吉良 吉 影 ジョジョ 立ち。 【ジョジョ4部】吉良吉影役の声優は川尻浩作になったら変更あるか!?小山力也を熱望する世間の反応まとめ

吉良吉影の名言から日本人が学ぶべき5つのこと

吉良 吉 影 ジョジョ 立ち

このページの目次 OPEN• 1.キラークイーンに見られる意外な特徴とは? ジョジョに出てくる超能力の一つに、「 スタンド」というものがあり、超能力が具現化されたものと考えると分かりやすいでしょう。 このスタンドを使える能力者を、「スタンド使い」などと表記し人間の理解を超えた力を発揮し、戦闘面でかなりの活躍をします。 第四部に登場した吉良吉影のスタンド「キラークイーン」は、ある意味で特殊で相当な力を持っていました。 キラークイーンの特徴の一つは、「吉良吉影の思想が強く反映している」という点が挙げられます。 このスタンドは、吉良吉影が持つ快楽殺人の証拠隠滅、そして平和な生活を守るために誕生したという経緯があります。 さらに爆弾による攻撃の種類が3つあり、そのどれもが非常に高い攻撃能力を有しているという点も特徴に挙げられるでしょう。 そして爆弾による攻撃を引き起こすためのルールなど、キラークイーンにはいくつかの制限が設けられているのも興味深いところ。 こうした制限が設けられているのは、原作者曰く「 爆弾攻撃は使い方によっては無敵になるから」とのこと。 2.実は最強?キラークイーンが持つあり得ない能力 吉良吉影のスタンド「キラークイーン」ですが、どのような 能力があると本編で明らかになったのでしょうか? 以下から、キラークイーンの攻撃方法や技、さらにはルールについて簡単にまとめておきますね。 触れたあらゆる物を爆弾に変化させ、対象物の外見は特に変化しませんが全身が爆弾になっているので体そのものを吹き飛ばすことが可能。 また、爆発力を切り替えることもできますが、この能力によって一度に爆弾にできるのは1つだけというルールがあります。 新たな物を爆弾にさせるには、対象物を爆発させるか解除するしかありません。 スポンサーリンク 対象をどの程度爆弾にさせるかは、使用者が調節でき爆発量をどのぐらいにするのかも、調節が可能です。 そのため、スタンド能力を持たない人間は、爆弾化された人間が知らない間に瞬く間に消えていくという不思議な体験をします。 吉良吉影の「証拠隠滅」という目的を達成するのに、まさにうってつけの攻撃といえるでしょう。 キラークイーンの左手の甲に、体温を感知するこの爆弾が仕組まれており、 体温を自動追尾して攻撃するので攻撃力が非常に高いです。 相手に接触すると爆発しますが、シアーハートアタックは爆発してもそのまま残ります。 第二の爆弾を使っている時でも、キラークイーンは何もしていないので第一の爆弾を作りだすことは可能です。 爆破という攻撃以外にも、非常に高い防御力を有しており吉良吉影は「弱点がない」と言い切るほど。 しかし、熱を感知して自動追尾をする所から想像できますが、「 単純な動き」しかできず人間が複数人いた場合は、体温が一番高い敵を標的として狙うという弱点があります。 つまり効果を満足に発揮するには、使用する状況やタイミングなどが非常に重要になってくるということです。 吉良吉影が矢に射抜かれることで発現したもので、本体が絶望を強く感じたり不利な状況に陥ることで能力が発動します。 スタンド使いではなく、吉良吉影の情報を知る者に対してキラークイーンを取りつかせ、その者が吉良吉影の情報を得た人物、また得ようとした者や秘密を知る人間を攻撃しようとした人を爆殺。 それだけではなく、それまでの時間の経過を消し飛ばせ、およそ1時間ほど巻き戻してその件を無かったことにできます。 スポンサーリンク 証拠隠滅における最強のものであり、完全犯罪を成立させるのにこの上ない攻撃と言えるでしょう。 本編では「時間をぶっ飛ばす爆弾」と表現されており、この攻撃がどのようなものであるかが理解できるのではないでしょうか? 一見すると攻撃も守りも、そして証拠隠滅まで全てが揃っているように見えますが、実は弱点があります。 本体が能力を解除するタイミングを誤ると、一方的に相手を殺してしまう• キラークイーンが別の者の所に行くので本体が無防備になり、戦闘能力がゼロになる• 能力を一度でも解除すると、本体が再び強く絶望しなければならない こういった制限が付いているので、とても強力ではありますが使いどころが難しく、絶対に成功できる環境でなければ使いにくいです。 とても強い能力で原作者ですら「最強の能力の一つ」と挙げていますが、使用する描写が少ないため謎の多い技とも言われています。 3.キラークイーンの活躍がヤバいと分かるエピソード 冒頭でも軽く触れた通り、キラークイーンは吉良吉影が「証拠隠滅」と「平和な生活」の2つを実現するために登場しました。 快楽殺人犯であり、指のキレイな女性の手を切断していつも持ち歩き、その手で食事をするという常軌を逸した行動をしている吉良吉影。 数十人を殺害していましたが、キラークイーンの能力によって消し飛んだので彼が殺害したという証拠がありません。 自身の犯罪を消すためにはうってつけの能力なので、「証拠隠滅」という点で役立っているのは理解できます。 しかし、キラークイーンのもう一つの存在理由である、「 平和な生活」に関してはどのように貢献しているのでしょうか? 実は吉良吉影は、何事もない平和な毎日を誰よりも望み平穏であることを常に願っています。 静かに暮らしつつも、自身の性癖を抑えることはできないという一見すると 矛盾しているような感情が、彼の心を支配していました。 感情がかき乱されるのも嫌い、自身が殺人犯だと誰かに気付かれるのも、絶望を感じるのも嫌な人物が吉良吉影。 第三の爆弾「バイツァ・ダスト」は、時間を吹き飛ばす効果を持ち、それは吉良吉影にも影響を与えます。 つまり「絶望」という感情すら吹き飛ばすので、平安に暮らすための究極の方法として、この能力が発現するようになりました。 まとめ ここでは、 キラークイーンの特徴や活躍などについて紹介していきました。 キラークイーンは、爆弾を使って攻撃する吉良吉影のスタンドであり、彼が持つ願望を実現してくれる能力に秀でています。 自身の存在を知ろうとする者などを証拠隠滅のために爆殺し、さらに絶望を感じたという記憶すら吹き飛ばすことで「平安に暮らす」ことを叶えてくれるのです。 結局主人公側に倒されてしまいましたが、本作でもトップクラスの能力であることは間違いありません。 本体ではなくスタンドですが、特徴的なキャラクターなので読者の間でも支持されています。

次の

【ジョジョ4部】吉良吉影役の声優は川尻浩作になったら変更あるか!?小山力也を熱望する世間の反応まとめ

吉良 吉 影 ジョジョ 立ち

このページの目次 OPEN• 1.「吉良吉影」に見られるあり得ない特徴 漫画・ジョジョの奇妙な冒険第四部に登場する吉良吉影は、他の敵キャラに負けないほど個性豊かな人物です。 彼の特徴としてまず最初に挙げるべきなのは、「 常軌を逸した行動」を取るという点でしょう。 詳しくは後述していきますが、吉良吉影は生まれながらにして殺人衝動を持っており、それを抑えることができませんでした。 また、手のキレイな女性を17歳の頃から殺害することを楽しみにしており、最初の殺人事件以降じつに48人も殺してきた連続殺人鬼です。 ただ殺すだけではなく、女性のキレイな手に異常な執着心を見せそこに 性的嗜好が入り込んでいます。 殺害した女性の手を切断してつねに持ち歩き、その手に話しかけたり食べ物を持たせるといった、まさに異常な行動を取ることも。 殺人事件を知った人間であるなら男女問わず例外なく殺し、持ち歩く手首が腐敗して臭いがキツくなったなら処分し新しい手首を入手します。 それでいて彼は、平穏な生活を心から望んでおり、部屋に飾ってある トロフィーは全て3位(妬まれない範囲)。 望みと行動が一致しておらず、矛盾を抱えているのが吉良吉影の特徴と言えるでしょう。 2.「吉良吉影」が経験したヤバい過去とは? 吉良吉影は生まれつきの殺人衝動を持っていたことは分かっていますが、どんな 過去を経験したのか気になりますよね? 以下から、吉良吉影にまつわる過去についてネタバレをしていくので詳しく知らない方は閲覧注意でお願いします。 彼がキレイな女性の手に異常なまでの執着を感じるようになったキッカケは、子供の頃に見たモナリザの絵とのこと(本人曰く勃起した)。 スポンサーリンク そこでキレイな手をしている女性に対して、異様なまでの性的興奮を覚えそれが脳裏から離れずに育ったと言われています。 また原作者が暴露した情報によれば、どうも家族から受けた愛情が歪んでいて、それも異常な行動を起こしたキッカケになったのだとか。 吉良吉影の母親は、可愛がり過ぎ虐待に近い育て方をしており、父親の吉廣は母親の異常な接し方を知っていましたが止めませんでした。 そこに申し訳なさを感じていたので、 息子が殺人鬼だと知っていても守ろうとしたのです。 こうした裏設定が用意されていましたが、これを挿入すると「悲しい過去を持つ悪いやつ」となってしまうので、少年誌には相応しくないとあえて挿入はしなかったとのこと。 今でこそ悲しい過去を抱く悪役は少年誌でも登場しますが、この当時は一般的では無かったんですね。 3.「吉良吉影」の性格に隠された秘密 連続殺人鬼である吉良吉影は、親から受けた歪んだ愛情が彼を歪んだ性癖を生じさせたと考えられます。 さて、そんな吉良吉影ですがどんな 性格をしているのでしょうか?• 闘争心が無い• 勝ち負けにこだわらない• 目立とうとしない• 無表情・無感情• 容赦がない 物語が進むにつれて、彼は上記に挙げるような性格をしていると明らかになりました。 まず第一に、吉良吉影は激しい感動はないものの、深い絶望も無い波のない生活を第一に掲げています。 感情の起伏は精神的にも大きなダメージを与えるので、波風の無い植物の心のような生活を幸福としており、それに準じた性格をしています。 闘争心が無く、勝ち負けにはこだわらず、目立とうとはしません。 競争をしなければ、妬みなどを抱かれることも抱くこともありませんから、彼が貰うトロフィーは全て3位です。 ところが異常な性癖を持っており、連続殺人鬼という隠れた正体があるため残酷で容赦がない性格をしていることも分かります。 相反する性格が入り込んでいますが、波の無い生活と性的な嗜好を満たす活動は 別次元だと解釈しているのでしょう。 それは生活にある程度の幸福を満たすための行為であり、それはまるで自分へのご褒美でスイーツを与えるかのようなもの。 相反するように見えて、実は人間らしい性格を吉良吉影はしているのかもしれません。 4.「吉良吉影」が発現したスタンド能力がエグかった… 吉良吉影のスタンド能力「キラークイーン」は、非常に強力なもので全シリーズの中でも 最強クラスだとよく言われています。 原作者ですら、「シリーズで最も厄介なもので、だからこそ慎重に描いた」と暴露しているほどであり、その強さが伺えます。 スポンサーリンク キラークイーンが得意としているのは、「 爆弾攻撃」でありそれは単純に爆弾を爆発させるだけではなく対象者そのものを爆弾にしちゃうのです。 爆弾化された対象者は普通の生活を送れますが、吉良吉影の指示によって爆死。 それも塵のように消えてしまう爆殺も可能なので、彼の殺人は最初の一人を除いて公にはされていません。 キラークイーンはここまでに挙げた爆弾攻撃「第一の爆弾」を主要な攻撃手段としており作中でも頻繁に見せました。 そのほかにも、第二の爆弾や第三の爆弾(バイツァ・ダスト)などがあり、それぞれ特徴を持っています。 第二の爆弾は、キラークイーンに備えられた武器のようなもので、体温を自動追尾し狙った獲物をしとめることができる便利すぎるもの。 しかし、体温が高い標的を狙うため大人数いる場合は、ターゲットを絞りづらいという弱点があります。 第三の爆弾「 バイツァ・ダスト」は、全シリーズの中で最凶と言われるほど厄介な性能を持っており、「時間を吹き飛ばす」威力が特徴です。 この爆弾を用いて攻撃すると「1時間ほど時を巻き戻せる」ことが可能で、吉良吉影に関する情報を何事も無かったかのようにできます。 つまり完璧な証拠隠滅と、絶望からの解放をさせてくれる願ってもいない爆弾ですが、発動するにはいくつかの条件をクリアしなければいけません。 そのため、色々と制約が多いのがキラークイーンを悩ましている部分ではありますが、そうでもしないと最強すぎるので丁度良いのでしょう。 5.「吉良吉影」に待ち受けた壮絶な結末 ジョジョの第四部のラスボス的な存在である吉良吉影は、敵キャラであるためにやはり正義の前に敗れる運命を辿ります。 では、吉良吉影はどのような結末を迎えたのか、以下から簡単にネタバレをしていくので未読の方は閲覧注意でお願いしますね。 吉良吉影は自身が殺人鬼であることを、周囲に漏れずに生活することを第一に掲げていましたが、仗助側の人間に秘密を知られます。 何とか自身に繋がる証拠を消すために、様々な手段を使いながら逃亡生活を続けるのです。 仗助たちに怪しまれながらも川尻家の主人「 浩作」になりすまして生活をしていましたが、息子「早人」が本当の父ではないとの疑いを持ちます。 その疑いが決定的になったのは、満員電車で態度の悪いカップルを衝動的に爆殺した瞬間を目撃したとき。 早人に犯行を目撃された吉良吉影は、逆上して早人を殺害してしまうのですが、この行動が 岸辺露伴から疑惑を向けられる結果に…。 自身が犯人であるとの疑いを、キラークイーンの活躍などでどうにかそらしてきましたが、事態は吉良吉影にとって悪くなる一方。 最終的には爆発音により、消防隊員や仗助たちが集まるなど「目立たない」生活とは真逆の環境に置かれてしまうほど追い詰められます。 ここで絶望を感じた吉良吉影は、第三の爆弾「バイツァ・ダスト」を発動するも、空条承太郎の「スタープラチナ・ザ・ワールド」によって撃退されてしまいました。 そこでバックしてきた救急車に轢かれてしまい、絶命するという最期を迎えたのですが…。 実は彼の結末は、死後に起こります。 死後、彼の魂は最初の犠牲者「杉本鈴美」が待つ、振り向いてはいけない小道にたどり着きました。 そこで幽霊である杉本鈴美と愛犬アーノルドに遭遇し、そこで初めて自分が死んだことを教えてもらい、平安のある暮らしがここで実現できるかもしれないと考えを改めます。 ところが杉本鈴美の奇策によって、「 安心なんて無いところ」へスタンドもろとも引きずり込まれ、彼の物語は終わりました。 まとめ ここでは、 吉良吉影の性格や過去、能力や活躍などについて紹介していきました。 吉良吉影は、殺人鬼や異常な性癖、常軌を逸した行動をするなど想像できない行動をすることで知られています。 それでも心理などを深読みしていくと、どの人間も持っている平穏な暮らしや、心を満たす行動をしているにすぎません。 そのために異常な人間でありながら、読者の心に触れるという特徴を持っているのでしょう。

次の

【ジョジョ4部】吉良吉影役の声優は川尻浩作になったら変更あるか!?小山力也を熱望する世間の反応まとめ

吉良 吉 影 ジョジョ 立ち

お値段3675円です。 では取り出して素立ち。 4部に登場するボス的キャラ。 静かに暮らしたい殺人鬼です。 スーツは白いスーツになっています。 相変わらず全塗装でシャドーも丁寧に吹かれています。 川尻浩作になりすました状態も再現できます。 バイツァダストを覚えた後の状態ですね。 バストアップ。 ワイシャツやネクタイも綺麗に塗装されています。 顔も小さいながらも良く特徴捉えてます。 自分のは若干鼻あたりに塗装ハネがありました。 川尻浩作顔。 ネクタイは差し替えで交換。 こっちの顔もかなり良い出来ですね。 目元とかソックリです。 ただこちらもデコに傷っぽい塗装の汚れが。 塗り分けはベルトなんかもしっかりしています。 袖のボタンなども問題なし。。 スーツは軟質パーツなのである程度の柔軟性があります。 靴は緑色。 可動範囲など。 スーツは軟質パーツなので意外と邪魔になりません。 肩パッド部分は独立回転するので曲げる方向によって調整できます。 足も特に問題ない可動範囲かな。 股関節はBJですが他のBJ系の超像可動よりさらに開脚できるようになっています。 熱を探知する爆弾、シアーハートアタックも付属。 嬉しいオプションですね。 通勤用バッグと中身がアレなサンジェルマンの紙袋。 紙袋は小さいんですが印刷も綺麗で良い出来です。 電話や交換用ネクタイも付属します。 電話まで付くとは思いませんでした。 コメントでのご指摘ありがとうございましたー。 腕のジョイント部分に通して取り付ける事ができます。 手首は握り手、左右持ち手、平手が左右分。 それに決めポーズっぽい手と電話持ち手、さらに距離測定の手が付属します。 距離測定の手は指差し手っぽく使える感じ。 ガサゴソ さすがに手は付いていないので指ベロリみたいな事はできません。 キラークイーン登場。 両方白いんで統一感あります。 シアーハートアタック。 今回はジョースターのように別支柱とジョイントパーツが付属していてシアーハートアタックを単体で飾る事ができます。 電話がついているのですみませんと遅刻の連絡も入れられます。 川尻ヘッドでキラークイーンと。 手動爆破する時の距離測定。 関節の固さは特に問題なしでした。 ブンドド DIOやカーズとはまた違った面白さのある敵でした。 髪型が変化する前の川尻浩作なんかも印象深いんでそちらの頭部もセカンドなんかを出す際に付けて欲しいですね。 叫び顔や爪を噛む焦り顔なんかも欲しい所。 超像可動 吉良吉影 レビューでした。 顔に塗装の乱れがあったのがちょっと残念ですけど相変わらず造形は素晴らしいですね。 川尻顔も付いてきますしシアーハートアタックやサンジェルマンの紙袋など至れり尽くせりです。 手首も面白い形がチョイスされていますしとても満足できました。 ただ表情がどちらも無表情な顔なんでセカンド版を出す際には別表情を付けて欲しいですねえ。

次の