その続きを送らせて。 根拠のない内容証明が送られてきました

【5時から作家塾】中国マスクが突然届いた? アマゾンで販売元と発送方法を見分けるポイント (1/2ページ)

その続きを送らせて

5億円の会食も老練なる投資家には功を奏さず 伝説の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は、24日、米CNBCのインタビューで、仮想通貨トロン(TRON)創設者ジャスティン・サン氏との会食後も、自身の仮想通貨に対する考え方が変わることはなく、仮想通貨に価値はないとの主張を繰り返した。 先月行われたバフェット氏との会食の権利は、仮想通貨に痛烈な批判を展開してきたバフェット氏の考えを少しでも和らげようと、サン氏が457万ドル(5億円相当)で落札したもので、ライトコイン開発者のチャーリー・リー氏、SNSトレードプラットフォーム「eToro」のYoni Assia氏、BINANCEチャリティー財団のHelen Hai氏、仮想通貨取引所大手フォビのクリス・リーCFOが同席した。 「友好的な意見交換 」でもお互いの考えは変わらず 「ジャスティン・サンは仮想通貨に対するあなたの考えを変えたか」との質問に、バフェット氏は、3時間半に及ぶ会食では、とても友好的な意見の交換ができたとする一方で、仮想通貨に対する考え方は全く変わっていないと、次のように述べた。 仮想通貨は基本的に価値がない上、何も生み出さない。。。 増えることもなければ、何かを実現することもないし、小切手を送ってくれることもない。 何もできない。 仮想通貨に望める事といえば、後日、他の誰かがやって来て、より多くの金額を支払ってくれることくらいだ。 でもその当人が問題を抱えることになる。 …価値の観点から言うと、ゼロだ。 サン氏と仮想通貨業界の有力者4人との会食では、バフェット氏の考えを変えることはできなかったようだが、バフェット氏にしても、サン氏の考えを変えることはなかったようだ。 なお、食事会の権利の落札による寄付によって、サンフランシスコの慈善団体が「膨大な量の夕食と寝床を購入できる」ため、サン氏には「感謝している」とバフェット氏は付け加えた。 「仮想通貨は所有していないし、一切そのつもりもない」 この会食の場で、サン氏がバフェット氏にビットコインを贈呈したことが報道されていたため、「ビットコイン保有者になった気持ちは」と尋ねられると、「ビットコインは全く持っていない」とバフェット氏は返答。 インタビュアーは、保有の事実がないかどうか再度、確認する場面もあったが、同氏はきっぱりと、「どのような仮想通貨も所有していないし、今後、一切そのつもりもない」と答えた。 バフェット氏は、誕生以来10年が経過したビットコインが、その有用性について様々な話はありながらも、未だ同氏がCEOを務めるバークシャーハサウェイ関連会社の業務には、全く使用されていないことを指摘。 また、「ビットコインは、かなりの金額を違法に移動させるのに使われてきたと思う。 」と述べ、「ビットコインの経済的貢献」は、スーツケースに現金をつめて他国へと移動する必要がなくなることで、スーツケースの需要を減らしたことだと冗談を言い、笑った。 矛盾する両者の主張 サン氏は、バフェット氏との会食で1ビットコインとバフェット氏の誕生日にちなんだ額のトロン(1930830TRX)が搭載されたサムソンのスマートフォンを贈呈したことを、ツイッターで明らかにしていた。 is officially a owner! I gifted him 1,930,830 equivalent to his bday! Buffett joked he wished he was born later so that he could have more! Buffett address: — Justin Sun justinsuntron バフェット氏はいかなる仮想通貨の保有の事実はないと、このインタビューで明言しているため、両者の主張には食い違いがある。 サン氏の主張が事実だとすると、バフェット氏がその後、贈呈された仮想通貨入りのスマートフォンにどのように対処したのかは知る由もないが、ブロックチェーン技術のおかげでビットコイン取引の記録は、誰でも閲覧が可能だ。 ちなみに、サン氏が公開した「バフェット氏用の」ビットコインアドレスには、その後も少量のビットコインが幾度かにわたって送金されており、執筆時点では総額1. 01519228 BTCとなっている。 スーツケースよりは、はるかに簡便で透明性の高い資金の移動が可能なのがビットコインなのだが、バフェット氏にそのメッセージが届く日は来ないようだ。 画像はShutterstockのライセンス許諾により使用.

次の

【iOS】Appleから送られてきたクラッシュログを解析し、その結果を読み解く

その続きを送らせて

俺は、建築会社に勤めるサラリーマンで、設計士をしている。 36歳で、仕事もバリバリこなして頑張っている。 嫁の奈々は28歳で、専業主婦だ。 そろそろ子供を作らなきゃと言いながら、まだ子無しだ。 8歳年下の奈々は、とにかく可愛くてしかたない。 それほどモテない俺に訪れた、最初で最後のチャンスだったと思う。 奈々は、小柄で胸も小さめだが、俺は何一つ不満はない。 奈々も、俺なんかのどこが良いのかわからないが、とにかくべた惚れっていう感じで好いてくれている。 おっとりした感じの見た目そのままの彼女は、あっちの方はドMだった。 とにかく、命令されることに興奮するタイプのようで、命令口調で言うと、ほとんどどんなことでも受け入れてくれる。 そんな楽しい日々が続ていたが、ちょっとした転換点が来た。 台湾で、ショッピングモール建設に当たり、俺が担当になった。 責任ある仕事を任せられたという事で、ここが勝負の時だと思ったが、1年近く海外住みになるのはちょっと悩みどころだった。

次の

根拠のない内容証明が送られてきました

その続きを送らせて

中国からの輸入販売をしている会社へ取材すると- 「毎年、春節(旧正月)連休で2週間ほど工場が止まるので、春節前に多く発注しています。 そのおかげで、2月中旬までは在庫は確保してあったのですが、2月上旬にEMSが止まったので、すべての輸送を船便に切り替えました。 都市機能の麻痺などの影響で中国側の税関が混み合って発送が遅れ、2月末には欠品しまくって厳しかったです」(都内の輸入業者) 中国から日本への船便は通常、3~5週間ほどかかる。 2月は2カ月ほどかかる事態も発生していた(6月22日時点でも日中間のEMSは全面停止中)。 疑念を生み出した要因 さて、忘れたころに中国から直送されたマスクの多くはアマゾンで購入したとみられる。 現時点で確認すると少ないが、マスク不足が深刻だったときは、中国のまったくの異業種企業がマスク販売へ参入して積極的に販売していた。 しかも、異業種で日本企業との取引もないような企業だと生産環境も確認できず、検品体制もずさんなため低品質なマスクが届いたとニュースで報じられていた。 個別の包装がされていなかったり、紐が切れていたり、鼻のワイヤーが入っていなかったり、枚数が少なかったりと、粗悪品が多かったことも送りつけ商法との疑念を生み出す要因になったと言える。 PR コロナ禍の非常時、普段アマゾンで買い物しない不慣れな人が買ったこともありそうだが、グローバル展開をするアマゾンは、日本に会社・拠点がない外国企業でも販売することができる。 雑貨類に限れば、半分以上が中国企業という商品も存在するくらいだ。 誤解がないように補足しておくと、現状でも私たちの周りの日用品は中国製品があふれている。 メイドインチャイナ、中国企業がすべて悪いと言っているわけではない。 いいものや高コスパな良品をしっかりと選び、中国製品を賢く使っていけばいいだけだ。 見分け方の一例 では、どうやって見分ければいいのか。 jp が発送します。 」という一文がある(PC版)。

次の