妊婦 貧血。 妊娠中の貧血の症状は注意が必要?原因を知り治療で改善しよう!

妊婦の貧血症状は?妊娠後期や臨月はなりやすいの?妊娠中の対策は?

妊婦 貧血

1993年東邦大学医学部卒業。 2001年同大学院医学研究科卒業後、東邦大学医学部助手、東邦大学医療センター大橋病院講師を経て、2010年より医療法人晧慈会浅川産婦人科へ。 東邦大学医療センター大橋病院客... 多くの妊婦さんを悩ませる貧血。 妊婦健診で貧血と診断されると、症状によっては鉄剤という薬が処方されることがあります。 貧血は悪化してしまうと、妊婦さんだけでなく赤ちゃんにも影響が出ることがあるので、早めに治したいと思う一方で、妊娠中の薬の服用に抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。 今回は妊娠中に服用する鉄剤の効果や副作用、鉄剤以外での鉄分補給方法などをご紹介します。 妊婦は貧血になりやすいの? 妊娠すると、摂取した栄養素はお腹の中の赤ちゃんに送られ、発育のために使われます。 妊娠初期はつわりで食べ物が食べられなくなることが多く、栄養が不足して貧血になりやすい時期なので注意が必要です。 関連記事 妊婦の貧血に使われる鉄剤の効果は?副作用は? 厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、1日に推奨されている鉄の摂取量は18〜29歳の女性で6. 0g、30〜49歳の女性で6. 5gです。 0gの摂取が推奨されています。 普段の食事では必要な分の鉄分が不足していると医師が判断した場合、鉄剤が処方されることがあります。 鉄剤は、貧血などに用いられる鉄分を補給するための薬です。 鉄剤を服用すると、体で吸収しきれなかった鉄分が便として排出されるため、便が黒く固くなり、便秘になることがあるのです。 鉄剤の服用により便秘が起こった場合は、しっかり水分補給を行うか、医師に下剤を処方してもらい対処します。 嘔吐は、鉄剤の種類を変えると治まることがあるので、医師に相談してみましょう。 その場合、定期的に病院に通って注射を打ってもらう必要があります。 関連記事 妊婦が鉄剤を服用すると問題があるの? 赤ちゃんへの影響を心配して、妊娠中に薬を飲むことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。 しかし、産婦人科の医師が鉄剤を処方したということは、「鉄剤を使用した方がリスクを減らせる」と判断したということなので、自己判断で鉄剤の服用を中止するのは控えるようにしましょう。 処方された鉄剤の服用を勝手にやめて、貧血がひどくなってしまうと、赤ちゃんに十分な酸素や鉄分を届けられず、早産や胎児発育不全になる恐れがあります。 妊娠中に薬を服用することに不安や疑問を感じるときは、遠慮せず医師に相談してみましょう。 自分が納得できる形で妊娠中の貧血対策法を見つけることが大切です。 妊婦が鉄剤の使用以外でできる貧血対策は? 妊娠中の貧血対策法として、鉄剤の使用以外にも、食べ物を通しての鉄分補給があります。 鉄分が不足しがちな妊娠中は、鉄分を豊富に含んだ食べ物を積極的に摂取していきましょう。 ビタミンCを豊富に含んだレモンやピーマン、たんぱく質を豊富に含んだ乳製品や卵、銅を豊富に含んだしゃこや桜エビを意識的に食べるようにするのもいいですね。 豚レバーや鶏レバーも鉄分を多く含む代表的な食品ですが、妊娠中は控えるようにしましょう。 胎児の成長をサポートする葉酸も貧血対策に効果的です。 また、睡眠をしっかりとって、規則正しい生活を送ることも貧血予防につながるので、生活習慣を見直すことも大切ですよ。 関連記事 鉄剤と上手に付き合って妊娠中の貧血を乗り越えよう 妊娠中の貧血を防ぐためには、しっかりと鉄分を摂ることが大切ですが、食べ物だけで推奨量を摂取するのは難しいかもしれません。 また、偏った食事になってしまっても、体重が増えてしまったり、栄養が偏ったりする恐れもあります。 医師から鉄剤を処方されたときは、用法・用量を守って正しく飲むようにしてください。 胎児への鉄剤の影響が心配なときは、医師や薬剤師に相談し、薬の効果やリスクについてきちんと説明してもらいましょう。 また、副作用が強いときも医師にきちんと伝え、対処してもらうことが大切です。 妊娠中の貧血対策のために、赤ちゃんと自分のためにできることを実践して、健康的なマタニティライフを送れるといいですね。

次の

妊婦さんも必見!貧血の原因と予防&改善方法

妊婦 貧血

疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。 貧血の原因は様々あるため、まずは内科を受診することをお勧めします。 妊娠中の貧血の治療は、非妊娠時の治療とそれほど変わりません。 基本的には、まず始めに原因を確認する必要があります。 貧血特有の症状から医療機関を受診することはあまりなく、妊娠検診や分娩後および産後1ヵ月検診でほぼ全員に血液検査を行っており、この時期に見つかる事が多くなっています。 治療を開始するかどうかは、原因、妊娠週数、症状の程度、多胎・前置胎盤などの合併症の有無で判断します。 治療は大きく分けて、食事療法と薬剤による治療があります。 いずれも妊娠という特殊な状況のために制限される事があります。 例えば、妊娠中毒症で食事制限をされている方はカロリー量、塩分量、タンパク量などに制限があるので、食事療法の際は担当医との相談が必要です。 また種々の理由で帝王切開分娩を予定されている方で、手術時に大量の出血が予想されている場合は(例えば帝王切開時に子宮筋腫の摘出を行う)、貧血の治療とともに自己血貯蔵(自分の血液をあらかじめ採取し、貯えておく事)といった準備が必要となる場合があります。

次の

妊婦貧血の治療

妊婦 貧血

妊婦貧血とは? 血液中に含まれている赤血球や血色素 ヘモグロビン)が不足している状態を貧血といいます。 血色素は赤血球に含まれている赤い色素で、血液が赤いにはこの色素のためです。 血液は心臓から送り出されて全身に酸素や栄養分、ホルモン、熱などを運びます。 そのうち酸素は血色素によって運ばれるため、この血色素が不足すると全身に酸素不足を生じます。 そのため心臓は何とかしてこれを補おうとしてよけいにはたらくため、動悸(心悸亢進)や息切れ(呼吸促迫)、めまいなどの症状があらわれます。 全身の酸素不足のためにからだもだるく、疲れやすくなります。 また、おなかの中の赤ちゃんにも影響がでる可能性もでてきます。 赤ちゃんは、子宮の中で羊水という、お水のなかに浮かんでいます。 空気のないおなかの中では、自分で呼吸することが出来ません。 子宮の中にいる赤ちゃんは、お母さんの子宮を流れている血液の中の、血色素が持っている酸素を、胎盤、へその緒を通して吸収し、呼吸をしているわけです。 つまり、強い貧血は赤ちゃんが十分な酸素をもらえない状況になってしまうことになります。 女性と貧血 わたしたちのからだの中には全体でおとそ4gの鉄が存在し、その63%(2. 5g)は血色素の成分として赤血球中にあり、25%(1g)は貯蔵鉄として肝臓、脾臓および骨ずいにあります。 この貯蔵鉄によって鉄不足による貧血はある程度防止されます。 これらのからだの中の鉄は尿、汗、大便中に1日あたり0. 5〜1排泄され、さらに女性では月経により月15〜30、1回の妊娠・出産でおよそ1000が必要なのでこれを食物により補ってやる必要があります。 このように妊婦さんで鉄の需要が増大するには、胎児や胎盤などに供給するための血液が新たに新たに必要であることや、分娩時の出血などによるものです。 男性では食物により1日1gの鉄を補えば十分ですが」、女性の場合は妊娠していない時その2倍、妊娠中はその3〜4倍以上の鉄を補給しなければなりません。 先に述べましたように鉄欠乏性貧血の80%強が女性で、妊娠中の方に多くみられるということが、十分にうなずけます。 とくに年子を出産する場合はいっそう鉄欠乏性貧血になりやすいといわれています。 鉄剤による治療 漢方薬による治療 妊婦貧血のほとんどが鉄欠乏性貧血とされています。 この治療は鉄剤によって行われます。 鉄剤には内服用の錠剤やカプセル剤のほか注射薬があります。 胃腸障害で鉄吸収が低下している場合や、出血がひどく急速に鉄を補給する必要がある場合以外は内服薬が使われます。 内服薬は鉄が胃の中で一度に溶けだしておこる胃腸障害を防ぐため、除々に溶け出すように工夫された除放性鉄剤が用いられます。 鉄剤を服用すると、胃のむかつき、便秘、下痢などの胃腸障害がしばしばあらわれます。 鉄剤がどうしても服用出来ない場合、漢方薬による治療があります。 このお薬は、鉄の吸収を、助ける働きがあります。 鉄分の多く含まれた食事を取りながら、薬を服用します。 漢方薬のみでは治療にはなりません。 血圧 蛋白尿 軽症 次のいずれかに該当する場合。 体重が急激に増えた時は、お母さんが太ったわけではありません。 体の中に水が貯まり(浮腫)体重が増えている事が多いので、体重を減らそうと動くと、妊娠で負担がかかっているお母さんの体にさらに負担をかけ、妊娠高血圧症候群が悪化しむくみが進み、逆に体重が増えてしまうとことになります。 そこで、十分な休養と食事の注意が必要となるわけです。 安静にすることにより、妊娠高血圧症候群の症状も軽減しむくみがとれ、体重が減少してきます。

次の