エクセル シート間 移動。 ハイパーリンクでシート間を楽々移動

エクセル シート間の移動 ショートカットキー page up page down k

エクセル シート間 移動

EXCEL リンクでシート間を楽々移動!ハイパーリンクで別シートへ移動 EXCEL リンクでシート間を楽々移動!ハイパーリンクで別シートへ移動 EXCEL内のシート移動や別ファイルへのアクセスまで!ハイパーリンク関数の使い方 EXCELをみんなへの共有用や教材などを作るとき、目次シートから各シートに簡単にとべると便利ですよね。 各シートへリンクでとべるように「一覧」シートと シート1〜シート5までのシートがあります。 D列にはシート名、E列にリンクを作成していきます。 A1へ移動" 一つ目の引数は飛び先へのリンクを指定します。 この例では、シート1のA1セルに移動なので" シート1! A1"となります。 シート名の部分をD2セルの文字列からとっています。 二つ目の引数ではセルに表示する文字列なので"シート1! A1に移動"としました。 ちなみに同じシート内の別セルに移動する場合は の後にセルのアドレス" A100"などにしてください。 それでは、リンクが作成できたのでクリックしてみます… シート1のA1に移動しました! 続いてここから「一覧」に戻るリンクを作成しましょう。 A1","一覧に戻る" これでシート間の行き来が楽になりましたね! 「一覧」シートに、各シートへのリンクを作成しましょう。 先ほど作成したリンクの数式を下にコピペしてあげれば… 完成!素敵ですね。 別ファイル(別ブック)へのリンクは出来るの? 実はこのHYPERLINK関数、別ファイル(別ブック)へのリンクも作成出来ちゃいます。 リンクをクリックすると、そのファイルを開いてくれます。 別ファイルを開くときは、そのファイルがどこにあるかで指定の方法が異なります。 ケース1:同じフォルダにある時 引数を"[ファイル名]"とする。 (絶対参照と呼ばれています。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の

シート間を移動する方法:Excelの基本操作

エクセル シート間 移動

エクセルでシートへのリンクを行う4つの手順 エクセルでは、ハイパー リンクを利用して、目的の シートへ移動できます。 また、移動先として、ホームページのアドレスや、メールアドレスを指定することも可能です。 設定した箇所にカーソルを持っていくと指マークになります。 その状態で、マウスをクリックすると、リンク先に移動します。 では、具体的な手順を説明していきます。 作業する文書の確認 ここでは、下の画像を例にセル[A1]をクリックした際、シート[1]に自動的に移動できるようにします。 ハイパーリンクを選択 セル[A1]を選択します。 [挿入]タブを選択し、[ハイパーリンク]をクリックします。 ハイパーリンク先の設定 リンク先から[このドキュメント内]を選択すると、ドキュメント内 同ファイル内 のシート名が一覧表示されます。 その中から、移動先の[1]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。 設定の確認 セル[A1]の文字が青くなり、マウスを近づけると指マークになることを確認します。 確認後、セル[A1]の上でクリックします。 自動的にシート[1]に移動したことを確認します。 いかがでしたか? ハイパーリンクを使用すると、シート間を楽に移動できます。 但し、設定後セル内の文字を修正したい場合、セルをクリックするとリンク先に移動してしまい、文字の修正がうまくできません。 そんな時は、セル上でマウスを長押しするか、[ctrl]キーを押しながらクリックすると、セルそのものを選択できます。 まとめ エクセルでシートへのリンクを行う4つの手順• 作業する文書の確認• ハイパーリンクを選択• ハイパーリンク先の設定• 設定の確認 Filed Under: Tagged With: , , ,.

次の

[エクセル]異なるファイル(ブック)にシートを移動・コピーしたい

エクセル シート間 移動

シートを移動したりコピーしたりしたいけど、その移動先・コピー先が別の文書ファイルだった場合、操作に迷う方もいらっしゃるかもしれません。 でも、最初のポイントさえ外さなければ、操作はいたって簡単です! その最初のポイントというのがコレ! 実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を開いておくこと。 これさえしておけばあとは簡単! なので、早速操作に入っていきたいのですが、今回ご紹介する操作は、で操作を 元に戻すことができません! もし失敗したら、双方の文書ファイルを保存せずに閉じればいいのですが、この操作に入る前に一度保存をかけておかないと、それまでの他の操作もおじゃんになるので、そこだけ気を付けていきましょう! それでは、操作をスタートします! 移動やコピーをしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しのところで 右クリック、 [移動またはコピー]をクリックすると、 移動先・コピー先を指定するダイアログボックスが表示されます。 この一覧で文書ファイルを選択できるように、予めファイルを開いておいたわけです。 次は、移動したりコピーしたいシートを、上記で指定した文書ファイルの中の、どの位置に入れたいのかを、[挿入先]で指定します。 今回は、「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れたいと思います。 でも、Excelの操作は「 選択したところの 前に入る」が原則ですので、「「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れる」ということは、「「光野原店」シートの 前に入れる」、と考えることになるので、 [挿入先]で「光野原店」を選択します。 そして、シートをコピーしたい場合には、[コピーを作成する]にチェックを付けます。 今回は、シートを移動することにしたいので、チェックは付けません。 すべての指定が終わったので、[OK]ボタンをクリックすると、 別の文書にあった「さくら台店」シートを、先程のダイアログボックスで指定した文書の、「光野原店」シートの 前に持ってくることができました! 今回の操作はシートの「移動」だったので、当然、元の文書ファイルにそのシートは残っていません。 スポンサーリンク シートを移動・コピーしたら、色などが変わった! 元の文書ファイルにあった時は、そのシートの中身はこんな感じだったのに、 別の文書ファイルに、シートを移動・コピーした瞬間、フォントや色が変わってしまった!ということが起こる場合があります。 一瞬、ギクッとしますが、大丈夫、これは思いっきり「正常」な動作です。 各文書ファイルには、それぞれが設定されているわけですが、元の文書ファイルと、移動・コピー先の文書ファイルに、それぞれ別のテーマが設定されていると、シートを持って行った瞬間、移動・コピー先のテーマに合わさることになるので、フォントや色が変わる、という仕組みです。 色やフォントを変えたくなければ、双方のファイルに設定するテーマを、お揃いにしておけばいいわけです。 ドラッグでも操作できます! 「」では、同じ文書ファイルの中で、シートを移動・コピーする方法としてドラッグでの操作をご紹介しています。 今回のように、別の文書ファイルにシートを移動・コピーしたい時にも、同じようにドラッグで操作できます。 先程のダイアログボックスを使う方法と同様、まずは実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を開いておきます。 そして、。 並べ方は左右でも上下でもOK。 移動やコピーしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しにマウスポインタを合わせ、 シートを移動したいなら ドラッグ、コピーしたいなら [Ctrl]キーを押したままドラッグして、移動先・コピー先まで持って行きます。 ドラッグ中のマウスポインタの形や、どうしてもうまくいかない場合に気をつけるべき点については、「」をご覧ください。 今回は2通りの操作方法をご紹介しましたが、いずれの場合でも、実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を最初に開いておくのがポイント! そのポイントさえ外さなければ、 操作したいものを選択して右クリック の法則だったり、 ただドラッグすれば移動、[Ctrl]キーを押したままドラッグすればコピー という、Be Cool Usersのあちこちで出てくる法則で対応できる操作です!.

次の