マリオ カート はばたけ グライダー。 マリオカート8 デラックス

マリオカート8 デラックス

マリオ カート はばたけ グライダー

「マリオカート」シリーズといえば,1992年に1作目である 「スーパーマリオカート」がスーパーファミコン用ソフトとして発売されて以来,さまざまなハードで展開されているお茶の間の定番タイトルだ。 今回,配信に先駆けて本作の体験版をプレイできたので,レースでの走り心地を中心としたインプレッションをお届けする。 記事の内容および掲載画像は公開時点のものであり,実際の製品版の内容とは異なる場合があります。 簡単操作で誰でも爽快レース 世界を股にかけマシンで爆走だ! 「マリオカート ツアー」というタイトルから想像できるように,本作ではこれまでのシリーズに登場したコースに加え,ニューヨークや東京,パリといった,実在する世界の都市をテーマにした新たなコースでもレースを楽しめるのが特徴だ。 キノピオサーキット,ノコノコビーチなどシリーズファンであれば懐かしさを感じるコースもあれば,国会議事堂やエッフェル塔がコース内に再現され,ちょっとした観光気分に浸れるものもある。 今回の体験版でプレイできたのは,キノピオカップ,マリオカップ,ピーチカップの3つのカップで楽しめる9コースと,さまざまなお題をこなす3つのボーナスチャレンジだ。 ボーナスチャレンジについては後述するので,まずは大まかなレースの流れを紹介しよう。 レース開始前にハンドル操作を 「かんたん」「ドリフト」から選べば,いよいよレースがスタートだ。 ちなみに,ハンドル操作が「かんたん」の場合は左右へのスワイプでドリフトなしのゆるやかなハンドル操作を行え,「ドリフト」では左右のハンドル操作ですぐにドリフトを行えるテクニカルな走りが実現する。 プレイアブルキャラは,マリオ,ピーチ,クッパなどのお馴染みのキャラを確認できた。 このほかにも,「」以来,約11年ぶりに再登場する ディディーコングや,「」から キノピーチの参戦がアナウンスされている。 さらに,キャラたちは都市に因んだ姿で登場することもあるそうで,バンドマン風のマリオや,着物姿のピーチ,コックコスチュームのヘイホーをで発見できたので,正式サービス後には特別な姿のキャラたちに出会うチャンスがあるのかもしれない。 Mario Kart Tour - Trailer コースごとに相性のいいキャラやマシン,グライダーが可視化されているのも特徴的で,相性のいいキャラを選ぶとアイテムを所持できるスロットが3つになり,単純にアイテムの使用回数が増えるだけでなく後述するフィーバーを狙えるようになる。 相性のいいマシンやグライダーを選ぶと,レース中のアクションポイントやコンボタイムに補正が入り,ポイントが稼ぎやすくなるという具合だ。 従来作では,キャラやマシンによって加速や最高速度,重量といった性能が異なっていたが,体験版ではそのあたりの性能差を確認することはできなかった。 マシン左下にマークが表示されているようだが,これは一体……? レース中はマシンが常にオートアクセル状態のため,特別な操作を行わずとも自動で前進してくれる。 プレイヤーが行うマシン操作は画面を左右にスワイプしてのハンドル操作と,画面を上下にフリックしてのアイテムの使用のみとかなりシンプルだ。 縦持ちプレイが前提になっている本作においては,端末を持ちながら親指1本で操作する片手プレイをスムーズに行えるようになっており,通勤,通学時のスキマ時間でもプレイしやすい印象を受けた。 体験版での仕様なのかは不明だが,レース中にコースアウトしない点にも注目したい。 「マリオカート」シリーズでは,操作をうっかりミスしてコースから落ちてしまったというシーンも少なくはないかと思うが,本作では操作不能に陥るようなコースアウトが起きなかった。 ジュゲムにコースへ戻してもらうおなじみのシーンを見られないのはさみしい気もするが,ついついコースアウトしがちなプレイヤーにとってはストレスなくレースを楽しめる仕様だろう。 マリオカート ツアー "RACE AROUND THE WORLD" レースで上位を狙うならば,インコースを攻めるドリフト操作と,ミニターボよるダッシュが要になる。 本作でもミニターボは健在で,一定時間ドリフトを続けることでマシンから青い火花が散り,ドリフト状態を解除するとダッシュ効果を得られる ミニターボが発生する。 より長い時間ドリフトを続けると, スーパーミニターボ(黄色),ウルトラミニターボ(ピンク)へと変化し,より長い時間ダッシュが可能になる。 パッド操作のような物理的な手応えがない分,独特な操作感に慣れるまで少し時間がかかるかもしれないが,ドリフトの感触を掴めればコーナー付近をミニターボでぶっちぎる爽快感を味わえるはずだ。 本作独自のシステムといえば 「フィーバー」も外せない。 これは,アイテムを3つ持てるキャラでレースに参加し,アイテムスロットに同じアイテムが並ぶと発生するものだ。 フィーバーは一定時間無敵状態になるほか,スロット内のアイテムを何度でも使用できるようになる優れもの。 下位からの追い上げ時や,ライバルとの激しい競り合い時に引き当てられれば,一発逆転を狙えるアツイ展開を迎えられそうだ。 レース中にアイテムボックスに触れると,画面上のスロットの数だけアイテムの抽選が行われる。 すべてのスロットに同じアイテムが表示されたらフィーバーが発動 選択したマシンやグライダーだけでなく,レース中のアクション内容もポイントに影響する。 アクション内容の項目は多岐にわたり,ロケットスタートやミニターボのほか,ジャンプアクション,アイテムのヒット,コインの取得などによってポイントが加算されていくシステムだ。 レースで得たポイントは 「グランドスター」の獲得数に影響するため,より多くの「グランドスター」を得るのであれば,レースのトータルスコアが高くなるようアクションにも気を配りたいところ。 「グランドスター」とは何か? というのは今回体験できなかったが,にて公開されている情報によると,獲得した「グランドスター」の数に応じて,新しいコースやキャラ,カートが開放されるという。 前述した 「ボーナスチャレンジ」も基本操作は同様で,ミニゲーム感覚でさまざまなお題に挑戦できる。 このボーナスチャレンジでも成績に応じて「グランドスター」が得られるので,レースそっちのけでハイスコアを狙って何度もリトライしてしまった。 巨大クッパのマシンに触れるとキャラがクラッシュして減速してしまうので,コース内での競り合いはスリル満点。 相手の隙をつくようにアイテムで妨害しながら1位を目指そう。 たおせクリボー レースを主にした体験版ということで,育成まわりやマネタイズ部分といった細かなシステムまで触れられなかったが,ドリフトやミニターボ,ショートカットの活用をはじめとしたお馴染みの要素に十分触れることができた。 本作は誰でもプレイしやすい手軽な操作感でありながらも,レースが大味になることもなく,いい塩梅の白熱したレースを楽しめた。 必ず壁に衝突してしまうタイプの人でもプレイしやすいタイトルになっているので,レースゲームを敬遠しがちな人も安心してプレイしてみてほしい。 もちろん,レースのCCを高めに設定すれば,シリーズのプレイ経験がある玄人ドライバーも手に汗握る競り合いを楽しめるので,腕に自信がある人は高めのCCにチャレンジしてみるといいだろう。 なお公式サイトの情報によると,「マリオカート ツアー」のプレイには「ニンテンドーアカウント」が必要とのこと。 アプリ内でニンテンドーアカウントと連携を行い,ドライバーズライセンスの取得が行えるようだ。 本作をプレイする予定の人は,正式サービス開始前にニンテンドーアカウントを取得しておこう。

次の

マリオカートツアー最強グライダーランキング【最新版】

マリオ カート はばたけ グライダー

中級編で紹介したエアードリフトを使った応用テクニック。 エアードリフトからトランポリンに進入し、飛ぶときにジャンプアクションをすることで通常よりも低く飛ぶことができるテクニック。 これをすることでトランポリンの跳躍にこの加速が乗り、着地後にスーパーミニターボが発動されるので成功すれば通常よりかなり速くなる。 ただし、 トランポリンに進入する時のキャラクターの向いてる方向にジャンプしていくので進入するさい注意しないといけない。 ドリフトの上級テク 溝落とし コーナーによって内側に穴が空いている場所がある。 そこで使えるのがこの溝落とし。 タイヤの前輪を少し溝に落としながらコーナーを曲がることによって 減速しないで曲がれる。 なので場所によっては減速ドリフトよりも速く走れるので使えるところでは積極的に使っていく。 ターボ早溜め ドリフトのタイミングでスティックを上手く調整して通常より短い時間でスーパーミニターボを溜めるテクニック。 今回は右に曲がりたい場合の説明。 左に曲がる時は操作を逆にする。 通常ドリフトをする場合はを右(3時くらいの方向)に倒すが、ターボ早溜めの場合はスティックを右斜め上(大体1~2時の方向)に倒してドリフトを開始する。 ドリフトの体勢を作ったら 青い火花が出て音が鳴るまでスティックを左斜め上(10~11時の方向)に倒して通常のドリフトと同じように走る。 青い火花の溜まる音を聞いたらすぐにスティックを右斜め上に倒す。 通常ドリフトと同様にコーナー抜けにミニターボを発動するとスーパーミニターボになっていると成功。 ただし、 オレンジの火花が溜まった瞬間にスティックを左方向に倒さないと右にコースアウトしてしまうので注意。 スローダウンサンダードリフト 中級編で紹介したぴょんぴょん走法(サンダードリフト)の応用編。 通常サンダードリフトはぴょんぴょんと左右に連続してジャンプしてるが、このスローダウンサンダードリフトは左右にジャンプする感覚を少しゆっくりにする。 視覚で判断するにはミニジャンプして着地したさいに、 後ろタイヤの横に砂煙がでるのでそれが出たら次のミニジャンプをすると成功しやすい。 難しいので練習が必要。 ねじれドリフト 非常に難しいができるようになればタイムアタックで確実に上位が狙える。 通常ドリフトをする時はミニジャンプ後または同時くらいのタイミングで方向キーを入力していると思う。 ねじれドリフトの場合は違い、ギリギリまで方向キーの入力遅らせて着地と同時のイメージで入力する。 視覚で判断するには左右に連続してやっていると後ろタイヤの横に大きな煙が出てくるが、それが片側からしかでないのが目安。 これができるようになると 通常状態で走るよりも速くなる。 上級編.

次の

マリオカート8

マリオ カート はばたけ グライダー

中級編で紹介したエアードリフトを使った応用テクニック。 エアードリフトからトランポリンに進入し、飛ぶときにジャンプアクションをすることで通常よりも低く飛ぶことができるテクニック。 これをすることでトランポリンの跳躍にこの加速が乗り、着地後にスーパーミニターボが発動されるので成功すれば通常よりかなり速くなる。 ただし、 トランポリンに進入する時のキャラクターの向いてる方向にジャンプしていくので進入するさい注意しないといけない。 ドリフトの上級テク 溝落とし コーナーによって内側に穴が空いている場所がある。 そこで使えるのがこの溝落とし。 タイヤの前輪を少し溝に落としながらコーナーを曲がることによって 減速しないで曲がれる。 なので場所によっては減速ドリフトよりも速く走れるので使えるところでは積極的に使っていく。 ターボ早溜め ドリフトのタイミングでスティックを上手く調整して通常より短い時間でスーパーミニターボを溜めるテクニック。 今回は右に曲がりたい場合の説明。 左に曲がる時は操作を逆にする。 通常ドリフトをする場合はを右(3時くらいの方向)に倒すが、ターボ早溜めの場合はスティックを右斜め上(大体1~2時の方向)に倒してドリフトを開始する。 ドリフトの体勢を作ったら 青い火花が出て音が鳴るまでスティックを左斜め上(10~11時の方向)に倒して通常のドリフトと同じように走る。 青い火花の溜まる音を聞いたらすぐにスティックを右斜め上に倒す。 通常ドリフトと同様にコーナー抜けにミニターボを発動するとスーパーミニターボになっていると成功。 ただし、 オレンジの火花が溜まった瞬間にスティックを左方向に倒さないと右にコースアウトしてしまうので注意。 スローダウンサンダードリフト 中級編で紹介したぴょんぴょん走法(サンダードリフト)の応用編。 通常サンダードリフトはぴょんぴょんと左右に連続してジャンプしてるが、このスローダウンサンダードリフトは左右にジャンプする感覚を少しゆっくりにする。 視覚で判断するにはミニジャンプして着地したさいに、 後ろタイヤの横に砂煙がでるのでそれが出たら次のミニジャンプをすると成功しやすい。 難しいので練習が必要。 ねじれドリフト 非常に難しいができるようになればタイムアタックで確実に上位が狙える。 通常ドリフトをする時はミニジャンプ後または同時くらいのタイミングで方向キーを入力していると思う。 ねじれドリフトの場合は違い、ギリギリまで方向キーの入力遅らせて着地と同時のイメージで入力する。 視覚で判断するには左右に連続してやっていると後ろタイヤの横に大きな煙が出てくるが、それが片側からしかでないのが目安。 これができるようになると 通常状態で走るよりも速くなる。 上級編.

次の