ホーム ルーム ネタバレ。 映画ルームは子持ちの女性が見たら絶対泣く!感想とネタバレ

映画 シークレット・ルーム ネタバレ感想・考察やラストの評価

ホーム ルーム ネタバレ

映画の「エロスがウリ!」という謳い文句って、なぜ過剰に期待してしまうのでしょう…。 子供の頃、親に隠れてこっそり深夜のエッチな映画を観てみるも…ちょっとそれっぽいシーンが最初のほうにあるだけで、後半はよくわからないバイオレンスを延々見せられて終わる・・・という悲しい記憶が思い出されます。 しかも1度や2度ではない。 そしてこの映画も、たしかにセクシーな描写はあるものの…決して『エロ』を期待して観てはいけないサスペンスのような気がします…。 インモラル・ルーム 原題:WELCOME HOME 2018年 アメリカ 主なキャスト: アーロン・ポール エミリー・ラタコウスキー リッカルド・スカマルチョ 監督:ジョージ・ラトリフ 脚本:ベアー・マクレアリー ネタバレ無しのあらすじ イタリアの美しい田舎町へとバカンスにやってきたブライアン(アーロン・ポール)とキャシー(エミリー・ラタコウスキー)。 貸し切りの豪華な別荘に喜ぶ二人だが、互いの間には過去のある事件をきっかけに埋められない溝が広がっており…今回のバカンスは絆を取り戻そうという狙いもあった。 そこへ現れた隣人フェデリコ(リッカルド・スカマルチョ)。 一見親切なイタリアンプレイボーイに見えた彼だが、実はコイツがクセモノで…。 ・・・といった内容に、中途半端なエロが混ざる作品。 今回は最初からネタバレを含むよ!! 盗撮・覗き えー、最初に申し上げておきます。 盗撮・覗きは犯罪です。 決してやってはいけませんし、私もやっておりません。 いいですか、決してやっていませんからね。 通報などしてはいけませんよ。 ・・・としっかり念を押したうえで、お話をさせていただきますが… いやー!いいなオイ!!別荘に泊まるカップルを覗き見かよっ! 健全な精神をお持ちの方には「なにが良いのかわからない。 気持ち悪い」としか感じないでしょうが、私のように歪んだ精神にアブノーマルな性癖が宿ってしまった変態にとっては 『覗き』は興奮要素バツグンなわけです。 別におっぱい見れなくてもいいんです。 性行為なんてしてなくてもいいんです。 「誰にも見られていない」と思っている状態をこっそり見る、それが良いんです。 あ、ちょっと引いてますよね。 いやいや、気にしなくて結構。 私、そういう目で見られるのは慣れてますから(笑) あらすじで戯言 さてさて、映画の内容のお話を。 うまくいっていないカップルが仲直りのために旅行。 よく聞く話ですし、私も経験があります。 結果は聞かないでください。 本作の二人もそんな流れで異国の豪華な別荘を訪れたわけですが…なんとそこは変態の遊び場。 泊まりに訪れるカップルを次々と覗いては録画し、HDDに保存するばかりかネット配信までしているという…。 うーむ・・・。 正直なところ、特に映画としては驚くような設定とは感じられません…というか、こういった作品は腐るほどあります。 『ストーリーが二の次になっているエロティック作品』ほど危険なものはありませんので、ちょっぴり嫌な予感が増します。。。 それだけは見ないでっ! 物語の早々に『二人が泊まる豪邸は監視カメラだらけだった!』という事は明かされるのですが、それが明らかになった時のシーンが… エドワルドがソファーでオナ〇ーをしている という、誰得な映像というのは衝撃的(笑) いやだー!先ほど「誰にも見られていない、と思っている状態をこっそり見るのが興奮」とか言っておいてなんですが、さすがに私もコレは見られたくないです。 しかも一人暮らしの自宅でハァハァやっているならまだしも… 彼女とお泊りに来ておきながら、寂しく一人オ〇ニーですよ。 もう覗いている側もどんな気持ちで見守れば良いのやら・・・。 盛り上がりに欠ける…と思いきや 設定はありきたり…と言いましたが、物語の展開もありがちな流れ。 強いて言うならば…なかなか面白いと思えたのはウサギ料理を囲んでの晩餐で繰り広げられる 『互いに含みをもたせた会話の応酬』くらいでしょうか。 キャストも魅力的ですし、映像も美しいんですけどねぇ…B級っぽいというか…。 このあたりでどうにか巻き返して欲しいものだなぁ…期待していた矢先、エドワルドとキャシーが仲直りムードの流れになり… 「ワインを取ってきて10分後に寝室に」ときました。 おおっ。 これはついにまともなエロスが期待できるのでしょうか。 ベッドで悶えるエミリー・ラタコウスキーのお姿にハァハァできるのでしょうか。 明らかに罠フラグっぽい気もしますが、ここでちょっぴりでもアハンウフンなシーンを見る事ができればテンションも上がるというものです。 その直後、ワインを取りに行ったエドワルドはあっさり地下室に閉じ込められてしまいますので、展開としてはやはり罠フラグ。 しかしっ!!僕らには変態フェデリコがいる!彼がきっと、それはもうエロエロな事をしてくれるに違いありません。 キャシーはお化粧を直して…レコードをかけて…むむっ!?この曲はっ!! …ヒロシ!?(笑) 気づかない? いやー、もう頭の中は「ヒロシです…」でいっぱい。 ムードが漂うというよりも、ネタの雰囲気でした(笑) しかし肝心の目隠しプレイはなかなかエロティックでしたねぇ。 シンプルな下着も実にセクシーです。 やっとまともに『エロティックサスペンス』らしいシーンで一安心なのですが、下着は着用したままなのね…。 超人気モデルか何か知りませんが、おっぱいの1つや2つぐらい見せても良いのではないかと。 …というか、気づかないんでしょうかね、この女。 触られた感じや、手の質感、触り方の雰囲気などで「あれ?」って思わないんでしょうか。 同じ香りがする…てだけで、彼氏だと思ってしまいますか?あのモサモサした髪もめっちゃ当たってるんですけど・・・。 ちょっと全国の女性にお聞きしたいのですが、目隠しされた状態で彼氏や旦那以外の人にアレコレされたら…違いに気づかないものなのですか?え?やってみないとわからない? 仕方ないなぁ。 じゃあ目隠しをして待っていてください。 私が行きますので…。 終盤は激しく失速… あくまでも個人的な感想なのですが、フェデリコが殺害されてからの展開は最低でした。 迷わず証拠隠滅を図り、貸主であるブライアンが訪問してきたら「ヤバい、コイツも殺っちまおう」ってのはどうかと思いますよ…。 結果的にブライアンとフェデリコはグルでしたが、まだ「良い貸主さん」と思っている時点から殺る気満々でしたよね…。 そして 『誰にも言えない秘密を共有することで、互いの絆が強くなりました』ってのもどうなんでしょう。 最後に無理矢理どんでん返し感を出そうとしたら変な方向に曲がってしまった…という印象が拭えません。 感想としては中途半端… どうやらヘンな方向に曲げた結末では飽き足らず、その後さらに驚きのラストをねじ込みたかったようで… 『なんと監視映像はネット配信されていた!」 というオチが待っていました。 まぁこれは悪くはないと思います。 ちょっとダラダラ長すぎる気がしますけど。 とりあえず最後まで鑑賞しての感想は 『エロスは中途半端。 サスペンス・スリラー感も中途半端。 オチも中途半端』という結論でした。 たしかにエミリー・ラタコウスキーのスタイルは良いですが、生おっぱいも生尻も見れないようでは通常作品のエロレベルにも劣ります。 フェデリコの変態っぷりも中途半端で内容も驚くような部分はありませんでしたし、結末の持っていき方も素晴らしいとは言い難い。 うーむ。 まさに私が子供の頃に見た 『エロを期待したが、変なバイオレンスで終わった』という深夜映画のような…なんとも得る物の少ない作品となってしまいました。

次の

映画「ROOM」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

ホーム ルーム ネタバレ

メグ・アルトマンは製薬会社勤務の夫・スティーブンが若い三流モデルの女性と浮気したため離婚し、10代前半の娘・サラと家を出ました。 夫・スティーブンは現在、その愛人のモデルと暮らしています。 離婚のあてつけのために、メグはアメリカ・NYにある、4階建て(1階は半地下っぽい)の390㎡もある豪邸を夫・スティーブンに慰謝料として買わせました。 娘・サラとの2人暮らしには広すぎる家です。 家は南向きの表庭だけでなく裏庭もあり、マンハッタンの中央にあるエレベータつきの家でした。 前の住人が老人の資産家・パールスティンだったので、とにかく豪華な家です。 寝室は4階で、3階にはゲストルームの他にメインルームもあり、そこには隠し部屋がありました。 パニック・ルームと呼ばれる緊急避難部屋です。 災害や強盗対策に一時的に避難できる場所で、壁はコンクリート製、電話は別配線で換気ダクトもあり、開閉扉は電池で動くので停電時にも作動します。 パニック・ルームの中には監視カメラのモニターがありました。 外の音声は聞こえませんが、ルームから外にはマイクでメッセージを伝えることができます。 豪邸を購入した日、メグとサラは早速引っ越しをしました。 メグは娘・サラに、新生活を2人で始めようと言います。 メグはコロンビア大の仕事に戻るつもりでした。 夕食を宅配ピザで済ませ、パニック・ルームの設定を途中まではしたものの、設定が面倒なので監視カメラがついたところでメグは切り上げ、電話配線などは後日おこなうことにします。 メグはお酒を軽く飲み、ベッドで寝ます。 外は雨が降っていました。 深夜、男たちがメグとサラの引っ越した家を覗き込み、鍵穴に鍵を差し込みます。 鍵が合わないので裏口に回りますが、そちらも鍵が合わず、外の非常階段とはしごで天井までのぼり、天窓から通風口をこじ開けて侵入しました。 男たちは3人の侵入者です。 ジュニアと呼ばれる男を中心に、元警備会社勤務でこの家の警備も担当していた黒人男・バーナムと、マスクをつけたバス運転手のラウールの3人でした。 ジュニアはこの家に住んでいた富豪・パールスティン氏の甥です。 パールスティンの財産の一部がパニック・ルームの金庫の中に隠されていると知り、盗みに入ったのです。 法律で売買してはならない「第三者保管期間」の14日以内だとジュニアは言いますが、ジュニアは土日をカウントしていませんでした(計算ミス)。 第三者保管期間は過ぎて、メグたちに家が売られていたのです。 ジュニアたちは空き巣に入るつもりだったので、武器はラウールが拳銃を1丁持っているだけでした。 ジュニアとバーナムは親しい間柄ですが、ラウールは今回の強盗のために初めて組む間柄です。 空き巣のつもりが住人がいたことで、計画を中止しようというバーナムと続行したいジュニアの間で、揉めます。 メグはベッドに入ったものの寝つけず、小用を足した後にパニック・ルームの電気を消しに行って、階段にいる侵入者を監視カメラで気付きました。 さらにそのタイミングでジュニアがうっかり床のボールを蹴ってしまい、ボールが1階まで転げ落ちる音がします。 強盗の3人組も気づかれたかと、階上を気にしました。

次の

映画『ルーム ROOM』 公式サイト TOP

ホーム ルーム ネタバレ

『幸色のワンルーム』の魅力を全巻ネタバレ紹介!結婚前提の誘拐物語が無料! 誘拐された少女と誘拐犯のお兄さん……お互いを心の拠り所にし「幸せ」を求めて生きる2人を描いた本作。 「誘拐」のことを「救い」という少女と、壁一面に少女の写真を飾るも、彼女に手をかけることのないお兄さん。 2人は結婚することを約束します。 本心が読めない不気味な2人が、世の中から逃げ回り……ここに描かれているのは、歪な関係性と温かい彼女たちの生活。 これは、愛なのでしょうか。 実写ドラマ化も予定されていたものの、大きな物議を醸した問題作。 この記事では、そんな本作の魅力と、各巻の見どころをご紹介していきます。 スマホの無料アプリで読むこともできるので、気になった方はまずはそちらから読んでみるのがおすすめです。 ちなみに本作は実写ドラマ化が予定されていたものの、その内容が「誘拐を助長している」として関東圏での放送が中止になった作品です。 そのほかの地域では放送され、幸役を山田杏奈、お兄さん役を上杉柊平が務めました。 誘拐というセンセーショナルな設定を扱っているものの、傷ついた者、秘密を持った者がいびつな繋がりながらも互いに救われる様子を描いた内容とも感じられるのですが、あなたはどうお考えになるでしょうか? この記事では、そんな問題作の魅力と各巻の見どころをお伝えしていきます。 ネタバレを含むのでご注意ください。 スマホアプリで無料で読むこともできます。 『幸色のワンルーム』の魅力:結婚を前提にした誘拐&軟禁生活!? 誘拐された少女は「幸(さち)」と名付けられました。 自分のことをニュースとして取り上げているテレビを観ながら、誘拐犯である「お兄さん」に声をかけます。 「二人で警察と両親から逃げるゲーム!! もし逃げきれたら…私お兄さんと結婚する!!」(『幸色のワンルーム』1巻より引用) 会ったばかりの誘拐犯に結婚を提案するあたり、なかなか思い切った性格をしていることが見受けられますが、彼女にしてみれば暴力を振るう両親のもとにいるよりも、自分を傷つけない彼と一緒にいるほうがいいということなのでしょう。 簡単に過去を捨てる決断をできることから、これまでの生活がいかに酷いものだったか想像がつきます。 お兄さんはもともと、幸に一目惚れをし、盗撮をしていたストーカー。 2人が過ごすワンルームの壁一面には、彼が撮った幸の写真が隙間なく貼られています。 自分の写真に囲ま荒れ、自分を取り上げたニュースを見ながら、自分を誘拐した人と過ごす……異常な状況です。 そんななか、幸がした提案をお兄さんは笑って受け入れます。 「結婚できるようにお兄さん頑張るね」(『幸色のワンルーム』1巻より引用) とうてい叶えることができないような「結婚」を前提に、彼らの生活が始まりました。 ニュースで大々的に顔写真がとりあげられているため、幸は基本的に部屋から出ることはありません。 しかし外でデートをしたいといえばお兄さんは連れ出してくれますし、部屋に監視カメラはついているものの縛られたり閉じ込められたりはしていません。 ちなみに2人の間には想像されるような性的接触もありません。 つまり彼女は、自分の意思で誘拐犯の部屋にとどまっているのです。 さて2人の関係は今後どのように変わっていくのでしょうか。 『幸色のワンルーム』の魅力:歪な関係なのにほのぼのな雰囲気? 幸とお兄さんは、一緒に暮らすなかで多くの約束をします。 いつ壊れるかわからないこの関係を続けるために、2人の間で約束は欠かせないものになっていました。 最初の約束は、「逃げ切って結婚するか、それが叶わなかったら一緒に死ぬ」というもの。 これは物語の根幹になっているといってもいいでしょう。 その後彼らはことあるごとに「結婚」という単語を口にするようになります。 2人が唯一、未来に希望をもって生きることができるキーワードなのかもしれません。 お兄さんはほかにも「幸は自分を大切にすること」「何かあったら自分が助けに行くこと」など多くの約束を口にしますが、そのうち「指切り」を使うようになるのです。 初めての「指切り」は、幸が外でデートをしたいと言った時。 「僕から離れないこと 守ってくれる?」(『幸色のワンルーム』1巻より引用) 彼にとって、これは絶対に守ってほしいことだったのでしょう。 幸はこの時に「指切り」の存在を知り、約束を守るためのおまじないだと教えられ、あらためて最初の約束にも「指切り」を求めるのです。 この時には「2人で逃げて結婚する」ということは、彼女にとって絶対に守らなけれならない約束になっていたのでしょう。 そしてお兄さんは、少しためらいながらも幸の求めに応じるのです。 曖昧な約束のうえで成り立っている2人の今後から目が離せません。 『幸色のワンルーム』1巻をネタバレ紹介! ある日少女は、お兄さんに名前をつけてほしいと頼みました。 「「幸せ」って字を書いて幸 君が幸せになれるように…」(『幸色のワンルーム』1巻より引用) ネーミングセンスがないと言って悩みつつ、彼はこう言いました。 少女はこの名前を受け取り、それ以降「幸」と名乗るようになります。 2人での生活にも慣れたころ、幸の提案で外にデートをしにいくことになりました。 しかしこの時、彼女をずっとイジメていた同級生と遭遇してしまうのです。 幸は以前の生活に戻る羽目になってしまうのではと不安に襲われ、とある行動に出ます。 そしてこの行動が、お兄さんの隠していた本心を引っ張り出し……。 いつバレてしまうかわからず、常に綱渡り状態の2人の暮らしが始まりました。 『幸色のワンルーム』2巻をネタバレ紹介! 「ねえお兄さん ここで結婚式しよう!」(『幸色のワンルーム』3巻より引用) まだ逃げ切ったわけではないので、お兄さんは動揺し、すぐには了承しません。 これまで幸は、ただそこにあるものを受け入れていました。 現状以上を求めれば、この関係が終わってしまうと考えていたのです。 しかし動画男の一件を境に、彼女はお兄さん自身に興味を持つようになっていました。 そんな幸に、お兄さんもこれまでに口にしなかったあることを問いかけます。 そして自分自身のこともすべて話すことを決めました。 本名も含めすべてが謎だった「お兄さん」。 彼はなぜ幸を誘拐し、そばに置こうと思ったのか……。 この話をすることで、2人の関係はどうなるのでしょうか。 幸せがこのまま続くのか、気になるところです。 『幸色のワンルーム』4巻をネタバレ紹介! お兄さん本人の口より語られた、幸をストーカーし、誘拐した理由。 彼にとって幸は愛でる存在でも、何よりも大事にしたいという存在でもなかったのです。 幸と出会う前、お兄さんは生きることの無意味さを感じていました。 そのなかで出会ったのが「幸」。 何に対しても無関心で冷めた彼女の視線に、自分の人生を重ねていたのです。 そして同時に、苛立ちを感じる相手でもありました。 幸の写真以外で唯一貼ってあった「夕日」の写真。 以前、夕日が好きなのかと幸に訊かれた際、彼は「嫌いだ」と答えていましたが、それと同じで、お兄さんが幸の写真を飾っていたのは好きだからではなく、嫌いだからだったのです。 最初は、いつか飽きるだろうと思っていたそうですが、いつの間にか部屋は幸の写真だらけに。 そして無意識のように続けられていた行為から、彼女の傷が虐待によるものかもしれないと思い至り、彼は明確なストーキングを始めたのでした。 お兄さんはストーカを始めてから、彼女は自分と正反対の人間であることを知ります。 死にたいと思いつつ、そんな勇気もなくただ毎日を過ごしていた彼。 彼女には、明確に自殺する強い意志と、辛い日々から逃げたいという人間らしい気持ちを持っていたのです。 幸の自殺の意志を知ったお兄さんは、それを止められないかと考えました。 しかしそれは彼女のためといよりも、自分のため。 学校でいじめられ、先生からはセクハラされ、家庭では虐待される。 そうされることでしか見せない、幸の無関心な目を、どうしても再び見せてほしかったのです。 「彼女が前みたいに僕の嫌いな存在でさえいてくれれば 僕は自分自身を嫌わずにすむ」 (『幸色のワンルーム』4巻より引用) お兄さんにとって幸は、自分を否定せずにすむ相手だったのです。 お兄さんの話を全部聞いた幸は、それでも共同生活を続けることを提案します。 お兄さんに対して、情を抱いているからだとは思いますが、それはお兄さんにもいえること。 少なからず「利用」以外の理由があるはずです。 その理由を見つけるまでなら一緒にいる、と頷いたお兄さん。 やっと本心でぶつかり会えた2人ですが、この「幸せ」な生活が終わる気配はすぐそこまで迫っていました。 幸を探す探偵が、偶然知ったお兄さんに目をつけたのです。 はたして幸とお兄さんは、探偵の手から逃れることはできるのでしょうか。 『幸色のワンルーム』5巻をネタバレ紹介!.

次の