルピスの包装紙を幼稚園に持っていったり、どの家にもカルピスのカレンダーがかかっていた。 BSでの放送 [ ] 2016年10月3日から11月23日までで『嗚呼! 日本のこころ』シリーズ第3弾として、本作の第3シリーズを放送。 スタッフ [ ]• 脚本:、(平岩の代筆、クレジットなし)• 演出:• プロデューサー:• 音楽:• 主題歌:「肝っ玉かあさん」(作詞:平岩弓枝 作曲: 編曲:大柿隆 歌:)• 制作協力:• 協力:• 制作:、 受賞 [ ]• 第5回期間選奨受賞• 第6回放送批評家賞(ギャラクシー賞)• 第7回期間奨励賞(出演・)• 第7回放送批評家賞(ギャラクシー賞)• 第11回期間選奨受賞(出演・) 脚注 [ ].

次の

肝っ玉かあさん

ミナミ おかあさん

タクシー乗務員の男性、Aさんが体験した話だ。 彼が走ったことのないエリアに配属され、道を覚えていっていた頃の出来事だそうだ。 週末の夜、とある田舎の駅の近くを通ったAさんは、片手を挙げる若い女性を見つけた。 終電車に乗れなかったのだろうか。 しかし、発車時刻からそれなりに時間が経っている。 この周辺には飲み屋の類もない。 おかしいと思いながらも、Aさんはその女性を乗せたのだそうだ。 「あ、すいませーん」 後部座席に乗り込んできた女性はポケットから紙切れを取り出して、ボールペンで何か書きつけているようだった。 メモ帳から破り取ったみたいな紙だ。 バックミラー越しに見るともなしに見ていると、女性はスッと顔を上げた。 もちろん終電車は行ってしまった後だ。 駅舎に明かりはあるけれど周囲は暗く、誰もいない。 「運転手さん、すいませんけどちょっと待っててもらってもいいですか?」 「あ、いいですよー」 車を降りた女性は駅の周辺をうろうろと歩き回っている。 待ち合わせでもしているのだろうか。 駅で待ち合わせをしたが駅名を間違えていたとか、そんなところだろうか。 運転席から見た限りでは、誰もいないように見える。 やがて女性は車内に戻ってきて、手にしたメモ紙に線を引くような仕草をした。 候補の駅名でも書いてあるのかな、それを消してるのかな、と思ったそうだ。 踏み込んで聞くのも良くないかもしれないので、Aさんは 「お客さん、どうします?」 と、業務的な質問をするにとどめた。 「……次の駅も、申し訳ないけど行ってもらえますか」 「はい、あのー、……大丈夫ですか?」 当然、走った分だけ乗車賃が掛かるのだ。 ここに来たのが無駄足だったとしても、そのお代は頂かなくちゃならない。 「ああ大丈夫です、大丈夫」 女性が頷く。 まあ、服装もおかしなところはないし。 きちんと清潔感があるというか、普通の人だ。 大丈夫だろうとAさんは再び車を発進させる。 とは言え、こちらも終電車が去った後で賑わいはない。 そこら辺を歩いている人はいるが、通り過ぎて行ってしまう。 女性の待ち合わせ相手らしき人はいない。 「じゃあすいません、ちょっと……また待っててください」 なんて言って、女性はまた降りていく。 降りていきながら、持っていた鞄から何かを出している。 それは、透明のレインコートだった。 雨が降ってきたのかと、Aさんは窓の向こうを見た。 雲行きはあやしいけれど降ってはいない。 フロントガラスにも水滴は落ちていない。 感じるか否かくらいの小雨が降り出したのだろうか。 そういうのに敏感な人なのだろうか。 不思議に思いつつ、Aさんは女性の帰りを待った。 入念に周囲を探しているのか、さっきの駅より時間が掛かっているようだ。 そこに、チッという聞き慣れた音と共に無線の通信が入った。 同僚からだ。 『そろそろ終わるんじゃないの? オレ今日は全然ダメだったよ』 「俺はねー、いま……オイシイっちゃオイシイんだけど、ちょっと変なお客さん乗せててさ。 けっこう時間経ってるよ』 「うーん……それが若い女の人でさ、雨が降ってもいないのにレインコート着ててねー」 ……返事がない。 おかしいな、と思っていると、会社から支給されている仕事用の携帯電話が鳴った。 掛けてきたのはさっきまで通信していた同僚だ。 「どうしたー?」 『ヤバいよ、お前ヤバいよ、ひょっとしてさ、お前さ、二、三個さ、駅ハシゴして来てない? その女の人に言われてさ、来てない?』 「え、なんで分かるの」 『それヤバいぞ! おま、お前もう出ろ、その駅出ろ! それミナミさんだ、それヤバい! ヤバいから! もう今すぐ出ろ!』 「えっ……、え? すぐ?」 『ヤバいヤバい、すぐ出ろすぐ! レインコート着てたんだろ? レインコート着たんだったらもう取り返しつかないから! もう次乗って来たらヤバいから! 早くしろ!』 早くしろと繰り返し、電話が切れた。 え? ミナミさん? って何? ヤバいの? ふと窓の外を見ると、噂のミナミさんが駅から出てくるところだった。 Aさんが待つタクシーに向かって駆けてくる。 その姿に違和感を覚えたAさんは、すぐに気がついた。 暗かったせいではっきりとは分からないが、ミナミさんが着ているレインコートに斑模様が出来ている。 赤黒い色で、まるで何かが飛び散ったかのように点々と。 そんな、飛沫を浴びたようなレインコートを着た女性が、こちらに駆けてくる。 嬉しそうな顔で、駆けてくる。 Aさんはアクセルを踏み込み急発進した。 ミナミさんを置き去りにして真夜中の街を駆け抜けた。 一目散に営業所まで逃げ帰ると、もう遅い時間なのに、同僚や先輩たちがAさんを待ってくれていた。 「A、大丈夫か!?」 「乗られなかったか!?」 運転席から出たAさんは取り囲まれて、口々に声を掛けられる。 「あー、いやそれが、……ちょっとよく分からないんですけど……電話切った後に、なんか向こうから走ってきて……」 「アッ走ってきた!? 乗られてない? さわられてない!?」 「まあ距離があったんで、ハイ……。 車ぶっ飛ばして来ちゃったんですけど……」 「いいよいいよ、ぶっ飛ばしていいよ!」 「でもすみません、法定速度とか……」 「そんなこと言ってる場合じゃないんだよ!」 「あのー、何か事件があったんですか? ここらで有名なおかしい人とか? だったら警察に……」 Aさんを囲む同僚たちは首を振った。 「いや……、おかしくなってね、警察沙汰になったのは、十年以上前なんだよ」 「付き合ってない人を付き合ってるって思い込んでなあ」 「死んでるはずなんだけどな、そいつ」 えっ……? 口々にバラバラの情報を与えられたが、何となく頭の中で組み上がってしまった。 「そういや大規模なお祓いもやったんだよなぁアレ」 「ぜったい大丈夫って言うから新人にも説明しなかったのに。 もう五年くらい前か?」 「やっぱり油断しちゃダメなんだな」 えっ……? 「この辺じゃみんな知ってるよ、地元の人とか」 「はあ〜……やっぱまだミナミさん居るかあ〜」 「そりゃそうだよ、もともとおかしかったんだもん。 こっちがちゃんとお祓いやったって通用しないんだよ」 「通じねえかあ……」 あの、とAさんはようやく問いを投げた。 「それは、……あんまり訊きたくないんですけど、乗られちゃった人が居るってことですか……?」 途端に、みんな暗い顔になってしまった。 「うん……新人がね……」 「知らなかったもんだからね、終電逃した人だと思ったのかな……。 結局まあ、乗り込まれたんだろうねえ」 「詳しいことはちょっとね……。 病院でそいつに聞いたんだけど、途切れ途切れで分からないんだよ」 「何かとんでもないことが車の中で起きたんだろうなぁ……。 そうじゃなきゃさ、あんな、ねえ、自分の爪が剥がれるまでシートを掻き毟ったりしないよなあ……」 えっ……。 その乗務員は、今は家族と共に生活しているそうなのだが、以前は〝書類を書かないと面会できないような病室〟に入院していたらしい。 「まあ、今は通院で済んでるみたいだけどな。 ……そういうこと、あるんだよ」 以上が、Aさんの体験談である。 ネット上の掲示板(地域の心霊スポットについて語る場のようだ)で見つけた書き込みを添えて、この話を締めくくりたい。

次の

ミナミヌマエビが死んでいく死因8つ【ポツポツ死ぬ…その他】

ミナミ おかあさん

スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。 重複スレッドは削除対象となります。 重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。 店舗についての話題は各1スレにまとめて下さい。 個人についての話題はに書き込みして下さい。 店舗、個人以外の話題はに書き込みして下さい。 誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。 求人掲示板に書き込みして下さい。 一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。

次の